目次

Airbnb(エアビーアンドビー)日本版で部屋を貸す副業

世界的に流行している部屋のシェアリングの波に乗って外国人旅行者などからプチ不動産収入を得る!クーポンコードを使えば自分も割引価格で泊まれます


高収入女性求人サイトぴゅあじょの広告画像です高収入女性求人サイトぴゅあじょ

宿泊先予約サイトAirbnb(エアビーアンドビー)は「民泊」を仲介するサービス

Airbnb(エアービーアンドビー)は2008年8月に立ち上がった、旅行客(ゲスト)と宿泊施設として利用できる部屋・スペースなどを持つ人(ホスト)を仲介する、いわゆる「民泊(みんぱく)」仲介サイトです(スマホアプリもあります)。

「暮らすように旅しよう」をメッセージに拡大し、利用者は400万人を突破しています。

正式名称の「エアービーアンドビー」という言葉が日本語では非常に発音しづらいので

  • エアビーアンドビー
  • エアビーエンビー
  • エアビーエヌビー
  • エアビー
  • airb&b(エアビー&ビー)

などの表現で呼ばれたり、紹介されたりしています。

将来的に普及すれば日本人にも呼びやすい「エアビー」などのような短縮された名称で落ち着くかもしれません。

日本国内でもシェアハウスなどが流行っていますが、Airbnbの場合は

  • 管理している部屋やスペースを短期(1日単位や1週間単位、月単位も可能)で貸し、副業感覚で収入を得たい人
  • ホテルなどより廉価でアットホームな環境で宿泊したい旅行客

この双方のニーズによって成立するビジネスモデルです。

他人に貸せる部屋や土地(部屋以外にも庭、島、城と、なんでも貸せます)を所有しているなら誰でもホストになれます(個人だけでなく株式会社のような法人、個人業主もホストになれます)。

Airbnb(エアビーアンドビー)は現在世界中で人気が高まりつつあって日本を含む世界190カ国以上、34,000を超える都市でサービスを展開しています(日本版・日本法人もあります)。

※Airbnbのようなモノや場所をシェア(分けあう)ビジネスは「シェアリングエコノミー」「シェアエコノミー」と呼ばれ世界中で注目されています

Airbnb(エアビーアンドビー)

URL:http://www.airbnb.com/

スマートフォンアプリ(iPhone、Android両方)にも対応しているので、スマートフォンを利用している人はアプリストアからダウンロードしてみてください(ダウンロード、登録は無料)。

※Airbnbの旅行ポイントがもらえるクーポン付き招待コードの使い方についてはこのページの下部で説明しています

Airbnb(エアビーアンドビー)
iPhoneアプリ

Airbnb(エアビーアンドビー)iPhoneアプリ

部屋やスペースを貸す方法・使い方

  1. まず無料会員登録を行なう(Facebookのアカウントでログインもできます)
  2. 顔写真をアップロードしてプロフィール&紹介文を充実させる
  3. 料金を設定して部屋などのスペースを写真付きで掲載&紹介
  4. 予約を受ける
  5. 予約リクエストを承認する
  6. ゲストがリスティングに宿泊する

airbnb独特の用語ですが、掲載されている物件は「リスティング(listing)」という言葉で表現されます

これがAirbnbの使い方の一連の流れになります。部屋の鍵の受け取り方法などはホストとゲスト間でやりとり方法を取り決めます。

部屋の貸し出し方法や写真登録方法などの詳しい手順は?

【Airbnb公式サイト内ページ】Airbnbで部屋を貸し出す手順を教えてください

https://www.airbnb.jp/help/article/103

こちらの公式サイトで確認してください。

かなり充実したマニュアルになっていて、日本語の質問にも対応してくれます。

鍵のやりとりで手渡しが面倒臭いと感じる人やプライバシー上の問題で借主に直接会うのが嫌だという人にはスマートロックを使うとスマホアプリ上のみで鍵の受け渡しやオンライン管理できるので楽ですし複製されたりする恐れがありません。

スマートロックの仕組みや導入方法などについては

・スマートロックAkerun(アケルン)公式ページ

https://akerun.com/

こちらで確認してください。

導入には購入費用がかかりますが、人件費削減と安全性の向上など、導入によるメリットは大きいですし、事業者なら費用は経費にすることができます。

仕組みは簡単ですので女性でもすぐに設置できます(既存の鍵の上に被せるだけなので賃貸物件でも導入可能で、鍵の交換費用などはかかりません)。

しかし、購入費用だけはかかりますので、まずは資料請求をして他のスマートロックと比較するなどしてから導入を決定することをおすすめします。

Airbnb(エアビーアンドビー)
スマホサイト画像

Airbnb(エアビーアンドビー)スマホサイト画像

鍵の受け渡しミスなどのトラブル対応はメッセンジャーアプリが便利

事前にスマホのSNS系メッセンジャーアプリのIDを交換しておくとトラブルが起きた時に便利です。

国ごとで利用者の多いアプリは違いますが、どのアプリもLINEとほぼ似た様な使い方なのですぐに慣れると思います。

地域別の無料メッセンジャーアプリの利用者の傾向をまとめておきますので参考にしてください。

  • LINE(日本人と東南アジア系の利用者が多い)
  • カカオトーク(日本人と韓国人の利用者が多い)
  • wechat(中国人、香港マカオなど中国系の利用者が多い)
  • whatsup・facebook messenger(アメリカ人を中心とした欧米系の利用者が多い)
  • viver(カナダを含む北米系の利用者が多い)

どれも日本国内からのダウンロード&利用可能です。

ホストとして外国人観光客を受け入れたい人は全部インストールしてIDを作っておくと世界中の観光客の対応ができますので、インストールして損はしません。

もちろんどのチャットアプリもiPhoneとAndroidの両方に対応しています。

収入になる賃貸料金は自分で設定できる

気になる部屋のレンタルによる収入ですが、料金に関しては自分で設定できます。

日本の高いホテルの宿泊料金・物価や近くの競合ホストの値段設定などを確認して値付けしてください。

しかし、部屋に備えるアメニティ、電気代などはホストが支払う必要があります。

あまり値段ばかりを気にしているとかえって赤字になる、なんてこともありますので注意が必要です。

円対ドルの為替レートなども影響するので随時チェックながら値付けした方がいいかもしれません(円安が進めば日本円換算だと高い料金設定でも予約が入りやすくなります)。

また、「1泊あたり ¥〇〇〇〇」という金額は部屋1室の値段で、1人につきの値段では無いので注意が必要です。

人数によって値段が変わる訳では無いので、宿泊させる場合の人数もあらかじめしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

宿泊利用が成立すると、ゲストがAirbnbに入金した金額をホストが受け取ります。

入金はゲストがチェックインして24時間後に支払われます(銀行等の金融機関が休みの場合は翌営業日にスライドされます)。

ゲストとホストが直接金銭のやりとりをすることはありませんので料金の未回収の恐れはありません。

ゲストに対して設定した利用料金のすべてがホストの収入になるのではなく、利用料金のうち3%はAirbnbのクレジットカード決済手数料として引かれます。

なのでホストは値付けの際に3%のクレジットカード手数料も頭に入れておきましょう。

※ゲストは利用料金のうち6%〜12%をAirbnbに仲介手数料として支払っています。

この仲介手数料がAirbnbの収益になっているようです

日本国内での実際の利用客は外国人観光客がほとんど

日本ではAirbnbのような他人の自分の家に入れるようなサービスは文化的な問題か、あまり普及していませんので日本人の利用者はまだ少ないです。

なのでゲストになる観光客の大半は外国人観光客です。旅行で日本を訪問する外国人ですので、親日家であったり日本に興味がある人ばかりです(金銭的に余裕のある人も多いです)。

※国内での日本人旅行者の利用については海外旅行でエアービーアンドビーを日常的に使っている人だったり、ネット関係に詳しい人が多いように感じます

コミュニケーションに関しては英語を使ったり、スマホなどの翻訳アプリを使って対応するのが良いと思います。

予約リクエストを受けて、詳細のメールのやり取りをしているうちにゲストに対して不安を感じたらリクエストを拒否することも可能です。

ホスト・ゲスト両方とも互いを評価する仕組みがあったり友達からの紹介文が掲載されていますので、ゲストの過去の評価は必ずチェックしてください。

過去の実績や評価文・友達からの紹介文を見てゲストになる相手が安全な人かどうか慎重に見極めないとトラブルに巻き込まれやすくなります。

空き家などがあるならリスティング登録だけでもしておくと予約が入るかも

日本全国で空き家が増え続けていることが問題になっていますが、空き家もairbnbで有効活用できます。

あらかじめておもてなしをしないことや、ほとんどおもてなしできないことを伝えた上で安い値段でリスティング登録をしておけば、値段の安さに惹かれて予約する人が現れるかもしれません。

空き家は放置しておいても税金がかかりますし、撤去にも費用がかかりますので、airbnbを使ってゲストを募集すれば空き家を有効活用できる可能性があります。

空き部屋に困っている賃貸物件を持っている方には使い方次第で大きくチャンスが広がります。

特に外国人が多く訪れる観光地(東京周辺・北海道・京都・奈良・大阪など)で空き家を持っている人立地的に有利です。

観光地の近くにたまたまライブ等の大きなイベントがあると近くのホテルはすぐに満室になります。

出張や観光などで来た人もホテルの予約が取れないからといって野宿する訳にもいきません。

日本国内でもairbnbに対する認知が高まればビジネスホテル等の予約が取れない場合の宿泊施設候補としてairbnbの利用が盛んになる可能性があります。

もしゲストが部屋を損壊したとしても、airbnbが損害を保証してくれます。

ホスト保障とホスト補償保険という2つのプログラムがあるので、その違いをしっかりと理解した上で賢く活用しましょう。

ホスト保証とは、ゲストが物件滞在中にホストの所有物、ユニット、住宅を破損した場合、ホストの被害を補償するものです。それに対しホスト補償保険は、けがや財物破損で第三者にホストが賠償請求された場合、第三者の被害を補償するものです。

どちらも賢く使う事で、万が一の補償となりますので利用する際は詳細をしっかりと確認する事が重要となります。

ゲストによる破損があったら証拠などをしっかり撮影しておきましょう。

※実際の例として、2015年9月19日~23日に宮城県で開催される嵐のライブコンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」の影響で仙台周辺のビジネスホテルなどの宿泊施設が予約で一杯になっている状況です。このような状況でホストになればたくさんの利用者がairbnbを利用する可能性が高くなりますので、宮城県に住んでいる方は是非ホストにチャレンジしてください

※事故物件等の理由で空き家になっている場合はトラブルになりかねませんので事前にリスティング内に事故物件であることを記載してください。その分料金を安くすれば気にしない人が利用します

賃貸で家主から部屋を借りている場合はまた貸しになる

もし賃貸で部屋を借りている女性はAirbnbで副業をしようと考えても慎重に行動してください。

賃貸で部屋を借りている場合は部屋の所有権は家主にあります。

家主の部屋をまた貸しすると賃貸契約に違反したとして最悪部屋から追い出されるなどのトラブルに遭うかもしれません。

実家に帰るなどの理由で少しの期間部屋を利用しないので、その期間だけでもホストになってみたいなど、どうしてもチャレンジしてみたい場合は管理人や家主に相談してからトライした方が安全です。

そもそもAirbnbのビジネスモデル自体が日本国内の「旅館業法」「借地借家法」に違反しているのではないかという指摘もあります。

ゲストとして利用する分には個人の安全だけを注意すればいいだけですが、ホストになった場合トラブルや事件が起きたら金銭的被害や対応による時間的損失などは大きくなる可能性があります。

実際に2015年7月22日に日本の渋谷でairbnbをゲストとして利用していた中国人親子のうち、子供が高層マンションから落下して死亡したという噂がネットを中心に広まっています。

※中国人の子供がマンションから落下して亡くなったのは事実ですが、airbnbを利用していたかどうかというのはTwitter等で憶測されているだけです

このような事故・事件が起きた場合のホストの責任はどのようになるかなど、法律的な問題は山積みになっています。

airbnbで得た収入の税金面の扱いの問題などもあり、いつまでも自由に放置という訳にもいかないでしょう。

もしたくさんの収入を得たのに確定申告をしない人が増えたらさらに問題があるサービスとして規制の対象になりかねません。

特に主婦がairbnbで儲けようとした時は夫の扶養の範囲内や範囲外という問題もありますので、慎重に調査してから行動することをおすすめします。

※厚生労働省は自宅の空き部屋などに旅行者を有料で宿泊させる「民泊」を、旅館業法で定める「簡易宿所(かんいしゅくしょ)」として簡易宿所の定義を緩和させる意向を表明しました。これまでであれば簡易宿所を提供するには届け出が必要でしたが、これも多少緩和するようです。簡易宿所の基準については変更が出そうなので、airbnbを大きなチャンスと捉えている方は法律面での整備動向などをしっかりウォッチしておきましょう

※ホストが同居する「ホームステイ型」と呼ばれる民泊については各都道府県に届け出を出せば認められるようになる方針が固まりました。ホストが同居しない「ホスト不在型」の民泊については今後も認められるのは難しいかもしれません

※あらかじめ不動産オーナーから転貸の許可をもらっている物件のみを紹介する賃貸サイトがオープンしました。

・booken.jp(ブッケン)

http://booken.jp/

このような民泊用賃貸物件サイトを利用するとリスクは軽減できそうです(あくまでもオーナーが許可しているだけで法律的にOKということではありません)。

女性の一人暮らしの場合は犯罪などのトラブルになる確率が上がる

外国人観光客を受け入れるのは文化・言語の異なる相手を部屋に入れることになるので、例え相手が女性でもそれなりに危険が伴います。

マンション・アパートに住む一人暮らしの女性はホストにならない方が良いかもしれません。

いくらレビューや紹介文で相手に好意的な内容が書かれていたとしても自作自演の可能性があります。

外国人女性との出会いや猥褻行為が目的だったり、法律に反するような悪質なホストになってはいけません

また、支払いややり取りも直接行う事はトラブルとなる可能性があります。必ずメッセージシステムを活用するようにしましょう。

もしも万が一の事があった場合は、サポートが受けやすくなるでしょう。

airbnbは日本支社があるとはいえ外資系のサービスです。

アメリカが基準なので、日本では法律的にかなりグレーなサービスです(実際に世界中で論争やトラブルを起こしています)。

日本だとホストが盗聴器や盗撮用のカメラでゲスト(特に女性単身やカップル)の様子を動画撮影して流出するトラブルなどが近い将来必ず起きると思いますし、そういった事件性が高いものが起きるたびにサービスの知名度は高くなり、世論の注目を集めるでしょう。

もしカップルでゲストになった時には最悪ベッドでの様子が撮影されて流出する可能性がなどが無い訳ではありません。

ゲストに来た日本人・外国人女性をしつこくナンパしてネットストーキングしたことによって逮捕されたりする人も出てきそうです。

信用を失ったら仕事がなくなったり事業主としての免許が剥奪される宿泊業を運営する事業者と自分が借りた賃貸物件を民泊用に貸し出す個人では責任感や持っている倫理が違いますので、ゲストになる時は注意が必要ですし、ホストになる時も邪な気持ちを持っているとロクなことになりません。

airbnbを悪用して逮捕されるなどしたら世間的にかなり注目を集めます。結果実名が報道で広がるなど、人生を棒に振ることになりますので絶対にやめてください。

英語や外国文化を学びたい人なら外国人を受け入れれば勉強も可能

英語が得意な女性なら女性の観光客を受け入れて、交遊を深めたりすることも可能です。

美味しい日本食などで一生懸命もてなせばAirbnb内での評価が上がり、たくさんの地域の外国人がゲストとなってくれる可能性があります。

お金が稼げるだけでなく、外国人の友達ができたり文化を学べますので一石二鳥です。

外国人観光客の増加で観光地の近くなら部屋貸しでかなり儲かる可能性も

外国人が訪問するような観光地の近くに住んでいる人の方がホストになった場合は地理的に圧倒的に有利です。

近くの観光名所を案内したり、日本文化を体験できるようなツアーを個人的に組んであげればAirbnb内の評価が物凄く上がり、人気ホストになれるかもしれません。

2020年に東京オリンピックを控え、これから毎年外国人観光客の増加が見込めますので、チャンスは広がりそうです。

観光地周辺ではホテル等の宿泊施設が慢性的に不足している状況なので、外国人だけでなく日本人観光客の利用も期待できます。

そうなると予約が増えるだけでなく、周辺地域の宿泊料金やairbnbでの競合も宿泊料金を高く設定しますので、自分の物件の宿泊料金も高く設定できます。

宿泊料金が高くなるとはいっても固定費等が変動するのではありませんので、宿泊料金が上がった分だけホストの儲けは増えます。

コツとしては時期や周辺のイベント等のスケジュールによって料金を変動させることです。

まず予約を増やすことが第一ですが、周辺の競合との比較で高く設定して1回の儲けを増やすか、安く設定して宿泊者を増やして口コミや評価を高まるか、このあたりは中長期的な視野を持って戦略的に動くことが大事になりそうです。

友達招待のクーポンコードを使えば自分も割引でAirbnbを使える

Airbnbには招待コードを使ったクーポンの仕組みがあります。

紹介してAirbnbに会員登録した友達がホスト・ゲストとしてAirbnbを利用することによって招待した人にはAirbnbの宿泊を割引できる旅行ポイントが付与されます。

友達招待・クーポンコードの使い方や仕組みを流れにすると下記のようになります。

  1. Airbnbに登録後、招待コード付きのURLを友人に送る
  2. 友達が招待コード経由でAirbnbのアカウントを新しく作る(友達は招待コードを利用して登録することによって25米ドル分の宿泊割引旅行ポイントがもらえるというメリットがあります)
  3. 友達がAirbnbで宿泊予約して実際に利用する(この時点で25米ドル分の旅行ポイントを紹介者がもらえる)
  4. 友達がAirbnbで自分の家や賃貸物件を貸し出し、ゲストの宿泊が成立する(この時点で75米ドル分の旅行ポイントを紹介者がもらえる)

※【2】の時点では友達に旅行ポイントが渡されるだけです。紹介者にポイントが渡るのは【3】からです

※【2】で招待された友達は初回の宿泊から25ドル安く宿泊することができます

※2016円8月5日現在で1ドル=約111円の為替レートなので、ひとり招待して受け取れる最大額の25ドル+75ドル=100ドルだと約11,100円分がポイントとして招待者が受け取れる計算になります

旅行ポイントの有効期限は発行日から3年間と、かなり長く設定されています。

まだAirbnbは日本国内では知名度が低く利用者も少ないですが、将来的にかなり盛り上がっていくサービスになりそうなので今のうちから友達を招待しておくとポイントがみっちり貯まりタダ同然で宿泊できるかもしれません。

※旅行ポイントは現金に換金できる類のポイントではありませんし、他人へのポイントの譲渡は禁止されています

利用して体験談ブログを書くと効率的にポイントが稼げる

もしAirbnbをゲストとして利用して旅行・宿泊したことがあるなら現地で撮影した写真などを中心とした体験談を無料ブログなどで書くと沢山の人が見てくれる可能性があります。

もちろん内容次第ですが、旅行記や観光地の写真を掲載したブログは人気のブログになりやすいと言われていますし、簡単に作る事ができます。

Airbnbを宣伝するような内容ではなくて、楽しい旅行だったこと、お金を節約できてなおかつホストのもてなしで旅行が充実したことなどがわかるような体験記事や写真を投稿することが人気ブログになるコツです。

Airbnbの日本語版Twitterがあり、Airbnbに関するブログなどをたまにリツイートしてくれますので、もし書いた体験談ブログがリツイートされたら一気に拡散されること間違い無しです。

ホストとなって副収入を得ている人なら「airbnbで副業体験談」のようなホストになるまでの経緯や、宿泊客が来ている間に起こったトラブルや、そのトラブルの予防方法などを記事にすると自分もホストになろうとする人が増えてポイントが貯まりやすくなります。

ホストの方が3倍の旅行ポイントをもらえるので一発のインパクトが大きいです。

紹介方法やポイントについては

airbnb(エアビーアンドビー)のクーポンで宿泊代を稼ぐ

こちらのページでさらに詳しく解説しています。

興味がある方は確認してください。

「毎月50万円楽に稼げる」の詐欺のような記事・副業系情報商材は信じない

副業系のサイトやニュースサイトには

  • ○○で毎月何もしないで100万円
  • ○○で年間300万円の副収入

このような景気の良い煽り文句が並んでいますが、何もせずに楽に稼げる様な副業はありませんし、あったとしても犯罪的なものやグレーゾーン、もしくは自分の体を張った仕事だけです。

airbnbのホストにしても、何もしないでとか楽々とかそういう気持ちでホストをしていたら最初は良くてもレビューですぐに利用したゲストからの低い評価がついて誰も利用しなくなります。

ホストに感謝したり褒めるレビューの割合が多いので、良いレビューは目立ちませんが、悪いレビューはとても目立つのです。

しっかり、堅実に稼ぐためには良い写真を撮影して投稿したり、ゲストに対して楽しい旅になるよう気を使ったりしないといけません。

少なくともシェアハウス・ビジネスホテル・旅館等に泊まるよりairbnbを利用してホストを探した方が良い旅になる、という風に思ってもらえるようにしないとどんどん他の宿泊施設に旅行客は流れて行きます。

airbnbが日本国内で認知されはじめたら登場するであろう「airbnbで稼ぐ」などの情報商材もおすすめできません。

情報商材は古くて役に立たなくなった知識を業界初心者に売る、という構造になっています。

本当に稼げる方法やノウハウは自分だけで独占して誰にも教えたくないものです。

それに情報商材はたいてい数千円以上ですのでそれなりにお金がかかります。

その費用をゲストハウスをより魅力的に見せるために使った方が間違いなく効果があると思います。

もし「airbnbで年収500万円を稼いでいる」と自称している人と出会ったら、その人がairbnb経由で得ている実質的な所得を訪ねる必要があります。

というのもこのような人たちは確かにairbnb経由でそれなりの額を稼いでいるかもしれませんが、家賃代や清掃代などで極端な話だと赤字になっている可能性があるからです。

情報商材などの勧誘系ビジネスを携わる人はこのような初歩的な手法をよく使いますので、じっくり損益について尋ねてみて、ちゃんとした回答が返ってこない場合は怪しむべきです。

不動産物件を多数管理しているなら代行業者に依頼すると楽

もし自分で管理できるマンション・アパートなどの不動産物件をたくさん持っている場合、airbnbを使えば定期的にかなりの利益を出せるかもしれませんが、その分写真撮影や質問への対応などの手間が増えます。

airbnbの対応のためだけに人を雇うことは現在まだ法律的に不安な部分があるので現実的ではありません。

しかし、airbnbに新しいビジネスチャンスを見いだして参入する業者が増えていて、その中にはホスト代行業者も含まれます。

airbnbのホスト代行業者はairbnbのホストに関する代行だけでなくアドバイスなどのコンサルティング的な仕事もしてくれますので、とても便利な存在です。

検索エンジン等で検索すればすぐにたくさんの代行業者が見つかりますので、比較検討した上で問い合わせしてください。

日本国内の法律が改正され、不動産会社・管理会社がairanbのようなサービスを使って外国人だけでなく日本人も管理する施設に短期的に宿泊させることが可能になったら一気に様々な業者が参入しますので、今のうちから逆張りでノウハウなどを得ておくと流行りはじめた時に大もうけできる可能性があります。

他にもairbnbに関する代行ビジネスに参入する企業は増えていて

  • 清掃や鍵の受け渡し代行サービス
  • 英語のやりとりを代行、記事作成

などの代行サービスが利用可能です。

説明会やセミナーなども開催されています

airbnbの代行業者などによるホスト向けのセミナー・説明会が増えているようです。

無料から数千円くらいで受講できるようですので、「airbnb 説明会」「airbnb セミナー」などのワードで検索して最寄りの説明会を見つけてください。

ただし、説明会会場で数万円以上する情報商材の購入などを勧められた場合は、悪質な業者による説明会ですので絶対に商材を購入しないでください。

少なくともネット系で「楽して稼げる」「何もしないで稼げる」という話はairbnbに限らず絶対に嘘です。

おそらく2015年中にairbnbに関する書籍などのノウハウ・How to(ハウツー)本が出版されると思いますが(kindle版が紙より早い時期に出ると思います)、それまではネットでの体験談やセミナーなどで勉強するのが知識を得る近道となりそうです。

ホスト向けの公式ワークショップ「ミートアップ」が開催

Airbnbのスタッフによる公式のワークショップ「ミートアップ」が開催されます。

7月は東京(関東在住者向け)・京都(関西在住者向け)・福岡(九州在住者向け)・沖縄で開催される予定です。

airbnbに会員登録している人しか参加できませんが、興味がある方は参加してAirbnb運営スタッフの生の声を聞いて勉強したり、疑問があれば積極的に質問しましょう。

副業でも部屋貸しによる収入は確定申告して税金を納める

airbnbを使って部屋を貸して安定した収入を得られるようになってもそれを全部使うのはおすすめできません。

これからマイナンバー制度の導入等で税務調査がしやすい環境になりますので、もし定期的に月に数万円稼げるようになったら確定申告することをおすすめします。

もし税務調査が入って脱税がバレたら追徴課税されますし、その金額を支払うことができなければ資産を指し押さえられてしまいます。

※本来良くないですが、たまに数千〜2・3万円くらいの収入が入る程度なら申告はしないでいいと思います

確定申告と言ってもairbnbだけなら出るお金と入ってくるお金が簡潔ですし、airbnbのホスト管理画面からすぐに確認ができます。

面倒だとは思いますが、のちのちのことを考えれば毎年しっかり確定申告した方が気分良く、安心して過ごすことができます。

もし副業としてairbnbで家賃収入を得ることが大流行したら必ず税務署が目をつけ、目立つような形で税務調査を行いますので脱税のニュースが流れるはずです。

その際の容疑者にならないように気をつけましょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)のホストの体験談・口コミ

  • 安全性の面で不安がありますので特に女性は慎重にホスト選びした方がいいです。ゲストの方も同じで、女性ホストなら女性ゲストのみに限定した方が何かとスムースに進みます。
  • 鍵の受け渡し等はairbnbに慣れている外国人の方がすんなり理解してくれます。ビジネスだと割り切って部屋を提供しているなら割り切ったなりにサービスが必要なので、クールに対応すればいいというものではないです。

新規体験談・口コミを投稿する

Airbnb(エアビーアンドビー)が気になる人におすすめの職種

Airbnb(エアビーアンドビー)が気になる人に役立つ記事

Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね