バンス制度ありの風俗店なら借金を即返済できるなどのメリットが

バンス制度は風俗店ならでは便利な仕組みですのでメリット・デメリットを確認した上で借金返済などに上手に利用してください。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

バンス制度(給料前借り)とは風俗店からお金を借りること

バンス制度(ばんすせいど)とは女性が勤務する風俗店からお給料を前借りできる仕組みのことです。

さらに率直に表現すると、バンスを利用することは勤務する風俗店から風俗嬢が借金することです。

バンス制度は給料前借り制度と呼ばれもします。

風俗店からお金を借りる、というと怖いイメージを抱きがちですが、きちんとお金を返せば、何もありませんので安心してください。

特に風俗業界では、お金を借りることは珍しい事ではありません。皆何かしらの事情があり、お金を求めて働きに来ているですから、恥ずかしい事でもありませんし、その事を根ほり葉ほり聞かれるような事も無いでしょう。

バンスという言葉の由来としては、英語のadvance(アドバンス、前借りという意味)が略されてバンスという言葉が使用されていると言われています。

ただ間違いや勘違いなどで「バンズ(ばんず)」という風に表現する人もいます。

前借りできると言っても借りれる金額は数万円〜数十万円が一般的です。

それ以上だと余程風俗店の経営に対してメリットを与えられるような風俗業界での実績や容姿が無いと難しいと言われています。

バンス制度はすべての風俗店で用意されている訳ではありません。

比較的規模の大きいグループで経営している風俗店や、風俗バイト未経験女性や入店したての女性でもお金を稼ぎやすいデリヘル・ソープランドではバンス制度があるお店が多いです。

他にはAV女優を募集している芸能事務所やライブチャットの大手プロダクションなどはバンスを用意してくれるお店が多いです。

バンス制度の有無は求人広告に掲載されています(もちろんバンス制度があっても求人広告に掲載しないお店もあります)。

求人情報の待遇・条件の項目に

  • バンス有り(あり)
  • バンス制度あり
  • 給料前借り可

などの言葉が掲載されていれば仕組みとしてはバンス制度があります。

ただし、入店後即お金を受け取れるお店もあれば、数日間働かないとお金を受け取れないお店もあります。

自分的に入店条件としてバンス制度が絶対に必要で、お金を受け取りたい時期(入店前、直後、1週間後など)や前借りしたい金額が明確に決まっている女性はスカウト型の求人情報サイトに登録して自己紹介文やPR文にできるだけ具体的に希望条件を記載して登録してください。

お店の採用担当者が条件等を見て納得したらスカウトメールを送ってくれます。

風俗店の勤務歴(未経験なら未経験と記入)などのプロフィールもできるだけ具体的に記載して、複数枚の顔写メ付きで登録すると良い条件でバンスさせてくれるお店が見つかりやすくなります。身長・体重・バストのカップ・スリーサイズも正直に入力してください。

おすすめのスカウト型求人情報サイトは

Qプリ

http://q-pri.com/

ぴゅあじょ

https://work.purelovers.com/

です。

Qプリとぴゅあじょの両方に登録してスカウトを待つとプロフィールや自己紹介文を見てくれる採用担当者が増えますのでスカウトしてもらえる確率が高くなります。

ですがQプリは関東地方に特に強くて、ぴゅあじょは全国満遍なく網羅しているという特徴がありますので、関東地方だけで仕事を探すならQプリだけの登録で充分かもしれません。

Qプリの場合は体験入店で10,000円、面接へ行けば交通費として2,000円が風俗店でなくQプリからもらえるという特典もあります。

※どちらも登録後スカウトをただ待つだけでなく自分から仕事を探して応募することも可能です。

高収入系求人サイトでは
バンス有りのお店だけを検索可能

高収入系求人サイトではバンス有りのお店だけを検索可能

バンス制度を利用するメリット

ブランド品などを買い込んでクレジットカードの支払いができずに債権(借金の返済してもらう権利のこと)を怖い男性達に売り渡されたりすると自宅まで借金の返済を求めて追いかけられることになります。

ホストクラブへの売り掛け金なども債権が他人に譲渡されればこちらも怖い人達が出てくる可能性があります。

自宅まで押し掛けて来た人達に対して「お金が無い」と言っても「じゃあお金を作れ」と言われるだけです。

このように、まとまった金額を即返済しなくてはならないような時にバンス制度はとても役に立ちます。

もちろんお金を貸してくれるデリヘル・イメクラ・ソープランド・セクキャバなどの風俗店で働かなくてはなりませんが、自己破産するのと風俗店で真面目に一生懸命働いて借金を返済するのではどちらが良いでしょうか。

人それぞれ考え方がありますが、自己破産は一生消えない烙印になります。

一度自己破産すればローンを組むときや賃貸住宅を借りるときの審査などに大きく影響します。

風俗店勤務も一生消えない心の傷になるかもしれませんが、法律上の個人は何も変わりません。

風俗店に雇用される訳でもないので職務経歴にも残りません(社会保険に加入しないので調べようがない)。

さらに風俗店によっては債権者(借金の取り立てにくる人達)と勤務している女性の間に立ってくれたり、債務整理の手助けをしてくれたり、借金返済に同行してくれるなどのサポートをしてくれる優しいお店もあります。

もちろんこれだけ面倒を見てもらったら恩をしっかりと返さなくてはなりません。

一生懸命働けば優先的にフリーのお客さんをまわしてくれることもあります。

これはお店のためでもあります(お店も女性に貸したお金は早く返済してもらいたいものです)。

バンスはお店で働く前の新人でも利用できますし、お店で働いている最中の女性でもバンス精度の仕組みを導入しているお店なら利用できます。

もちろん貸してくれる金額はお店からの女性に対する信頼度で変わります。

新人よりは既に勤務している性格のわかる女性の方が当然信頼度が高くて、貸せる金額も上がります(もちろん勤務態度などが悪ければ別ですが)。

お金を返済しないまま飛ばれたりする事の無いように、お店側も信用できる女性にしかバンスは行いません。仮に行ったとしても額が大きく異なります。

お店のナンバーワンのような人気フードルであれば100万を超える額を借りることが可能ですが、そのような女性はそもそも収入が多いのでバンスを利用する必要は無いかもしれません。

どんな内容であれ借金があったら早い時期にしっかり返済してください。

消費者金融や街金・闇金で借りたお金が法律に反するような高利子で膨れ上がるような状態になったらバンスを利用しても返済できる状況ではないかもしれません。

少しでも早くバンスを使って無利子・無利息の現金を借りれば、利子がつく借金の元本を無くしたり減らすことができます。

毎日増えていく利子のことを考えたら、利子が減るだけでも大きな違いです。

中にはバンスから高額な利子を請求するような悪徳な風俗店も存在します。

その様なお店からはバンスをするのは危険ですので先輩に確認するなどしてください。

バンス制度を利用するデメリット – 利子と借金返済

そもそもバンス制度は貸金業の登録をしていないお店が個人の女性に対してお金を貸すことになるので法律的にはグレーな行為となります。

もちろん口頭だけで貸してくれるはずもなく、借用書や公正証書を記入しなくてはなりません。

無利子でバンスしてくれる風俗嬢に優しいお店もありますが、少ないとはいえ利子を付けるお店もあります(実際は無利子のお店がほとんどです)。

なので一度バンス制度を利用してお金を借りたら今度はお店に絶対にお金を返済しなくてはなりません。

勤務先の風俗店から借りるとはいえ、借金は借金です。

もちろん人として借りたお金は返すというのは当たり前ですが、体調を崩したり、メンタル面で病んでうつ病で働けなくなっても借金は返済しなくてはなりません。

デメリットとは言えないかもしれませんが、一度お店でお金を借りたら自分の体を使ってしっかり返済しなくてはならないのです。

もちろん借りるだけ借りて行方不明になったり連絡がとれなくなれば、こんどはお店が貸したお金を回収するために女性を探しまわります。

借用書や公正証書がありますので逃げるのは難しいです。

なのでどんな事情があってもお店で真面目に働いてお店に貢献しなくてはならないのです。

また、バンスをする場合はお店から条件を提示されることも多々あります。

・全額返済までレギュラーで出勤する

・オープンラストで出勤する

・半年は必ず勤務する

その他お店により条件は様々ですので、しっかりと条件を聞き、納得が出来る場合のみお願いするようにしましょう。

バンスで大きな金額を借りやすいのはこんな人

バンスは風俗店の店長などの責任のある立場の人が女性を見てどれくらい金額を貸すか決めます。

当然人としてしっかりしている女性の方が信頼できるので貸せる額も増えます。

他にはもし風俗嬢として働いたら、お店の売れっ子になれるかどうかなども判断材料になります。具体的には

  • 顔やスタイルなど見た目が素晴らしく良い
  • 学歴が高かったりや有名企業に在籍している
  • 他の風俗店で働いていた実績がある
  • 会話の受け答えがしっかりしていて敬語も使える
  • 性格が真面目でなおかつ社交的でコミュニケーション能力が高い
  • ルックスが良い上に風俗情報誌などマスコミへの顔出しでの露出がOKの女性
  • 出勤日数が多い女性
  • 急な遅刻・欠勤などがほぼ無い女性

これらの項目を満たす女性は大きな額のお金を借りやすくなります。

年齢的には若い女性(10代や20代)の方が給料前借りしやすそうなイメージがありますが、いわゆる熟女と呼ばれる40代50代女性でもバンスの利用はできます。

夫に借金のことを切り出せなくて・・・というパターンがよくありますので風俗店も状況を理解してくれてお金を貸してくれます。

とはいえお店ごとでバンスで貸すお金の金額の基準がありますので面接の際に正直に稼ぎたい額と借りたい金額などを決めて相談してください。

お金のことなので相談しにくいかもしれませんが、正直にバンスする理由と欲しい金額を伝えた方が話は早くなります。

バンスで借りたお金の返済方法は給料からの差し引きが一般的

バンス制度を利用して借りたお金が毎日の給料から少しづつ引かれて返済していくのが一般的です。

返済のシュミレーションなどを計画してくれる風俗店もあります。

返済計画や条件などは、しっかりと書面として提出してもらい、責任者のサインを貰うようにして下さい。

逆に条件や内容などを提出してもらえない場合は怪しいので、そのお店でのバンスは避けた方が良いでしょう。

ただし、退店するとなれば借りた金額すべてをまとめて返済しなくてはいけません。

バンス(給料前借り)出来る風俗店の探し方

自分の借金や家族・恋人の借金などが理由で風俗業界に入ってくる女性は多いので、大手風俗求人情報サイトなどであればバンス制度有りの仕事だけを絞って探すことができます。

サイトごとで待遇や条件を入力する項目がありますのでその条件の中に「バンス」という言葉があるのでチェックして仕事を探してください。

他にも「裸にならない」「ぽっちゃり歓迎」「Aカップ歓迎」など色々な条件を絞って高額求人を探すことができます。

条件を絞ってお店を探すだけでなく、ネットの口コミで信頼できる風俗店かどうか調べておくと安心できますので、口コミのチェックなどもおすすめです。

デリヘル、ソープランドの他にも比較的気軽にできるライブチャットのチャットレディーや、ややマニアックなアダルトグッズモニターなどの珍しい仕事でも給料前借り可能な求人はあります。

数百万単位の借金がある場合はソープ嬢やデリヘル嬢が返済への近道ですが、数万〜数十万の借金ならチャットレディーやアダルトグッズモニターのバイトでも返済が可能なので適したお仕事を探してください。

バンス有りの風俗店を探せる求人情報サイト

※仕事検索画面に「待遇でえらぶ」というところに「バンス制度あり」とありますので、チェックして仕事を絞ってください。

バンス(給料前借り)出来る風俗店求人情報まとめ

■デリヘル店

■AV事務所

■その他

東京ラブマシーン
求人ページ

東京ラブマシーン求人ページ画像

法外な利息を風俗店から請求されたら

借りれるところならどこでも良い、という風に慌てて風俗店からバンスを利用してお金を借りたとします。

まずこのような悪質な風俗店はほとんどありませんが、法外な利子をつけて返済を要求する人達もゼロではありません。

バンス制度を用意してくれるような風俗店は風俗嬢の社会復帰をサポートするために無利子でお金を貸してくれるお店がほとんどですが、中には高利子で風俗嬢からさらにお金を奪い取ろうとする人もいるでしょう。

例えば借金が100万円以上の場合は利子の上限は年率15%と法律で定められています。

どんな理由があれ上限年率以上の利子を支払う義務はありません。

もし契約書類にハンコや署名をしても支払いの義務が無いことは変わりません。

高い利子でお金を稼ごうとする人達に法律などの一般常識やルールが通じるかどうかという問題はありますが、返済の義務は無いということは頭に入れておいてください。トラブルになったら法テラスなどに無料相談してください。

借金の利子返済のため風俗店でずっと働かなければならないという風になっては本末転倒です。

昼に働いている会社からでも給料の前借りができることも

普通の会社でも給料前借りに対応してくれる会社はあります。

法律的にも、労働基準法第25条で「使用者(経営者)は労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であっても既住の労働に対する賃金を支払わなければならない」と定められています。

つまり、出産や病気などで急にお金が必要になった場合、既に働いている日数分に関しては給料日の前に受け取る事が可能ということです。

ただ、既に働いている日数分というのが条件で、受け取れる金額は最大でも給料の1ヶ月分ほどということになります。

このような仕組みがあるのにそれほど浸透していないのは、日本社会独特の「見栄」や「お金の困っていることを自分が働く会社に知られたく無い」「お金を借りたら昇進にひびくかも」、このような自分の社会的立場を守る事が大事だという意識が強く働いてるからかもしれません。

金銭的に困っていて、昼の仕事をしている場合は、焦ってバンスの出来る風俗店を探すよりも先に勤務先に相談してみるのも良いでしょう。

バンス制度の口コミ・体験談まとめ

  • 求人広告にバンス有りって書いてあるけど実際は貸してくれない風俗店があるから気をつけないと騙されますよ。

新規体験談・口コミを投稿する

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事



Qプリ

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね