乱交パーティーのバイトは性病や薬物などでかなり危険度が高い

乱交裏サイトやサークル掲示板で報酬付きで女性の求人募集がありますが、とても危険な仕事です


高収入女性求人サイトぴゅあじょの広告画像です高収入女性求人サイトぴゅあじょ

乱パの求人は参加するだけで逮捕される可能性もあるので募集は無視が一番

ネットのニュースサイトなどでときどき乱交パーティー主催者の男性が逮捕、という風なニュースが流れます。

乱交パーティーとはホテルやマンションなどの部屋で複数の男女が集まり不特定多数とセックスなどをする非合法のパーティーのことです。

男性、女性共にインターネットを中心に募集がかけられ、男性の参加は有料で、女性は参加するとアルバイト料としてお金が貰える仕組みです。

時給という考え方でなくてパーティー参加一回の報酬が1万〜5万円以内の間での募集が一般的です。

募集にはSNSサイトの乱交サークル・乱交掲示板・LINE(ライン)やカカオトーク・専門メールマガジンなどが使われています。

有名出会い系サイトやアプリの「ASOBO(アソボ)」「ハッピーメール」「ワクワクメール」などにはやはり乱交に関するサークル・コミュニティが多く存在し、男女を集めて場が開催されているようです。

隠語として「大人のパーティー」「大人の飲み会」「大人の集まり」が乱交パーティーという意味で使われています。

複数の男女が集まりオーラルセックスすることは日本の法律に反していますので、警察に摘発されれば主催者だけでなく参加者も当然逮捕される可能性があります。

男性だけでなく女性もです。

乱交相手募集掲示板の画像

乱交相手募集掲示板画像

性病だけでなく、犯罪に関わる危険も高いです

一般の男性が趣味で主催している場合、ネットで不特定の男女を集めるので、相手の男性の名前・職業もわかりません。

相手が性病にかかっているかなども検査が無いので最悪HIVに感染している男性も混ざっている可能性があります。

たとえコンドームを使用したとしても、キスやフェラチオだけでも性病に感染する可能性はあるので油断出来ません。

あくまでも個人の趣味として開催しているのではなく、儲かる副業としてパーティーを開催している男性達もいます。

この場合、集まってくる女性はそもそもデリヘルソープランドの仕事に従事している「プロ」である風俗嬢の割合が多くなります。

女性の求人はそれほど積極的に行われません。

男性は会員制がほとんどですので、素人が集まって行う乱交パーティーより多少信頼性が高く安心感があります。

ですがどちらにせよ危険なことには変わりありません。

乱交パーティーにはアルコールが用意されていることがほとんどです。

アルコール類ならまだいいのですが、ドラッグ・合法ドラッグ・脱法ハーブ・危険ドラッグなどが用意されていることもあります。

これらの薬物を摂取して見境がきかなくなっている状態の男性達と密室にいるのは非常に危険ですし、部屋の中に用意されている飲み物に薬物を混ぜられたりしたら自分も

薬物中毒に陥る恐れがあります。

アルコールの中に混ぜられたりしていたら、アルコールとドラッグの同時摂取の急反応による体への影響も心配です。

興味半分やお小遣い稼ぎ感覚で参加すると道を踏み外す可能性があるのでバイトや副業としては全くおすすめできません。

ストレス解消などには向いているかもしれませんが、ただのストレス解消やスリルを味わう場としてはあまりにもリスクが高すぎます。

事前に警察が乱交パーティー開催に気付いていても、気づかないふりをして流すだけ流して開催中のところを現行犯でおさえて摘発ということもあります。

※サイバー警察と呼ばれる、ネット内を中心に巡回する警察官が増えているのでネット初のイベントや犯罪はどんどん取り締まられています

そうなれば最悪逮捕されることもあります。乱交に参加するだけならまだしも、薬物を摂取していた場合は大変なことになります。

乱交パーティーと偽る詐欺や盗撮の被害

女性が無料やお金を貰えるパターンと、女性の参加料金が安い(数千円以内)の募集があります。

女性の参加費を取るパターンは

・イケメン限定・高収入男性・医者のみ参加

などといったうたい文句で募集しています。

こういった乱交の募集はほぼ詐欺で、お金を振り込んで当日パーティーが行われる予定の場所にいっても何もなく、お金も返ってきません。

かといって警察に通報もしづらいので泣き寝入りが多いようです。

実際に乱交パーティーが開催されたとき、セックスしている様子が個人撮影されていて、乱交マニア向けのDVDとして販売されるという可能性もあります。

正規のルートを通しの販売ではありませんで、顔や性器部分にモザイクやぼかしが無く、完全無修正で売られます。

このように乱交パーティーは犯罪ギリギリではなく、明らかな犯罪行為なうえに性病を含む多くの危険な目にあう可能性が相当高いです。

どんな甘い条件で誘惑されても、無視するか断るかすべきでしょう。

もし主催者が女性だとしても危険性にそれほど変化はありません。

「ヤリコン」も乱交と同じ

セックスありきの合コンのことを「ヤリコン」といって、過激な内容のヤリコンの場合は成立したカップルが移動せずにそのままはじまってしまう、ということがあります。

個室に移動して二人きりなら特に問題になりませんが、同じ部屋に何対もの男女がまぐわっていれば結構乱交パーティーと同じです。

スワッピングなども行なわれるでしょうし、性病感染の確率も高まります。

出会い系アプリにヤリコン募集サークルやコミュニティがありますがこちらも乱交同様に注意してください。

LINE・カカオトークなどのアプリの影響で女子高生にも乱交の勧誘が

LINEなどのチャットアプリ掲示板を見ると、乱交パーティーの女性募集の書き込みを見かけます。

やはり東京、大阪、福岡などの大都市が多いです。

お金が無い女子高生がアルバイト感覚で乱交パーティーの求人情報を見て問い合わせするということもあります。

同じくライン掲示板で暇そうな女性に対して男性が乱交パーティー参加を呼びかけるということもあります。

そもそも乱交パーティーはデリヘル・ソープランドのなどの風俗業のように警察・公安に届け出のある仕事ではなく、非合法的なSEXパーティーですので、開催者にとっては

女性が未成年だろうと女子高生だろうと関係ありません。

すべて法律違反には違いありません。程度が違うだけです。

そのような書き込みを見たら被害者を減らす為にも即掲示板運営会社へ通報してください。

隠語として「jc(女子中学生)」「jk(女子高生)」などの用語や「¥・円(援助交際)」などが使用されています。

乱交パーティーの体験談・口コミ

  • 乱交パーティーの口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

乱交パーティーのバイトが気になる人におすすめの職種

乱交パーティーに興味がある人に役立つ記事

Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね