1. 風俗店で働いて借金を早期返済する方法

ソープランドやデリヘルにあるバンス制度(給料前借り)を使って自己破産する前に借金を完済する方法

最終更新日:2017年06月08日

破産する前に早めに風俗店に相談すれば助けてくれる仕組みがあります

買い物・ギャンブル依存症や、カード地獄で多額の借金(債務)を抱え、返済できずに自己破産するしかないと考える女性は今も昔もたくさんいます。

自己破産自体はけっこう簡単にできてしまいます。

しかし、一度自己破産すると資産になりそうなもの(家具、高級バッグや服などの服飾品、車など)はすべて差し押さえられます。

さらに個人として信用に欠けているということで住宅ローンや車のローンを組む事がむこう10年くらいできなくなります。

もし自己破産したことを隠して男性と交際や結婚した場合、もし相手の男性が信用調査などをした場合自己破産したことがすぐにわかりトラブルになる恐れがあります。

このように借金をチャラにする方法として自己破産はひとつの有効的な手段ではあるのですが、将来に渡ってずっと人生についてまわる決断でもあるのです。

自己破産を考える前に、風俗店などの高収入系の仕事で返済を考える方が現実的にはメリットがあります(もちろんデメリットもあります)。

というのも、風俗店で働く女性は借金・家出・DVなど、それぞれ深い事情があって働いている人の割合が一般の会社員より多いです。

それを風俗店の経営者や店長・スタッフも理解しているので、そのような訳ありの女性のために少しでも早く普通の生活に戻れるよう様々な制度・仕組みを用意してくれています。

ソープランドやデリヘルのバンス制度(給料前借り)の仕組みを使う

超高時給の夜のアルバイトといえばソープランドが有名です。

ソープランドデリヘルのような風俗業界の中でも高時給に位置する職場では、女性のための給料前借り制度が用意されています。

この給料前借り制度のことは「バンス制度」と呼びます。

※バンス制度の詳しい仕組みはリンク先で確認してください

基本的に消費者金融や闇金から借金をした場合は、借入日から利子・利息が発生して、期間が長びけば長びくほど元本+利息の金額は膨らみます。

膨らむ利息を止めるため、風俗店が用意してくれるのがバンス制度です。

バンス制度は端的に表現すれば

「キャストの風俗嬢に対する、風俗店からの利息の無い融資」

ということになります。なので女性はお店から無利息の借金をすることができます。

バンス=給料の前借りですが、事実だけを見ると融資に近いと言えます。

お店からもらった無利息の借金を、消費者金融などから借りた利息付きの借金の返済に充てる事で借金の返済がかなり楽になるはずです。

バンス制度でもらった分のお金で完済とはいかなくても、元本を減らすことができれば借金返済への道が以前より明確に見えてくるのではないでしょうか。

ただ、バンス制度はどんな風俗店でも用意してくれている訳ではありません。それでも、訳ありの女性が多く働くソープやデリヘル店であれば用意してくれている可能性が高いです(ソープランドはほぼ用意してくれています)。

バンス制度を使って借りれるお金の金額はお店の規模や女性の年齢・スタイル・容姿・経験によってバラバラですので、お店に相談してみてください。

・365日マネー女子宣言

http://365money.jp/

なら待遇を「バンス制度あり」で絞ることによってバンス制度があるお店を見つけることができます。

ソープやデリヘルなどのハード系バイト以外でもバンスができるお店はありますので、じっくり信頼できるお店を探して下さい。

早く完済したいならソープランドでソープ嬢として働くのが最短の道

お店のナンバーワンになるようなキャバ嬢なら月収数百万も狙えますが、普通の風俗嬢は月収数十万が平均的です。

そんな中ではソープランドで働く女性の給料が抜きん出ています。

それは男性の利用料金がデリヘルやイメクラと比べると1.5倍〜数倍の値段だからです。

だいたい男性の利用料金の60%前後が女性の給料として日払い現金で仕事終わりに受け取れます。ただ、バンス制度を利用した女性は給料の中からバンス制度で借りたお金の返済分を差し引かれたお金を受け取ることになります。

もちろんお店に完済したらすべての金額を給料として受け取ることができます。

1.5倍〜数倍とかなり幅を持たせた表現をしましたが、これはソープランドのランクによるものです。

超高級店(芸能人、モデルクラスの女性が働くお店。全国から男性が集まります)から格安店(1時間30,000円くらいで男性が利用できるお店)まで、かなり利用料金に差があります。

超高級店では一人の男性を相手すれば10万円近くをもらえることもあります。

これに対して格安店では一人の男性を相手して15,000円〜20,000円ほどの給料になります。

もちろん超高級店で働けた方がいいに決まっています。

しかし面接などの採用基準がかなり厳しいので、応募しても余程容姿に自信がある女性でないと落ちます。

落ちても前向きに別にお店をどんどん受けましょう。

ソープランドで働けるのは基本的に20歳以上の女性です。

ただ、ソープランドの仕組み上仕方が無いのですが、ソープランドがある地域は日本全国にそれほど多くありません。

・高収入ドットコム

http://www.kosyunyu.com/

でソープランドの仕事を探せばわかりますが、

という限られた地域に集中しています。

では、これらの地域の近くに住んでいないとソープ嬢になれないかというとそんなことはありません。

出稼ぎにくる女性を受け入れてくれる体制がソープランドには整っています。

出稼ぎソープ嬢のために用意されている仕組み・もの

遠くから出稼ぎにくる女性のために住む家や、移動するための交通費などが用意されています。

寮は女性が家賃の半分程度を負担するだけで良いところがほとんどです。

なので、極端な話自分の体ひとつで出稼ぎすることができます。

18歳〜19歳は札幌すすきののソープなら働けます

先ほどソープランドは20歳以上でないと働けないと書きましたが、例外的に札幌すすきのにあるソープ街だけは18歳・19歳でも働く事ができます。

札幌は日本最大クラスの風俗街ですのでお客さんの数が特に夏はとても多いです。夏だけに限定して出稼ぎするのもおすすめです。

出稼ぎを希望する女性に対してはお店側も

などで対応してくれるので、面接で費用はかからないことが多いです。

また、住むための寮をお店に近くに用意してくれたり、移動するための飛行機や新幹線代を補助してくれたりもします。

このあたりの具体的な条件はお店ごとで違いますのでしっかり相談おきましょう。

大事なことなので電話等では無く文章が残るメールでやりとりすることをおすすめします。

性病の治療期間や休みの日はライブチャットのチャットレディとして稼ぐ

ソープランドで働くことは良い事ばかりではありません。

不特定多数の男性と性交渉するので性病に感染する確率はそれなりに高いです。

NS嬢と呼ばれるコンドームを付けないで接客する女性だとゴム着店勤務より性病に感染する頻度が高くなります(避妊はピルやペッサリーを使います)。

そのリスクの代わりにNS嬢は高い給料をもらえます。

お店でも月に1回くらいのペースで性病検査を受けさせてくれますが、性病に感染したら治療して完治するまで出勤できません。

つまり治療期間は収入が無くなってしまいます。

収入ゼロはあまりにも辛いので、その間はチャットレディとして働くのが良いでしょう。

チャットレディなら自宅から好きな時間に働く事ができます。しかも男性から触られることは絶対にありませんので、性病のことは気にしないで仕事ができます。

エロ系NGのチャットよりエロ系OKのチャットの方が稼げます。

パーティーチャットという同時に複数の男性とチャットできる仕組みを導入しているサイトで働けば、1時間で数万円稼ぐ事も可能です。

性病感染時のリスクヘッジとしてチャットレディとしても収入が得れるようにしておけば、借金完済はかなり近くなるのではないでしょうか。

直接契約ではなく通勤のチャットレディの求人なら先ほど紹介した高収入ドットコムや365日マネー女子宣言にありますので、積極的に応募してください。

直接契約して仲介手数料を抜かれずに稼ぎたいなら

・crea(クレア)

http://crea-tv.jp/

・ガールズチャット(girlschat)

http://job.girls-chat.tv/

に登録してください。

スマホ一台あればすぐに仕事を開始できますし、最大時給はどちらも7,000円を超えます。

債務整理(任意整理・過払い金請求)はしっかり行う

借金をしても、相手が違法な利率を要求・設定したり、督促してくれば法的に債務を減らしたり、返済したお金を返してもらえます。

ただし個人では難しいので司法書士などを通して債務を整理します。

債務整理で司法書士に依頼するのおはお金がかかりますが、だいたいが成果報酬型といって返還されたお金から何割かを報酬として支払う仕組みを導入していますので、財産はマイナスになったりはしません。

相談は無料で受け付けている司法書士が多いので債務整理を全然していない場合はまず債務を整理して返済すべき金額を明確にしましょう。

法律的に適正な返済額が決定したらバンスなどを利用してさらに元本を減らして、最終的に完済する、というのが順序として最も理想的です。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Qプリ広告