風俗・水商売系バイトの仕事内容と収入の比較

ソープ嬢、デリヘル嬢、キャバ嬢などの風俗嬢の平均低な収入と仕事内容の簡単なまとめです。風俗バイト選びの参考にしてください

ライブでゴーゴーの広告画像です女性登録数70,000人のライブチャット

仕事内容や給料を比較して自分にあった風俗求人に応募してください

風俗嬢(ふうぞくじょう)とは風俗店で働く女性の総称です。

風俗バイト=高収入というイメージが世間一般に広まっているように風俗関連の職業に従事している女性の給料は一般的な女性会社員と比べると数倍〜数十倍にもなります(トップクラスは年収が億を超えます)。

ただ、収入が増える分所得税などの税金の支払いは当然増えます。

実は風俗嬢のほとんどは個人事業主なのですが、実際は開業届などをしっかり出して確定申告を毎年している女性の数は少ないです。

なので税務署による税務調査などが入ると確実に追徴課税されてしまいます。

毎月数十万円単位で稼ぐ風俗嬢は個人事業主として開業しておくことをおすすめします。

手続きは簡単ですし、確定申告もそれほど難しくありません。

女性が風俗店で働くようになる理由は様々ですが、

  • 自分の浪費癖によって使ってしまったクレジットカードなどによる借金
  • 親など家族の借金の連帯保証人になって
  • 自分の夢を叶えるための資金を稼ぐため
  • 人生勉強のため
  • 老後の貯蓄を若いうちに稼ぐため
  • 路上などでスカウトマンにスカウトされたから
  • シングルマザーが子供の学費や将来のためのお金を稼ぐため

などの理由で働きはじめる女性が多いです。

とはいえ人それぞれですので風俗で働く理由は様々です。

なかなか同じ風俗店で働く女性同士でも聞きづらい部分なので踏み込まない方が良い部分とも言えます。

お客さんにも良く聞かれる質問なので、あらかじめ適当に理由を考えておくとよいでしょう。

風俗嬢と類似した言葉に

「水商売」「夜の仕事」

というものがあります。

水商売は、水のように流れが変わったり捉えどころがないことから不安定な仕事を意味する言葉として使用されます。

風俗業界は特に水商売と呼ばれます。女性だけでなく男性がしている夜の仕事も水商売と呼ばれます。

夜の仕事は「ナイトワーク」という言葉があるように、そのまま夜中〜深夜にする仕事を意味することがありますが、一般的に

「夜の仕事をしている」

と表現するときは風俗嬢・水商売のことを意味します。

ただ昔と異なり現在は24時間営業のデリヘルや、早朝から営業しているソープランドがありますので、昔ほどは夜の仕事=風俗という図式が成立しなくなっています。

夜に家を出て朝に帰って来るから「水商売」とひとくくりにされることは近年では少ないように思います。

それではここからは代表的な仕事・職業ごとで簡単な

  • 仕事内容
  • 時給などの収入例
  • 働く女性が多い年齢層

などを解説していきます。

「風俗バイト」と「夜の仕事・水商売」は一応別ということで、キャバクラやガールズバーなどに関しては別ページの

女性が働ける夜の仕事の種類や仕事内容について

にて詳しく解説してあります。

キャバクラだけは代表格ということでこのページでも簡単に説明していますが、風俗系ではなくカンパイ系・ナイト系のバイトに興味がある女性はリンク先でそれぞれの種類を確認してください。

風俗バイトと混同・一緖にされやすいAV女優は風俗とは違ったモデル系のバイトなのでこのページでは除外します。

AV女優の仕事内容などを知りたい方は

AV女優のなり方やギャラについて

で確認してください。

キャバクラ嬢

女性でもどんな仕事かある程度イメージできるほど世間的な知名度が高いのがキャバ嬢です。

同僚であるキャバ嬢同士の独特の人間関係や男女のやりとりが濃密なこともあって、テレビドラマや映画などの舞台にもしばしばなります。

なぜ男性と一緒にお酒を飲むだけで高時給を稼げるか不思議に思うかもしれませんが、男性がそれだけのお金を支払ってもいいと思う世界を店舗スタッフとキャバ嬢が作っているから、としか答えようがありません。

基本的な仕事内容は男性と会話したり、お酒を作ることですが、会話の内容・自分の外見やスタイル・場の空気の作り方など気を配らなければならない部分はたくさんあってとにかく気配りと努力が必要な仕事です。

営業時間外もお客さんにメールやチャットしたりする営業活動や、実際にお客さんと会う同伴・アフターなどがありますので仕事と関係の無い時間があまりない仕事でもあります。

キャバ嬢の時給は数千円から数万円とキャバ嬢の人気や勤めるお店によって全く違います。

六本木や銀座などのメジャーな地域にある人気店のナンバーワンになると、月に何千万と稼ぐ人もいます。

成功すればビックマネーを掴むチャンスがあるというのも魅力の一つです。

時給だけでなく、貢いでくれる男性からのプレゼントなどもありますので、高級店に来るような男性と親しくなると収入面では同世代の普通のOLとは全く違う世界になります。

しかし、厳しいノルマや毎日の営業活動に体力・精神共に疲弊しきってしまうキャバ嬢がいることもまた事実です。

年齢は20歳〜30歳くらいまでがメインですが、30歳以上でもお店のナンバーワンになるようなキャバ嬢もいます。

キャバクラから高級クラブのホステスへの転職という道もあるので、その道を究めようと思っている女性にとって終わりはありません。

お店の数は他業種に比べると圧倒的に多いので、自分に合った店を探しやすいというメリットもあります。

キャバクラは究極の接客業と呼ばれるように、たとえ夜の世界から脚を洗ってもキャバ嬢時代の経験を活かして活躍できる場所は無数にあります。

キャバクラの営業時間は基本的には夕方以降です。

しかし朝や昼に営業している昼キャバ・朝キャバも増えているので主婦や子育て中の女性が働きやすいお店が増えています。

デリヘル嬢は求人数ナンバーワンのバイト

比較的新しい形態の風俗店ですが、瞬く間に全国で大人気になり、現在では最も店舗数・働く女性数が多い風俗店です。

デリヘル嬢の仕事は男性客がいる自宅・ラブホテルなどを訪問してヘルスサービスをすることです。

送迎などで一緒に来た男性ドライバーが近くにいるとはいえ、閉ざされた空間で男性と女性の二人きりになるのでそれなりに危険は伴います。

平均的な時給は9,000円〜12,000円ほどで、1日出勤して合計3人の男性から指名があれば日給で3万円〜4万円程度になります。

しかし指名がゼロの場合は待機保障(保証)が無いお店だと日給も0円になります。高級デリヘルで働くと時給15,000円〜25,000円くらい受け取れます。

年齢の面ではデリヘル嬢は18歳〜30歳くらいまでの女性が多くを占めています。

ですが40代50代でも働ける熟女デリヘルなどもあるので、一般向けデリヘルを引退する年齢になったら熟女向けデリヘル店に移籍するなど、活躍の場はある程度の年齢になっても用意されていますし、日本全国どこにでもあるのも魅力的です。

気分転換や諸事情で引越しなどをしても経験者なら働く場所はいくらでもありますし、出稼ぎ先もたくさんあります。

お金を稼ぐのが目的なので、出稼ぎや移籍などに寛容な業種でもあります。

イメクラ・ファッションヘルス嬢は安全性が高い

デリヘルは派遣型の風俗ですが、イメクラやファッションヘルスは店舗型と呼ばれ、お店に男性が来店するスタイルの風俗です。

デリヘルが流行する前までは圧倒的な人気ナンバーワンの風俗形態でした。

しかし、自宅に女性を呼びたくない男性やラブホテル代を使いたくない男性も多いので、今でもイメクラやファッションヘルスは根強い人気があります。

デリヘルと仕事内容はほとんど同じですが店舗型ということで男性客の客層はある程度保証されますし、汚い部屋でなく綺麗で施設が揃った店舗内の個室で男性を接客します。

収入もデリヘルとほとんど同じで時給10,000円前後です。

男性は一度受付で男性スタッフと会うので、不審人物の利用はお店の判断で断ることができます。

待合室でお客さんの顔を確認することも出来るので、身バレが怖い人も安心です。

男性は一度受付で男性スタッフと会うので、不審人物の利用はお店の判断で断ることができます、

さらに接客する部屋のすぐ近くに男性スタッフがいるので、安全な場所で働きたい女性はデリヘルよりイメクラ・ファッションヘルスの方が向いています。

ソープ嬢は高級店以上で働ければ超高時給も可能

ソープランドで働くソープ嬢は店舗の中で男性を接客するアルバイトです。

接客には本番行為が含まれます。

なので風俗の中でもトップクラスの非常に高額な時給を受け取れるバイトとして有名です。

本番行為以外にもヘルスサービスも付きますので、デリヘルのサービス内容にセックスやソープランド独特のマットプレイなどが追加されます。

平均的な時給は15,000〜25,000円くらいで、デリヘルと比べてもかなり高額です。

さらに高級〜超高級ソープランドと呼ばれるようなお店で働くことができると(面接に合格するのも厳しいです)時給がさらに数倍にもなることがあります。

ただキャバクラ嬢のようにプレゼントをもらったり、愛人契約をお客さんと結んで仕事以外でも収入が増えるということはあまり聞きません。

逆に時間外の営業などが少ない為、仕事とプライベートをしっかりと分けて働く事が出来ます。

年齢は18歳からでも働けるソープランドが地域によってはありますが、基本的に20歳からがメインです。

20歳〜30代前半くらいまでがソープ嬢として働ける平均的な年齢です。

そもそもソープランド自体は店舗数が少ないので熟女系のソープランドが少ないです。

ある程度年齢を重ねたら他の形態の熟女系風俗(デリヘルなど)に移籍するなどした方が稼げるかもしれません。

ソープランドの勤務経験は風俗界の中で一種のブランドになりますので、移籍先を探すときはスカウトサイトなどに登録すると引く手数多です。

オナクラ嬢・ビデオパブ嬢

オナクラもビデオパブもどちらも男性に対して手コキでサービスする風俗店です。

※名古屋ではオナクラのことを「ビデオパブ」と呼びます

メリットとして性病にならない、裸にならない、フェラチオなどのヘルスサービスをしなくて済むなどがあります。

もちろんデメリットもあって、面接に落ちやすい、顔重視の採用、若く無いと雇ってもらえないなどがあります。

給料も風俗バイトとしては低く、オナクラのようなハードサービスが無い風俗店なので「ソフト系風俗」と呼ばれます。

ソフト系はオナクラ以外だとメンズエステ・洗体エステなどのマッサージ系があります。

料金が安い為、色々なお客さんが来られます。

数をこなしたり、オプションを増やせば、少ない時間でもある程度の収入を得る事が出来ます。

温泉コンパニオン・ピンクコンパニオン

ややグレー系になりますが、温泉地では割と有名でニーズがあるのが「温泉コンパニオン」「ピンクコンパニオン」です。

男性たちが社員旅行などで温泉街に来た場合、女性のコンパニオンを呼ぶのが定番ですが、ただ隣に座ってキャバ嬢のように接客するだけでなく、性的なサービスも追加されるのが温泉コンパニオンです。

ただし、女性やコンパニオン派遣会社によってどこまでOKにするか決まっていて、風俗的なサービスのハードさによって

  • ピンクコンパニオン
  • ハードコンパニオン
  • スーパーコンパニオン

などに分類されます。

ややこしいのですが、温泉コンパニオン=何してもOKだと思っている男性客もいっぱいいますので、面接時に仕事内容やどこまでするのか確認してください。

時給的なもので言うと、お酒を飲んだりカラオケで歌うだけなら時給はあまり高くありません。

やはり何でもOKということになれば、お客さんからチップをもらえたりするので時給に換算すると相当な高時給をもらえます。

毎日仕事のある地域もあれば、週末や繁忙期だけなど期間限定でしか求人が無い場合もあります。どちらかと言うと副業的に働いている人が多いようです。

SMクラブのS女王

SMクラブの女王は性癖がM(エム・マゾ)の男性の理想を叶える職業です。

日常では絶対に着ないボンデージなどで使われる衣装を着て、男性が期待するような言葉を使います。

なので他の風俗バイトと比べると

  • 専門的な知識が必要
  • 男性に合わせてキャラクターを作ることが必要
  • 男性客もいわゆる「抜き」が目的ではないのて固定客(リピーター)がつきやすい

などの特徴があります。

よって知識が深く、技術的に優れている人だとたくさんのリピーターがついてとても稼ぎやすいです。

ただし向き不向きが明確なので、S嬢が合わない人には難しい仕事でもあります。

年齢的にも20代から40代くらいまでは現役で仕事ができますので、長期的に働くことができる珍しい風俗バイトです。

SMクラブのM女

SMクラブで働く女性の職種は「S女王」と「M女」に分かれます。

  • 性癖がMの男性を接客するのが「S女王」
  • 性癖がSの男性を接客するのが「M女」

このように分担されています。

性癖が「M」の女性がS(エス、サド)の男性を接客するのがノーマルです。

基本的には男性によって肉体的・精神的に責められるのが仕事なので、そもそもMっ気のある女性でないと難しい仕事です。

特殊なオプションなどの受け入れをOKにすると、一回で高額の収入を得ることも出来ます。

精神的に苦痛を感じることも多い為、本当にMっ気が無い人だと難しい仕事かもしれません。

※痛みを伴う「責め」などはありません

メンズエステ・洗体エステ

女性に人気のソフト系風俗として人気が高くなっているのが「メンズエステ」「洗体エステ」です。

男性へのハンドマッサージ+ハンドヘルスが基本プレイとなりますので、マッサージの技術も求められます。

ただし、あくまでも風俗マッサージなので本格的な知識は必要ありません。

中にはプロのマッサージ師から指導を受ける事が出来る店舗などもあります。

マッサージ+性的サービスということで疲れているサラリーマンなどから人気が高く、デリヘルとそれほど変わらないくらいの時給がもらえる注目のアルバイトです。

基本的に触られることはありませんが、中にはおさわりOKのお店などもありますので注意が必要です。

チャットレディー

チャットレディーはインターネットを通じて男性と会話するお仕事です。

「チャットモデル」とも呼ばれるように、他の風俗的なバイトと比べるとモデル的な要素が強くなります。

勤務先のチャットサイトによって時給4,000円〜9,000円前後とかなりばらつきが出ます。

実際に面と向かって男性と話す必要が無いことから、体調を崩して休職中のOLなどでも自宅から体力などを使わずに仕事ができます。

ただチャットレディが最近はとても増えているので女性内での競争率が高まっています。

すこしでも男性から指名、つまりチャットしてもらおうとエロ系の待機画面にしたりするなどする女性も目立ちます。

18歳以上から働くことができますが、熟女・人妻チャットなどもあり50代くらいの女性でも全く問題無く働くことができます。

自宅からでも仕事ができますが、チャットルームと呼ばれる個室やシャワーなどの設備を用意してくれるチャットレディの代理店・プロダクションと呼ばれる組織が増えていますので、自宅からチャットするのが難しい場合は代理店・プロダクションに登録してください。

当ページ下部で紹介している求人情報サイトでチャットの代理店・プロダクションを探すことができます。

家出や借金をしたを風俗嬢をサポートする仕組みが風俗店にはあります

風俗店にとって風俗嬢はお店の売上を左右する大切な存在です。なので普通の会社でいう福利厚生はとても充実しています。

まず、家出した女性には寮や高級マンション完備の求人がおすすめです。

住所が無いと何かと苦労しますが風俗店が用意してくれる寮なら半額負担などのかなり割安な料金で住む場所を借りることが出来ます。

面接して入店が決まったら即日入寮可能な仕事もたくさんあります。

シングルマザーで子供を預ける場所が無い女性のためには提携している託児所を紹介してくれます。

風俗店の近くや寮の近くに託児所があることが多いので安心して子供を預けることができます。

バンス制度と呼ばれる給料前借り制も重要です(詳細はリンク先で確認してください)。

まとまったお金が必要になって風俗店で働いても数十万円が即手に入るなんていうことはありません。

しかしバンス制度を利用すればお店に給料を前借りできるのですぐに借金を返済して利子が増えるのを止めることができます。

他にもより稼げるようになるための美容整形代を出してくれたり、性病検査を毎月実施してくれたりなど様々なサポートがあります。

全国に系列店がある店などは、旅行感覚で多店舗へと出稼ぎなどが可能な場合もあります。

求人は自分で応募するタイプかスカウト型がある

実際に働くお店を探す方法としては

  • 多数掲載されている求人情報から自分で条件を絞って個別に応募するタイプ
  • 条件等を登録して、条件を満たすお店からスカウトをもらうタイプ

に分かれます。

前者の代表が

・高収入ドットコム

http://www.kosyunyu.com/

で、後者の代表が

・Qプリ

http://q-pri.com/

です。

どちらも完全無料で利用できますので、自分にあった探し方で仕事を見つけてください。

細かい条件、例えば

  • 性病予防のため、全部ゴム付きでプレイできる仕事がいい
  • 男性から触られるのが嫌だから自分が攻めるだけの仕事がいい
  • とにかく月に100万円稼げる仕事
  • 札幌や沖縄などの観光地に出稼ぎしたい

など明確な希望があればスカウト型サイトに登録してスカウトを待った方が自分で探す手間が省けて楽だと思います。

風俗嬢・水商売・夜の仕事の辞め方

基本的には入店時に交わした契約書などに基づいて

  • 退店の意思を伝えてから1ヶ月後以降に退店可能
  • 退店の意思を伝えてから2ヶ月後以降に退店可能

という風に退店したいことをお店の担当者に伝えてから1ヶ月後〜2ヶ月後には退店することができます。

ですが、退店時・退店後にトラブルになることも多く

  • 退店を拒否されて退店できない
  • 強く慰留されて退店できない
  • 退店するまで嫌がらせを受ける
  • 退店したら裸の写真や個人情報をばらまくなどの脅迫を受ける
  • 退店したのに風俗店のホームページに写真が掲載され続けている
  • 宣伝用の写真にモザイクなしで写真が使われる

などの恐れがあります。

入店時の契約書に退店時に関する項目があればそれにしたがうべきですが、あまりに理不尽な内容であるなら無効な契約と解釈することもできます。

そもそも契約書が無い場合はお店側も引き止める権利はありません。

ですが、社会常識上一ヶ月以上前から退店日を決定することが慣例となっています。

退店時に確認しておきたいのがホームページの画像の削除やお店で保管している女性のデータの抹消です。

特に画像は宣伝などに使われると厄介ですので確認してください。

脅迫されたりする場合は法テラスに相談するなどして法的な部分での対応をおすすめします。

風俗店の退店方法については

デリヘル、イメクラなど風俗店の辞め方・退店方法

で詳しく説明しています。

このページを読んだ女性におすすめの記事

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね