1. エステやオナクラのダミー面接に注意

質の高い女性を集めるためになりふり構わない風俗店の詐欺の求人募集に注意してください

最終更新日:2017年06月08日

たくさんの女性を面接するために巧妙化するヘルス系風俗店の悪質な勧誘の手口

お金をたくさん稼ぎたい女性でもやはりヘルス系やソープランドのような性的接触のある仕事は好みません。

生理的又は肉体・心理的な嫌悪感がある女性も多いでしょうが、やはりヘルス系につきものの性病に感染するのが嫌な女性がほとんどだと思います。

「お金を稼ぎたいけど風俗は嫌だ」なんていう風に思いながら求人情報サイトを眺めていたりネットで検索しながらバイトを探していると

という文句で広告宣伝をしているお店が見つかるはずです。

ちょっと求人広告を見ただけでは風俗バイトのように見えないのでみんな食いつきます。

募集の際に使われる具体的な職種は

などです。

全部「ソフト系」に分類される風俗店です。

※デートクラブ・交際クラブは少しジャンルが異なります

これらの職種で「日給3万円以上」「月給80万円可能」などと広告を打てば女性が集まりやすくなるのも当たり前です。

字面だけを見ればデリヘルやファッションヘルスなど他の風俗系バイトと給料に関しては遜色ありません。

「とにかくお金が欲しい女性をたくさん集める」というのが悪質風俗店の作戦です。

仕事がソフトな上に給料がいいだけでなく、面接交通費負担や面接でも時給を支払うという嘘も

仕事がソフト系なのに、さらに

このようにさらに破格の条件をつけて女性を面接におびき寄せようとします。

結論からいうと詐欺目的で求人広告を出すようなお店ではこのようなボーナス的なお金はまずもらえません。

「お店の決めている条件を満たしていない」など、適当な理由をつけて払わないことがほとんどです。

本当に求人広告通りの内容のお店もたくさんあるのですが、求人情報サイトを見るだけだと良いお店と女性を騙すことが目的の悪いお店の区別がほとんどつきません。

ダミーのソフト系で女性を誘ってハード系風俗へ勧誘するのが目的の求人広告

求人広告を見て興味を持って面接に申し込んだら悪質風俗店の思うがままです。

面接では「もっと稼げるお店がある」「ソフト系だとお客さんが少ないから儲からない」などの理由をつけてハード系の風俗に勧誘してきます。

ハード系風俗とは

などのヘルスサービスがある風俗店です。

普通にヘルス系サービスのお店が女性を募集しても応募してくれる女性が少ないのでこのような手段を使ってきます。

詐欺の求人広告だったと気づいたらすぐに面接を中止して帰る

風俗店の事務所や喫茶店で面接担当からヘルス系からの勧誘をされると、さすがに相手もプロということで言葉巧みに洗脳のような状態にしようとしてきます。

それをずっと聞いていると「そっちの方がいいかも」なんていう風に考えてしまうかもしれませんので、求人広告の内容と話しが違うと判断したらすぐに面接を中止してもらいましょう。

騙されたので「お店の人に悪い」などと考える必要はありません。

面接担当が急に態度を変えて脅したりしてきても無視するか「警察に相談します」と言えばそれ以上お店は何もできません。

とにかくその場に長居するのは禁物です。

早めに出てその場所から離れましょう。

そして気持ちに余裕があれば面接したお店の求人広告が掲載されていたサイトに「騙された」「詐欺の内容」だったと通報してください。

ちゃんと運営されている求人情報サイトなら被害者が増えないように広告を削除するなり修正するなりの対応をしてくれるでしょう。

路上の風俗スカウトマンも「ぐる」なので信頼してはいけません

風俗バイトを探す上で存在感が高まっているのが路上のスカウトマンです。

スカウトマンは契約してる風俗店に女性を斡旋して、働かせることによってバックマージンと呼ばれるお金を受け取っています。

つまり、路上でスカウトした女性を風俗店に紹介しただけではお金をもらえないのです。

スカウトマンがお金を得るためには女性を働かせないといけません。

働かせるお店も、あまりお金を稼げない業種のオナクラやマッサージ系ではなく、できればお金を稼ぎやすいデリヘルやイメクラの方がスカウトマンにとっては金銭的メリットが大きいのです。

となると悪質な風俗店とぐるになって女性をソフト系バイトとして紹介して面接まで連れて行き、そこでヘルス系で働くように考えを変えさせようとするスカウトマンもあらわれます。

面接の場でお店の採用担当者と一緒になってスカウトマンまでも説得してくると強い意志を持っている女性でないと断りきれません。

そもそも女性にとって風俗スカウトマンを利用するメリットは少ないので利用しないのが一番ですが、もしこのような状況に追い込まれても自分でしっかり判断することが大事です。

男性客向けのHPを使って本当に実在するように見せるお店もある

初歩的な悪質店だと女性向けの求人用ホームページと男性向けの営業用ホームページを見比べれば様々な不一致が見つかりすぐに詐欺だとわかります。

しかし、詐欺店もどんどん手段が巧妙になってきています。

中にはちゃんとしたホームページをデザイナーに作ってもらうお店もあります。

いかにも非風俗のソフト店として営業して、なおかつ繁盛しているようなサイトを作っているので見分けるのが困難になります。

もちろん面接に行けばおかしいとすぐに気づきますが、ここまでして質の高い女性を確保しようとするお店も増えているのです。

特に商売に厳しい関西地方(特に大阪)のソフト系風俗店ではかなりこだわって(?)女性を騙しますので多少の警戒が必要です。

ネットの口コミをしっかりチェックすることで職種ダミー店の被害は防げます

求人用のサイトと営業用のサイトを見比べても齟齬がない時はネットの口コミを見ることをおすすめします。

ネットの口コミで「ステマ」と呼ばれる自作自演が可能ですが、さすがにいくらネットに精通した業者でもネットの口コミを完全にコントロールすることは不可能です。

女性を騙して募集しているようなお店の評判や口コミは必ずネットに投稿されています。

もしソフト系なのに高収入のバイトに応募するのなら応募前に

「お店の名前 口コミ」

「お店の名前 評判」

「お店の名前 ダミー」

などで検索してください。

そうすれば過去にそのお店の面接に行った女性の体験談や実際に働いた女性の体験談が多数みつかります。

求人情報サイトで「実際に働いている女性キャストのリアルな体験談」のような企画がよくありますが、信用してはいけません。

先輩の女性もマスコミ手当を呼ばれるお金をもらって出演していますので変な事は言えません。

必ず匿名の掲示板や口コミサイトを参考にしてください。

ネットの口コミまでチェックすれば詐欺に遭う確率をかなり減らす事ができるはずです。

それでも偽物の風俗店の面接に行ってしまったら毅然とした態度で勧誘を断りましょう。

ダミー店以外にも様々な方法で騙して募集している

風俗バイトの求人広告は基本的に良い事しか書かれていません。

そのせいでお店ごとの差別化が困難になって、風俗バイトを探したい女性側もお店選びで迷います。

それでもスカウト型の求人情報サイトに登録している場合以外の女性はほとんどが求人情報サイトを見て応募するので、ある程度求人情報サイトに掲載されている情報を信用するしかありません。

もちろん本当に正しい情報しか掲載していないお店もありますが、情報の信憑性を確かめる術をそれほど持たない女性を騙す風俗店の採用担当者や経営者もたくさんいます。

まず、風俗バイト未経験の女性が騙されやすいのは日給35,000円以上や月給80万円以上という給料です。

だいたいよく見ると「可能」という文字が書かれています。

風俗バイトは大抵が歩合制ですので日給というのは毎日違います。なのであまりあてになりません。

日給35,000円以上という言葉に惹かれて応募しても、求人広告に掲載されている分のお金を稼ぐのはけっこう大変です。

お店の中でも人気で真ん中から上くらいの位置にいないと難しいでしょう。

面接交通費支給も嘘で使われやすい

求人広告によく掲載されている「面接交通費支給」というのは、女性が面接に行く心理的・金銭的なハードルを下げるためによく広告で使われます。

しかし、いざ行ってみたら「採用する女性にしか支給されません」などと、意味のわからないことを言うお店があります。

これに関しては求人情報にクレームを言ったり風俗系バイトをしている、もしくは探している女性の口コミ掲示板(ラブぼにーた等)に事実を投稿するくらいしかできることはありません。

入店お祝い金も詐欺に使われます

面接日支給と並んで多いのが入店お祝い金の詐欺です。

あたかも入店した時点で数万円〜数十万円がもらえるように風俗店の求人広告に書かれているのが特徴です。

これもばらつきがあって実際は

なんてことになりかねません。

確実にお金を受け取る方法としてはお店からではなく、多少ですが公共性が強くなる

・Qプリ

http://q-pri.com/

のように求人情報サイト側で入店お祝い金を出してくれるサイトを利用することです。

サイトだと入店お祝い金が嘘だという評判が広がれば誰もサイトを利用しなくなりますので、嘘をつくメリットがありません。

なので要件さえ満たせばしっかりお金を受け取ることができます。

ただ、だからと言って何回も体入を繰り返すとサイトから強制退会になったりしますので、サイトの利用規約を読んで不正入店に該当しないように注意してください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

高収入どっとこむ