外国人観光客が風俗店でトラブルを起こす理由

外国の風俗事情を理解していれば外国人観光客が来店したときの注意点や何に対して喜ぶのかがわかるので接客前に要チェック

キャバクラと含む日本にある風俗店のほとんどが外国人観光客の利用が禁止されています。

これは外国人のお客さん=トラブルを起こすという認識が風俗店経営者の間で強いからだと思います。

確かに習慣も違い、言葉も通じない男性を接客するのは女性にとっても辛いはずです。

しかし、相手の国の風俗店の習慣等を理解した上で違いを説明して納得してもらえれば、外国人観光客も郷に入っては郷に従えではありませんが、日本のルールに従ってくれるはずです。

そもそも外国人から見たら日本の風俗店はかなり特殊のようで、キャバクラやイメクラなどが存在する理由がよく分からないようです。

それでもせっかく日本に観光に来たのですから風俗遊びをしたい、という男性の観光客はこれから増えるでしょう。

日本の人口が減れば必然的に風俗店を利用する日本人も減り、風俗で働く女性の収入も減ります。

かつてバブル期の日本人が海外で風俗ツアーなどを行って世界中からひんしゅくを買ったように、富裕層の中国・香港人や欧米のセレブ達が日本の高級風俗店を堂々と利用する時代が近い将来くるかもしれません。

そうなった時に接客する相手の国の風俗の習慣や仕組みを理解しておくとトラブルが予防できるかもしれません。

※国によっては宗教的な理由などで風俗が禁止されている国もあります

来日する観光客が多い国の代表的な風俗店の仕組みを解説しますので、接客に是非活かしてください。

接客時にお客さんの母国の風俗との違いなどを説明するとすんなりサービスができますし、お客さんも喜んでくれることでしょう。

まずはアジア圏の風俗事情を解説します。

※国によっては社会情勢に変化に伴う風紀粛正のためにお店が摘発されたりしますので事情が変わっている可能性がありますのでご了承ください

中国の風俗事情

お隣の中国は社会主義国家なので風俗関係に対してはかなり厳しいと思いきや、それなりにたくさんあります(けれど非合法なお店が多い)。

中でも「床屋」「理髪店」と呼ばれる髪を切る場所を装ったお店が一般的のようです。

髪を切った後ヘルスサービスをしたり、髪を切ってくれた女性をそのまま指名してホテルに連れ込んだりできるので、本番も可能です。

他にもKTV(カラオケテレビ)と呼ばれるカラオケをしながら女性をおしゃべりをする日本版キャバクラのようなものが人気のようです。

しかし、中国は国土が広く地域によっては言葉も文化も大きく違います。

中国人のお客さんに関してはあまり先入観を持たずに接した方がいいかもしれません。

地域でいうと

  • 大連(だいれん)
  • 上海
  • 東莞市(とうかんし)

などが風俗店の多い地域として有名です。

マカオは日本のソープランドと同じような「サウナ」サービスがある

カジノ事情などの成功によって一気に富裕層が増えている国がマカオです。

マカオは世界中からセレブが集まる国でもありますので、風俗も合法なのでかなり充実してします。

主流なのは「サウナ」と呼ばれる日本の健康ランドとソープランドを組み合わせたようなものです。

ゴム付きとはいえ本番ありきなので、富裕層のマカオ人も日本式の高級サウナを求めてたくさん来日する日がくるかもしれません。



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

香港の141と呼ばれるちょんの間のようなマンション

香港ではマンションすべてが風俗店になっているサービスが主流のようです。

男性がマンションの部屋を見て、好みの女性がいたらその子と遊ぶ、という仕組みです。

日本でもちょんの間では男性が実際に軒先に座っている女性を眺めて遊ぶか決めるので、ちょんの間と似ています。

もちろん本番ありなので、そこもちょんの間と一緒ですね。

ドイツはFKKクラブと呼ばれるソープランドのようなものがある

ドイツではフランクフルトにあるFKKと呼ばれるサウナクラブが有名です。

こちらも日本のソープランドと同じく「浴場」という立ち位置で、女性は浴場の従業金ではなくてお客さんです。

つまり混浴に入っていたら自由恋愛に発展してそのまま本番が発生する、という仕組みのようです。

日本のソープランドのような個室ではなくて大浴場のような場所で行為が繰り広げられるというから驚きます。

Qプリ求人女性募集

オーストラリアには株式上場している風俗店もある

オーストラリアでは売春は非合法ではありません。

もちろん未成年買春は禁止などのルールはありますが合法とされています。

驚くのは買春クラブの「デイリープラネット」というお店がオーストラリアの市場で株式を公開したことです。

現在も営業が好調かどうかはわかりませんが、このような地域に住んでいる男性と日本人の感覚は大きく異なるはずので注意が必要です。

日本で言ったら大型デリヘルグループがマザーズに上場するようなことでしょうか・・・

海外は基本的には本番ありの風俗店がほとんど

日本で風俗遊びをしたいと考えている外国人は多いと思いますが、ほとんどがヘルス系サービスのみで、本番ありのソープランドでは外国人客を断るお店が多いです。

海外では本番OKのサービスが多いので、本番がNGなことで面食らうかもしれません。

しかし、今後ソープランドが外国人観光客をOKにするようになればソープ嬢目当てに来日する人も増えるでしょう。

実際にどうなるかはわかりませんが、今のうちから準備するのに越したことはありません。

この記事を読んだ人に役立つ記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね