愛人契約(あいじんけいやく)の結び方、トラブル防止方法

愛人契約してくれるパパがいれば高額の援助が期待でき、定期的な収入源になってくれます。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

ガルコロガルコロなら自分で探さなくてもお店があなたを見つけてくれる♪

高額バイトをしている女性なら誘われやすい愛人契約。メリットもあるがトラブルも

そもそも愛人とは何かを定義することは難しいです。

一般的にはお金を持っている男性(だいたいが既婚、妻子持ち)が妻以外の女性に対してそれなりに高額なお金を渡し、その対価として女性とデートする時間や定期的な性的関係を求めることとされています。

中には生活費の他にマンションなど住む場所を援助してもらう、というひともいます。

愛人契約とは「これだけの対価(お金)を払うから○○を継続的にお願いする」という契約です。

○○はデート、性的行為、家事、ランチ、ディナーなどその男女間の契約で様々です。

なので特別に決まった内容などはありません。

援助交際や売春との違いについて疑問に感じるかもしれませんが、援助交際や売春は特定の人物との継続的なものでなく不特定多数を相手に金銭を授与して肉体的な関係を持つこととされています。

愛人契約は援助交際・売春のように不特定の多数を相手にするのではなく特定の相手が対象となります。

また、援助交際には女子高生や女子中学生が対象という印象があります。

それに対して愛人契約では18歳以上(女子高生は除く)の成人女性が一般的な対象となります。

男性からしたら特定の成人女性が相手になるので援助交際でもなければ売春でもない、ということになります。

最近ではテレビでも「愛人にしたい女性ランキング」等の特集が組まれるなど、なぜか愛人契約に対して男性の興味が高くなっているようです。

そのランキングで上位に入る「愛人顔」と呼ばれるタレント・モデルの檀蜜さんや橋本マナミさんの活躍ぶりを見ていると本当に愛人契約の人気が高くなっていることを感じます。

愛人募集掲示板が活発な
出会い系サイトPCMAX

愛人募集掲示板が活発な出会い系サイトPCMAX(ピーシーマックス)HP画像

愛人契約とほぼ同じ意味の、大人の交際・大人のお付き合い・副業愛人とは

大人の交際・大人のお付き合いは言い方が違うだけで、ほぼ愛人契約と同じ意味です。

最近よく使われるようになった「副業愛人」もほぼ同じ意味です。

「セフレ」「割り切り」

はお金のやりとりがゼロでお互いの性欲を満たすだけの関係のことがありますが、

「大人の交際」「大人のお付き合い」

の場合はお金のやりとりが基本的に発生します。

しかし、正式な契約書などを交わすわけではなく、口約束でお互いの信用の元に成り立っています。

だからこそ、一度こじれてしまうと大問題に発展してしまうのです。

ただ愛人契約のように月単位での契約ではなく、一回3万円、一晩泊まって5万円など、一夜・一晩ごとでいくらという風な値段付けが多いようです。

人によっては月極での契約の場合もあります。

相場も相手の男性により異なり、サラリーマンなどは~5万、社長や役職持ちの男性だと~30万など、じつに様々です。

それに追加で、クリスマスや誕生日などにはプレゼントをもらったりもします。

出会い系サイトやアプリの掲示板やLINEのID交換掲示板では直接的な「有料セックスフレンド募集」「セックス一回4万円で募集」のような書き込みが禁止されていることがありますので、隠語として「大人の交際相手募集」「大人のお付き合いができる女性募集」「割り切った出会い」のようにソフトな表現で募集しています。

副業愛人の場合は愛人契約と比べるとやや小粒な契約となり(なので「小口愛人契約」とも呼ばれます)、ほとんどが1回いくらという風な「大人の交際」「大人のお付き合い」と同じような内容になります。

このあたりは表現が違うだけで、その時に流行などによって使う言葉が変わります。

愛人契約してくれる男性を探す方法、出会う方法

男性と愛人契約を結びたくても、どのような方法で男性を探せばいいのか迷うかもしれません。

人によって愛人募集のやり方・出会い方は様々ですが、実際に愛人募集している女性が相手を募集する方法として多い例をピックアップすると

  • ワクワクメールミントC!Jメールなどのサクラ無しの18歳以上しか利用できない出会い系サイトやスマホの出会い系アプリで募集する、依頼される
  • 職場の同僚男性・上司に依頼される
  • キャバ嬢として働くお店に来店する男性と懇意になって依頼される
  • ホステスとして働いている高級クラブに来店する男性から依頼される
  • 登録している交際クラブ・デートクラブ・愛人クラブの男性からお願いされて、交渉して
  • 愛人募集掲示板、アシュレイ・マディソンなどの不倫専用SNS、愛人サイトなどから探す

などがパターンとして多いです。

出会い系サイト等を除くとどの例も共通点として、実際に多くの男性と接することができる立場というのがあります。

キャバ嬢や高級クラブで働く女性、高級交際クラブ・富裕層向け愛人クラブで働く女性はお金に余裕のある会社経営者や上級の国家公務員と知り合う機会が多いので、お願いされる回数も多いようです。

どの男性も

  • お金に余裕がある
  • 社会的な地位・立場が高い
  • 妻子を持っている

などの特徴があります。

やはり収入に余裕がない男性は愛人契約などを交わすためのお金はありません。

年収でいうと最低でも800万円くらい持っていないと女性側としても男性の愛人になるメリットはなさそうです(土地や不動産などの資産家男性は例外)。

キャバクラ嬢や高級クラブのホステスとして働いて魅力的な男性を探すなら求人情報サイトのhanahina(ハナヒナ)がおすすめです。

キャバクラや高級クラブのホステス以外にも会員制のラウンジ嬢も募集していますので、勤務できれば富裕層の男性と近づくチャンスは劇的に増えるはずです。

これらのバイトはそもそも時給も高額(キャバ嬢や会員制ラウンジは6,000円前後、クラブホステスは5,000円〜が相場です)なので、愛人契約云々以前に稼げるアルバイトです。

もちろん肌に触れるなどの行為は原則禁止となっていますので安心してください。

具体的にどんな内容で愛人契約をするのか

口頭、又は簡易文書で取り決めます。こちらもパターンが多いものを例を挙げます。

  • 1週間に1回のデートとセックスで毎月10万円を女性に渡す契約
  • (男性が高齢でセックスができないので)毎日通って家事や会話などをして毎月30万円
  • マンションを男性が買ってくれて、女性が待つマンションに男性が週末に通う
  • デートの度に数万円するディナーとショッピング。その後ラブホテルでセックス(すべてのお金は男性持ち)
  • 定期的に国内・海外旅行(費用は男性持ち)。性的行為は旅行にいったときのみ

など様々です。すべてが月単位の契約という訳ではありません。

無期限や年間での長期契約もあるでしょうし、数ヶ月という短い期間での愛人契約もあります。

最近では数日の国内・海外旅行期間中のみ、1日のデート中のみという短期で割り切った関係になる「短期愛人契約」が増えているという説も出ています。

契約に対する報酬金額も男性の資産状況によって変わります。

当然資産が多い方が愛人契約に使える額が増えます。

男性も若くして億万長者になった人もいれば60代後半〜70代の高齢男性もいるでしょう。

もちろん依頼を拒否すれば成立しませんので、条件が気に食わなければ拒否すればいいだけです。

愛人契約の給料というか、いくらもらえるかという報酬の平均は月に6万円強というデータがあるようです。※引用元

平均が6万円だとしても、相手の男性や女性の年齢や収入状況によってばらばらですので、あまり先入観を持たない方がいいかもしれません。

プロの愛人は、一人のお金持ちだけ相手にするのではなく、複数の男性の愛人となっていることもあります。

数人の愛人を掛け持ちすることで、安定した収入をもらっているそうです。

法律的に愛人契約は有効なのか?

愛人契約を口頭や書面で結んだとして、その契約は法的に有効なのでしょうか?

答えは「無効」です。

法的に無効なので愛人契約に効力・強制力はありません。

民法90条では、公序良俗に反する契約は無効であると規定しています。

公序良俗とは「社会的妥当性」ということで、言い換えれば「一般的な常識として正しい行為か」ということになります。

愛人という概念は社会的・常識的には到底世間が受け入れられるものではありません。

なので契約を書面で交わしたり、その書類に印鑑・判子(ハンコ)を押してあったとしても最初から契約として無効なので全く意味がありません。

愛人契約を解消する、無視したりすると男性が立腹して「訴える」「警察に被害届けを出す」など脅迫してくるかもしれませんが、警察はそんなものを受け入れてくれません。

逆に男性が女性を脅迫したとして脅迫罪に問われる可能性があります。

法律が絡むと愛人契約はつまり売春の契約ではと感じるかもしれませんが、「売春」とは売春防止法第2条で「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。」と定義されています。

愛人契約のケースでは相手が不特定の男性ではなく特定の男性との性交ですので売春にも当てはまらないとされています。

なので総合的に見ると男性と女性の自由恋愛ということになります。

つまり、いつ別れようがお互いの勝手なのです。

これは男性が女性に対して別れを告げる時も同じです。

ですが、愛人契約とはいっても男と女ですから普通のカップルと同じで別れのときは揉めます。

法的な問題が無いとしても、家族や職場、友人に関係をバラされたり、インターネット上で誹謗中傷をされたりするリスクもゼロではありません。

愛人契約を解消する際は、お互いが納得し、気持ちよく終われるようにするのが一番でしょう。

愛人契約で別れる際のトラブル防止方法

愛人契約を解消するときはそれとなく匂わせたり、直接ストレートに伝えるなど様々な方法があります。

どれが正解というのは無いので、もっとも波風が立たないようにするのが安全です。

男性も女性に対して相当なお金(月額のお金や飲食代やプレゼントのお金。さらには女性に買ってあげたマンションなど)を遣っているので怒るかもしれません。

ですが、突然の契約解消で男性が怒ったからといって愛人契約に法的な根拠は無いので女性を止めることはできないのです。

男性から女性に別れや愛人関係の解消を切り出すときは手切れ金を受け取れることがあるようですが、これはあまり期待しない方がいいでしょう。

そんなにすっきりキレイに別れられることはあまり無いと思います(最初から手切れ金も含めて契約していれば別です)。

女性から男性に対して愛人契約の解消を告げる時はまわりに人がいるような場所で伝えた方が安全です。

もし男性が暴れたり、口論になったりしたら警察に飛び込めるような場所の方がいいかもしれません。

男女の別れですのでどちらかが悪でどちらかが正義などはありませんが、喧嘩などの暴力沙汰になりそうなら警察や周囲の人が止めてくれます。

もし脅迫やストーカーなどをされたら即警察に相談してください。

メールでの脅迫やストーキングにも対応してくれます。

例えば

  • 復縁を迫るメールを1日に何回も送ってくる
  • 電話やLINEでしつこくよりを戻そうとお願いしてくる

などを立派なストーキング行為となります。

証拠はしっかり保存しておき、警察に相談してください。

自分から別れたいと思った時、気持ちはわかりますが余計なトラブル防止のためにも突然姿を消すなどは止めた方がいいでしょう。

男性によって警察に捜索届けが出されるなどするとかなり面倒なことになります。

もし男性によって警察に捜索届けが出されるなどするとかなり面倒なことになります。

デメリット、注意すること

愛人契約はいいことだけではありません。

注意しなくてはならないこともたくさんあります。

最も注意すべきは自分の妊娠です。

男性に妻子がいた場合など、泥沼に入る可能性がありますのでどんな状況でもコンドームなどの避妊具、またはピル・アフターピルなどを使用して性行為をしてください。

相手の男性に妻子がいる場合は愛人の存在がバレてしまうだけでも大きなトラブルになるのに、愛人が妊娠したとなれば裁判沙汰になる可能性も高まります。

男性が注意するのは当たり前ですが、女性側も自分のことが相手の妻子にバレないよう注意してください。

愛人である限り、いくら優しい男性でもトラブルが発生した場合は守ってはもらえません。

自身の身は自分で守るしかないのです。

他にも気をつけたいのは受け取った金額やマンションです。

お金の額によっては納税の対象となり確定申告が必要になるかもしれません。

マンションについては名義が誰のものかが大事で、もし自分の名義でなければ相手と別れたら次に住む家を探さなくてはなりません。

愛人契約はそもそも男性が経済的に豊かである、余裕があるという前提で成立しています。

突然男性が解雇されたり、経営している会社が倒産してしまったら当然愛人にかけるお金なんてなくなります。

いくら口頭や書面で女性に毎月の支払いを約束しても結局効力は無いので無効となります。

なので、女性側も男性に依存するような生活をしていたら男性と一緒に貧しい思いをすることになります。

できれば普通の社会人・大学生としての生活をしながら愛人契約によって得られるお金で生活するダブルワークのような生活ができればリスクを減らすことができます。

愛人契約から得られる収入だけで生活する、ということは考えない方がいいでしょう。

愛人契約の話が早い交際クラブ

愛人契約を考えている人におすすめなのは「自由恋愛」ができる交際クラブがおすすめです。

交際クラブでは交際クラブが男性と女性の出会いを仲介・セッティングしてくれます。

初回のデートは交際クラブが仲介してセッティングしてくれますが、デートの後は完全に男女の自由です。

もしデートだけでも食事を奢ってもらえて、交通費として5,000円〜10,000円程をもらえますので損をすることはありません。

愛人契約のような長いスパンの契約ではなく、一晩いくらという様なお金のやりとりになることもありますが(もちろん長期の契約も可能です)、交際クラブを通すと話しはかなり早くなります。

男性会員も比較的お金に余裕のある30代以上の男性会員が多く、高級交際クラブでは富裕層男性も多いです。

ただし、女性も面接に合格しないと働くことができませんし、お店よっては10代が登録不可だったりします。

逆に有名女子大に在学中の現役女子大生だと優遇してもらえるなど、いろいろな違いがありますのでHPで条件を確認してください。

おすすめの交際クラブは

  • 【札幌・仙台・大宮・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡】で全国12支店で展開している
  • 経済的に豊かで女性のパパになりたいと思っている年配の男性会員が多く、女性への指名率が高い
  • 1回のデートでの手当てが5千~1万円
  • 18〜40歳の女性を募集中
  • 女性は登録や退会・年会費等が無料

などの特徴がある

ユニバース倶楽部
ユニバース倶楽部

http://uclub.jp

です。支店が多いので日本ならどこからでも面接に行きやすいですね。

上記のURLだと女性しか登録できませんので、ユニバース倶楽部に登録したい男性は

ユニバース
倶楽部男性会員募集サイト
ユニバース倶楽部男性

http://universe-club.jp/men/

こちらから登録してください。

また、交際クラブでどんな女性とデート出来るのか気になる男性は

最近話題のパパ活とは? 交際クラブとは?どんな女性とデートできる?

コチラを参考にしてください。

会員になれば顔写真やスタイルが確認できる修正・ボカシ無しのプロフィール写真や紹介動画を見ながら指名する相手をじっくり探せます。

女性の職業も

  • 看護師・保育士(幼稚園・保育園の先生)
  • 雑誌モデル・読者モデルなどの芸能人の卵
  • AV女優・セクシー女優
  • CA(客室乗務員)
  • 公務員
  • 秘書・OL
  • キャバクラ嬢(キャバ嬢)・ラウンジ嬢
  • 18歳・19歳の女子大生

など、男性から人気のある職業の女性が多数登録していますので、きっと愛人契約を結びたいと思える女性が見つかるはずです。

求人情報サイトから探す場合、交際クラブを使っているサイトは少ないですが、「高収入ドットコム」には求人が多数掲載されています。

高収入ドットコムを見る

求人募集をしている地域で職種は「交際クラブ」で探せば交際クラブの女性募集が見つかります。

交際倶楽部が多い地域は東京・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡などの大都市です。

もし自分から応募するのではなく、交際クラブからスカウトされたいなら高収入系バイト情報サイトの

・モモコちゃんねる

http://momoco.ch/

に無料会員登録をするとモモコちゃんねるに求人情報を掲載しているお店から逆にスカウトしてもらえます。

モモコちゃんねるでは

  • 無料会員登録をしてクチコミ投稿した人の抽選でクオカード5,000円
  • 面接に行った全員に面談交通費2,000円のクオカードプレゼント

というお得なキャンペーン実施中です。

もし、実際に男性と会うのが嫌でスマホ・携帯でチャットやメールするだけで稼ぎたいという女性はモコム(mocom)のようなライブチャット(ネットキャバクラとも呼ばれます)で働く方がいいかもしれません。

チャットやメールだけで稼ぐことができますので、男性と直接あって話をしたり体を触られたりせずにすむし好きな時簡に働くだけなので気分的にもかなり楽です。

30代40代の熟女系、お姉さん女性専門ファム(FAMU)のようなスマホサイトもあるので、どんな年齢の女性でも稼ぎやすい環境が整っています

愛人契約と似ているけど少し違うパパ契約

愛人契約と似ていますが、少し違う意味の言葉にパパ契約があります。

この場合のパパとは「援助してくれる年上の男性」という風な意味があります。

パパ募集やパパ契約は未成年女性が出会い系サイトなどでよく使うので、成人女性が使うと少し頭が弱い女性に見られるかもしれないので使わない方がいいでしょう。

愛人契約なら多少は対等な感じもありますが、パパ契約は一方的に援助されるような言葉になります。

パパ探しとして出会い系サイトやアプリが使われるようですが、出会い系はお金が無い男性も使うので、効率面で考えると交際クラブの方が優れています。

逆に、若さを売りにして援助を受けたい方はパパ契約の方が良いでしょう。

出会い系で定期的な関係という意味で使われる「プチ愛人」

出会い系サイトでは、隠語のつもりなのか「定期」「プチ愛人」という言葉が使われます。

意味としては

・定期的に会ってセックスする

ということですので愛人契約と似たような意味です。

ですが、所詮は出会い系サイトを使うような男性との契約ですので高額の愛人契約は期待出来ません。

愛人募集するほどの財力はなく、セックスフレンドや援助交際目的の男性がほとんどのはずです。

お金持ちの男性を見つけて、愛人契約などでかなりの額を稼ぐつもりなら出会い系を使わない方がいいでしょう。

愛人契約体験談・口コミ

  • 愛人契約の口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

このページを読んだ女性におすすめの記事

愛人契約が気になる人におすすめの職種

愛人契約が気になる人に役立つ記事



Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね