デリバリーキャバクラの求人・バイト情報

派遣型キャバクラ嬢はお客さんと会話を楽しむアルバイト。

会話の後はサービス次第で高額の収入もゲット?

デリバリーキャバクラ優良店の求人情報コチラで確認してください。

デリバリーキャバクラはコースによっては風俗的な仕事内容になるバイト

デリヘルならぬ、デリバリー型のキャバクラのことをデリキャバと呼びます。

といってもサービス内容はデリヘルと似ていて、男性客の希望によっては追加料金をもらい性的サービスも行います。

キャバクラと言うよりは、デリヘルにキャバクラ要素がプラスされたサービスと思った方が良いでしょう。

なのでキャバクラと同じで会話メインの仕事だと思って面接に行くと仕事の内容の過激さに驚くと思います。

ただ、通常のキャバクラと同じく、会話やお酒を作るのみの場合もあります。

そこはお客さん次第なので、ある程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。

報酬は会話のみより、やはり性的サービス込みの方が高くなります。

サービス内容ごとにオプション料金が追加されることが一般的で、過激な内容(動画撮影、アダルトグッズ使用など)になればなるほどオプション料金は高くなります。

その分稼ぐ事が出来るので、過激なサービスに対応できるスキルを持っている人であれば良い仕事かもしれません。

派遣会社などでは本来禁止されていますが、報酬を受け取ってデリヘル同様本番行為(セックス)をすることが横行しているというのが実情のようです。

こちらもやはり見返りとして報酬を個人的に受け取っています。

勿論これらは禁止行為ですし、法に触れる恐れもあります。

※「宅配キャバクラ」という名称のまぎらわしいデリヘルが仙台にあるようですが、宅配キャバクラとデリバリーキャバクラは別物です。

求人応募の際は注意してください。

※キャバ嬢風の女性のみをキャストに揃えたデリヘルを「デリキャバ」と呼ぶ場合もあります

横浜のデリキャバ「小悪魔エンジェル」HP画像

小悪魔エンジェルHP画像

具体的な仕事内容

男性客の希望するコースによって仕事内容が変わります。

キャバクラコースのみの場合、お酒を作る、楽しく会話する、がメインの仕事となります。

多少のお触りだったりはあるかもしれませんが、基本的には性的なサービスは無しとなります。

出張する場所は居酒屋、カラオケボックス、ホテルの部屋など様々です。

コンパニオンのようにホテルの宴会場のこともあります。

服装はドレス・コスプレ・私服のどれかが多くて、ドレス・コスプレの場合はデリキャバ派遣会社が用意してくれます。

勿論、自前で用意する事もありますが、その際の衣装の費用は実費となってしまいます。

飲んだ後、デートのようなことをして、そのままホテルに行くということもあるようです。

この流れだとデートクラブの仕事に似ています。

ホテルなどでは主にデリヘルと同様のサービスを行います。

基本サービス・コースに本番行為はありません。

ただ報酬額の交渉次第でセックスもさせている女性が多いせいか、実際に働くと多くの女性がセックスの交渉をされ、断ると気まずかったり面倒くさいからOKするというのが実情のようです。

このようなデリキャバでの本番行為は日本の法律違反となります。

勿論そこでのトラブル等は、店は関与してくれません。

全て自己責任となってしまいます。

デリキャバとキャバクラの違い

デリキャバの場合、大きく分けて3つのコースが用意されています。

  • 通常のキャバクラコース
  • セクキャバコース
  • デリヘルコース

このようになっています。

キャバクラコースでは通常のキャバクラと同じで、男性客にお酒を作ったり楽しく会話するだけです。

おさわりすら禁止されているのもキャバクラと同じです。

ただ、通常のキャバクラのようにボーイがいる訳ではありませんので、多少のお触りは仕方が無いかもしれません。

セクキャバコースでは男性から触られたり、逆に女性が男性を触ったりすることができます。

ただ、フェラチオ・セックスは禁止されています。

通常の店舗型セクキャバでのサービスの範囲内となります。

それ以上を求められても、断るようにしてください。

セクキャバの仕事内容が気になる方はコチラの記事を確認してください。

デリヘルコースでは仕事内容は通常のデリヘルと同じです。

もちろんお客さんのリクエスト次第ですが、素股・フェラチオなどを行ないます。

このような仕組みなので、男性客にとってもわかりづらく、キャバクラコースでもおさわりできると勘違いしていたりすることがあります。

なので、基本的には多少のタッチ、おさわりはありだと考えていた方が、実際に勤務してショックを受けることが無いと思います。

お触りなどに過剰に反応していると、男性スタッフがすぐ近くにいる場合とは異なりますので、トラブルの原因となる可能性もあります。

デリキャバの時給

給料

通常3,000円〜6,000円程度が相場です。

サービス内容がソフトなものからハードなものになるにつれて報酬は高くなります。

デリヘルサービスを行う時は歩合で追加報酬が付くのがオーソドックスなパターンです。

なので、デリヘルと同じくヘルスサービスを行なうと時給に換算すると10,000円を越える給料を得ることが出来ます。

状況次第ですが、デリヘルよりも軽度なサービスで高額の給料を得る事も出来ます。

デリキャバ優良店の求人情報コチラから確認してください。

勿論、毎回そういう訳ではありませんので、仕事の幅が広く、ある程度柔軟に対応が出来なければなりません。

お店に内緒でセックスすると追加で5,000円から10,000円程度もらえるようです。

セックスの金額についてはお店には内緒なのでお金はそのまま女性の懐に入ります。

なので金銭的にはとても儲かるのでお店に内緒でのセックスが横行しています。

もちろん直接受け取った金額は確定申告などにも使用しない女性ばかりです。

お店を通さず直接男性からお金を受けとることはほぼ売春と同じなので当然といえば当然です。

万が一何かトラブルがあった場合、自分で責任を負わなければなりませんので、十分に注意してください。

デリキャバの場合はメリットとして一回あたりの接客時間が長い(2時間〜4時間くらい)ことが挙げられます。

デリヘルでは一回の接客で45分という短時間もあり、移動時間の方が長くなって効率的に稼げないことがあります。

ですが一回あたりの接客時間が長いデリキャバなら数時間の接客時間がありますので結果的に日給が高くなります。

もちろん繁盛しているお店や地域によって差はありますが、接客時間の長さは魅力的です。

逆に、コミュニケーションを取るのが苦手な人は、デリヘルなどの方が会話時間が少ないので、働きやすいかもしれません。

派遣され色々な仕事をすることも

派遣女性イメージ画像

デリバリーキャバクラの仕事は幅広く、温泉コンパニオンのような内容のものからデリヘルと同じ内容まで様々です。

変わったところでは、イベントコンパニオンになったり、婚活パーティーでのサクラになったりすることもあるようです。

当たりはずれの幅が大きくなりますが、その分給料として還元されるので、何にでも対応できるようにしておいた方が良いでしょう。

なので、あまり固定概念をもたず、色々な仕事にチャレンジする気持ちでいる方が気が楽ですし、たくさんの仕事ができるぶん高収入に繋がります。

もちろん内容を見てから派遣を断ることができるので、採用面接の前にどこまでをOKにするか決めておくと仕事がスムースに進むはずです。

宴会コンパニオンという職種での募集

デリキャバはパーティや宴会の場所を華やかにする役割を求められますので、コンパニオンという職種で女性を募集することがあります。

ただ、宴会コンパニオンや温泉コンパニオンは過激なサービスがあることで有名ですので、コンパニオンというソフト系をイメージさせる求人に騙されずに面接などでしっかり仕事内容を聞いて判断してください。

特にハードコンパニオン、ピンクコンパニオンと呼ばれる職種はデリヘル顔負けのハードサービスを行いますので、それなりの覚悟をして仕事に臨まないととんでもないことになります。

大人数を相手にした状態で裸になる事は、精神的にもかなりの負担となります。

職種によっては最初からデリヘルで働いた方が安全だし給料が高い、なんてこともあります。

デリバリーキャバクラの体験談・口コミ

  • デリバリーキャバクラの口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

デリバリーキャバクラのバイトに関連する職種

デリバリーキャバクラに興味がある人に役立つ記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね