外国人男性とライブチャットして稼ぐ方法

海外男性とチャットすれば世界中の人からお金をもらうことができるので報酬は莫大な額になる可能性です。
特に日本人の女性は、海外の男性から人気があります。
英会話などを習っている人は、外国人と交流を図りながらお金を稼ぐことが出来るので一石二鳥かもしれません。
ただしリスクもあるのでそこは十分な注意が必要です

日本人とチャットしても徐々に稼げなくなるなら外国人とチャットする

日本国内の人口は2008年の1億2,808万人をピークに徐々に減少しはじめ、2013年には1億2,730万人となっています。

今後減少率は高くなる見込みで、向こう数十年は人口が減り続けると予測されています。

少子化による人口減以上に深刻なのが高齢化です。

現在の若者世代の高齢化が進むにつれて消費(お金の使用)が減り、各産業にお金が循環しづらい構造になります。

そうなると日本人を相手にする日本国内のライブチャットはパソコン・携帯(スマホ)関係なく徐々に稼ぎづらくなります。

もし

  • ライブチャットの男性利用者数(18歳〜40代くらいまでがメイン)
  • 男性達の可処分所得(娯楽に使えるお金)

の両方が減ったら日本人向けのライブチャットでは確実に稼げなくなります。

とはいえ、

  • 人口が減っても男性のライブチャット利用率が高くなり結果的に利用者の総数が増える
  • 日本全体の景気が良くなり、レジャー・娯楽に使うお金が増える

などによって逆に稼ぎやすくなる可能性もあります。

利用率の増加や日本全体の景気についてはチャットレディにはどうしようもない部分なのでなるようにしかなりませんが、副業でチャットレディをしているならともかく、専業ならリスクを分散して管理しないといけません。

チャットレディリスクを分散する手っ取り早い方法が海外のライブチャットで外国人からドルを稼ぐ方法です。

また、海外の富裕層の人の方がアダルトコンテンツへの課金に抵抗がありません。

カード決済が日常的なので、気に入った子がいればすぐに課金して貰えるのは海外ならではではないでしょうか。

海外の人気ライブチャット
「マイフリーカム(myfreecams)」HP画像

海外の人気ライブチャット「マイフリーカム(myfreecams)」HP画像

円安で稼ぎやすい環境になっている

2012年12月から発足した第2次安倍内閣によるアベノミクスによって、発足前の異常な円高状態から急激に円安が進みました。

2016年は円安がさらに進み、1ドル=110円前後で為替が推移しています。

つまり海外のライブチャットに出演して世界の共通通貨であるドルを稼ぐと日本円に換金したときの収入が円高の時と比較して増えます。

例えば1万米ドル稼いだら

  • 為替レートが1ドル110円の場合:110万円(円が安い)
  • 為替レートが1ドル80円の場合:80万円(円が高い)

このようにかなりの差が出ます。

円高時のレートは2010年代前半実際に78円まで高くなったので、起こりうる数字です。

物価や円安の理由などを考えるとややこしくなるので、海外サイトのチャットレディとして働く場合は円安になる=日本円での収入が増える、と考えて下さい。

海外の人気ライブチャット
「チャッターベイト(chaturbate)」HP画像

海外の人気ライブチャット「チャッターベイト(chaturbate)」HP画像

日本のライブチャットと海外ライブチャットの違い

日本のライブチャットと海外のライブチャットでは仕組みが多少違います。

そこまで大きな違いはありませんが、下記のような違いがあることだけ認識しておいてください。

  • パソコンでのチャットが基本
  • 基本会話は英語(ただし日本人女性好き外国人ならカタコトで日本語が話せるかも)。タイピングもOK
  • 全部見せても大丈夫な無修正チャット
  • 男性の閲覧でお金がもらえるタイプと、チップ(トークン)でお金がもらえるタイプがある(両方対応もある)

最も気になるのは英語の問題だと思いますが、タイピングで話しかけてくれる男性が多いので、こちらもタイプで返せば意思の疎通ができます。

google翻訳やエキサイト翻訳を使えばだいたいの意味はわかります。

機械翻訳できないようなスラング(俗語)を使う男性も多いですが、日本語と同じでエロ系の言葉はある程度限られていますし、全部似たような意味です。

意味のわからない単語の羅列を見たらスラングだと判断してよいと思いますし、「英語スラング辞典」「英語スラング一覧」などで検索すればスラングを解説するサイトが多数みつかります。

近年はアジア圏の男性もアダルトチャットを活用するようになってきました。

しかし海外のアダルトチャットは英語が共通の言語として用いられています。

英語圏以外の人でも、とりあえずは英語でのコミュニケーションで問題無いでしょう。


高収入女性求人サイトぴゅあじょの広告画像です高収入女性求人サイトぴゅあじょ

海外ライブチャットを取り扱う代理店・プロダクションに登録するのが最も安全

世界的に人気のある

  • マイフリーカム(myfreecams)
  • チャッターベイト(chaturbate)

などのライブチャットはチャットレディの登録画面などがすべて英語です。

個人情報や報酬の振り込みなど、基本的には危険や詐欺などはありませんが、言葉の意味が分からないので不安を感じる女性は多いでしょう。

そんな場合は日本のライブチャットの代理店と同じ仕組みで、海外サイトで働くチャットレディ募集している代理店・プロダクションを利用すると楽です。

もちろん日本の企業が対応してくれますし、給料は所属するプロダクションから支払われます。

  • ネットスターズ(netstars):http://netstars.jp/

などの代理店に登録すれば、外国人から受けが良いパフォーマンスや稼ぐコツなどを教えてもらうことができますので、まったくの知識ゼロの状態からはじめるより効率的に仕事をできます。

代理店は会員登録なども代行してくれますので、余計な作業(パソコン、設備設定等)を代理店に任せてパフォーマンスに集中できることも代理店を利用するメリットです。

海外チャットを取り扱う代理店
「ネットスターズ」HP画像

海外チャットを取り扱う代理店「ネットスターズ」HP画像

国内で稼げるなら国内が一番安全なのは間違い無い

ここまで海外ライブチャットについて説明したので矛盾するようですが、日本国内で日本人男性相手に仕事をしてお金を稼げるのならそれが一番いいです。

言語の違いや文化の違いなどありますので戸惑う事が多いかと思います。

日本人相手だとそれはまずありませんのでハードルも下がります。

海外ライブチャットのようにすべて丸見えになりませんし、日本語でやりとりができますし、常連の男性と本当に親しくなることもできます。

なんといっても海外ライブチャットの場合は常に動画流出の危険と隣り合わせです。

海外への発信だからと安心していると、思わぬ流出を招く事となります。

海外だから安心だという事はありませんので注意してください。

リベンジポルノなどで動画の流出が多発している例を見ても、流出した動画をネットから完全に削除するのは困難です。

日本で稼げなくなった時に収入を維持する手段として考えておくくらいが現状のベストではないでしょうか。

なので、稼げるうちは

・エンジェルライブ(angellive)

http://www.angel-live.com/recruit/

エンジェルライブ(angellive)

・DMMライブチャット

http://www.dmm.co.jp/lp/livechat/

DMMライブチャット

などの大手企業が運営するサイトに登録して稼いでおくことをおすすめします。

このページを読んだ女性におすすめの記事

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事


Qプリ求人女性募集

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね