AV女優の引退後の生活と仕事や収入について

女性イメージ画像

AV女優を引退した後の収入やAV女優専門の風俗店について詳しく解説します。

また、現役AV女優や元AV女優の肩書きがある女性のみ働く事ができる超高級店の求人情報コチラから確認してください。

AV女優が引退する理由は様々でその後も様々

単体女優であろうと企画女優であろうとAV女優もいつかは引退する日が来ます。

JK風・ロリ系女優→お姉さん系女優→熟女系女優という風に業界内で上手に年齢を重ねたとしても、高校を卒業した直後の18歳でデビューして40代まで現役を続けられる女性はごくわずか、というよりほとんどいないと思います。

そもそもAV女優業界は女性の出入りがかなり激しく、数年間でごく一部を除きほとんどの女性が入れ替わると言われています。

引退する理由としては

  • 純粋にAV女優としての仕事の依頼が無くなった
  • 親などの家族、恋人や友達にバレた
  • 彼氏・恋人との結婚や妊娠
  • 仕事をする理由・目標としていたお金が貯まったから引退
  • 薬物やアルコール中毒になり事務所や撮影現場のスタッフとトラブルを起こし自然引退

この他にも理由はたくさんありますが、実際のところ仕事の出演依頼がこなくなり自然に引退した様な状態になってしまったという女性が最も多いと思います。

ちゃんと公に発表し、引退作品のような望まれた形でしっかり引退できるAV女優はまずいません(補足すると、引退しても何らかの理由で復活する女性もいます。

しかし、大々的に引退したり復活できるのは人気女優のみです)。

仕事の依頼がこなくなった女優は仕事のオファーを増やすためにNGプレイを解禁にしたり、最終的にモザイク無しの裏ビデオや海外無修正動画サイトでAV女優デビューしても一時的な仕事量を増やす効果はありますが、延命措置くらいにしかなりません。

どんな人気AV女優も出演作の増加や加齢などの影響で徐々に飽きられていつかは需要がなくなっていくものです(固定の熱狂的なファンを持つ人は別)。

もともと副業としてAV女優の仕事をしていた女性はAVの仕事が無くなっても生活が成り立たなくなる訳ではないので、それほど大きな影響はありませんが、AV女優を専業でしていた女性で、生活水準が高めの生活をしていた女性は仕事がなくなった途端に生活が苦しくなります。

AV女優は個人事業主なので、仕事の依頼が無くて実質的に失業しても失業手当を受け取ることができません

なので引退後のことを考えると、いくら高い収入があるとはいえしっかり貯金しないといけません。

もし人気AV女優が何かをきっかけに急にAV女優としての仕事依頼がなくなれば翌年の税金を払うはとても大変です。

というのも所得が多い個人事業主は最大4割の所得税を納税する義務があるからです(ただし節税方法は色々とあります)。

急に収入がなくなるせいか、仕事内容が似ていて(オナニーなど)いつでも好きな時間に働ける高額バイト先ということでガールズチャットモコムなどのライブチャットで仕事をしている人達もいますが、こちらもAV女優の仕事と同じように稼ぐのはなかなか難しい世界です(ただ、AV女優という肩書きと知名度があれば他の素人チャットレディより遥かに恵まれた状態でスタートできます)。

チャットレディに興味がある女性はコチラの記事詳しい時給情報や働けるサイトの情報がありますので確認してください。

また、現役チャットレディーに稼げると人気があるライブチャット総合ランキングコチラの記事を確認してください。

naverまとめや知恵袋でも引退後について語られてます

AV女優の引退後

AV女優を引退したその後は高級風俗嬢として高収入を維持

AV女優としての実績があればそれは夜の世界においてはとても価値のあるブランドになります。

そもそもAV女優になる事がすでに狭き門ですので、元AV女優という肩書だけで希少価値があるのです。

男性からしたらこれまでテレビやDVDなど画面越しでしか会えなかったAV女優と遊べるということで風俗嬢になれば普通の女性よりはるかに高い収入を得ることができます。z

男性向けにこのような現役、引退に関わらずAV女優がどのお店に在籍しているのかをまとめているサイトが多数あります。

なのでもしAV女優が風俗嬢になればこのようなサイトにすぐに掲載されてファンが多数来店するようになっています。

ただし、名前だけでAV女優とわかるような有名人の場合は関係者やその周りのだけの予約で全て埋まってしまうようで、一般のお客さんの相手をするという事はほとんどないようです。

引退した元AV女優に限らず、人気のある現役AV女優が高級クラスとはいえ風俗店で働いている様子を見ると、AV女優の世界もそれなりに不景気等の影響を受けている事がわかります。

また、有名な女優ではなかったとしても元AV女優という肩書きは役に立ちます

男性は風俗店のホームページなどで無数の女性の中から遊びたい女性を選ぶわけですが、プロフィールに「元AV女優」とあれば人気が出る事は間違いありません。

風俗業界では基本的に素人感を売りにした新人や業界未経験などの女性が人気ですが、逆の方向性のプロ感で言えばでは「AV女優」の文字は最強のキャッチフレーズと言えるでしょう。

AV女優専門店は普通の風俗店と比較するとかなり高時給

お金イメージ画像

風俗店の中には「AV女優専門店」というものがあります。

名前の通り現役のAV嬢か引退した有名AV嬢しか働く事ができません

AV女優専門の風俗店は普通の風俗店と比較すると利用料金が割高です。

なのでおのずと働く女性の時給も高くなります

実際にAV女優専門のデリへル店として有名な「CLUB虎の穴 青山店」の料金を見てみると女性のランクごとに利用料金が異なり、最も低いランクの女性でも1時間26,000円となっています。

CLUB虎の穴の女性へのバック率を仮に60%とすると時給15,000円以上となります。

最もランクの高い女性の料金は時価のようになっており、相当な額になるのは間違いありません。

風俗店だけでなく、AV女優専門のキャバクラもあります

超高級店の求人情報コチラから確認してください。

男性からすると下ネタ完全OKのキャバクラの様な感覚なので、有名な女優が出勤していない日でもかなりの賑わいです。

こちらもデリヘル同様に一般のキャバクラと比較するとかなり高料金となります。

特にテレビやVシネなどにも出演している「セクシー女優」と呼ばれるトップクラスのAV女優は風俗店では超高額ですし、出勤すれば引く手数多になります。

AV女優としての経験を活かした職業につく女性も

AV女優を引退したら、業界での経験を活かすことができる職業に転職する女性もいます。

  • AV制作会社の広報・宣伝担当
  • AV女優プロダクションの社長
  • 業界のライター・脚本家

実際に経験や業界人との人脈があるだけにこれらの職業は素人の女性より最初から有利な条件で仕事ができるようです。

また、アシスタントやマネージャー等、現役女優のサポートをする側のお仕事もあります。

業界の酸いも甘いも経験した元女優であれば、非常に重宝されるでしょう。

ブランドを活かして仕事を探すならスカウト登録

もしAV女優としての経験・出演実績があって、次は風俗系のアルバイトをしようと考えているのならスカウトサイトへの登録がおすすめです。

AV女優として働けるくらいの女性は知名度の有無に関わらずどの風俗店も欲しがってくれます

スカウトサイトに登録(無料です)して、AV女優としての出演実績があることと、出演作品を自己PRに書けばそれをみた採用担当者がたくさんスカウトメールをくれるはずです。

ただし、自分のブランドを高いまま維持するためにもデリヘルであれソープランドであれまずは高級店〜超高級店を狙いましょう

希望する最低日給を5万円以上に設定しておくと高級店以上からしかスカウトがこないようになります。

スカウトサイトでおすすめはQプリぴゅあじょこのふたつです。

スリーサイズや写メを登録すると良い条件のスカウトをもらえる確率が高くなりますので、登録できる項目はすべて埋めておいて下さい。

もちろんスカウトされても面接で内容が気に入らなかったら断ることができます

自分を高く買ってくれるお店を探す場所なので気がねする必要は全くありません

自分の過去の出演歴などを自己PRに書き、高級店からのオファーを待ちましょう。

引退しても動画や画像の流出をストップすることはできません

AV女優を引退すると、新しい作品は撮影・流通しなくなります。

しかし既に撮影・販売されている作品については引退後もニーズがあれば商品として各所に流通しつづけます。

今の時代はネットでいつでもAVの動画が見れるので引退してからもファンが増え続けるなんていうこともあるかもしれません。

正規のルートだけでなくネットに流出した違法な動画については基本的に引退した後も流出しつづけます。

一度ネットの中で流された動画は事件性の高いもの以外は基本的に全削除することは困難です。

ネットに流出したものに関しては引退後もずっと流されますので、引退してしばらく経った後に自分のAV女優として働いていた頃の動画を知り合いが見てしまうという可能性もあります。

そういった危険性も含めて覚悟ができていない限りAV女優にはならない方が良いでしょう。

また風俗バイトの方が流出等が無いので過去の歴史を自分の中から消しやすいです。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね