もしかしたら違法風俗店かもしれない!?違法風俗店に騙されないで下さい!!

風俗で仕事をしようと思っても、お店探しは案外面倒なものです。

お店選びをする上で最も注意しなければならない事、それは違法風俗店かどうかを見分けることです。

しかし、どのお店が違法風俗店で、どのお店が優良風俗店なのかは判断しにくいでしょう。

それもそのはずです。

現在、日本にある風俗店は約10,000〜15,000件あると言われています。

ちなみに、大手コンビニエンスストアのファミリーマートの日本全国店舗数が約15,000店舗あるので、街を歩けば風俗店があると言っても過言ではありません。

しかし、入れ替わり立ち替わりは激しく、この記事を読んでいる間にも潰れたりオープンしたりを繰り返しています。

また色々な求人サイトや情報サイト、ブログなどもあり、お店選びの混乱をまねいているのも確かです。

ただ今回は数多くある求人サイトや情報サイトの口コミやブログを徹底的に3ヶ月間調べ上げてまとめた確かな情報です。

是非、安心できる優良風俗店の求人探しの参考にしてください。

先に結論が気になる方はこちらで確認してください。→全国No,1シェアの風俗求人サイトはここで間違いありません。

そもそも違法風俗店とは?違法風俗店の種類と見分け方を解説!

ダメポーズの女性

そもそも違法風俗店って何?

何をもって違法なのか、そう思われている人もいるかもしれません。

今の日本においては4つのパターンに分けることができます。

また違法風俗店の悪質行為の実態が入店してから分かっても遅いのです。

では入店前に見分けるにはどうしたらいいのか。

それぞれ詳しく解説していきます。

無届け営業店

風俗店は出店の際に風営法(風営適正化法)が定めている「届出書」の提出が義務付けられています。

そして、公安委員会から届出確認書の発行をしてもらわなければ営業することができないものとされています。

デリヘルなど店舗を持たずに風俗店の営業をする場合は無店舗型性風俗特種営業届出確認書が必要です。

ソープランドの場合は店舗型性風俗特種営業確認書(1号営業)が必要です。

それ以外のピンサロなどの店舗型風俗店の場合は店舗型性風俗特種営業確認書(2号営業)が必要です。

その届出確認書を得ずに営業をしているお店は、基本的にすべて違法風俗店と思って良いでしょう。

例えば、風俗店は決められた地域でしか出店をする事が出来ません。

近くに商業施設や学校、病院などがある場所では出店が出来ません。

見分け方

届出確認書はいつでも開示できるようにする義務があるので、届出書を出し、営業が認められている風俗店なのであれば必ず届出確認書があるはずです。

基本的にはソープランドのような店舗型なら店舗の入り口に、デリヘルのような無店舗型なら事務所の入り口などにわかりやすく置いてあるはずです。

置いていないのであれば必ず見せてもらいましょう。

もし届出確認書を見せてくれない時は注意が必要です。

下記画像は無店舗型性風俗特種営業届出確認書のサンプルです。

黒線部分はお店のオーナー様の個人情報なので伏せさせていただいています。

無店舗型性風俗特殊営業届出確認書の画像

また、周りが住宅街など、風俗店が本来あるべき場所でないような場合は、届出確認書なしで出店をしている可能性があります。

18才未満在籍店

18歳未満の女の子の風俗バイトは法律で禁止されています。

これは届出確認書を持っているお店であったとしても18才未満を働かせている時点でお店は摘発の対象となり、18才未満の女の子は補導されます。

18才未満の高収入バイト情報はこちらでチェックできます。

見分け方

風俗店は本来トラブルや事件などに巻き込まれないように身分証などの提出を義務化させています。

入店の際に身分証などの提示を求められなかった場合は、18才未満の女の子を働かせている可能性があるので十分に注意が必要です。

また、従業員に対しては身分を確認する義務があります。

それを怠るのは違法風俗店である可能性が高いです。

すでに入店してしまっている場合は、怪しそうな女の子とコミュニケーションを取ってみましょう。

会話の流れで年齢の特定は出来るはずです。

本番行為・売春斡旋店(売春防止法違反)

DC、本デリなどという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

これらはすべて違法行為であり、場合によっては警察に検挙される可能性があります。

日本の法律では、本番行為が黙認されているのはソープランドだけとなっています。

ソープランド以外での本番行為は確実に違法行為であり、悪く言うと売春を斡旋している事となります。

入店したお店がヘルス以上のサービス提供を女性にさせたとなると、それは犯罪になってしまいますし、女性もその行為に加担していた事になります。

遅かれ早かれ行政の手が入る可能性がありますので、その様な店では働かない方が良いでしょう。

また、店側が禁止していたとしても、個人で交渉し本番行為をする人もいます。

これらも同じく違法であり、その行為が見つかるとお店や男性客に迷惑をかける事となります。

本番行為をして稼ぎたいのであればソープランドを選ぶべきですし、それ以外であれば本番行為は絶対に行わない様にしましょう。

違法風俗店は本番アリの店がほとんどです。

ソープランドの詳しい仕事内容はこちらでチェックしてください。

見分け方

「ソープランドでは無いけど本番行為」がある、という説明がされた場合は完全にNGです。

中には、プレイ中に恋に落ちた(自由恋愛)、と言う言い逃れをする店もあるそうですが、ソープランド以外での本番行為の取り締まりは年々厳しくなっています。

面接の際に「お客さんから本番行為を求められたらどうしたらいいですか?」と聞いてみてください。

その時に「絶対に断ってください。違法行為となって処罰対象になります。」と言われたらそのお店は間違いなく優良店でしょう。

しかし、もし「あなたさえ良ければ、その場の雰囲気で臨機応変に対応してください。」と言われたら女の子の本番行為を黙認している違法風俗店と思ってよいでしょう。

外国人の不法労働店

就労ビザなしに外国籍の人は働くことはできません。

「短期滞在」「留学」を目的として来日している人が風俗で働くと処罰対象になります。

摘発例も多い違法風俗店です。

しかし、しっかりと就労ビザを所得したり、日本国籍を取ってしまったりと違反なく営業している外国人専門店ももちろんあります。

見分け方

外国人がいる店舗は基本「専門店」がほとんどなので、外国人のお店で日本人が働くことはまずないでしょう。

見分け方は難しいので外国人のキャストがいるお店では働かないのが一番です。

違法風俗店の見分け方〜番外編〜

自分が働こうと思っているお店の「男性目線の口コミ」も参考にするといいでしょう。

高い料金を取られた、悪質な客引きにあったなど違法店判断ができ、参考になる口コミが多くあります。

男性が良いとするお店は女性からしても優良店と考えてもいいかもしれません。

また違法店の場合、求人雑誌や求人サイトへ広告を出す事が難しかったり、求人広告を出す事自体が出来ない事があります。

自身の働いているお店が求人広告を出しているかどうか、調べてみると良いでしょう。

求人広告が出せない場合、スカウト(キャッチ)による求人に頼らざるを得ません。

スカウト(キャッチ)も合法なお店を紹介している場合もありますので、一概に悪く言う事は出来ませんが、キャッチでお店を進められた場合は一度自身でそのお店を調べてみると良いでしょう。

また、給料の面でもその地域の相場から大きく離れた金額を提示された場合は疑った方が良いでしょう。

高級店ではないのに高級店並みの時給、バックを提示された場合、その金額に目がくらみ話に乗ってしまいがちですが、それが相手の狙いです。

その地域の平均的な時給などの下調べが重要です。

優良風俗店の探し方

ここまで違法風俗店のパターンと見分け方をお伝えしましたが、ここからは優良風俗店で働くにはどうしたらよいかをお伝えします。

違法でも稼げれば良い、と思っている人もいるかもしれませんが、風俗の取り締まりは年々厳しくなっています。

この先さらに厳しくなる事が予想されますし、逆に優良風俗店、届出確認書を発行してもらっている店舗との給与の差も大きくはありません。

相対的にメリットは優良店にあると思ってもらって間違いないでしょう。

優良風俗店、届出確認書を発行してもらっている店舗は風俗求人サイトを利用している事がほとんどです。

風俗求人サイトは届出確認書を持っている店舗しか掲載することができない仕組みになっています。

それは求人サイトに登録掲載する際に届出確認書のコピーの提出が義務付けられているからです。

すなわち、届出確認書を持っていない店舗は風俗求人サイトに掲載することができないということです。

ではどのように人材を集めているのか?

街頭でのスカウト(キャッチ)や掲示板、LINEやTwitterなどのSNSなどで「稼げるバイトがある」などと勧誘をしているのです。

全てが悪いわけではないですが、実際にそれらの勧誘を受けて仕事を始めた人のトラブルが多いのも事実です。

また求人サイトを介して入店すると、多くの場合がお祝い金など高額バックを設定しています。

お祝い金や面接時の交通費支給特典、高額バックの詳細はこちらで確認できます。

これらはスカウト(キャッチ)などを介して入店すると受け取る事が出来ませんので、少しでもお金を多く貰いたいのであれば求人サイトを利用すると良いでしょう。

スカウト型求人サイトであれば、自身が求める条件を入力するだけでお店側からスカウトのメールが来ます。

お店を探す手間が省けますので忙しい方にお勧めです。

全国の優良風俗店の詳細はこちらでも確認できます。

最後に風俗店選びに迷っているあなたへメッセージ

「違法って言っても、バレなければ大丈夫」は非常に危険です。

働くお店選びは自分の身を守るためにも大変重要です。

スカウト(キャッチ)や掲示板・SNS等ではなく、求人サイトを利用することが違法風俗店に騙されない一番の方法だとご理解いただけたと思います。

今回の統計データには自信があります。

数ある求人サイトでオススメできるのは3つです。

「全国No,1シェアの求人サイトQプリ」

「多くのジャンルの求人掲載を誇る365日マネー女子宣言」

「関東圏の優良風俗店の掲載が豊富なミミロケ」

この3つで間違いないでしょう。

すべてチェックして自分にあったお店を探してください。

これらの求人サイトはあらゆる年齢、体型、ルックスなど網羅しています。

きっと働きやすく、高収入を得られる素晴らしいお店に出会えるはずです。

この記事を読んでくれた人にオススメの関連記事

今回の「違法風俗店と優良風俗店の見分け方」以外にも知っておくべき情報は他にもあります。

各ポイントさえ抑えれば風俗嬢ハッピーライフの効果は絶大です。

シングルマザーや風俗バイトの種類を知りたい方にオススメ記事

 

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね