引退した風俗嬢の生活の方法と進路

デリヘルやソープランドで風俗嬢として働いて、引退後に幸せになれるかは女性次第でまちまち。お金と人生設計の両方で計画的な行動が引退後のあなたを幸せにします。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

求人サイトの【入店祝い金】で稼ぐ裏ワザなど、以下ページで解説します。

【人気記事】入店祝い金って本当に貰えるの?Qプリなら確実に貰えます!

そもそも風俗嬢になるきっかけで引退後の生活も変わる

昭和の時代やそれ以前と比較すると女性が風俗業界に入るハードルが圧倒的に低くなったこともあり、風俗嬢は合法と違法(援助交際デリヘル、個人売春など)をあわせて日本中に数十万人いると言われています。

風俗嬢の元祖とも言える吉原などの遊郭(ゆうかく)で働く女性の場合は時代が時代ということもあり、働く理由は親の貧困や家族を養うためがほとんどでした。

現代でも応援しているホストやヒモ状態になっている彼氏の男性に貢いだり、買い物依存症などによってカード地獄にはまってしまい借金が返済できなくなり風俗の世界に足を踏み入れる女性はたくさんいるとはいえ割合はどんどん少なくなっています。

借金など金銭・経済的な理由で風俗・アダルト業界に入る女性が減り、その代わりに

  • 興味本位
  • 今より余裕のある生活をしたいから
  • なんとなく、路上で風俗スカウトマンにスカウトされたのがきっかけで
  • 仕事が終わった後などの余った時間の副業感覚で
  • 夢や目標を叶えるための資金作りのため

などの理由で風俗業界に入ってくる女性が増えていると言われています。

特に夢や人生の目標をかなえるために水商売の世界に足を踏み入れる女性はメンタル的に強く、明確な目標設定や金額があるためびっくりするような美女が多いと言われています。

例えば自分の雑貨屋、美容院などを持ちたいと考えたとします。

店舗の敷金礼金と毎月の家賃だけで1年間で数百万円も費用がかかる可能性があります。

さらに従業員として人を雇えば人件費もかさみます。

そもそも若い女性が20代のうちに数百万円の貯金をすることは至難の業で、もし一人暮らしをしている場合は相当高給の仕事に就かないとほぼ不可能になってしまいます。

そうなると昼の仕事より遥かに高額の給料がもらえる夜の仕事が稼ぐための手段として第一に浮かびます。


専門の求人情報サイトも多く
ハードルはどんどん下がっている

風俗求人情報サイト検索画像

風俗嬢として働いている間もこつこつ貯金&勉強して夢を叶えるタイプの引退後

このようなタイプの女性は風俗バイトしている時間以外は同年代の女性と同じ様な生活レベルの日々を過ごしていることが多く、資格取得のための勉強や将来の目標を叶える為の知識や経験を風俗バイトを掛け持ちしながら毎日積み重ねます。

お金に関しては浪費せずに貯金にまわしているので、ホスト遊びにハマったりカードでの洋服購入をして金銭感覚が狂うことはありません。

風俗バイトもずっとするのではなく、一定期間だけと割り切っているため、プロとしてかなりしっかり仕事をしているのでお客さんからの評判もよく、目標の金額が貯まったらきっちり退店して、二度と水商売の世界には返ってこない女性が多いです。

目標の例として多いのは

  • 何かしらの自分のお店を持つ
  • 海外への留学資金
  • 資格取得や大学入学の資金

などです。

風俗バイトを辞めた後の目標が明確になっていて、人生設計がしっかりされています。

金銭感覚が狂ってしまって、借金まみれになったりお金が底をつき出戻りするタイプ

風俗バイトをしていると同年代の女性の数倍の収入が手に入ります。

例えば20代前半の女性が新卒で企業に入社して、正社員だとしても月給は手取りで15万円前後くらいが平均だと思います。

風俗で働くと毎日3万円〜5万円の給料を仕事終わりに現金日払いで受け取ることができ(人気キャバ嬢や高級ソープ嬢だと桁がひとつ上がります)、さらに本来いけないことですが風俗バイトで得た分の税金を払わない(確定申告をしない)女性が多いので、同世代の女性の月の給料を数日の出勤で稼げてしまうことになります。

スカウトマンに勧められてなんとなく夜の世界に入ったり、やりたい昼の仕事が無くて興味本位で夜の仕事をしている女性にありがちなのは、金銭感覚が平均的な同世代女性からかけ離れてしまうことです。

入ってきたお金をすべて使ってしまうので、美味しい物を食べたり、ブランドものの服を買ったりして生活水準が高くなります。

住む場所の地域レベルが上がり、アパート・マンションも高級マンションに変わるかもしれません。

普通の人でも一度上げた生活水準を元に戻すのは難しいと言われているのに、風俗バイトのように世間の水準からかけ離れた額のお金を手にしてそのまま生活水準を上げるととんでもない維持費がかかり、維持するだけでかなりの金額が必要になります。

人気フードルやキャバ嬢といってもその多くが人気のピークを過ぎれば収入が減り、20代後半から30代以降は全盛期のように稼ぐことは難しくなります。

風俗嬢は40歳までと言われ、40歳を過ぎると風俗で働く事自体が難しくなってしまいます。(40歳以上の熟女店やそれ以上の超熟女店もあるにはありますがかなり少数です)

そうなると生活を維持することができなくなり、そもそもの収入が高いのに生活レベルを維持するため借金に手を出してしまう人もいます。

なので生活水準についてはいくら収入があってもじっくり計画を立てて慎重に行動した方が安全です。

風俗店で稼ぐことが困難になったので退店しても、生活を維持することができなくなり風俗業界に出戻りする女性も沢山います。

ただ、普通に戻ってきたとしても以前のように稼ぐことができないので

  • 複数の店舗を掛け持ちして働く
  • 熟女店で働く
  • SM店のS女王など技術・専門性の高い職場で働く
  • NS(ゴム無し)などのハード系サービスに転向

このように働く場所や環境・範囲を変えて収入を維持するしかありません。

熟女店だとお客さんの数や単価が減る可能性がありますし、ソープランドやちょんの間でNS(ノースキン)などのハードサービスが増えると性病に感染したりする確率が高くなります。

なので以前と比較するとデメリットが増えがちです。

2015年末から実施されるマイナンバー制度で最も怯えているのはこの対応です。

※既にマイナンバー制度は導入されており、税金の未納は出来なくなりました。

必ず確定申告を行い、税金を納めるようにしましょう。

看護・介護の仕事に転職する風俗嬢が多いという説

風俗嬢は引退後に結婚したりする人も沢山いますが、看護や介護の仕事に就く女性が多いという説もあります。

これは

  • 日本中どこの地域でも介護系の人材が不足している
  • 人の役に立つ仕事なので充実感を得られやすい
  • 資格があればそれなりの給料はもらえる
  • 高齢化によって市場として拡大が期待できて需要も常にある

などが理由として挙げられます。

ですが、そもそも昼に介護系の仕事をしている女性の中に、夜は風俗嬢として働く女性が多いという説もあります。

これに関しては

  • 賃金が安い場所で働いており、収入を増やすため
  • 介護・看護系で働く女性が性格的にサービス業が向いている

と言われています。

看護系の仕事は若い男性との出会いが少なく、性欲解消のために風俗バイトをしている、なんていう風な内容の記事をみかけることがありますが、これは単なる与太話だと思います。

とはいえ、薄給の介護系バイトをしながら資格取得のための費用等を稼ぐために副業で夜のバイトをしている女性はたくさんいそうです。

そのほかに、風俗と介護が単純に似ていると言う人もいます。言ってみれば風俗は男性の性欲解消の介助をするお仕事ですので納得できます。

他人との接触に抵抗が少なく下のお世話も出来るわけですから、むしろ介護側にとっても即戦力なのではないでしょうか。

飛んでしまう女性は入退店を繰り返しがち

「飛ぶ」とは勤務先の風俗店に連絡をせずに突然出勤しなくなる女性のことです。

業界内に飛ぶ女性はたくさんいるので、どのお店でも毎月のように起きていることです。

当然飛ばれたお店側には大変な迷惑行為ですので、出戻りなどは難しくなります。

そのお店はもちろん、系列店や姉妹店でも働く事が出来なくなります。

大手のお店に努めていて飛んでしまったりすると、自ずと首を絞める事となりますので絶対にやめた方が良いです。

そもそも飛ぶ女性は性格やメンタル的に問題があり何回も飛ぶ傾向にあるので、長期的な勤務は難しいです。

一度癖になると、何度も繰り返します。

今は良くても、後々その事がきっかけで苦しむことになるかもしれないのです。

「飛ぶ」ことを繰り返している女性はしっかり自分を見つめ直した方がいいかもしれません。

結局は将来の計画を立てて仕事をしないと自分が困る

いくつか例を挙げましたが、いくら夜の仕事とはいえ定年まで稼ぎ続けることは難しいのです。

キャバ嬢→高級クラブのホステス→クラブのママ

というステップが最も良いキャリアプランかもしれません。

しかし、ほとんどの女性は10代20代の間しか風俗バイトで稼げないという事実がありますので、風俗バイトをしている間も

  • 生活レベルを上げすぎない(家賃が高い家に住まない、ペットを飼わないなど)
  • 貯金をする(普通のOLと同じくらいしか毎月使わず、残りは貯金する習慣をつける)
  • 将来の目標や人生計画を立てる

この3つをしっかり守ることが大切になります。将来に備えて難易度の高い国家資格などを取得することも就職にあたって役に立ちます。

また、結婚や出産で違う道を歩む人もいます。

期間を決めて、その期間を過ぎたらきっぱりと辞める、など区切りを事前に決めておくのも良いかもしれません。

浪費癖がある女性はお店にお願いすれば毎日の給料から何割かを引いて積立貯金をしてくれるお店もありますのでスタッフに相談してください。

現実問題として語学系より看護系の資格の方が需要が高い

国際化・グローバル化が大事だと各種メディアで騒がれており、そのせいか英語学習や英語の関する資格取得に関心を持つ女性がたくさんいます。

しかし、実際英語ができる人材は世の中にたくさんいて、TOEICやTOEFLなどを持っていても仕事が無い、なんてこともよくあります。

というか語学系の資格だけ持っていても実務経験が無ければまず役に立ちません。

外国人客が多い店などでは、自然と英会話を身に付けることが出来ますし、お店が英会話のレッスンを行う店などもあります。

しかし、英語が話せるからと言って仕事にありつけるとは限らないのです。

語学関係の仕事と比べると介護関係の仕事は圧倒的に多く、じっさい有効求人倍率が他の業界との比較だとかなり高いです。

それだけ離職率が高く、人間関係や仕事内容が辛いことの証明だと思いますが、看護系の仕事であれば食いっぱぐれないのも事実です。

それにどこに行っても仕事を得ることが出来ます。

地元に戻っても勤め先が無い、などの心配は無いでしょう。

もし現実的に将来の仕事について考えるなら、派手な語学系よりは看護系の方が堅実で確実性の高い仕事であるのは間違いありません。

看護系資格も真面目に勉強すれば受かるものが多いので、風俗バイトと掛け持ちしながらでも取得は可能です。

もちろん簡単な事ではありませんので、強い意志が必要となります。

ステップアップとしては介護業界で働き、資格をさらにグレードアップさせるのが理想

介護業界の資格は

  • 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
  • 実務者研修(ホームヘルパー1級)
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー

などが有名です。

初歩的な資格は実務経験が無くてもとれますが、ケアマネージャーや介護福祉士などになると実務経験が必要です。

まずは簡単な資格を取得後に業界に入り、地道に努力しながら働いて、数年後にキャリアアップのために資格を取る、というのが介護業界での理想です。

収入的には厳しい時期が続くと思いますが、日本中どこでも需要があるというのは魅力的です。

収入的に足りないのならライブチャットのチャットレディメールレディで補うという方法もあります。

夜の世界から昼の世界に戻るには、とにかく一般の仕事をしないとはじまりません。

考えも無くとりあえず辞めて、何か仕事を探そうとしても、結局夜の世界に戻ってきてしまいます。

介護業界にずっといる意思はないとしても、昼の世界で生きて行くためのキャリアのスタートとしては入りやすいのが介護業界です。

昼の仕事をしたいけど、事務職とかではどこも採用してくれない、と悩んでいたらまずは経験と思って介護業界にチャレンジすることをおすすめします。

ただし心身共に楽な仕事では無いということは覚悟しておきましょう。

介護系で社会人としての正社員経験を積んで異業種に転職するというのもあり

大学在学中やフリーターをしている時に風俗バイトをはじめた女性はそのまま風俗バイトがメインの仕事になってしまうことがあります。

その場合はアルバイト以外には実務経験、つまり正社員や派遣社員としての社会人経験がありません。

社会人経験の有無によって転職できる先も変わってきます。

なので、長期的な作戦として比較的就職が容易な介護業界で正社員として働き現場だけでなく管理や事務的な仕事を経験した後に経験を活かして異業種に転職するというのもありだと思います。

介護業界から異業種に転職する場合でも正社員経験が有ると無いでは面接官の見る目が全然違います。

少なくとも履歴書に堂々と職歴を書けますし、厚生年金などにも加入できますので、自分に合ったキャリアプランを選択してください。

このページを読んだ女性におすすめの記事

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事



Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね