1. キャバ嬢・ガールズバーなどの給料関連情報まとめ

意外と細かく分かれているキャバ嬢やセクキャバ嬢の給料の仕組み・給与体系のまとめ

最終更新日:2017年06月08日

キャバクラ、ガールズバー、ラウンジ、セクキャバなどに共通する給料体系

キャバクラガールズバーラウンジセクキャバはすべて女性キャスト(キャバ嬢など、店内で主役として働く女性のこと)が来店した男性客を接客する仕組みのアルバイトです。

さらに、カンパイ系と呼ばれるだけあってすべての仕事でお酒が絡んできます。

これらの夜のお仕事が未経験の女性にとっては時給、同伴、指名などの仕組みわかりづらいと思うので簡単にお金に関するものをまとめました。

働く前の未経験女性や働きはじめの初心者女性は仕事の参考にしてください。

※地域やお店によって給料の仕組みなどが異なるのであくまでも参考程度が良いと思います。

売上げ・時給に関係する項目のまとめ

同伴料・同伴手当(同伴ボーナスとも呼びます)

親しいお客さんと出勤前にデートや食事をして、そのまま一緒にキャバクラなどのお店に出勤することを「同伴(どうはん)」と呼びます。

同伴して出勤すれば同伴料が給料に追加されますので、給料が増えます。

お客さんが支払う同伴料はだいたい3,000円〜5,000円で、そのうちの何割がキャストの収入になるかはお店によります(女性の給料に反映される率を「バック率」と呼びます)。

ただ、同伴して出勤した場合は同伴料と指名料も併せて受け取れるというメリットがあります。

高めの食事を奢ってもらえる確率も高いので、同伴は金銭面では大きなメリットがあります。

とはいえ月間の同伴出勤の回数などをノルマとして設定しているキャバクラ店がけっこうありますので、ノルマ達成の為の同伴は心理的にもけっこうしんどいです。

特に高級キャバクラに勤務したいと考えているなら面接時にノルマについて確認した方が良いでしょう。

本指名料(指名バック式)

男性が入店時に同席するキャバ嬢を指名することを「本指名(ほんしめい)」と呼びます。

男性客はキャバクラ店に追加で3,000円前後を支払います。

キャバクラは高級クラブのような永久指名制では無いので、来店の度に別の女性を指名する男性もいます。

本指名してくれる男性客を増やすことが人気キャバ嬢への近道になります。

場内指名料

男性が入店時ではなく、店内で時間を過ごしてからキャバ嬢を指名することを「場内指名(じょうないしめい)」と呼びます。

他にもたまたま席についた女性に交代しないでずっと側についているようお願いすることも場内指名となります。

場内指名でついたお客さんが次に来店した時に本指名をもらう、というのはかなり良い循環ですので場内指名をもらったら接客的に営業してください。

ドリンクバック

キャストの女性が同席した男性に許可をもらい、1杯お酒を飲むごとに数百円がドリンクバックとして給料に追加される仕組みです。当然お酒が強ければ1日の営業時間内にたくさんのお酒を飲むことができるので有利です。

カンパイ系の中でも比較的時給の安いガールズバーでそれなりに稼ごうと考えるならドリンクバックで頑張るのが近道となります。

ただし、お酒が飲めないキャストのためにスタッフがお酒の濃さなどを工夫してくれることもあるので、下戸の女性やお酒が弱い女性は事前にスタッフと相談しておきましょう。お酒に見える様なノンアルコールの飲み物を出してもらうこともできます。

ドリンクバック欲しさに飲み過ぎて急性アルコール中毒になるなどしたらお店だけでお客さんにも大きな迷惑をかけてしまうので、お酒の量はしっかり管理しましょう。

ボトルバック

ボトルバックは席に入れたボトルの金額の20%程度がお給料に反映されますので影響力大です。

高級ウィスキーやシャンパンなどをボトルで入れると数千円が給料の追加される可能性もあります。

お金を持っていそうな男性ならすんなりとボトルを入れてくれる可能性が高いです。

アフター

同伴と同じくアフター料というのがあると勘違いしている女性がいるかもしれませんが、アフターはあくまでもお客さんとキャストの自由恋愛という位置づけなのでアフター料という名目でお金は取れません。よってキャストの収入には反映されません。

キャストにとっては何もメリットが無いように感じるかもしれませんが、次の同伴や指名につなげるための方法として上手にアフターを使う女性もいます。

同伴とは違い、アフターをノルマとして設定しているキャバクラはまずありません。アフターをノルマとして設定しているキャバクラがあったらかなり悪質なお店だと判断してよいでしょう。

アフターで体の関係や愛人契約を求められたりもしますが、継続して指名をしてもらうには断るしかありません。

これらのお願いを上手にあしらって次の指名につなげるのも人気キャバ嬢のテクニックです。

時給・給料の仕組みまとめ

ポイントスライド時給制

ポイントスライド時給制とは本指名や同伴の数をポイント化して、ポイントが増えれば増えるほど基本時給が高くなる仕組みです。

わかりやすい例だと

このように本指名や同伴出勤の回数が増えるとスライド式に時給が上がるのでポイントスライド時給制と呼ばれています。

スライド式を採用しているお店に勤務する場合は毎月給料が変動するので、収入が安定しないというデメリットがあります。

売り上げスライド時給制

売上げを増やすことによって時給のランクが上がっていく仕組みです。

ポイントスライド時給制との違いはわかりやすく売り上げた金額が増えるにつれてスライド式に時給が上がっていく点です。

俗にいうお店の「ナンバー1」や「ナンバー2」などは売上げの成績でランク付けされることが多いです。

売上バック式

売上の何パーセントかを時給とは別に追加して給料に反映してもらう仕組み。完全歩合制なので頑張るモチベーションが上がります。

ただ、結果を出さないと給料がゼロなので実力に自信がある経験者向けです。

完全売り上げバック制(フルコミッション制)

基本給がゼロで、売上の半分程度が自分の給料になる仕組みです。自分の実力に自信がある女性以外にとっては胃が痛くなる仕組みです。

ハイリスクハイリターンなので、太客が入ればとんでもない額の時給になる可能性も理屈上はあります。

最も一般的なのはポイントスライド式+売上げバック

キャバクラで最も一般的な給料の仕組みは「ポイントスライド時給制」と「売上げバック式」を組み合わせた仕組みです。

なので、キャバ嬢は本指名と同伴の回数を増やせば増やす程時給は上がり、指名してくれた自分のお客さんの売上げが大きければ大きい程売上げバックが増えます。

基本給もそれなりに高くて、さらに結果を出せばとてもわかりやすく給料が増えていきます。

雑費などとして引かれる(控除される)お金のまとめ

その他罰金として引かれる可能性があるお金のまとめ

お酒が飲めて社交的で、努力家の女性に向いている仕事です

キャバクラ、ガールズバー、ラウンジ、セクキャバなどナイト系、水商売と呼ばれる仕事はたくさんあります。

これらの仕事に共通するのは

という事です。

お酒が飲めれば自分にもドリンクバックが入りますし、上手に接客出来れば指名が増える確率が高くなります。

さらに、特にキャバ嬢は結果を出せば出すほど収入が増えるような仕組みを導入していますし、ノルマや同僚キャバ嬢と競わせるような仕組みを上手に導入しています。

普通の会社と比べたら圧倒的に実力主義です。年功序列は全く通用しませんし、過去の実績もそこまで重要視されません。

このような環境ですので、他人を蹴落としていいから昇りつめたいと思うような向上心を持つ野心のある女性や、そのためならどんな勉強もできるという努力家の女性にはとても向いている仕事です。

逆に年功序列が好きだ、性格的に地道に働くのが合っている、という人は興味本位でこの世界に入ってしまうと大変な思いをするでしょうからおすすめできません。

ナイト系・カンパイ系のバイトに興味がある女性はhanahina(ハナヒナ)で仕事を探して下さい。

ガールズバーから高級クラブのホステスまで、カンパイ系のバイト情報が充実しています。

あまり求人情報サイトでは募集されないラウンジ嬢や高級クラブのホステスの求人情報が掲載されている貴重なサイトでもあります。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ広告