1. 風俗バイトをしていても賃貸物件を借りる方法

想像以上に難しい?水商売や風俗系の仕事をしている女性がマンションなどの賃貸物件を借りる方法

最終更新日:2017年04月13日

風俗嬢や水商売の女性はマンションやアパートの賃貸契約が難しい

もしあなたが風俗の仕事を専業で、つまり昼の仕事との掛け持ちではなくそれ一本で生活をしているのなら住みたい高級マンションなどがあってもそのマンションとの賃貸契約締結は難しいです。

もし普通の不動産仲介会社を使って賃貸物件を探してもかなり高い確率で入居審査に落ちます。

現金があるから数ヶ月分の家賃を前払いで支払うことを条件設定したとしても入居審査の合格率はそれほど変わりません。

入居審査に落ちることに納得できないと思いますが、賃貸物件に関してはお金を払う側は「お客様」ではなく、家主が保有する物件を借りる側なので立場が弱いのは仕方がありません。

アベノミクス以降の好景気とドル高円安の影響で、よい物件であればあるほど借りる側の立場は弱くなり、売り手市場になりつつあります。

しかし、家主(貸し主)・管理会社が風俗業や水商売の女性の入居を断るのにも理由があります。

水商売・風俗専門賃貸情報サイト「cabachin.com」‎HP画像

cabachin.comHP画像

風俗嬢や水商売の女性が賃貸物件を借りづらい理由

なぜ風俗系の仕事をしている女性の入居が断られるかは家主の立場になって考えればすぐにわかります。

そもそも家主は投資目的や商売目的でマンション等を建てたり購入しています。

ボランティアや公共施設ではなく営利目的で人に貸しており、入居者がいればいるほど家主の儲けになります。

常に満室で、入居待ちの人がいるというのが家主にとっての理想です。

なので結果的に入居者が減ってしまうような現象を起こす人や、ちゃんと賃貸料金(つまり家主の収入)を支払ってくれない可能性が高い傾向を持つ人の入居を嫌います。

ほとんどの人は個々の人格を見ているのではなくて、家を借りたいと言っている人が所属する組織・職業や持っているお金と定期的に入る収入を見て判断しているのです。

水商売・風俗系バイトをしている女性は

これらに該当する可能性が高いので当然大家も入居を嫌がります。

保証人がいないから保証会社(保証人の代わりに保証してくれる会社)を使ったとしても、保証会社の入居審査になかなか通過しないので入居できる確率は低いままで変わりません。

ネットを使った高収入バイトのチャットレディに関しても

このような点から結局は風俗系バイトをしている女性と同じような扱いになります。

水商売・風俗専門賃貸情報サイト「姫なび」‎HP画像

姫なびHP画像

個人事業主の登記や確定申告をしていれば信用度は上がります

普通に賃貸物件を探す(つまりテレビCMを出すような仲介サイトを利用する場合)のなら、自身の社会的信用度が高い状態でないとまず断られます。

社会的な信用度を上げる為には

などが有効的です。

※事業としては「モデル業」などと伝えておけば差し障りがありません。デリヘル嬢、ソープ嬢、チャットレディなど、具体的な職業を伝えると審査で不利になりやすいです

敬語やマナーは意外と重要で、仲介会社の担当営業も人を見ています。

仲介会社から見て信用できない人だと判断されればその評価が大家にも伝わりますので結果的に家を借りるのが難しくなります。

個人事業主の登録と毎年の確定申告はセットですので、両方ともしっかりしておけば社会的な信用はかなり上がります。

しかし、デメリットとして毎年確定申告の書類を作成する手間がかかったり、収入に対して課税されるなどがあります。

法人登記したとしても賃貸物件は借りづらい

「個人事業主が難しいなら法人登記すれば借りやすいのでは?」と考える女性も多いと思いますが実際のところ法人登記しても賃貸物件は借りづらいです。

「会社の社長なのになぜ借りづらいの?」と疑問に思うかもしれませんが、家主は

など、法人登記によるリスクを今度は考えます。

収入が増えたから個人事業主から法人に変更(「法人成り」と呼びます)しても賃貸物件が借りづらいという現実は変わりません。

法人登記することによって

という点では信用度が高くなりますが、法人だと大家にとって個人事業主とはまた別の心配事が増えるのです。

ただ、法人としては数年間しっかりとしたキャッシュフローの会社を経営した場合は信用度が高くなります。

知名度が無い会社の場合は黒字経営は原則で、赤字が一度でもあると信頼度は下がります。

勤務先がアリバイ会社と契約しても借りづらさは変わらない

勤務先の風俗店がアリバイ会社と契約していて、源泉徴収表等や名刺を発行しているから大丈夫、というものではありません。

もし本当にアリバイ会社に正社員として在籍させてもらえる場合は別ですが、アリバイ会社でそこまでしてくれる会社はほとんどありません。

あくまでも架空のそれらしい書類を発行してくれるのみであることが多いです。

あくまでも架空の情報ですので、それを使って嘘の勤務先をでっちあげるとバレる時はバレますし、ばれた時は強制退去を命じられるでしょう。

公的文書の偽造は立派な犯罪(文書偽造罪)ですし、大きなトラブルを起こす原因になりますのでおすすめはできません。

結局のところ風俗嬢専門の賃貸情報サイトを使うのが早い

色々と事情を説明しましたが、結局のところ風俗嬢でも借りられる部屋を専門で扱う不動産仲介会社に相談するのが最も早いです。

というデメリットはありますが、そもそも賃貸契約を締結すること自体が難しいという事実がありますのである程度は諦めないといけません。

これらのサイトを利用してください。

風俗店が契約している女性用の寮やマンション付きの求人を探すという方法も

大きなグループでは当たり前のように所属する風俗嬢向けの高級マンション等を用意してくれます。

賃貸契約はお店がしているので、女性は風俗店と契約すれば良いだけです。

寮は既に家具一式が揃っていたり、賃貸料の一部を店舗が負担してくれたりするので女性にとってメリットは大きいです。

しかし、お店を退店すれば当然寮からも出なければなりません。

寮には同じお店で働く同僚も住んでいるでしょうから仕事とプライベートの区別も付けづらくなります。

このようにメリットが大きいですがデメリットもありますので慎重に判断して住む場所を探してください。

寮付きの求人を探すのなら

・Qプリ

http://q-pri.com/

のようなサイトで

「こだわり条件で絞り込む」→「寮完備」

と選択して自分から検索結果に表示された求人に応募するか、無料でのスカウト登録をして自己PRのところに

のように住みたい家に関しての条件を細かく記載してスカウトを待ちましょう。

細かい希望(寮の場所、間取り等)がある場合はスカウト登録して条件を入力してスカウトを待った方が面倒な思いをしないで済みます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ求人女性募集