姫予約(ひめよやく)を受け付けるメリットとデメリット

姫予約は上手に使えば女性にもお金の面でメリットがありますので安全に使いましょう



Qプリ保証なら1日体入だけでお祝い金1万円☆面接交通費も2000円!

姫予約とはどんな意味?

「姫予約(ひめよやく)」とは風俗店で働いている女性(風俗嬢)がお店を介さずに男性客から指名の予約を直接受け付けることです。

言葉のイメージからも、女性が主体であることは感じ取ることが出来るでしょう。

連絡方法は女性のプライベート用の携帯・スマホや営業用の携帯・スマホを使って行われます。

ブログやTwitterなどをやっている女性ならそっちの方にメッセージを受け取るという方法もありますが、携帯を使う人の方が多いと思います。

もちろんお店を仲介せずに個人的に性的サービスを提供するのではなく、女性が男性客から日時の予約の連絡を受け取ったらその日時をそのまま勤務先の風俗店に伝えて予約をとってもらいます。

ただ男性がお店にしていた予約の連絡が指名する女性の方に行くだけですね。

デリヘルなどのヘルス系では姫予約はそれほど多くありませんが、ソープ嬢などの場合姫予約は割と一般的です。

名刺を作ってLINEのIDやメアドを入れるのは姫予約のためでもあるのです。

※姫予約ではなくて普通の男性がお店に電話したりホームページから予約することを「店予約」と呼びます

営業用でも個人の連絡先は信用できる人だけに教えないと危険

姫予約の連絡は男性から

  • 電話
  • 携帯のメールアドレス
  • LINE等の無料通話アプリ
  • (ブログを書いているなら)ブログからのメッセージ

などで受け取ります。

最近はスマホを使う人が多いのでLINE等で姫予約を受け付ける女性がほとんどです。

営業用のものであれ個人用であれ電話番号やメールアドレスを頻繁に変えると周囲に迷惑がかかります。

その点LINE等の無料通話アプリならLINE以外にも

  • カカオトーク
  • viver

など、似たような機能の通話アプリはたくさんありますし、ID変更も割と気軽にできます。

もちろん人として信頼できそうにない人に連絡先を教えるのはNGですが、良いお客さんが何かをきっかけに人格が一変するということもありますのでできればすぐに変更できる営業用の携帯電話を一台持っておくと安全性が高くなります。

通話無しでネットに特化したプランなどで契約すればスマホでも毎月の通信費は安くなります。

人によっては、四六時中連絡をしてくる人もいます。プライベートと同じケータイだと、頻繁な連絡がきっかけで風俗バレの危険も出てきます。
店用のケータイを準備すれば、出勤の時以外は持ち歩く必要も無いので、ケータイからの風俗バレを防ぐことも出来ます。

姫予約のメリット

姫予約メリット】特別指名料のバックをくれるお店がある

お店次第ですが姫予約で予約を受け付けて、その男性を接客したら姫予約バックとして普通の本指名バックより多い金額のバック料をくれます。

さらに、勤務先のホームページでは確認できないような先まで姫予約は受け付けることができるので(もちろん女性のスケジュール次第ですが)、極端な例を出せば超人気嬢なら数ヶ月先まで予約でいっぱいにすることもできます。

どの風俗店でもお店のホームページだと1週間程度先までしか出勤スケジュールを掲載していません。

例えば数ヶ月に1回くらいの頻度で馴染みのソープ嬢がいる地域に出張するサラリーマンなどにとっては姫予約はかなり先の予約をとる有効的な手段になります。

【姫予約メリット】お客さんと仲良くなれる

風俗店なので枕営業とは違いますが、男性の中には

「自分は嬢に対して姫予約ができる=特別扱いされている」

と勘違いする人もいます。

もちろん安全な人だと見極めてから姫予約をOKしているので100%勘違いという訳ではありませんが、こうなると男性も女性に対する好感度が高くなりますので指名の数が増える可能性があります。

さらに、プロの風俗嬢としてはあまりよろしくないことですがお店を移籍した時に姫予約をしてくれていたお客さんをそのまま引っ張りやすくなります。

ライバル店に移籍したり、属している風俗業界的にNGなことはしてもメリットにはなりませんので、このあたりはお店の風習等も確認してください。

姫予約のデメリット

【姫予約デメリット】予約のキャンセルは女性の責任

姫予約を入れてもし直前でお客さんが予約をキャンセルした場合は受け付けた女性側にも責任があるとみなされます。

姫予約をキャンセルされたら罰金などのペナルティを科すお店は無いと思いますが、当日や直前のキャンセルはお店の営業的に結構大きな打撃を与えます。

特にロングコースなどの直前キャンセルは、お店側にも女性側にも大きなダメージとなります。
人気嬢であればあるほど当日のキャンセルはよろしくないです。

どうしようもない事情でキャンセルせざるをえないことは絶対にありますが、できる限りでキャンセルしそうにない人だけ姫予約をOKにしたり、事前に姫予約の場合はキャンセルは絶対にしないようにお願いだけでもしておきましょう。

※あくまでも「お願い」だけです、「強制」はできませんし、あまりにも念を押すと相手にもプレッシャーを与えることになりますので指名が減るなど悪影響がでます

※またテクニックとしては前日などに「楽しみにしています」「お待ちしています」などの連絡をすると事前キャンセルなどのトラブルを起こしにくくなると言われています。

【姫予約デメリット】頻繁に予約以外の連絡してくるお客さんがいたら面倒なことに

姫予約の連絡のために連絡先を教えたのにデートの誘いやお店の外でのサービスをお願いしてくる人もいます。

お客さんなのでむげにはできませんが、度を超えてきたら「お店のルールだから」としっかり断りましょう。
お店から怒られる、ペナルティを取られるなど言うと、引き下がる人が多いようです。

LINE等ならブロックも簡単にできます。

あくまでもお客さんと風俗嬢という立場は絶対に守ったほうが良くて、個人的な肉体関係や恋愛関係になるとかなり厄介です。

店外で肉体関係を持つようになると、まずそのお客さんは店に来ることは無くなります。
愛人契約などなら別ですが、一度くらい…と思うと大事なお客さんを失う事になりますので注意して下さい。

キャバ嬢のように積極的に営業しつつ体は絶対に守る(つまりお店の外では何もさせない)というのはなかなか難しいですが、もしこれができるようになれば予約が少ない時期などを無くすことができます。

自分から営業するとお客さんはさらに勘違いしてしつこく誘ってくる確率が高くなりますので、営業活動のメリットとデメリットを判断して行ってください。

ただし、一方的に関係を閉ざすと、思わぬトラブルになる可能性もありますので、そのあたりは十分に注意が必要です。

姫予約で自分の営業成績につなげましょう

独自の風習である姫予約について解説しましたが、まとめると

  • 上手に使えば指名やバックが増えて女性のお給料がアップする
  • 上手にお客さんをあしらえない場合はつきまとわれたりする

ということになります。

女性の仕事のスタイルや性格によって姫予約を受け付けることがメリットになるのかデメリットになるのかバラバラですので、慎重に判断してください。

もちろんOKにする場合もお店のスタッフや先輩女性に姫予約を受け付けていいのかどうか、受け付ける際のお店のルール(予約の連絡方法等)をしっかり確認して姫予約を受け付けてください。

出会い系サイトやアプリで営業して姫予約をもらうことも可能

現在は風俗店が増えたり草食系男子が増えた影響で、昔と違って風俗嬢というだけで確実にお金が稼げる時代でありません。

時には自分から積極的に営業活動をすることも大事です。
お店も写メ日記など、お客さんとのコミュニケーションの場を設けている事がほとんどなので、それらをうまく活用してください。

一度来店してくれた男性に対して営業することや、ブログを使って自分をアピールすることも大事です。

これらの方法とは全く別で、出会い系サイトやアプリを使って自発的に営業活動をする方法もあります。

営業といってもあからさまなお店の宣伝活動等は禁止されていますので、日記を書いたり掲示板に投稿したりしてSNS的に出会い系を使い、その流れで男性と仲良くなったらお店にこないかと勧誘する方法です。

男性側も多少警戒している可能性がありますので、自撮りの写メなどを公開すると警戒感をやわらげることができます。

営業活動用としておすすめなのは

・ハッピーメール

http://happymail.co.jp/

です。

営業といっても男性数がとても多い出会い系なので、中には素敵な男性もいます。

真剣な恋愛に発展させたいと思ったら出会いの場として利用することももちろん可能です。というかそちらが正しい利用方法なので、良い男性がいたら積極的に声をかけましょう。

基本的には女性がとてもモテるサイトです。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね