AVのエキストラは絡みも無いしお金も稼げる優良アルバイト

ただお金を稼ぎたいだけでなく、AV業界に興味があったりAV女優になりたい女性には特に向いてる副業



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

女性AVエキストラとはAV女優とは異なるバイト

「女性AVエキストラ」は聞き慣れない仕事だと思いますが、PV撮影・CM撮影やTV撮影と同じくAV(アダルトビデオ)にもエキストラの仕事があります。

業界用語でエキストラのことを「モブ」と呼びますので、そのような職種で募集があることもあります。

アダルトビデオは作品の内容によってはシチュエーションプレイがありますのでそのシチュエーションをよりリアルにするために女優はコスプレをし、エキストラもコスプレをして撮影に参加します。

基本的なことであり、大事なことなので先に言いますが、エキストラとして撮影に参加した場合はいわゆる「絡み」はありません。

あくまでも登場人物Aや通行人Aのような役割を果たすのみです。

このページは女性向けにAVエキストラの仕事を解説しています。男性でAV男優やAVエキストラのバイトに興味がある方は

・アップステージ

http://www.up-stage.info/

こちらのサイトで募集がないかチェックしてください。

女性AVエキストラの仕事内容

女性エキストラの具体的な仕事内容を説明していきます。

まず、指定された時間にエキストラとして撮影がある場所に行きます。

AVの撮影がある場所なので撮影スタジオや、撮影用の部屋がある場所が多いです。

意外に思うかもしれませんが、外から見たら普通のマンションにしか見えないような場所に撮影用のセットがあったりすることもあります。

撮影する日時に撮影場所に行ったら監督やスタッフの指示に従いメイクや衣装を着て演技をします。

着る衣装やコスプレは

  • 通行人役として私服で出演
  • 電車やバスで通勤するOLとしてスーツを着用
  • 病院の看護師・ナースとしてナース服を着用
  • 女子高生役として制服・ブレザーを着用

など様々です。

20代後半なのに10代の女子高生役のような外見的に無理な内容の依頼は来ませんので安心してください。

出演の際には脚本があったり、ときには簡単なセリフがあるかもしれませんが、あくまでも撮影の主役はAV女優ですのでエキストラが目立つようなことはありません。

顔出しについては作品によって異なり、より本物の素人感をだすためにモザイク・ボカシをかけることもあれば、そのまま顔出しで出演することもあります。

顔出しといってもあくまでも脇役ですのでエキストラの顔がアップになって撮影されることはありませんので顔バレの確率はかなり低いです。

どうしても顔出しが嫌な場合はモザイク・ボカシがかかる作品のみに出演しましょう。

仕事の拘束時間は作品の長さや撮影がスムースに行くか次第なので、長めに予定を取った方がよいでしょう。

もし遠くの場所で撮影をするのなら移動も含めて1日かかると考えておいてください。

AV男優との絡みはゼロ

繰り返しになりますが、あくまでもAV女優とは関係のないエキストラなので男優や他のエキストラとの「絡み」はありません。

プレイ中の女優の姿を見たり声を聞いたりすることはあるかもしれませんが、自身がAV男優と性行為することはありません。

素人役ということで「企画女優」と混同するかもしれませんが、企画女優とはまた違う仕事です。

AV男優との絡みを希望するなら企画女優として事務所に所属するのが近道です。

給料はほとんど日給制で現金日払い

一回の撮影ごとで給料が現金でもらえるパターンが多いですので、結果的に日給制のようなバイトになります。

1日に2回の撮影現場に行くこともあるかもしれませんが、その場合は2回分のお給料がもらえます。

1回の撮影で数千円〜1万円程度なので、そこまで稼げる仕事ではありません。

撮影エキストラになるには募集している事務所に応募するのが安全

AVの女性エキストラになるのに最も安全な方法はAV女優が所属する事務所・プロダクションに応募することです。

事務所次第ですが、AV女優だけでなく他のモデルや撮影エキストラを募集していますので、事務所の求人情報などを確認してください。

掲示板サイトやSNSなどで風俗スカウトマンが募集していることもありますが、事務所に在籍して安定した仕事をもらった方がより安全です。

AV女優の面接に落ちてもエキストラから女優になれる可能性も・・・

AV女優が供給過多と言われている時代ですので、AV女優になりたくても書類選考や面接で不採用になることが多々あります。

しかし、AV女優が一種のアイドルになっている時代でもありますので、憧れをもって応募する女性は後を絶ちません。

もしAV女優の面接に応募して落ちた場合、撮影エキストラとして現場に潜り込み監督やスタッフと仲良くなって仕事の依頼をもらう、という方法があります。

監督やスタッフに気に入ってもらえばエキストラとして所属している事務所経由で仕事の依頼が来ますので、すんなりとAV女優になることができます。

さすがに単体女優としてデビューするのは難しいのでまずは企画女優としてのスタートになると思いますが、このような横道入学のような方法もあるのです。

すぐAV女優になれなくても撮影現場を経験することは勉強になりますし、本物のAV女優を見ることができるので学ぶことは多いはずです。

近い将来AV女優になりたいと考えてる女性は是非検討してください。

実際に現場を経験したら思ってた世界と全く違うのでショックを受ける、なんてこともあるはずです。

AVエキストラに危険はないのか?

最近ではAV事務所と女優との契約トラブルなどのニュースがあったり、その禁断的なイメージから不安を覚えることもあるかと思います。

ビデオへの出演を強要されないか、男優との絡みを強制されないか等、考えてしまうのは無理もないかもしれません。

ですが今やAV女優は人気職業となっており、なんなら出たくても出演させてもらえない女性がたくさんいます。上で説明した通り女優になりたくてエキストラをやっている人がいるくらいです。

よっぽどの綺麗な顔立ちだったり魅力的なスタイルだったりすれば出演交渉されることがあるかもしれませんが、アイドルや女優よりも綺麗な女性がAV女優になる時代ですので、あまりある事ではないと思われます。

むしろ交渉されたとすればそれは超高収入へのスカウトの可能性もありますので、一度話くらいは聞いてみても損はないかもしれません。

ただし、どんな業種でも危険が「ゼロ」とは言い切れません。少しでもおかしいと感じたり、スタッフの対応があまりにも適当で信用できないなど、違和感を感じたらすぐにやめる事をおすすめします。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事


Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね