昼キャバ嬢・朝キャバは30代でも求人募集があるバイト

空いてる時間を使って気軽に稼ぐ!朝キャバ・昼キャバ嬢は主婦やお水の仕事の初心者向き


クレアの広告画像ですスマートフォンでライブチャットして稼ごう

夜キャバとは客層が違い、女子大生や主婦などが副業で働けるバイト

一般的なキャバクラ店は夕方から夜にかけてお店が開きます。

だいたいが18:00オープンで24:00くらいに閉店します。

この時間帯だと夜間勤務の男性(水商売の人など)はキャバクラ店に行きたくても行けません。

なので、事情があって夜の時間帯にキャバクラに行けない人が利用するためのキャバクラとして朝キャバ・昼キャバは人気になっています。

営業時間は日の出からと、かなり早い時間から開始して夜のキャバクラが開きはじめる16時頃には閉店します。

店舗の仕組みや接客内容は夜のキャバクラと大差ありません。

仕事内容に違いはありませんが、男性客の客層は夜とはかなり違います。

夜キャバを利用する男性は普通のサラリーマンが多いです。

これは、同僚との飲みで勢いがついての2次会や取引先との接待にキャバクラを利用することが多いためです。

これに対して朝キャバ・昼キャバのメインの客層はやはり普段夜に勤務している人達です。

観光地などでは、観光客が足を運ぶケースも多いようです。

サラリーマンをしている男性でも職業によって深夜勤務になることがあります。

しかし夜のキャバクラとの最大の違いは夜の仕事を終えた水商売の男性が通うことでしょう。

自分たちも同じように水商売をしているので自然と昼キャバの女性キャストに対する視線が厳しくなります。

また、朝方まで飲んでいて泥酔している男性客もいます。

外回り中のサラリーマンのさぼりの場所・癒しの場所として利用されるのも昼キャバならではです。

女性の場合は本職としてのキャバクラ勤務ではなく、学生・主婦が空いてる時間を有効に使う為という女性が多いです。副業感覚ですね。

かといって女性の容姿やサービスの質が悪いということではありません。

それぞれ理由があってたまたま夜のキャバクラで働くことができないだけなので接客レベルや容姿は驚く程高い事があります。

夜のキャバクラでは定番の煌びやかなドレスも、朝キャバや昼キャバでは、高級店などのごく一部のお店でしか着用していないようです。

ただ主婦やシングルマザーの女性は夜より昼キャバの方が多いので、キャバ嬢の年齢は少しだけ高めになります。

大学生も多いですが、夜と比べると学生は少ないです。働く女性の雰囲気や目的も多少変わるためか、夜キャバほどはキャバ嬢同士の仲がギスギスしないと言われています。

昼キャバ求人情報サイト
「体入.com」

体入.com画像

朝キャバ・昼キャバの仕事内容や勤務時の服装

仕事の内容は夜営業の一般的なキャバクラと同じです。つまり、男性客の接客・会話がメインです。男性客によるおさわり・タッチはありません。

服装は自由なお店がほとんどです。女性に任せるので私服になることが多いです。普通の夜キャバのようなドレスやワンピースを採用している店舗は昼キャバの中でも高級店の部類に入ります。

ただ、私服OKと言っても接客があるのであまりにもカジュアルすぎる服装はNGです。ヘアメイクはつかないお店がほとんどです。

男性客からの指名も当然ありますので、指名を取る為の営業活動なども夜キャバ同様にあります。

店舗の営業が終わってから男性客と会うアフターもあります。

営業時間と客層・キャストの雰囲気が変わるだけでキャバクラの仕組みなどは変わりません。

どちらかと言うと経営者や社長など、時間とお金に余裕がある人が多いようです。

昼ですが、お酒は夜と同じでお客さんに出します。なのでキャバ嬢もお酒を一緒に飲みます。お酒が全く飲めない女性にはちょっと難しい仕事ですが、上手にノンアルコールビールでごまかすことはできます。

昼間からお酒を飲まなければならないので、その後の生活に支障が出る可能性もあります。主婦や学生の方は注意が必要です。

説明だけきいても実際にはたらく決心がつかない場合は体験入店も可能ですのであらかじめ体験入店と告げて昼キャバ店に連絡をしてください。

日中の水商売となるので、家族や彼氏などにも働いていることがバレにくいのも人気の理由です。

昼キャバも同伴・アフターがあります

昼キャバでも同伴・アフターは夜キャバと同じであります。

ただ特にアフターは早く仕事が終わるので、夜のキャバ嬢より時間があると考えるお客さんが多くてセックス目当てのホテルへの誘いやデートの誘いが多いです。

一度体を許すとお客さんが離れていくのは夜キャバも昼キャバも同じです。

事前にアフターを断る理由や方法(子供がいる、家事がある、学校・習い事がある)を用意しておくと気が楽になるのでおすすめです。

時給・給料

時給は1,500円〜3,000円くらいが相場です。待機カットは基本ありません。

なので通常の水商売以外のアルバイトと比べて時給がものすごく高いというお仕事ではありません。夜のキャバクラと比較するとかなり安いです。

ただノルマ無しのお店がほとんどなので、夜のキャバクラと比べるとプレッシャーも少なくて気分が楽のようです。

そのぶん夜と比べて時給は低いです。夜のキャバクラは本職として働いている女性が多いのも理由かもしれません。

しっかりと稼ぎたい、という人は、まずは夜で経験を積んだ方が良いかもしれません。

指名料・同伴料などはもちろん付きます。なので同伴料などで稼ぐ方法もあります。

おすすめ求人情報サイト

求人情報サイトのhanahina(ハナヒナ)は関東地方(東京・埼玉・神奈川・千葉)・関西地方(大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・三重・滋賀)の

  • キャバクラ嬢
  • 朝キャバ・昼キャバ嬢
  • 高級クラブのホステス
  • ガールズバー
  • 会員制ラウンジ(ガールズラウンジ)

これらいわゆる「カンパイ系」と呼ばれる求人情報が総合的にとても充実しているサイトです。

仕事の探し方も簡単なので、迷うことなく自分の希望に合うお店が見つかるはずです。

面接から即日体入できるお店がほとんどですので、事前に心の準備をして応募すると話が早くなるかもしれません。

珍しい高級クラブのホステスなど、それぞれの業種の詳しい解説もサイト内で詳しく説明してくれていますので安心です。

他にも体験!ガールズバイトは都合のいい短期・体験入店有のキャバクラ・ガールズバーの求人情報のみが掲載されているので安心して仕事を探せます。

スマホ用に作られたサイトなので仕事も探しやすいです。

求人の質もあのyahoo!グループが運営しているということで非常に高いです。

危険な違法店はまずありません。

昼キャバのお店・求人情報が多い地域

朝・昼営業なので、夜と比べて来店できる男性・客層が限られています。

なので人通りや仕事終わりの男性が多い一部の繁華街で営業しないとそもそも男性客が来ません。

おのずと歓楽街と呼ばれる一般キャバクラ店が多数存在する都市に昼キャバは集中します。

  • 北海道
    • 札幌すすきの
  • 宮城
    • 仙台国分町
  • 東京
    • 新宿歌舞伎町
    • 六本木
    • 渋谷
    • 池袋
    • 上野
    • 立川
  • 神奈川
    • 横浜
    • 関内
    • 川崎
  • 愛知県
    • 名古屋
  • 大阪
    • ミナミ
    • 新地
    • 梅田
  • 福岡
    • 中洲
    • 博多
    • 天神

などは朝・昼キャバが多い地域です。

地方都市にも昼キャバはありますが、夜キャバと比べると営業が難しいようで店舗は少ないです。

特定の店舗に所属する方法と、キャバ嬢派遣会社に登録する方法があります。

派遣キャバクラ嬢派遣会社に登録すると、自分の希望する条件を満たすお店に派遣してもらうことができます。

派遣会社に登録すると複数のキャバクラで勤務できるので、女性の多い職場特有の陰湿ないじめなどは避けやすいです。

Qプリ求人女性募集

働くメリット・デメリット

やはり時間の都合がつけやすいのが最も魅力的です。

なので主婦・シングルマザー・学生の方は働きやすいです。

また夜と比べて副業感覚の女性が多いせいかお店の女性の派閥もできにくいと言われています。

夜のキャバクラで働くのは不安だけど興味があるという女性にとっては体験入店ではありませんが、キャバクラの雰囲気を勉強して、高収入への道のステップアップとして朝キャバ・昼キャバで働いてみてもいいかもしれません。

求められる仕事の質や量、厳しさはそんなに変わらないので良い勉強になるはずです。

しかし、甘い気持ちで働きはじめると辛い経験をするだけなのでおすすめできません。

デメリットは特にありませんが、人気店のナンバーワンになっても夜のキャバ嬢ほど雑誌などで取り上げてもらえなかったり、全体的に夜キャバと比べると時給や少し安い傾向があるくらいです。

顔バレは昼も夜も同じくらいの確率です。友人・彼氏・家族が偶然来店すれば顔ばれします。

顔バレをどうしても避けたいなら、確率的にデリヘルソープランドの方が男性客との一対一の対応なので下がります。

100%避けるならメールレディーがおすすめです。

昼キャバ・朝キャバに向いているのはこんな女性

やはり多数の男性と接する仕事なので明るく社交的な性格の女性に向いているお仕事です。

同僚には様々な人生経験を積んだ女性(主婦や元キャバ嬢など)がいるので、大学生など社会人経験が無い女性の水商売入門としても向いています。

将来はキャバ嬢や高級クラブのホステスになって活躍したい、という女性が経験を積む為に働くのも良いでしょう。

しかし、基本夜に営業するキャバクラや高級クラブと昼キャバでは男性の客層が全く違うので、本格的に水商売の経験を積みたいならやはり夜に営業しているお店の方が役に立ちます。

昼キャバ・朝キャバより高時給の稼げる求人

昼キャバなどは

  • 時間の都合がつけやすい
  • 初心者でも働きやすい
  • 性病に感染することがほぼ無い

などのメリットがありますが、デメリットとして時給がキャバ嬢と比べてかなり安いです。

キャバクラ感覚で働けて、なおかつ高時給の仕事チャットレディーがあります。

服を脱いだりするなどのアダルト行為無しのライブチャットサイトでも時給数千円稼げます。

キャバクラ感覚で男性と会話をしながらお金を稼げるのでマシェリライブでゴーゴーはかなりおすすめです。

マシェリやライブでゴーゴーは男性のアダルト行為は完全禁止となっているので安全に、楽しく稼ぎやすくなっています。

ですが、やはりアダルトOKのライブチャットだとさらに稼ぎやすくなります。

などならスマホ一台だけで稼ぐことができます。

シングルマザー・主婦・学生などのフルタイムで働くことができない女性にとってはかなり有り難い仕事です。

雇用保険・厚生年金・税金などの確定申告について

報酬として受け取った分の税金は支払い義務があります。個人事業主扱いなので自分で確定申告を行います。

夫の扶養に入るか入らないかによって収入の調整が必要になったりもしますので、夫の給料などを計算して働く時間を調整してください。

ただ、キャバ嬢同様昼キャバで働く女性も税金に関しては無頓着な女性が実際多いです。

高額な所得を得ているキャバ嬢でも納税をしないで税務署から税務調査、追徴課税を受けることはほとんどありません。

昼キャバで働く女性は夜の人気キャバ嬢のような大金を稼ぐことは難しいです。

なので、税金に関しては調査が入ることはほとんど無いと言っていいと思います(ただし、納税は日本国民の義務です)。

雇用保険、厚生年金は個人事業主なので加入することはできません。

どうしても厚生保険に入りたいなら自分で会社を作るなどしなくてはいけません。

ただ会社を作ると必然的に税金関係は納めなくてはいけなくなります。

会社だから出来る節税方法などもありますが、昼キャバの時給など諸々考えても個人事業主で収入を得ている方が良いような気がします。

体験入店・短期バイト可能の朝キャバ・昼キャバ求人情報へのリンク

昼キャバ・朝キャバ嬢の体験談・口コミ

  • 昼キャバ・朝キャバ嬢の口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

求人募集をしている昼キャバ店へのリンク

昼キャバ・朝キャバ嬢の仕事が気になる人におすすめの職種

昼キャバ・朝キャバ嬢が気になる人に役立つ記事

Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね