デート援交とは?

デート援交とは

  • 未成年女性が個人的に(中高生が)
  • 成人男性とデートすることよってお金をもらえて
  • 食事代や買い物代も負担してもらえる
  • しかしデート中に売春行為(セックスなどを含める体の関係、性行為)は無い

これらすべて満たすデートのことを意味すると言われています。基本的には男性から女子が一緒に過ごした時間の見返りにお小遣いをもらうこと。

相場も1時間で数千円ほど。

援助交際ではないので性行為もありませんが、中高生がデート援交をやっていることが多いので補導される恐れが大きいです。

成人男性がお金を払って成人女性とデートできるサービスの「レンタル彼女」と似ていますがレンタル彼女は

  • 個人ではなく専用サイトを運営している会社がある
  • 会社が女性のスケジュールを管理している
  • 18歳以上の男女しか利用できない
  • 本当にデートだけしかできない

という特徴があり、安全性はそこまで高くは無いとはいえそれなりに確保されています。知らない男性とショッピングや食事をする点は一緒。

パパ活もデート援交と似ていますが、

  • 出会い系サイトや交際クラブを運営している会社がある
  • ステータスの高い男性がパパになることが多い
  • 基本的に18際以上の女子しか登録できない
  • 性行為や肉体関係は基本的にNG

パパ活は肉体関係を持たずにデートをし報酬を受け取るという活動のことを言います。デート援交とは違いお金持ちの男性が若い女子を支援することを目的としてパパとなりますので基本的に事件などが発生しないので安心です。

リッチな男性が多いパパ活サイトはこちら

デート援交は未成年女性が個人的に活動をすることが大きな問題となります。デート援交ではなくただの援助交際となってしまうケースも少なくなく補導されている少女も多い。

パパ活も交流サイトなどを使えば個人でできますが、パパ活サイトに登録している男性は社会的地位が高いので普通に個人で探すよりもサイトを使う方が安全です。

デート援交の募集はSNSや掲示板サイトで行われる

デート援交成功した女性の画像

デート援交の相手男性は不特定多数の男女が利用するサイト等を利用して募集されます。

おそらく最も頻繁に利用されるのは「LINE掲示板」と呼ばれる無料通話アプリ「LINE(ライン)」のIDを交換できるサイトです。

ちなみにLINE掲示板は無数に存在しており、年齢確認が無いので誰でも簡単に利用できます。

未成年がらみのトラブルや犯罪が多発しているので警察等がLINE掲示板を運営する会社に閉鎖要請を出すこともあるようですが、仕組み的に非常に簡単で作るのも簡単なので閉鎖されても新しいサイトが出来るという、いたちごっこになっているようです。

LINE掲示板は自分のLINEのIDをメッセージと共に投稿できるので

  • デート援
  • デート円光
  • パパ募集
  • パパ活中

などの言葉と共に自分のIDを投稿すればデート援をしたい男性を簡単に釣り上げることができます。

TwitterのようなSNSのアプリを利用してネットで募集する人もいるので、基本的には簡単に相手となる男性を見つけることができます。

未成年の少女がらみの事件も横行しているので、サイバーパトロールも盛んに行われています。

昨年9月、大手SNSをサイバーパトロール中の大阪府警少年課員がこんな書き込みを見つけた。

SNSは仲介者を要さず、不特定多数に一気に募集をかけられる。DM(ダイレクトメール)とは、当事者だけしか分からないやり取りのこと。自分の年齢など具体的な“商談”は非公開のDMでしましょう、という呼びかけだった。

少年課員は身分を伏せ、書き込んだ人物にデートに応じる内容のメッセージを送信。「16歳の高校生です」と返信があった。数日後、大阪・難波の待ち合わせ場所に私服の女子生徒が現れた。「警察や」。同課員が身分を明かすと生徒は一瞬驚いた様子を見せたが、素直に事情聴取に応じた。

生徒は、知人にならってデート援交を始めたといい、1時間あたり3千円をもらう約束で、これまでに3人とデートをして計9千円を得ていたという。小遣いがほしかった理由は「整形手術をしたかったから」。同課員はその後、保護者に事情を説明して生徒を引き渡し、継続的な見守りを要請した。

最近のニュースですが、整形をしたくてデート援交をする中高生もいる時代。大阪府警だけでなく「氷山の一角」なので全国の警察も強化して対策しているので補導のリスクは大きいです。

念の為補足すると、真っ先に利用されそうな「出会い系」はちゃんと運営されているサイトなら18歳未満の未成年は使えません。そもそも会員制なのでログインするために身分書が絶対に必要になります。

なのでデート援交の募集は不可能です。

もちろん、お金持ちパパを斡旋している交際クラブは安全性が高くリスクなくお小遣いを稼ぐことができます。

デート援交の実態は謎

肝心の中身ですが、結局のところ男性と女性、当事者同士の関係性の問題ですので本当にデートだけなのかわかりません。

デートだけでのレンタル彼女が一時期流行りましたが、ブームと共に下火になったように、性的サービスやそれに近いようなサービスが無いものは廃れやすいです。

デート援交の場合は相手を募集する女性と、それに乗る男性がどのような話し合いをするかによって決まりますので、デートの中身は千差万別です。

個人で活動するので、規制も少なく食事だけの関係ではなくエッチなどの性的な行為を少女に求めてくる男性も多くいます。

もし年齢が近い出会いならデートして意気投合して気持ちが高まり恋愛に発展することもあるでしょうし、中身はバラバラです。

本当にビジネスや小遣い稼ぎだとわかっていても相手は味気無いと感じるでしょうし、実際にデート援交で稼ぎたいのならアキバのメイドのようにそれなりの接客力が求められることでしょう。

時給で換算してもアルバイトの方が稼げる可能性は高いです。

サイバー補導を含め、危険性はとても高い

危険性やリスクですが、まず未成年女性と成人男性とのお金のやりとりということで警察によるサイバー補導にあう可能性があります。

売春などの性的な行為が無くても補導される可能性があります。

サイバー補導よりもっと怖いのはデートだけと約束した男性による乱暴です。

いくらデートだけと約束していてもいざ二人きりになったらホテルに行こうと言いだしたりする可能性があります。

デート援交している男性は社会的地位も低い場合が多く、少女へのわいせつ行為で逮捕されても問題ないという感覚の方もいます。

男性が18歳未満の少女。例えば、16歳の中高生と性的な行為をすると児童買春で逮捕されます。

ホテルにいかなくてもカラオケなどの密室に行けば体を触られたりすることがあるでしょうし、中には集団で強引に乱暴しようと企む人もいるでしょう。

可能性で行ったらキリがありませんが、未成年女性が個人で男性を募集して金銭をもらうのは非常に危険ですので、デート援助交際はおすすめできません。

将来的には援助交際デリバリーヘルス(援デリ)のように業者と呼ばれる組織や個人が女性を管理して、デート援交に女性を派遣するようになるかもしれませんが、たとえ業者が間に入ろうと危険性は変わりません。

結局どうしようと危険度は極めて高いままです。

もし援助交際デリバリーヘルスに関して詳しく知りたい方は

援デリは危険で警察沙汰になることが多いバイト

上記の記事も一緒に読んで見てください。

未成年・成人を含めて楽に稼げるバイトはありません

慎重にデート援交をする女性の画像

かつてブルセラや援助交際(援交)が社会的な問題となるくらい流行して、未成年の女子高生が簡単に大金を稼げる時代がありました。

しかしたくさんの女子高生が援交市場に参入することによって市場価値が希薄化され、現在は裏・闇風俗内でも女子高生の価値は下がりました。

なので今は女子高生というブランドや若さがあるからといってデートだけで稼げる時代ではありません。

体を売ってエッチをしても現在は昔と比べたら全く稼げないのです。

楽して稼げるバイトは危険性と裏表の関係ですので本当にリスクなしで楽に儲かる仕事などはありません。

風俗で働いている女性もリスクを背負って働いています。

特に大人が囁く「楽して儲かる」「すぐにお金がもらえる」という情報に騙されず、危険はなるべき避けて安全なバイトを探しましょう。

どうしてもたくさんのお金が欲しい時は18歳になるのを待ち、高収入系の求人情報サイトで仕事を探しましょう。もしくは冒頭で説明したパパ活をすることをおすすめします。

認定されている交際クラブでのお小遣い稼ぎは安全。

パパ活は様々な年代の女性が、男性との出会い次第で安全に現金が稼げる方法です。

男性と食事したりお酒を飲んだりデートしてお金を稼げる非風俗バイト

風俗の仕事で月収○○万円稼ぐシングルマザーが教える幸福人生の歩み方!!

高収入系の仕事についたらきちんと期間や目標金額を設定し、それを達成したらスパッと辞めて一般の世界に戻りましょう。

でないとダラダラ続けてしまって、気がついたら戻れなくなっている可能性が高くなってしまいます。

デート援交の仕事が気になる人に関連する職種

デート援交に興味がある人に役立つ記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね