ソープ嬢ができる性病予防と病気対策

ソープランドなどの風俗店でバイトする女性にとってはつきものの性病は甘く考えると取り返しのつかないことになる可能性も



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

ソープランドのソープ嬢は仕事内容が本番なので性病に感染する可能性がある

何もソープ嬢に限りませんが、ヘルスプレイがある風俗関係のアルバイトをする限り性病に感染する可能性はあります。

ですが、性病に感染するのは何も風俗嬢だけでなく、異性同性関係なく肉体的・性的接触(特に体の粘膜同士の接触)を行なえば誰でも性病に感染する可能性はあります。

さらに言えば温泉・プール・シャワーなどを不特定多数の人が利用する施設にいけばごくごく僅かとはいえ性病に感染する可能性があります。

ただ、風俗嬢の場合は

  • ヘルスサービスが基本的なサービスとしてある
  • キスなどで粘膜同士の接触がある
  • 働いている女性は不特定多数の男性と性的接触がある
  • 来店する男性は他の風俗店などで不特定多数の女性と性的接触をしている可能性が高い
  • 素股があるお店やソープランドのNS嬢は性器同士の接触がある

このような理由によって性病に感染する確率が普通の生活をしている女性より格段に高くなります。

性病にも種類が

  • HIV/エイズ
  • 淋病(りんびょう)
  • 梅毒(ばいどく)
  • クラミジア
  • 毛じらみ

このようにたくさんの種類がありますが、どの性病に感染するかはわからないのが怖い所です。

この他にも性病の種類はありますので、どんな病気があってそれぞれどんな症状がおきるかは

風俗嬢が感染する性病の種類と治療方法

こちらのページで確認してください。

性病検査キットを販売している
「STD研究所」HP画像

STD研究所HP画像

ソープ嬢ができる性病の予防方法

ソープランドのような風俗店で働く限り性病感染の可能性があるので、できることは予防しかありません。

まず大事なのは接客する男性が性病に感染していないかどうか確認することです。

チェックポイントとしては下記があります。

  • 性器周辺が赤くなっていたり、腫れていないか
  • 性器周辺が肌荒れしていないか
  • 肌に円形のあざのようなものや、赤茶色のブツブツのようなものがないか
  • 黄疸(おうたん)の症状の有無

これらの症状があると判断した場合はお客さんに症状がいつ出たか、どんな症状が起きているかを確認していったんプレイを中止してください。

中止したらお店のスタッフを呼んでお客さんには退店してもらうことになります。

性病に感染している、もしくはその恐れがある男性に対してはプレイ中止することはどんな風俗店でも可能です。

マウスウォッシュやイソジン、性器周辺の消毒は念入りに

体の様子を見て大丈夫そうでも安心はできません。

店内で用意してあるマウスウォッシュやイソジンを使って口腔内を清潔にしてもらい、体も性器周辺を念入りに洗いましょう。

口や性器周辺を清潔にすることによって性病感染の確率が少しとはいえ低くなります。

またこれは技術的なアドバイスになりますが、お客さんの体や性器を洗う際は少しエッチな雰囲気でおこなうと良いです。

ほんとうは真剣に入念に洗いたいところなのですが、男性からしたら汚いと言われている様なもの。最悪の場合は機嫌を損ねるおそれもあります。

それを風俗プレイの一環かのようなエッチな雰囲気と動作でカバーする事で、むしろお客さんを喜ばせる事が出来るかもしれません。

ほんの些細なことが次回の本指名につながるかもしれませんので、常にサービス精神を持って接客する事で高収入を目指してください。

ゴム無しの生でサービスするNS嬢は給料が高いけど性病の感染度も高い

高級ソープや超高級ソープランドでは「NS(ノースキン)」と呼ばれるコンドームを着用しないまま本番行為をするサービスが用意されています。

高級店以上になると大半のお客さんはある程度のお金持ちで身なりもきれいかもしれませんので、なんとなく清潔で性病も持っていない確率が高いと思うかもしれません。

しかしNSのお店に来ると言う事は、お客さん自身が性病への意識が低いと言えます。身なりや地位だけで判断するのは間違いです。

ただ、そのお店に入店したら必ずNSでサービスをしないといけない訳でもないので、可能な限りゴム着でサービスをしてください。

もちろんコンドームを着用しないでサービスをする「NS嬢」の方がS着嬢よりエイズを含む性病の感染確率は飛躍的に高くなります。

NSの方が時給が高くなる傾向があるのですが、性病に感染したら回復するまで出勤はできませんし、男性客も性病を恐れてかNS嬢よりS着嬢の方が良いという人もいます。

高級店でもゴム着のソープで働きたい、完全ゴム着店がいいという女性は

・ぴゅあじょ

https://work.purelovers.com/

に会員登録して、希望条件や自己PR欄に「ゴム着店のみ希望」という風に書いてスカウトを待ちましょう。

希望する条件をクリアーしたお店のみスカウトメールを送ってくれる仕組みになっています。

もちろんソープ嬢以外の高額バイトも多数掲載されていますので、ソープ以外の風俗店からもスカウトしてもらうことができます。

スカウトを希望する職種も設定可能ですので、希望する職種は「スカウト可」のチェックをしてください。

他にもスカウト型の求人情報サイトでは

・Qプリ

http://q-pri.com/

がおすすめです。

Qプリ関東版の風俗店に強いという特徴がありますので、千葉県栄・東京吉原・川崎堀之内での高額バイトを探している女性は是非スカウト登録してください。

デリヘルなどのヘルス系とソープランドはどっちが性病にかかりやすい?

デリヘルやファッションヘルス・イメクラ等ではヘルスサービスのみだから性病に感染しないと言い切る人がいますが、それは間違いです。

ヘルスサービスでも性病に感染します。

性的接触時間や唾液が絡む量などによって多少の違いはありますが、もし素股などをした場合は性器同士の接触がありますのでコンドームを着用するソープ嬢より性病感染確率は高くなりそうな気がします。

とはいえ結局のところ接客相手が性病に感染していて、粘膜同士(キスも含む)の接触があれば感染する可能性が出てきますので、このあたりはとても難しいので何とも言えません。

その他の性病予防方法について

これまで述べたこと以外だと基本的なことですが

  • 体が健康な、免疫力の高い状態で働く

というのが実はかなり大事なことです。

性病はウィルス性の感染症ですので抵抗力が強い状態であれば感染しづらくなります。

疲労やストレスがたまっていたり、病気にかかっている状態だと抵抗力は弱まりますのでウィルスが侵入しやすくなります。

・なるべく栄養価の高い食事をこころがける事

・質のいい睡眠をしっかりと取る事

は特に意識して生活をしてください。

NGなのは感染してもいないのに予防のためと思い抗生物質を飲むことです。

確かに性病は抗生物質の服薬・投与で治療しますが、性病ごとで効果のある抗生物質は異なりますので抗生物質を飲んでもほとんど意味はありません。

すべての種類の抗生物質を飲むというのは現実的ではありませんし、副作用もありますので体の害にしかなりません。

さらに、通販などで抗生物質を購入する事は基本的にはできません。

処方箋無しで手に入れてトラブルに巻き込まれたら面倒なことになるので止めた方がいいでしょう。

だいたい月に1回実施される衛生検査(性病検査)は必ず受ける

デリヘルやイメクラでも実施しているお店はたくさんありますが、ソープランドではほぼ全店月に一回の性病検査をソープ嬢に義務づけています。

性病検査は衛生検査とも呼ばれており、求人広告に

「衛生検査あり」

「定期検診あり」

という記載があれば実施している証拠です。

大規模のグループ店などでは提携している婦人科や性病科で無料で診察を受けることができますので、この点では大手グループに所属するとメリットがあります。

特に女性の性病は自覚症状が何もないことが多いので、自分は性病に感染していないと思っていたとしても実は感染している、ということが頻繁に起きます。

義務づけているお店でも義務づけていないお店に在籍していたとしても、最低月に1回は性病検査を受けて下さい。

性病に感染したまま男性を接客して感染させてしまった場合、その男性が怒ってネットに口コミや体験談を書き込み、

「○○(女性の名前)は性病持ちだから指名しない方がいい」

などと書かれる恐れがあります。

2ちゃんねるや2ちゃんまとめサイトや風俗体験談・口コミサイトなどを見てお店を訪れるお客さんはけっこう多いため、このような口コミがあると指名数が減るなどの可能性があります。

指名数が減れば当然収入が減ります。

もちろん性病の治療期間(だいたい2週間から3週間程度)は出勤できませんので、ライブチャットや性病が関係の無いお店(オナクラなど)などを休み中のバイト先として確保しておくと収入ゼロにならなくてすみますので、収入減の対策にはおすすめです。

特にライブチャットは画面越しですので性病は全く関係ありませんし、人気のある女性は月に数十万〜100万円以上稼げるのでおすすめです。

エイズなどになったら退店することに

HIVの感染が確認できたらもちろん風俗店で働くことはできません。退店するしかないでしょう。

もしお店にバレてないからと黙って勤務したらHIVウィルスを保持していることを知りながら接客することになります。

海外などではHIVウィルスに感染したことを自分で知っていながら他者と性的関係を持ち警察に逮捕されて罰を受けたなどの例もあります。

日本ではあまりこのような話は聞きませんが、倫理的にもNGですし、結果的に勤務するお店と大きなトラブルになる恐れもありますので、正直に打ち明けて病院を紹介してもらうなどした方がいいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事


Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね