1. ネットワークビジネス・マルチ商法のディストリビューター

女性だから出会い系アプリや婚活パーティーなどの出席すれば勧誘がしやすいけれど実際はなかなか難しい仕事

最終更新日:2016年12月22日

ネットワークビジネス・マルチ商法とは?

日本に住んでいる若い人ならこれらの言葉を聞くとすべて「胡散臭い」「怪しい」という風に感じると思います。

違法な商売、という風な印象を持っている人もいるでしょう。

しかし、意外なことに「ネットワークビジネス」「マルチ商法」「MLM」は特定商取引法によって「連鎖販売取引」に指定されており、違法ではありません。

違法ではありませんが、その代わりに勧誘の方法、解約方法などについてかなり細かく規制が入っています。

規制内容は消費者庁が運営する「特定商取引法ガイド」で具体的な内容を確認できます。

・特定商取引法ガイド

http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204009.html

ポイントとなるのは

という部分です。

企業では

などが大手とされており、CMなどで商品の認知度を高めているので有名です。

ねずみ講は違法な販売方法

ネットワークビジネス・マルチ商法と「ねずみ講」は実は仕組みが異なります。

ねずみ講は

という特徴があります。

つまり権利などを商材として、会員が会員を呼ぶような仕組みでねずみ講主催者が儲ける違法なビジネスです。

投資詐欺などでよく使われ、大規模な詐欺であれば被害者の告発によって主催者が逮捕されたりしています。テレビのニュースなどでもたまに流れます。

ネットワークビジネス・マルチ商法はディストリビューターを増やして儲ける仕組み

ネットワークビジネスやマルチ商法は「ディストリビューター」と呼ばれる販売員にあたる会員を増やし、売り上げを拡大させる仕組みになっています。

つまり一般の企業活動における広告宣伝と販売をディストリビューターにまかせる手法を取っています。

これ自体は先ほども述べたように違法ではありません。

倫理上の問題や、実際に起きているトラブルなどについてはこのページでは取り上げません。

詳しくはネットで口コミなどを検索してください。

このページでは女性がディストリビューターとして誘われたり、実際に活動をはじめた時に注意してほしいことをまとめます。

ネットワークビジネス・マルチ商法は女性向き?

ネットワークビジネスと呼ばれるだけあって、ネットワークビジネスをする人はたくさんの人と会って勧誘しなくてはいけません。

特に法律や社会的な知識・経験が無い若い人に接することができる人は有利です。

ある程度若い女性の場合は、出会おうと思えば男性との出会いの場が無数にあります。

まず、リアルな世界だと

などに女性が出席すれば男性は自然と寄ってきて話しかけてきます。

飛んで火にいる夏の虫というやつですね。

商品を販売できるかどうかはともかくメアドやLINEのID交換くらいはとても簡単です。

ネットの世界でも女性が売り手市場になります。

どの場所でも女性がいればたくさんの男性からメールが来たりします。

出会い系サイトやアプリは女性が完全無料で利用できる仕組みのものが多く、活動もしいやすいです。

ですが、このような女性ならではの特性を活かして稼げるか、となるとまた別の話です。

ディストリビューターを増やそうとしている人に勧誘された時には「若い女性なら簡単に稼げる」「あなたは美人だからすぐに売り上げを作れる」などという風に勧誘された時は注意が必要です。

法律を理解していないと違法な勧誘をしてしまう可能性がある

特定商取引法で厳しく規制されていることを説明しましたが、リンク先のページでもわかるように非常に細かく表現について規制されています。

話す内容も注意しないと規制に抵触してしまうでしょう。

実際ほとんどのディストリビューターが細かい規制の内容などは理解しておらず、強引に知人や家族を勧誘していると言われています。

当然法律に違反する行為なので、強引な勧誘方法などを録音されて証拠として民事で訴えられたら、裁判に負ける可能性は高いです。

ディストリビューターはディストリビューターによって勧誘されます。

勧誘するディストリビューターはメリットについては詳しく説明してくれてもデメリットについては詳しく説明してくれません。

というはそのディストリビューターもよく理解していないし、誰も教えてくれないからです。

一種のマインドコントロール的な手法がよく用いられますので、それに巻き込まれると相手の意のままに動いてしまう恐れがあります。

どんなに条件の良い勧誘でも一回自分の頭で冷静に考えたい、被害者のブログやネットの口コミをしっかり調べましょう。

副業・内職が流行しているけどすべてが儲かる訳がない

これからは年金が破綻して、日本に住む若者が減るだろうという危機感からかテレビや雑誌で副業・内職を推奨したりしているのが目立ちます。

実際に副業をしっかり成立させている人も割合で言えば僅かだと思いますがいるようです。

しかし、過去に流行した

などのブームになった副業のその後を調べると、結果的には儲けた人はごくわずかだったということがわかります。

ネットワークビジネスに関してはそれなりに歴史がある仕事ですが、風俗系のバイトのように女性がリスクを負って高収入を得る仕事とは全くの別物です。

意識高い系のセミナーなどでの独立起業の勧誘は特に注意

ネットワークビジネスの勧誘は様々な場所で行われます。

特に意識高い系の起業に興味がある人が集まるようなセミナーは危ないです。

甘い言葉にそそのかされて今働いている仕事を退職して、ネットワークビジネスで起業などしようものならかなりの高確率で失敗するでしょう。

とにかくリスクを確認しないと大変なことになります。

ネットワークビジネスでリスクをしっかり教えてくれない人のことは信用してはいけません。

明らかに自分の利益のために騙そうとしている人か、本当に知識が無いのかのどちらかです。

情報商材もマルチビジネスと似たような仕組み

情報商材の中にはネットワークビジネスと似たような連鎖的に人が儲ける仕組みになっているものがあるようです。

そのような仕組みで一時的に儲ける人もいますが、結果的には大抵の人が損をします。

実際に情報商材の詐欺被害に遭う人の多さはかなり深刻で、いつどんな規制が入ってもおかしくありません。

詳しい被害などについてはネット等で探してください。

「情報商材 被害」「情報商材 詐欺」などの言葉で検索すれば読み切れないほど膨大な数のブログが見つかるはずです。

ネットワークビジネスの体験談・口コミ

新規体験談・口コミを投稿する

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人に役立つ記事

Qプリ求人女性募集