1. 風俗嬢と年齢の関係

10代からスタートして50代・60代になっても熟女店などで需要がある風俗のアルバイト

最終更新日:2017年06月08日

風俗バイトと女性の年齢の深い関係

風俗店で働ける女性は基本的に18歳以上です。

もし18歳以上でも女子高生は働く事ができません。

JKリフレやJKコミュニケーション店などのJK系風俗店が乱立していますが、トラブルが続出していますので、おそらく法律や条例によってこれらのお店も17歳未満の女子高生は働くことができなくなります。

ということはJKリフレという名前がついていてもJK(女子高生)がいないので、すべて「JK風」のお店になってしまう、ということです。

水商売・ナイト系のバイト(ガールズバーなど)まで広げれば17歳以下でも働ける高額バイトが見つかりますが、どのお店も未成年女性を雇ってトラブルに巻き込まれたくありませんので中々難しいようです。

18歳以上になればほとんどの風俗バイトは解禁になります。

ついこの前まで女子高生だった、というのはかなりブランド価値が高いもののようで、高校を卒業したばかりの18歳の女性は「準JK」として風俗業界でのニーズがかなりあるようです。

反対に40歳を越えたアラフォー・アラフィフ女性はどうでしょう。

実はこちらもしっかりとしたニーズがあります。

日本全体の人口にたいする平均年齢が少子化・高齢化によって底上げされているので、風俗店を利用する男性の平均年齢も今後どんどん上がる傾向にあります。

そして、男性の年齢が上がると、あまりにも年齢差がある女性とは風俗遊びをしようとする気がなくなるようです(自分の娘ほど年齢が離れると罪悪感を感じたりするみたいです)。

そうなると男性は自分の年齢とそれほど変わらない女性か少し下の女性と遊ぶので、いわゆる熟女店や人妻店のニーズが高くなっていきます。

このように、18歳から上はおそらく60代くらいまでは風俗店で働く場所があります。

しかし年齢によって働ける場所が変わってきますので、各年代で働きやすい風俗バイトの種類などをこのページでは説明していきます。

熟女専門の風俗店情報サイト「熟れせん」HP画像

熟れせんHP画像

17歳以下の女子高生はJKリフレやガールズバーがせいいっぱい

17歳以下の未成年や18歳の女子高生でもなんらかの事情や理由があってお金を沢山稼ぎたいという人はたくさんいると思います。

合法的に普通のバイトより稼ぐならガールズバーがあります。

ですが、18歳未満の女性は22時以降の勤労(働く事)は法律で禁止されていますので、稼ぎ時ともいえる時間帯で働くことはできません。

悪質なガールズバーは22時以降も女子高生を働かせたりしているようですが、結局のところ急性アルコール中毒やお客さんとのトラブルが起きれば閉店を余儀なくされるので長続きはしないようです。

ガールズバーでは男性客の接待を禁止していますが、ガールズバーにはドリンクバックという給料にプラスしてお金を稼げる仕組みがあるせいかドリンクバックで稼ぐためにお酒を飲んでしまう女子高生も現れるなど、ガールズバーで働く女子高生は何かとトラブルの原因になりがちです。

JKリフレをはじめとするJK店も秋葉原やオタロードなどを中心とした男性が多いオタク街で一世を風靡しましたが、ロリコン男性が風俗感覚で利用してしまうのでほとんど風俗店のようなサービスが行なわれ、摘発が相次いでいます。

となれば女子高生にとって合法的な高額バイトだったのに結局のところ営業が難しくなり、お金欲しさに非合法な援助交際・売春やJK援デリ(援助交際デリバリーヘルス)に足を踏み入れてしまうようです。

ただ、こちらもサイバー補導など、警察の捜査が厳しくなっているので補導されるのが関の山といえます。

LINE掲示板で自分の使用済み下着を売ったり、プチ愛人・プチ援助などといってお小遣いをねだることもサイバー補導の対象となります。

結局のところ、合法的に、安全かつコンスタントに稼ぎたいなら18歳になり高校を卒業するのを待ちましょう、となってしまうのは当たり前と言えば当たり前です。

高校卒業後の18歳以降は風俗店でバイトできます

無事に高校を卒業して、その時点で満18歳になっていれば基本的にはどんな業種の風俗店でも働くことができます。

ただし、ソープランドのように自主的に20歳以上しか働けない様にしている(札幌すすきの等の地域は除く)業種では20歳にならないとバイトできません。

あとは交際クラブ、デートクラブのような年齢の高めの男性が利用するデート店でも20歳以上というのを基準にしているお店がほとんどです。

18歳〜26歳くらいまでは風俗店で最もお金を稼ぎやすい年齢で、特殊な風俗店(マニア向け、SM店など)でなければ指名数が多くなる傾向にあります。

この時期にしっかりとお金を稼いで、将来のために計画的にお金をためたり投資することも大事な事です。

30代以上になるとお姉系や熟女人妻系風俗店でバイトができるようになる

20代後半くらいになると一般のデリヘルやイメクラでの勤務が少し厳しくなり、逆にお姉さん系風俗店や熟女人妻風俗店からのニーズが高くなります。

お姉系は20代半ばから30代前後の女性を中心に揃えている風俗店です。ソープランド・デリヘル・イメクラなど、ほぼずべての風俗ジャンルでお姉系のお店があります。

あとはSMクラブのS女王なども20代後半くらいから仕事がやりやすくなると思います。

熟女人妻店を利用する男性は比較的年齢が高めなので紳士的な人が多く、性格的にも穏やかな人が多いので若い人向けの風俗店と比べると客層が安定しているというメリットもあります。

40代50代以上になると熟女人妻店以外は難しい

40代50代になると、いわゆる熟女好きの男性が利用する熟女人妻店で働く事になります。

熟女人妻店は一般店と比較すると多少利用料金が安い事もあって女性の給料も低くなる傾向がありますが、冒頭でもふれたようにニーズが増えているので今後拡大しそうなジャンルです。

特に熟女デリヘルは人気が高く、女性の求人募集はかなり多いようです。

変わったバイトでは、風俗店の講習員という仕事もあります。こちらは風俗店でプロとして経験を積んだ女性しかできないバイトです。

特にソープランドでは独特のテクニックが必要なので女性の講習員をよく募集しています。

ライブチャットも一般向けから熟女人妻好き向けまで様々な種類がある

ここまではいわゆる「風俗店」について説明してきましたが、ここからはネットを使った疑似空間でのアルバイトの説明です。

ネットが普及してネットキャバクラと呼ばれるライブチャットも女性のバイト先として認知度が非常に高くなっています。

ライブチャットでも風俗店と同じで熟女好きの男性が増えているので熟女人妻ライブチャットでは常に女性の募集をしています。

パソコンやスマホを使っての仕事になりますが、勤務先のスタッフにわからないことを聞けばすぐに対応してくれますので、パソコン等が苦手な女性でも全く問題無く働けると思います。

風俗店と違い、熟女ライブチャットは一般ライブチャットと給料はほとんど変わりませんので、実は熟女人妻系に当てはまる女性は熟女ライブチャットが一番の狙い目かもしれません。

おおまかな基準としては24歳以降くらいなら熟女系ライブチャットで働くことができます。

熟女人妻系のライブチャット一覧

リンク先でそれぞれの詳しい時給や給料の支払い方法などを説明していますので詳細を知りたい方はリンク先でチェックしてください。

なお、ここで紹介しているライブチャットはすべて日本国内の優良企業が運営しているサイトです。

海外で運営されている無修正ライブチャットは紹介していませんのでご了承ください。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ広告