飛田嬢で有名なちょんの間・新地は高収入バイトだけど危険なことも多い

ちょんの間・新地のアルバイトは性病などの危険が高い仕事だか、収入面ではソープ以上に稼げることも



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

トップクラスの女性はソープ嬢以上に稼ぐけど体力的にかなりハードなバイト

戦前・戦後の日本では特定の地域でほぼ公然と売春が行なわれた時期がありました。

それらの地域は赤線(あかせん)・青線(あおせん)と呼ばれていて、現在もその時代の名残が各所に残っています。

現在ソープランドが存在する地域に関してはほぼ過去に赤線・青線と呼ばれていた地域です。

ちょんの間は、現在でも存在する赤線・青線とも言えます。

ちょんの間」が正式名称ですが「ちょいのま」と呼ぶ地域もあります。

近年では、公安委員会への営業の届け出をしていない為「裏風俗」と呼ばれることもあります。

その他にも本サロ、連出スナック、立ちんぼや一発屋などと呼ばれています。

しかし、現在では公序良俗に反するとして警察からの摘発が繰り返され、残っているのはごくわずかな地域のみとなっています。

残っている地域もそれほど遠くないうちに摘発されて無くなると言う説もあります。

ちょんの間はもうすぐなくなるかもしれません。

ですが、それでも売春できる宿のような形式で非合法だけど必要悪としてちょんのまに似たようなものが日本各地に残るでしょう。

ちょんの間は民家や小さい旅館のような施設の中に若い女性がいて、家の外や縁側に呼び込みをする女性(たいてい年配の女性)がいる仕組みになっています。

男性は呼び込みの女性と値段などを交渉して、折り合いがつけば部屋の中に入り、女性と本番行為をします。

ベッドではなく、布団を部屋に敷いて行なわれます。

ラブホテルのように完全な密室・個室内でセックスすることはあまりないので、周囲の目や耳が気になる人には向いていません。


法律的な位置づけは風俗店ではなくて料亭や小料理屋

日本国内では合法的にセックスできる風俗店はありません。

なのでソープランド(お風呂場ということになっています)と同じように、ちょんの間はお客さんには料理を出す・宿泊施設を提供しているだけというスタンスをとっています。

実際にちょんの間は「料亭業」として警察に届出を出して認可を受けて公に営業しています。

ちょんの間で働く女性はその施設にいる女性従業員という扱いで、男性客とのセックスは男性客と女性スタッフとの個人的で自由な恋愛・意思のもと行なわれるものとしてみなされます。

なので法律でセックスが許可されている訳ではありません。

求人広告などの募集でも料亭スタッフという職種で募集するので、本当に料亭の従業員になりたくて応募したら面接で面食らうことになります。

ちなみに、ソープランドではお風呂に入れる施設に客とした入った男性が、従業員の女性を個人的に気に入り、自由恋愛のもとセックスをするということになっています。

ちょんの間の場合は料亭や旅館に行ったら働いている従業員と・・・という風に多少の違いがあります。

全国的に有名なちょんの間は大阪飛田新地・川崎堀之内など

ちょんの間はごく限られた地域に存在していますので、風俗などを好きな男性は旅行などでちょんの間がある地域を訪れます。

地域を挙げると

  • 飛田新地(大阪)
  • 松島新地(大阪)
  • 信太山新地(大阪)
  • 今里新地(大阪)
  • 滝井新地(大阪)
  • 川崎堀之内(神奈川)
  • 横浜黄金町(神奈川)
  • かんなみ新地(兵庫)
  • 豊橋・有楽町(愛知)
  • 松山市土橋(愛媛)
  • 徳島市栄町(徳島)
  • 真栄原社交街(沖縄)

などが有名です。

飛田新地(とびたしんち)は飛田遊廓(とびたゆうかく)の名残で、吉原と成り立ち・現在がとてもよく似ています。

日本に現存するちょんの間として最大級の規模で、多くの女性が働いています。

やはり大阪の飛田の知名度は頭ひとつ抜けているので、飛田で働く女性のことを「飛田嬢(とびたじょう)」と呼んだりもます。

新地(しんち)とは?

新地(しんち)とはそもそもアダルトな意味はなく、字面のとおり新しく拓かれた場所という意味があります。

そのような新しく活気のある場所には出稼ぎなどで男性が日本各地から集まり、その結果おのずと風俗的なお店が出店するようで、日本各地の「新地」と名前が付く場所には多数のちょんの間があります。

ですが新地=ちょんの間ということではありません。

アジア系など外国人のイメージがあるけど、日本人も働ける

ちょんの間には東南アジアや中国韓国系の女性が多い印象がありますが、日本人の女性も働くことができます。

むしろ日本全体のちょんの間で働く女性の中では日本人が圧倒的に多いです。

10代の若い女性から40代50代、中には60代の超熟女女性も働いています。

しかし、もちろん一般の求人情報サイトや雑誌にちょんの間の求人情報がたくさんある訳も無く、働くにはちょんの間の家の貸し主と知り合いだったり、ちょんの間の女性を扱っている風俗スカウトマンと知り合う必要があります。

※風俗求人専門の情報サイトに求人が掲載されることもあります

年齢は18歳以上の女性しか働くことはできません。高校生はもちろん不可です。

しかし、違法ではありますが未成年でも働く事が出来る店も中にはあるようです。もちろん違法ですし、摘発の危険が大いに考えられますので絶対にやめてください。

仕事内容と時給

ここでは大阪の飛田新地で働く女性の仕事内容を例にあげます。

出勤は昼の部と夜の部に分かれていて、夜は24時くらいまで営業しています。

出勤したら化粧など身支度を整えて、部屋で待機して(お客さんから女性が見える位置で待機します)男性が指名・入店するのを待ちます。

ここで大事なのがオバちゃんと呼ばれる客引きの女性です。

この女性がお店の前の道を歩いている男性に声をかけたりして男性の入店をうながしてくれます。

客引きのオバちゃんから男性を紹介されたら四畳半ほどの部屋に一緒に移動してサービスを開始します。

サービスとはずばりセックスです。

男性客はセックスする時にコンドームを着用します。

NSはありません。

※お店によってはゴム無しのNS嬢がいるという説もありますし、お店に内緒で裏オプションとしてゴム無しを提案する女性がいるという説もあります

シャワーが無い地域が多く(ある地域もありますが、無い地域では性器をタオルなどでふくだけです。

有名な場所だと松島新地はシャワーがあって、飛田はありません)コンドームを着用するとはいえ性病感染の危険性はかなり高いです。

イソジンを使ったうがいなどの消毒もありません。

キスやペッティングなどは断ることもできるようですが、セックスはもちろん断ることができません。

ソープランドのように長時間(60〜180分)接客することは無く、ごく短時間(20分以内)の接客がほとんどなのでセックスは基本一回です。

時給には定まった相場などはありません。

お客さんは20分で8,000円〜13,000円くらいを胴元に支払いますが、交渉で割引があったりする上に胴元の女性の差配によって女性の取り分も決まるのでなかなかわかりづらい仕組みになっています。

日給で数万円を稼ぐには数人の男性の相手をしなくてはいけないので(男性ひとりあたりの金額がソープランドと比べて低く、接客時間も極端に短いから)体力的にも精神的にもかなり辛い仕事です。

多くの男性客とセックスするので性病感染はほぼ当たり前と考えた方がいいでしょう。

人気のある女性は1日に10人以上とセックスします。

性病などのリスクを考えると、決してバックがいいとは言えません。しかし、お客さんは大勢いるのでそこそこ稼ぐことは出来るでしょう。

広告などを見て来店、という事はないので、いかにその場にいるお客さんに気に入られるかが勝負となります。

警察の摘発を考えるとソープランドの方が安全

ちょんの間はあまりにも現代の風俗を乱すとして、日本各地で摘発が相次いでいます。

またお客さんの質や性病に関してもほぼチェックが入っていないので、女性が働く環境としてはかなり酷い環境です。

ソープランドとちょんの間を比較した時のソープのメリットとしては

  • ボーイがいるのであまりにも不潔な客はこない
  • お客さんひとりに対しての接客時間が長いのでプレイより会話の時間が長い
  • 性病検査を定期的に受けられる
  • 時給・日給などがわかりやすい
  • 警察の摘発などは確率として少ない
  • シャワーが使えるので男性客が清潔
  • ランクが高いお店で働けば時給が数万円と超高額になる

などがあります。

たとえちょんの間で順調にお金が稼げても警察によって摘発されてしまえば営業ができませんので(近くのお店に移籍はできます)、そのようなリスクを考えながら働くよりは最初からソープランドで働くことをおすすめします。

身分証の準備が面倒、と思う人もいるかもしれませんが、逮捕されるリスクを考えるとちょんの間で働く方がよっぽど面倒です。

よほどの事情が無ければ、ちょんの間で働く必要は無いでしょう。

ソープランドは大阪の近くなら兵庫県神戸市の福原がソープ街として有名です。他にも関西近辺だと滋賀県雄琴、岐阜県金津園が日本屈指のソープ街として有名です。

ソープランドの求人情報は

・Qプリ

http://q-pri.com/

・高収入ドットコム

http://www.kosyunyu.com/

に多数掲載されています。デリヘルなどの風俗店も多数求人が掲載されています。

ですが、逆に男性と長時間話したり、ソープランド独特のテクニックや礼儀作法を覚えるのが嫌だという女性はラブワークというサイトでちょんの間の求人情報が見つかります。

地域を「関西」で、さらに業種別検索して「料亭」というジャンルで分けられているのがちょんの間の求人情報です。

ラブワークは無料会員登録するとスカウトしてもらうことができるタイプの求人情報サイトです。

ちょんの間以外にも男性と会話する必要が無い高収入バイトを探しているなら「希望・要望」の箇所に「男性との会話がほぼ無い仕事」などと書けばそのような女性でも働ける風俗店の採用担当者がスカウトメールをくれます。

もちろん他にも「給料前借り有り」など、自分の希望する条件はすべて書いておきましょう。

ソープランドやデリヘル嬢と比較してのちょんの間の仕事のメリットには

  • 短期間で稼ぎやすい
  • 男性とほとんど会話しないで済む
  • 男性から体を舐められたり、触られたりすることはまずない
  • 男性との絡みの時間が20分くらいですごく短い

などがあります。

お金を稼ぐために水商売がやりたいけど、お酒が飲めなかったり、コミュ障気味で人と話すのが極端に苦手な女性に向いています。

ラブワークにはちょんの間だけでなくソープ嬢の求人も掲載されていますので、ちょんの間とソープ嬢を希望職種としてスカウト登録すると高額のスカウトメールをもらえる可能性があります。

ラブワークのようなスカウト型ではなく応募型の求人情報サイトを使いたいなら

・ユカイナビ

http://sp.5250.jp/

がおすすめです。

ユカイナビも「業種で探す」を選択すると「料亭」という業種で女性を募集しています。

マイナーなちょんの間のある地域

先に挙げた飛田・松島新地・堀之内は日本国内でもメジャーなちょいの間ですが、ここで掲載するのはかなり規模の小さいちょんの間です。

規模が小さいので訪れても場所がわからなかったりするかもしれません。

無いと思ったら実際に摘発されて既に無くなっているなんていう可能性もあります。

  • 若松(福岡)
  • 郡山新地(奈良)
  • 天王新地(和歌山)
  • かんなみ新地(兵庫尼崎)

日本最大の新地・飛田

日本最大の新地が大阪にある飛田新地です。

もちろん「料亭」という名目で警察に届け出を出して、認可を受けてすべてのお店が営業しています。

飛田新地を自主的に管理している組合(飛田新地料理組合)があり、反社会的組織(ヤクザなど)は絡んでいません。

お店の店長は「親方」「マスター」と呼ばれ、客引きの女性は「オバちゃん」と呼ばれます。

客引きのおばちゃんは昔は飛田で働いていた経験者の女性が多いようです。

ネットで飛田新地の様子の写真や動画が極端に少ないのには理由があり、飛田新地内では基本的に写真・動画の撮影がすべて禁止されているからです。

写真撮影した人がいたら即刻フィルムを没収されたり、ビデオを壊されたりするという噂もあります。

ちょんの間に関するニュース・ブログ・動画など

口コミ・体験談まとめ

  • ちょんの間の口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

ちょんの間の仕事が気になる人におすすめの職種



Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね