裏風俗バイト求人の仕事内容とどんな危険があるかのまとめ

仕事としてはかなり危険な裏風俗のアルバイト。

募集方法も求人情報サイトを使うのではなく稼げる系情報掲示板やLINEを使った出会い系アプリなどで女性を募集しています。

裏風俗とはどんなアルバイト?

裏風俗は闇風俗とも呼ばれ、すべて非合法の風俗的内容のアルバイトのことです。

日本国内の法律で禁止されている行為を含むので、裏風俗を管理している店長やオーナーだけでなく勤務している女性も警察に逮捕される可能性があります。

裏風俗と呼ばれるバイトはおおまかには

  • 女性が不特定多数の男性と性交する
  • 未成年女性が成人男性と売春する
  • 未成年女性が風俗バイトをする

この3つにあてはまります。

危険な裏バイトは女性募集もネット掲示板やLINEなどで行なう

裏バイトや裏風俗と呼ばれる様な仕事はネットで「高収入」「高額バイト」などと検索すれば上位に表示される様な高収入求人情報サイトには掲載されません。

これには理由があり、求人情報を掲載しているサイトは掲載店がしかるべき届出を出して営業許可を受けているかを必ず確認しています。

裏風俗と呼ばれるようなお店はもちろん合法的なお店ではなく、警察等から営業の認可を受けていません。

なので裏風俗では女性向けの高収入求人情報サイトを利用して女性を集めることができません。

とはいえ裏風俗といえども一般の風俗店と同じく女性が主役であることには変わりはありませんので、女性を募集しないと商売が成り立ちません。

裏風俗店が女性を募集するのに使うのがネットの掲示板やLINE等を含む出会い系アプリです。

ネットの掲示板には

  • 家出中だからネカフェにいます
  • お金に困ってます
  • パパ、神様募集しています
  • 仕事探しています
  • お金くれる人募集しています

若い女性によるこのような書き込みがあふれています。

裏風俗店で女性の採用を担当しているスカウトマンはこのような書き込みをしている女性に対してコンタクトを取り、高時給や報酬をネタにして女性を働かせます。

ネット掲示板だけでなく、出会い系アプリやLINE掲示板等もこの手の書き込みがたくさんあります。

特に援助交際相手を募集しているような女性は本格的にお金に困っているのでスカウトしやすいようです。

LINE掲示板と呼ばれるLINEやカカオトークなどのメッセンジャーアプリのIDを交換できるアプリだと未成年女性も「jk」「jc」などとプロフに堂々と書いて利用しているので児童も巻き込まれやすくなります。

何かと社会問題になりやすいご時世ですので、もちろんいつまでもネット掲示板や出会い系アプリを未成年の女子高生が使えるような状況が続くとは思えませんが、これらのサイトやアプリはスカウトする立場の人からしたら簡単に未成年女性を募集できる手段になっています。

ここからは具体的に仕事で募集があるかを紹介していきます。

もちろんすべて違法風俗店なので、危険度はかなり高いです。

危険度はかなり高いのですが、女性に渡る報酬はそれほど高く無いようなので女性側にはメリットはほとんどありません。

正規の風俗店で働いた方が遥かに安全です。

援助交際デリバリーヘルス(援デリ)

LINEやスマホ・携帯で使える出会い系アプリや出会い系サイトを使って沢山のトラブルを起こしているのが援デリです。

普通のデリヘルでは18歳未満の女性はデリヘル嬢として働くことができませんが、援デリの場合はミテコ(身分証などがなく年齢確認できない女性のこと)と呼ばれる未成年女性も働くことができると言われています(もちろん違法です)。

普通の援助交際と違うのは、打ち子と呼ばれるサクラの様なメールの担当者が女性になりすまし、男性とコンタクトを取って金額交渉や待ち合わせをおこなう事です。

女性は指示された待ち合わせ場所に向かいそこで初めて男性と顔を合わせる事になるので、トラブルに発展する可能性が高いです。

もし援デリでバイトしたらサイバー補導などで補導されたり、身元の全くわからない男性客に危険な目に遭わされたりする可能性があります。

普通の風俗店では店員などが女性を守ってくれますが、基本的に誰も女性を守ってくれないのが援デリの怖いところです。

本番サロン(本サロ)

違法ピンクサロン(ピンサロ)が本番サロン(本サロ)と呼ばれる風俗です。

店舗の外観や中身は普通のピンクサロンですが、サービス内容に本番が含まれるということで風俗好きの男性の間で一時期ブームのようになったようです。

現在ではほとんどの本サロが警察によって摘発されましたが、現在でも地域によっては営業しているとされています。

女性はピンサロと比べて高い給料がもらえますが、本番行為をしている最中に警察に摘発されるなどしたら逮捕される危険があります。

他にもコンドーム無し(NS)の本サロで働くとHIVを含む性病に感染する確率が飛躍的に高くなります。

基本的に違法店では衛生観念が低いので、性病関連については自己防衛以外はほぼ無防備と考えてください。

連れ出しスナックや連れ出しパブ

歓楽街や温泉街にあると言われているのが連れ出しスナックや連れ出しパブです。

連れ出しガールズバーもあると言われています。

どれも仕組みは似ていて、普通のお客さんとして来店した男性が一通お店のキャスト女性と会話したり飲んだりして退店するタイミングで気に入った女性を指名して女性を外に連れ出す、というものです。

キャバクラでいうアフターに似ていますが、連れ出しスナック等ではそのままラブホテルなどに直行します。

男性は連れ出し料としてお店にそれなりのお金を支払い、短時間で遊ぶか宿泊して遊ぶかを決めます。

メール彼女(メルカノ)

未成年女性(女子高生や女子中学生)がお小遣い稼ぎのためにしているのがメルカノです。

メルカノは一緒の仮想彼女のようになり、男性との約束に基づいてサービスをします。

サービスと言ってもセフレのように実際にリアルな世界で会うことはなくて、すべて携帯同士で完結する内容です。

例を挙げると

  • モーニングコール
  • 毎日の電話やメール(おはよう、おやすみなど)
  • テレホンセックス
  • 写メ交換(下着や裸などのエロ写メを含む)

などです。

すべてが口約束やメールだけでの約束なので、女性側としてはバイトをしてもお金を受け取れるかわからないという危険があります。

自撮りした猥褻写メを相手に送った場合、それをネタにして脅迫されるなどの事例も起きています。

男性から脅されたりする以外にも、未成年女性の場合はメルカノを買いたい男性を装った警察のおとり捜査員にサイバー補導されるなどの危険があります。

使用済み下着販売

女性の下着以外にも写メ等の販売を求める男性が多数いるので、ただ同然のものが数千円に変わるということで女性の副業としてサブカルチャー系雑誌等で注目されつつあります。

危険としてはメルカノ同様に未成年女性が自分の使用済み下着を販売すると警察にサイバー補導される可能性があります。

法律的な部分をクリアーして合法的に販売するには、成人女性が古物商許可を受けているネットショップを経由して販売するなどの方法があります。

使用済み下着販売サイト
Langel

たちんぼ

たちんぼは個人事業主のようなもので、基本的には組織に属さずに街頭に立って売春相手を探します。

日本国内にもたちんばと呼ばれる女性が沢山出没する地域があり、お金に困っているけど何らかの理由で風俗店に所属したくない、所属できない女性が路上で歩いている男性に声をかけて売春の勧誘をしています。

危険度では裏風俗の中でも最高クラスで、警察・客・反社会的組織(暴力団など)それぞれから被害を受ける可能性があります。

JKリフレ・お散歩の裏オプション

こちらは割と新しい業態のアルバイトです。

女子高生風の制服を着た成人女性が来店した男性に対してマッサージやハグなどのサービスをします。

なのでJK(女子高生)と銘打っていますが実際はJKではありません。

ですが、お店によっては本物の未成年女性を雇用していたり、裏オプションとしてキスやペッティングなど風俗的な内容の仕事をさせたりして社会的な問題になっています。

風俗的な裏オプションを用意しているお店は警察に摘発される可能性がかなり高いです。

実際、18歳以下の女子高生に風俗的なサービスを提供させていたとして多くのJKビジネス店が摘発されています。

2017年現在で営業しているお店は全て18歳以上の高校卒業した女性しか雇ってもらえませんし、ちゃんと風俗営業の届け出をしたうえで裏オプ(という名のオプション)をおこなっているはずです。

もしも上記に当てはまらない場合は完全に違法店ですので危険と言えます。

ミテコ風俗店全般

ミテコとは「未成年かどうかの年齢確認ができない女の子」の略です。

ネット掲示板や個人が運営しているような小規模なSNSでは男性によるミテコ募集の書き込みが多数あります。

原理原則として未成年女性は風俗バイトができません(18歳以上でも高校に在学中は不可)。

違法な風俗店を経営している男性自体も危険な人達かもしれませんし、仕事自体も危険なので正直なところメリットよりも危険=デメリットがはるかに上回ります。

ネット版裏風俗とも呼べる無修正ライブチャット

成人女性が働くという大前提がありますが、ライブチャットは日本国内では合法的なアルバイトです。

ただし、性器や周辺部分をカメラの向こうにいる相手の男性に見せてはいけないという原則があります。

この原則が無いのが無修正ライブチャットです。

なぜ無修正でも許されているかというと、海外サイトから生放送で動画を配信しているからという理由です。

明らかに日本国内で撮影・配信されている日本人女性のエロ動画が無修正というのはさすがに問題があるので近い将来何かしらの規制が入ると思いますので、法的に大丈夫だからといっておすすめできるアルバイトではありません。

※日本国内で卑猥な内容の配信をおこなっていたという事で、現行犯逮捕される事例がありました。既に法的にNGとなっていますので注意してください。

裏風俗バイトの口コミ・体験談まとめ

  • 海外のライチャは流出がすごく増えています。時給もそこまで高く無いし全然割に合わない。

新規体験談・口コミを投稿する

この記事を読んだ人に関連する職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね