目次

自由に勤務できるのでチャトレのバイトは学生・熟女・シングルマザーの副業にぴったり!

また、以下記事でライブチャットを始める前に読んでおきたいライブチャットの仕組みなどを解説します。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

アダルトとノンアダで比較すると給料も仕事内容も全然違うバイトです

チャットレディーはチャトレ・チャットモデルとも呼ばれます。

パフォーマーと呼ぶ場合もあります。

求人募集の広告ではチャットレディーではなく、「テレフォンレディー」という職種で募集していることがあるので注意してください。

英語で「chat」は「おしゃべり」という意味で、インターネットを通じて人と音声会話やタイピングでやりとりすることを「チャット」と呼ぶようになりました。

チャットレディーの主なお仕事はビデオカメラやマイクを通して男性とチャットすることです。

チャットしてくれる男性はライブチャットサイトと呼ばれるサイトに会員登録している人達の中から募集します。

募集といっても特に営業活動があるわけでもなく、基本的にはあなたの映像を映しているカメラの前で待機するのみです。

待機中というか、勤務時の服装は私服なのでその女性の自由に任されます。

会話がはじまれば、男性はタイピング文字・マイク音声・カメラのどれかで女性に声をかけてきます。

なので、女性に対して体を触ったり乱暴なことはできません。

音声のみでも乱暴な行為があった場合はブロック・BAN(バン)といってチャットに入室できないようにすることができます。

男性との会話が苦手だな・・・という人でも体験入店できるのでチャレンジすることをおすすめします。

体験入店でもお仕事量に準じて給料をもらえるところがほとんどです。

会話といっても、お相手の男性によって千差万別です。

  • 仕事が終わって疲れているから恋人のように仲良くおしゃべりしたい男性
  • とにかく癒されたい男性
  • 真面目な会話をしたい男性

のように男性によってチャットする目的は異なるので社交的でないからといって諦めるのはもったいないです。

当然、サイトごとで客層も違います。

  • ノンアダルトライブチャット
    「マシェリ」


マシェリ

マシェリ

ライブチャットの種類

まず大きく分けてアダルトライブチャットとノンアダルトライブチャットがあります。

アダルトライブチャットから説明します。

アダルトライブチャットはずばりアダルト行為がOKなライブチャットです。

具体的なアダルト行為は自分の体を愛撫するオナニーやその他の擬似的な性行為です。

アダルトグッズを利用することも可能です。

ただお客様に見せてOKなのは肌や下着までで、性器の露出は禁止行為になります。

男性もアダルトOKという前提でチャットしてきます。

基本的には女性とチャットしながらオナニーをすることが目的なので、エッチな体勢や行為を求めて来たりします。

しかし女性にとって個人的に無理な要求はもちろん断ってよいことになっています。

あくまで会話をしながら雰囲気や流れに応じて可能な範囲で男性の求めに応じることになります。

ハプニング的に女性の性器が見えてしまった場合、一時的にチャットを運営会社から落とされてしまう(切断される)こともあるようですので気をつけてください。

アダルトの次はノンアダルトを説明します。

こちらはアダルトな行為がいっさい無いライブチャットサイトです。

男性と会話をするのがお仕事となります。

会話の内容については特に決められていないことがほとんどです。

アダルト行為が無いぶん、デメリットとしてアダルトライブチャットと比べると時給などの報酬面で劣ることが多いです。

チャトレ未経験者、暇つぶししたい女性、処女、ストレス無くお小遣いを稼ぎたい女性などにおすすめです。

  • ノンアダルトライブチャット「ライブでゴーゴー」

ツーショットチャットとパーティーチャットの違い

ツーショットチャット(2shotチャット)とパーティーチャットの違いを説明します。

これはアダルトとノンアダルトで共通しているチャット形式です(ただし携帯ライブチャットにはあまり導入されていない仕組みです)。

ツーショットチャットは男性とチャットレディが1対1になって会話するチャットの種類です。

これに対してパーティーチャットは女性ひとり(複数人の場合も稀にあります)と一人以上の男性(1人〜数十人以上も可)が同時に会話するチャットの種類です。

どちらもメリットはあります。

ツーショットチャットの場合は1対1でゆっくり相手と会話を楽しむことができ、1分ごとの報酬もパーティーチャットと比べると1.5倍ほどになります。

ツーショットに対してパーティーチャットはたくさんの男性と同時に会話するのでかなり忙しいです。

しかしパーティーチャットにログインしている男性の数だけ報酬が掛け算で増加していきます。

なので数十人がパーティーチャットでログインした場合は時給に換算するととんでもなく高額な報酬をもらえることになります。

実際超人気ライブチャットの混雑時には100人ほど同時にログインするので、とてつもない額の収入を1時間で稼ぎます。

マシェリトップ画面

マシェリトップ画面

iPhone、androidなどの携帯でもライブチャットは可能

スマートフォンや携帯電話だけしか持っていなくてもチャットレディとして働くことはできます。

この場合は音声のみで会話するか、facetimeなどを使ってテレビ電話で話すかのどちらかです。

チャットレディというより、テレホンレディの仕事に近いと言えます。

FaceTimeやTV電話だと顔バレの可能性がありますが、音声のみだと顔バレの確率がゼロになりますので、絶対に家族や友人に顔バレしたくない女性は音声だけでもお仕事ができます。

ただスマホに対応しているだけでなく、専用アプリもリリースされている携帯チャットサイトが多いので、今後はスマホ台数の伸びもあって携帯チャットの利用者はかなり増加しそうです。

ここ最近ではスマホアプリ専用のライブチャットが人気です。

男性側も女性側もスマホひとつあれば楽しめるので、気軽さが人気の秘訣の様です。

スマホの普及にともなってパソコンを持っていない人も増えてきていますので、これからも盛り上がっていくことは間違いないと言えます。

勤務資格、給料、時給、雇用形態などの待遇はどうなの?

勤務資格は

  • 18歳以上(高校生はのぞく)の女性
  • 自宅勤務の場合はパソコンが常時接続(ADSL、ひかりファイバー)できる回線をひいている方
  • WEBカメラをお持ちの方
  • (携帯ライブチャットの場合は)スマホ・ガラケーなどの携帯端末を持っている

となっているところが大半です。

ですが、自宅勤務が難しい場合は近くのチャットルームへ通勤できれば勤務可能ですし(詳しくは後述します)、WEBカメラはライブチャットサイトが貸し出してくれます。

勤務時間に縛りはありません、短時間勤務・数週間などの短期でもお仕事はできます。

時間帯もライブチャットサイトは24時間運営されているので、どんな時間でも勤務可能です。

ただ、仕事からの帰宅後などの男性がくつろいでいることが多い時間帯(21:00〜25:00前後)の方がやはり、利用する男性の数が多いのでおすすめです。

次に時給などの報酬面の仕組みを説明します。

登録お祝い金などをキャンペーンとして用意してくれているライブチャットサイトもありますが、基本的に給料はお客様がついた分が報酬として支払われます。

報酬額はチャットの形式によって変わる事が多いです。

また、チャットレディとして勤務するライブチャットサイトによっても異なります。

ライブチャットの給料例

まず、ノンアダルトライブチャットサイト最大手の「マシェリ」を例にします。

ツーショットチャットの時給は4200円と設定されています。

分給にすると70円です。

パーティーチャットの時給は3300円と設定されています。

分給にすると55円です。

これにチャットにログインしている人の人数が掛け算されます。

次にアダルトライブチャットサイト大手の「エンジェルライブ」を例にあげます。

ツーショットチャットの時給は最大6,000円と設定されています。

分給にすると80円です。

パーティチャットの時給は最大4,500円と設定されています。

分給にすると60円です。

いっけんアダルトライブチャットの割には時給等が低く感じるかもしれませんが、男性のログイン率はパーティーチャットに参加してくれる人数を考えるとやはりアダルトライブチャットの方が断然稼げます。

チャットしてもらえる給料以外にもお祝い金・友達紹介報酬・その他付加報酬があり、これも頑張ればかなりの額にのぼります。

支払日については、日払い・週払い・月払いなど複数に対応している会社が多いです。

複数のライブチャットサイトにチャトレとして登録してもOKな場合がほとんどです。

ただし専属チャットレディーという形式で特定のライブチャットサイトと契約している場合は掛け持ち登録NGです。

いくつかの条件を満たして専属チャットレディーになると、通常のチャットレディーより給料が上がります。

雇用形態ですが、正社員・契約社員・アルバイトという風にライブチャットを運営している会社に雇用されるわけではありません。

個人事業主としてお仕事をしてくれるチャットレディに対して会社が報酬を支払う仕組みです。

なので社会保険・厚生年金・雇用保険などには加入できません。

源泉徴収も自分で行います。詳しくは個人事業主の税金のページで解説してありますのでご覧ください。

通勤先として便利なチャットルーム

自宅には家族がいて会話がしづらい、パソコンがない、近所迷惑で大きな声で会話ができない、という女性にはチャットルームで勤務することをおすすめします。

チャットルームを使用するにはプロダクション・代理店に所属しなくてはいけません。

チャットルームという名前でもわかるようにチャットレディのために用意された施設です。

パソコン・WEBカメラ・ネット環境などの基本的な道具。

さらにアダルトライブチャット用のアダルトグッズなども用意されています。

広さや部屋の雰囲気はチャットルームは用意してくれる会社によって異なりますが、完全個室はもちろんのこと、シャワー・宿泊施設完備など、チャットレディが快適に勤務できるように設備が整えられています。

かなり快適な環境が用意されています。飲み物なんかを用意してくれる優しい会社もあります。

地方に在住の方でも各県の県庁所在地や繁華街にチャットルームがあることが多いので安心してください。

チャットルームまでの通勤手当は出ないところがほとんどです。

チャットルーム画像1

チャットルーム画像1

チャットルーム画像2

チャットルーム画像2

顔バレが怖い人は音声通話のみのチャットもOK

家族・友達・夫に顔バレするのは怖いですよね。

これは当たり前のことだと思います。

普通にチャトレのバイトをしていて友人に顔バレする可能性はごくごく僅かです。

そのごくごくわずかな可能性も、顔を出さずに勤務することでほぼゼロになります。

チャットレディーは顔出し必須ではありません。

顔出しNGでもお仕事をすることはできます。

顔を出さないで、声で男性と会話することになります。

さらには声出しNGでキーボードのタイピングだけのチャットも可能です。

キーボードのチャットだと当然声も相手にばれません。

携帯(iPhone、Androidなどスマホ含む)ライブチャットサイトのチャットレディなら電話での会話のみでも十分に稼げます。

すべて自分の意思で選択できますので、「顔バレリスクをゼロにしたい」と強く望むのであれば限りなく顔バレする可能性を低くする事も可能です。

ただ、顔出しNG、声も出さないとなるとライブチャットサイトだと他の女性に男性が集まってしまうので、顔・声出しNGならメールレディの方が結果稼げる確率が高くなるかもしれません。

チャットレディーとして稼ぐコツ・方法

稼ぐための細かいテクニックはたくさんありますが、自分に合ったライブチャットサイトに登録することがとても大事です。

いろんなタイプの女性でも稼げる様に

  • マダム・熟女専門ライブチャット
  • おしゃべり・素人専門のノンアダルトライブチャット
  • アダルトライブチャット
  • JK風チャット

などのカテゴリがあります。

自分の年齢、性格、可能なことを検討して、どのライブチャットならストレス無く続けることができるか考えてください。

しかし、チャットレディで月間数十万以上稼ぐ最短の道は、複数のライブチャットサイト(アダルト)で多くの男性のパーティーチャットを覗いてもらうことです。

複数のライブチャットサイトで数日働いてみると

  • 男性が多い時間帯(男性の参加数)
  • ログインしてもらえやすい時間帯(男性のログイン率)
  • 登録男性の多いチャットサイト

などがわかるはずです。

気にすべきところは

  • 1時間働くと約何分チャットできるか
  • 1時間で何回男性が自分にログインしてくれるか
  • 1回のログインで何分間男性がチャットしてくれるか
  • 1回のパーティーチャットで平均何人の男性が参加してくれるか

です。

それぞれ記録に取るなどして、どうすれば各項目の数字を延ばせるかを研究すると、そのまま稼げる金額のアップにつながります。

また、基本的な部分ですが、かなり盛った顔写真や写メを待ち受け画面に設定するとやっぱり男性のクリック率は上がります。

その他にもアダルトグッズが使用できると男性は喜びますので、ログイン率が上がったりチャットの時間が延びやすいです。

アダルトグッズを使用した過激なライブチャットの配信はパーティー参加する男性を手っ取り早く増やす方法のひとつです。

男性のログイン率(チャット開始率)を上げるコツ・方法

まず大事なのは待機画面用の顔写真です。

もっとも綺麗に見える角度での写真、セクシーに見える写真を選んで載せてください。

待機画面の写真が良いと、男性が待機画面に訪問してくれやすくなります。

どんな魅力的な女性でも男性が見にきてさえくれないとチャットが開始できません。

沢山の男性が待機画面を見に来てくれるようになったとします。

そうしたら次は男性がチャットでイン(チャット開始)してくれる確率を上げます。

イン率を上げるには、

  • 待機中の動画に興味をもってもらえるよう工夫する
  • 待機中の服装を可愛いものにしたり、セクシー系のものにする(ノンアダだと肌が大きく露出する服装での勤務は禁止)
  • プロフィールページなどで強くアピールする
  • チャットレディー(つまり自分)の映りがよく見えるような化粧を施す・カメラの角度を変える
  • 「つぶやき」でアピールする

などが方法としてあります。

イン率が上がったら、次は男性の滞在率・パーティーチャット参加率を上げなくてはいけません。

チャット時間、のぞき参加者を増やすコツ

チャットを開始したら男性に長く滞在してもらうと、それがそのまま収入アップにつながります。

長く滞在してもらうには

  • 世間話や自己紹介で時間をかせぐ
  • アダルトライブチャットの場合、過激なプレーを開始するタイミングをじらす
  • 通常チャットなら、チャットレディーから男性に対して沢山の質問をする

などの方法があります。

パーティーチャットののぞき参加率を高めるには

  • 自分のファンである常連客をじっくり増やす
  • 待機画面につぶやけるコメントで過激なプレイがはじまっていることを知らせる
  • インターネットのチャットレディー口コミサイトなどで良い評判が広がるよう一人一人に対してしっかり対応する

などがあります。

パーティーチャットは参加者が増えるだけ掛け算で増えていくので、大金を稼ごうとしたらアダルトのパーティーチャットで稼ぐのが一番楽です。

ノンアダルトではエロ系がNGなので、パーティーチャットが増えづらいのが欠点といえます。

エッチな動画を投稿して稼ぐ

ライブチャットサイトには動画を投稿する機能があります。

投稿された動画を男性会員が閲覧するたびに報酬が貰えるというシステムです。

一度投稿してしまえばあとは何もしなくて良いので、働いていない時間帯にも報酬が増えていく事になります。

例えばDMMライブチャットの場合は「プライベートムービー」というものが準備されていて、大体5分から10分くらいの動画が投稿されています。

ほとんどの動画がオナニー等の過激な内容になっていますが、男性が動画を見るたびに150円の報酬となります。

もしも投稿した動画がランキング上位に入ったりすると、何もしていないのにかなりの報酬が入ってきます。

動画で人気が出るとチャットに来てくれる男性も増えますので、有効に活用すると高収入に繋がると言えますのでおすすめです。

チャットレディーに向いているのはこんな女性

結婚して子供もいるけどお金が欲しいという場合、できるお仕事は限られます。

その点チャットレディは空いている時間を使って、しかもかなりの高収入を期待できるバイトです。

年齢も若くないといけないということはありません。

主婦・熟女向きのライブチャットサイトもあります。

さらに体型に自信が無い、ややぽっちゃりだという人でもぽっちゃり専門ライブチャットサイトもあります。

このように、時間・既婚独身関係なく・体型関係なくできるお仕事ですので副業としてこれ以上割のよいバイトは無いといっていいほど多くの条件を満たすのがチャットレディーのお仕事です。

ですが、男性と円滑にコミュニケーションを取れないと本人も辛いし、男性からの人気も上がりません。

やはり聞き上手であったり、会話の引き出しが多い女性の方が向いています。

何度もチャットしてくれるリピーターの男性もいるので、キャバクラ嬢のように男性の好みや性格などをまめに記録するような地道な努力ができる女性は人気が出やすいです。

返済しないといけない多額の借金がある女性の場合はノンアダルトチャットは向いていません。

月に数十万円をコンスタントに稼ぐにはアダルトライブチャットのパーティーチャットで稼ぐか、最後の手段としては無修正のライブチャットに出演するなどの方法があります。

ライブチャット市場及びチャットレディーの将来性

ライブチャット市場はシンクタンクなどが調査した訳ではありませんが、既に数百億円規模の市場となっており、年々拡大していると言われています。

その要因としてはライブチャットの認知度向上による男性の利用とチャットレディーの増加、さらにガラケーが減ってスマホでライブチャットする男性が増えて来たからという説もあります。

なので向こう数年は確実に市場は大きくなっていくでしょう。

チャットレディーに関しては、チャットレディーとして働く女性の数が増えれば女性ひとりあたりに行き渡る金額が減ります。

なので、今の副業・内職ブームの影響で今後もチャットレディーが増えていくと予想できますので、一人当たりの平均的な報酬は減る可能性があります(利用する男性が女性以上に増えればまた別です)。

18歳からチャトレはできますが、年齢を重ねて30・40代になってもこんどは熟女向けライブチャットに登録すれば問題無いので、数年〜十数年単位で続けることができるお仕事でもあります。

チャットルーム管理のプロダクションやライブチャット運営会社の監視体制について

日本国内のライブチャットはアダルトチャットでも局部の露出が禁止されています。

画像まる見えのままチャットが続いた場合、ライブチャット運営会社が逮捕される可能性があるのでチャットレディが配信している画像はすべて監視されています。

これは健全に運営しようと思ったらしょうがないことで、陰部を出せば沢山の男性が集まるから出してしまえ、という女性が表れるのを防ぐためでもあります。

チャットルームも同様で、配信される動画は監視などチェックをされます。

すべて業務上の監視なので盗聴ではありません。

もちろん動画をアダルトサイトに流出するような犯罪行為もありません。

ライブチャットには監視が必要なので、どうしようもないことだと割り切るしかありません。

自宅から最寄りのライブチャット代理店を探すならQプリ高収入ドットコムで確認できます。

まずおおまかな勤務地域を選んで、それから仕事検索(おしごと検索)で業種を「チャットレディ」で絞り込むと地域の代理店が表示されます。

代理店によって時給や待遇など条件が異なりますので比較しながら検討してください。

プロダクション・代理店については別ページで詳しく解説しています。

チャットレディがプロダクション・代理店と契約するメリット・デメリット

スカウトマンを通して求人応募するメリット

東京・大阪・福岡などの大都市で駅の近くなどを夜に歩いているとスカウトマンに声をかけられた経験のある女性は多いはずです。

スカウトマンと言うとキャバクラ、デリヘル、ソープランド、ガールズバーなどのイメージが強いですがスカウトマンによってはチャットレディを扱っています。

チャットレディのスカウトマンはスカウトした女性をプロダクションに紹介して金銭を受け取っています。

プロダクションはスカウトマン経由でしか応募できないということもなく、普通の求人広告から応募できます。

なので、スカウトマンを介するメリットは特にありません。

逆にスカウトマンを通すデメリットも無いので、女性のやりやすい方法で応募して良いと思います。

チャットレディなどの高収入系求人でスカウトマンを利用するメリットとデメリットについては他のページで詳しく解説しています。

風俗やキャバクラにスカウトされた時に注意すること

メリットだけということは絶対にありませんのでよく確認してください。

ライブチャットで効率的に稼ぐコツは?

以下で紹介する全てのライブチャットのサイトでは、視聴者である男性ユーザー【お客様】が異なるので、1つのサイトでチャットレディーのお仕事を行うよりも

  1. 複数のライブチャットサイトに登録しておき、一定期間一つのサイト【例:モコム】にログインしチャットレディーのお仕事を開始。
  2. お客様の付きが悪くなってきたら、別サイト【例:キューティーワーク】へログインしてチャットレディーのお仕事を再開した方が、男性ユーザーの付きが断然良くなります。

是非、自分にあったサイトを複数見つけて、効率的に稼ぎましょう。

 

おすすめノンアダルトライブチャットサイトの詳細解説ページ一覧

ノンアダルトライブチャットサイトへの詳細解説ページへのリンク一覧です。

リンク先では具体的な給料情報や登録方法などを確認可能です。

まずはおすすめのノンアダルトライブチャットを一覧にします。


マシェリモバイル

マシェリモバイル

ライブでゴーゴーの広告画像です女性登録数70,000人のライブチャット


DMMライブチャット

DMMライブチャット

おすすめパソコンライブチャットの詳細解説ページ一覧

おすすめのパソコンライブチャット一覧です。

男性はスマホでもパソコンでも見れますが、女性はWebカメラとパソコンを使って生配信しないといけません。


エンジェルライブ

エンジェルライブ


ジュエル

ジュエル

おすすめ携帯ライブチャットサイト詳細解説一覧

熟女向け以外のおすすめ携帯ライブチャットサイトの一覧です。

携帯ライブチャットの場合はチャットレディとしてだけでなく、メールレディとして稼ぎやすい仕組みになっています。

※「ノンアダルト」と表記が無いサイトは「ミックス」というジャンルで、アダルトかノンアダを自分で選べます


マシェリ

マシェリ

ライブでゴーゴーの広告画像です女性登録数70,000人のライブチャット


クレア

クレア


モコム

モコム


ガールズチャット

ガールズチャット


ジップ

ジップ


キューティーワーク

キューティーワーク


テルジョブ

テルジョブ


キャンディトーク

熟女向けのおすすめライブチャット一覧

熟女(といっても20代半ばであれば全く問題無く熟女系サイトで働けます)に向いてライブチャットの一覧です。

パソコンと携帯・スマホサイトで分けました。

まずはパソコンから


マダムとおしゃべり館


マダムライブ

マダムライブ

規模の面ではチャットピアがダントツです。

次は携帯・スマホです。


ファム

ファム


グラン

グラン

こちらも規模ではリアズ系のファムが最も男性会員数が多いので稼ぎやすいと思います。

もしチャットレディとして働きたいけど、通勤じゃないと働けないという女性は

に登録してください。大手プロダクションなので信頼できます。

それぞれのライブチャットの特徴や時給などをまとめて確認したい女性は

チャットレディのバイトができるスマホ(携帯)ライブチャットの一覧と特徴のまとめ

こちらのページで確認してください。

チャットレディの稼ぐノウハウなどの記事まとめ

サイト内のチャットレディに関する記事の一覧・まとめです。気になるページがあればチェックしてください。

チャットレディ体験談・口コミ

  • 最近流行っているスマホレディとかスマフォレディとかも結局はチャットレディと同じだから稼げる女と稼げない女の格差があるのは同じですよ。
  • いろんなサイトに稼げるって書いてあるけどみんなが稼げるものではありません。お金をたくさんもらえるから危険もあるし稼げない人は稼げ無くて辛いです。なんとなくではなくて目標を持ってやらないとアダルトに墜ちていきます。アダルトでも稼げないと次は無修正だからAVやったほうがましです。
  • 待機時間があるし、チャットだとアダルトなことしなければいけないし、分給安いから派遣水商売、メンズエステしたほうが稼げるよ。
  • ノンアダルトで稼げるのは若くて可愛い人だけだから必然的にほとんどアダルトに流れることになる。
  • 無修正のライブチャットだけには気をつけてください。動画が流出すると人生が変わってしまいます。

新規体験談・口コミを投稿する

ライブチャット専門用語の解説・意味

以下、業界用語一覧。

落とされる

ライブチャット中にチャットレディがライブチャットサイトが禁止している行為をしてチャットを中断されることです。

禁止行為といってもほとんどがあまりにも過激な映像を配信したから、つまり性器が少し見えてしまったなどの理由で落とされます。

ライブチャットサイトからチャットレディに対して注意しますが、何度注意しても女性が聞かない場合は強制退会になったりします。

やはり男性は下着の下など、見えるものは全部みたいようで、チラっとでも見せるとパーティーチャットが盛り上がるなどの理由で見せてしまう女性もいます。

他には男性からのお願いを断りきれなくて・・・という理由も多いです。

インする

チャットレディ・ライブチャットサイトを利用する男性両方で使用されます。ログインするが省略されています。

チャットレディの場合は仕事を開始することを意味し、男性の場合は待機している女性とのチャットを開始することを意味します。

女性はサイトによっては次のインを予告できるシステムを導入しているところがありますが、予告した時間にインできないからといって特にペナルティはありません。

顔出し

ライブチャット待機時とチャット時に自分の顔を出すかどうかということ。

顔出しNGの場合は顔を出さないことをあらかじめ紹介文などで書いておくと男性に対して親切です。

待機時NG、パーティーチャット時NG、ツーショットでもNGなど、基本的に女性に任せられています。

顔を常に出していた方がインしてくれる男性が多い傾向にありますが、顔バレなどのことを考えてNGにしないといけない場合は出さない方がいいです。

チャットルーム

実家なので自宅で勤務できない、マンションの壁が薄くて大きな声を出せない、パソコンがないなどチャットレディ独特の悩みを解決するために用意されたルームです。

マンションタイプだったり、レンタルルーム形式だったりと用意してくれる代理店によって違います。

チャットルームはライブチャットサイトではなく代理店と呼ばれる求人業者が用意してくれています。なのでチャットルームを使うには代理店と契約しなくてはなりません。

報酬もパフォーマーとして働くライブチャットサイトからではなく、代理店から受け取ります。

チャットレディー・ライブチャットの歴史と市場の将来性

チャットレディーの歴史はライブチャットの歴史でもあります。ライブチャットの登場は日本でブロードバンドと呼ばれる大容量の定額インターネットが普及しはじめた2001年頃です。それまでも電話でテレフォンセックスする仕事はありましたが、インターネットを使用してお互いの映像を配信するライブチャットは技術的な部分でも革新的なものでした。

2002年、Flash(フラッシュ)をつかったパソコンでリアルタイムでの画像配信ができるライブチャットサイトができはじめます。ですがこの頃はチャットレディも少なく、市場も小規模でした。

現在でも老舗として人気のマシェリやライブでゴーゴーは2003年にサイトができました。この頃から世間的にライブチャットが注目を集めはじめます。

そして2004年頃になると今度は携帯電話(ガラケー)の端末の普及との定額インターネットの普及が徐々に進みはじめ、これをビジネスチャンスと考えた人達が携帯専門のライブチャットを設立します。たくさんの会社がライブチャット事業に参入しましたが競争は激しく、一部の大手携帯ライブチャットのみが現在も地位を確立しています。

PCライブチャットと携帯(ガラケー)ライブチャットは全く別という時代が2009年頃まで続きますが、2009年頃になるとスマートフォンのiPhoneが徐々に若者を中心に普及しはじめます。

iPhoneが普及しだすと、Androidも続々とリリースされ、2012年・2013年でガラケーの利用者が大きく減ることになります。

このような状況になるとPCライブチャット会社も携帯ライブチャット会社もスマートフォンに対応せざるをえなくなり、ほぼすべてのライブチャットがスマホ対応となり現在に至っています。各社アプリもリリースしてスマホ対応の有無が売上の差に繋がる時代となっています。

ライブチャット市場全体はPC・携帯・スマホすべてあわせて見ると順調に拡大しているのでチャットレディーも稼ぎやすい環境になっています。

今後、本物の女性に接するのが苦手な草食系男子の増加やスマートフォン利用者の増加など、チャットレディーにとって追い風になる状況は続きそうです。しかし、チャットレディーの数があまりに増えると需要に対しての供給が過多になりますので、チャットレディーひとりあたりの平均的な収入は減る可能性があります。

チャットレディーの仕事の参考になるブログ

チャットレディの仕事が気になる人におすすめの職種

チャットレディに興味がある人に役立つ記事




Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね