JKリフレの実態とは…
Qプリ広告

JK(女子高生)リフレのバイトの本当の仕事内容・求人情報

女子高生(jk)がマッサージをメインに、

  • 添い寝
  • 膝枕
  • JKお散歩

のサービスを行うアルバイト。

大学生でもバイト可能です。

脱がずに日給5万円保証の求人情報はコチラで確認してください。

女子高生以外の求人もあるけど、法律違反などで摘発が相次ぐ危険バイト

JKは女子高生(Joshi Kose)の略、リフレはリフレクソロジーの略で、比較的新しいサービスのお店です。

jkjc(jcは女子中学生のこと)などはネットの隠語としてもよく使われます。

女子高生か女子高生に見えるような10代〜20代前半の若い女性が学制服(ブレザー、有名校の制服など)を着て、男性に対して性的行為を含まない簡易的なマッサージを行うことです。

アニメ・オタク文化で有名な東京の秋葉原で誕生したと言われており、大阪でもアニメ街で有名な日本橋オタロード近辺に多数存在します。

JKリフレ店が存在する地域

JKリフレ店がある地域は現在では、

東京渋谷・新宿・池袋や名古屋などの繁華街にも存在します。

有名なお店には、

  • Alice(アリス)
  • 恋愛リフレこいがく
  • リフレ ぴっとい~ん
  • メイド学院リフレ部
  • Candy floss(キャンディーフロス)
  • 萌え萌えJKリフレ
  • 制服オーディション

などがあります。

※摘発などの影響で今ではほとんどのお店が閉店しています。

JKリフレの求人応募資格

JK(女子高生)と名前が付くだけあって女子高生であることを資格とする店舗が多いです。

しかし、18歳以上の成人女性からの応募を許可している店舗もあるので、女子高生で無くても勤務できます

外見が若ければ20代の女子大生やOLでも全く問題なく働けます。

ただし女子高生の制服を着るので、童顔であったりぼっちゃりでない方が面接で採用されやすいようです。

JKリフレ優良店の求人情報はコチラから確認してください。

※現在は援助交際や様々なトラブルの増加によって18歳未満が働けないお店が急激に増えています。

※2017年現在、JKビジネスと言われるお店では、むしろ女子高生だと働けなくなっています。

働くことが出来るのは18歳以上で高校を卒業している人だけです。

JKリフレの仕事内容

女子高生画像

店舗に来店する男性客に対してカーテンなどで仕切られた半個室でマッサージをします。

勤務する女性の安全性も考えて密室にはなりません。

マッサージ以外にもオプションが豊富で、

  • コスプレ
  • ひざまくら・お尻まくら
  • 写メ
  • みみかき
  • 添い寝
  • 往復ビンタ(張り手・平手打ち)
  • 店外でのお散歩

などがあります。

かつては男性が女性に対して後ろからハグというサービスもありましたが、過激すぎて社会問題になりどのお店でも禁止になりました。

法的には犯罪では無いが、かなりグレーなゾーン(未成年売春に抵触)とされたようです。

他にもお店の宣伝のための街頭ビラくばりなどが仕事内容となります。

男性は女性へのタッチ・おさわりは禁止されていますが、強引な男性客が半密室ということで触ってくることがあります。

そのような男性を接客したときにはすぐにお店のスタッフに通報してください。

違反行為ということで退店してもらうことになります。

JKお散歩と呼ばれる店外デートサービスや裏メニュー

サービスは店内だけでなく、お店の外で食事・カラオケ・漫画喫茶に行くなど普通のデートをするサービスもあります

これらはJKリフレではなくJKお散歩などと呼ばれます。

JK観光とも呼ばれます。

これらはすべてオプションとなりますので、女性への報酬に反映されます。

店外デートは店内のオプションと比べるとかなり高額なので女性への報酬もそれなりの額になります。

デートの際はキャバクラ店のように男性客からプレゼントを贈られることもあります。

プレゼントはお店で管理せず、すべて女性が受け取ります

他にもお店や地域によっては「裏メニュー」と呼ばれる独自のオプションを用意していることがあります。

JKお散歩はオプション単価がとても高いので散歩のお客さんが1日ひとりでも入ればかなり収入になります。

デートするだけの仕事としてはデートクラブと似ています。

デートだけで稼ぎたいなら最初からデートクラブで働くのもありだと思います(ただし勤務資格が18歳以上で、高校生でないこと)。

Qプリでお仕事検索→交際クラブで求人の確認が可能です。

JKリフレで働く女子高生は補導の対象

男性に対して性的サービスを行わないといっても、未成年の女性が自分の父親くらいの年齢の男性とお店の中ならまだしも外に出てデートするなどは常識的に考えてかなり危険です。

このような仕事にありがちなストーカー被害や、売春の温床になっているはずですし、実際に問題が起きて警察に通報され摘発される店舗がどんどん増えています。

社会的に好意的を持って受け止められる仕事ではありませんので、JKリフレで働きたいという人はやはり他の仕事を考えた方がいいと思います。

なお、2013年4月以降はJKリフレで働く女子高生は警察保護ではなく、補導の対象となります。

これまでは店舗が注意されたり、摘発されるのみでしたが、これからは働いている女子高生にも警察が介入してきます。

補導されると保護者である両親や学校に警察から連絡が行きますのでかなり都合の悪い思いをします。

お店によっては過激な裏メニューを用意してバストタッチや下着のチラ見せなどがありますので、安全な仕事とは言いづらいです。

もっとひどいお店では援助交際の紹介所の様になっている場合もあるようです。

18歳以上の女性に人気な高収入バイトは?

JKチャットレディのイメージ画像

もし18歳以上ならスマホで男性とメールしたり通話したりしてけっこうな金額を稼げるチャットレディメールレディの方が遥かに安全です。

17歳以下は働けません。

年齢確認書類の提出が必要ですがガールズチャット(girlschat)ならメール受信1通で最大50円通話だと最大時給が7,200円ですのでかなり稼げます。

出会い系ではないので男性会員と出会う必要もありません

というか男性会員とのLINEのID交換や実際に出会うことは禁止されています。

安全性という面ではチャットレディの方が遥かに優れていますし、男性と触れ合う必要も無いので18歳以上の女性にはJKリフレよりガールズチャットの方が条件が良いと思います。

※2015年4月からノンアダルトライブチャットのライブでゴーゴーのみ18歳になっていれば高校在学中でもチャットレディやメールレディとしてバイトできるようになりました。

お小遣い稼ぎがしたいけど在学中だからチャットレディができない、と悩んでいた人は是非登録してください

夏休みだけの期間限定の短期バイトとして働くこともできます。

また、チャットレディーに稼ぎやすいと選ばれる人気ライブチャット総合ランキングで確認してください。

第1位:モコム(Mocom)

業界最大手、株式会社リアズが運営する会員数No.1の通話アプリのMocom「モコム」!

こんな女性にオススメ!

  • 最高時給4,200円以上!
  • ノルマなどは一切なし
  • スマホ一台でLINE感覚でお仕事可能
  • いつでもどこでも365日利用可能
  • メール・通話・ブログでも稼げます!
  • 使用済み下着もフリマ感覚で販売可能!

モコム(Mocom)のオススメポイント

モコムの最大のメリットは、何と言っても男性側の新規入会数が圧倒的に多い業界ナンバーワンのスマホ専用のライブチャットです。

また、イベントが定期的に開催されていて、イベントが開催中されると男性のチャット率は90%を超えます!

報酬の振込みに関しても、稼いだ分の金額はすぐに現金で振り込んでもらうことができます。

最短だと振り込み依頼してから最短で翌々日には指定の口座に振込まれます。

第2位:クレア(crea)

今話題の高収入バイト!!

携帯電話・スマホ一台でいつでもどこでも時給最大7,200円稼げる♪

しかも報酬は日払い可!

こんな女性にオススメ!

  • 最大時給7200円!
  • スマホ1台でお仕事可能
  • ノルマ一切なし
  • TV電話・音声通話・メール送受信で
  • 20代〜40代の方大歓迎!

クレア(crea)のオススメポイント

「メールだけでもOK」とサイト内に堂々と書いてあるのはメールだけでも女性が稼げるという何よりの証です。

メール受信の単価は最低単価が40円で業界トップクラスの水準です。

男性会員の数も業界トップクラスなので、「報酬単価が高くて」「男性会員数が多い」というまさにメルレ初心者にとっては欠かせない要素を完全に満たしています。

写メや動画投稿でも男性会員が多いので食いつきが良く、ただ見てくれるだけでなくてそこから個別の男性から写メのリクエストをもらえたりもするので1度で2度美味しい思いますができます。

はじめてのメールレディで稼げるか不安だ、他のメールレディにチャレンジしたけど全然稼げなかった、という女性にこそ使って欲しい本当におすすめできる数少ないサイトです。

第3位:ビーボ(VI-VO)

女性会員の競争率が低くて一番稼ぎやすいサイトのVI-VO(ビーボ)

VI-VO(ビーボ)は、元祖携帯ライブチャットの「e-shot」がリニューアルして誕生したスマホ専用のライブチャットです。

前サイトよりも報酬が高くなり、メール・音声通話・動画投稿などで稼ぎやすくなったと口コミでも評判です。

こんな女性にオススメ!

  • 最大時給5,000円以上
  • 対象年齢層が幅広い(18歳〜50代)
  • 初回通話報酬発生のタイミングが15秒
    (※その他通常サイトは30秒〜60秒)
  • 24時間年中無休の安心サポート
  • 翌日払い対応
  • メールレディとしても高収入が可能
  • 無料登録だけで新人ボーナス8,000円がもらえる

VI-VO(ビーボ)は様々なタイプの人が稼ぐことができる優良ライブチャットサイトです。

  • VI-VO(ビーボ)の公式サイトはコチラ

ビーボ(VI-VO)のオススメポイント

VI-VO(ビーボ)は出演するパフォーマーがよりお金を稼げるために

  • 女性が(無料会員登録)するだけで最大8,000円
  • マイページ(プロフィール画面)の更新で毎日110円
  • 男性(常連さん)よりチップ(1枚40円)をおねだり次第では無限

など嬉しいボーナスがたくさん用意されています。

こんなJKリフレ店は危険!イケナイお店の実例

女性アニメ画像

ここまでは、JKリフレ店での仕事内容や求人応募資格など解説しましたが、ここからは絶対に働いてわイケナイお店の実例を上げていきます。

1裏オプションを許可していたり、未成年が働いてるお店は危険

基本的にJKリフレは風俗店として警察の認可を受けておらず、性的な内容が含まれるサービスはすべて禁止されています。

しかし「裏オプション」ということで、お客の男性と女性が話し合いサービス内容と料金を決めてプレイすることがお店によっては当たり前になっています。

裏オプを見てみぬふりをしているお店は、結局のところトラブルになってすぐに閉店することになるので、もし働いたりバイトすることを考えていたら裏オプOKのお店からは退店した方が安全です。

本物の女子高生を働かせているようなお店も危険で、入店時の年齢確認をしっかり行なっていない恐れがあります。

こちらも警察沙汰になればすぐに閉店するのでおすすめはできません。

割り切って裏JKリフレ・お散歩のようにこっそり営業しているお店が危険なことは言うまでもありません。

2JKお散歩でお客さんを恐喝する危険店

「ここなつ」というjkお散歩をサービスとして提供していたお店では、お客さんの男性に対していいがかりをつけて数十万円を脅し取るなどの容疑で店長が逮捕されました。

このようなそもそもお客さんを恐喝してお金を稼ぐようなお店は明らかな危険店なので同僚などにそのような行為がないか確認してください。

危険店では堂々とスタッフが売春を斡旋するなどの行為が行なわれているようなので、巻き込まれそうになったら警察に通報したり、家族・友人に即相談するなどしてください。

恐喝や援助交際に巻き込まれる恐れが強いせいか、秋葉原がある千代田区では条例によってJKお散歩を規制することになりそうです。

秋葉原で規制されたら他の札幌・横浜・大阪・福岡などの地域で活発になりそうですが、他の地域でも条例の制定などには注意してください。

※追記:2014年4月1日より千代田区でJKお散歩を禁止する条例の施行が決定しました。JKお散歩だけでなくエウリアンと呼ばれる路上での絵画販売のための女性による客引きも禁止となります。

3援デリJKリフレ(闇JKリフレ)でデリバリーヘルス化

店舗でのJKリフレが運営困難ということで、新しく無店舗型、つまりデリバリー形式のJKリフレをはじめる店が続々登場しているようです。

このような仕事はデリJKリフレ、援助デリバリーリフレなど様々な呼び方があります。

給与は店舗型のJKリフレとさほど変わりません

女子高生を一人暮らしの男性の家に届けるので極めて危険なのは間違いなく、仕事にするには給料面以外にも割に合いません。

ただ家に行ってマッサージするだけだからなどと経営者は言うと思いますが、何か起きた時の対応は難しいので仕事としては避けるべきでしょう。

中にはマッサージをするだけでなく、セックスの斡旋をする援助デリバリーヘルスの売春業者もいるので安全性ではかなり不安があります。

このような業者はLINE、カカオトークなどの女子中学生、女子高生が頻繁に使うチャットアプリの掲示板などを使い求人情報を出します。

求人情報を掲示板に掲載するだけなく、

  • お金が無い
  • お金が欲しい

のようなお金に関する投稿をしている未成年の女子高生に対して

  • 簡単に稼げる
  • セックスするだけで○万円

などとLINEなどのチャットで声をかけてきます。

当然無視すべきですし、もし未成年の援デリが警察にばれた場合補導などの対象になります。

18歳以上の女性でもホテルなどで金銭の受け渡し有のセックスをしたら罪に問われます。

グレーゾーンとはいえ、日本国内でセックスしても咎められないのはソープランドしかありません。

JDリフレ(女子大生リフレ)も登場

JKリフレが警察の摘発で下火になりつつある・・・ということで女子大生(JD)を雇ったjdリフレというサービスがちらほら出て来ています。

18歳以上の女子大生がマッサージをする店舗なので違法ではありません

しかし、18歳以上がマッサージするお店ということで、マッサージ店の求人なのに実際に働いてみたら性的サービスを行う風俗店だったということもありそうなので注意してください。

JDリフレやソフトサービス系の優良店求人情報はコチラから確認してください。

安全にバイトするなら18歳〜21歳が働けるJKリフレがおすすめ

それなりに高時給のバイトがしたいけど、風俗が嫌でソフトサービスのリフレ系のバイトが良いという方は違法なJKリフレではなく、法律も基づいて運営されているリフレ店がおすすめです。

JKリフレの危険さは利用する側も理解していますので、JKリフレに近い感覚を求めて「準JKリフレ」とも呼ベる合法的なリフレ店も増えています。

合法的な準JKリフレ店の中では制服オーディションが知名度が高いので稼ぎやすいです。

関東地方にしか出店していませんが、東京と横浜に出店していますので、関東地方在住の女性でリフレのバイトに興味がある18歳〜21歳の方は是非求人に応募してください。

※現在では東京横浜以外にも千葉や埼玉にも進出しています。

高田馬場のJKコミュ店「ぴゅあど~る」店長が逮捕

JKコミュは「JKコミュニケーション」の略で、未成年の女子高生と会話したりできる場所としてロリコン男性から人気だったようです。

秋葉原などでは警察によるJKサービス店の摘発が相次いでいたのでぴゅあど〜るは高田馬場で営業していたようです。

働いていた女性は本物の女子高生で、来店した男性はJKリフレのように膝枕ができたり、ビンタや女性の体の臭いを嗅いだりすることできました。

今回の摘発によってJKコミュも営業がかなり厳しくなるので、郊外に店舗を写したり、営業自体を諦めたりする店舗が増えそうです。

JKリフレ専門用語の解説・意味

まとめ 画像

専門用語をまとめます。

JK

女子高生の意味です。JKリフレは女子高生でなくても勤務できます。

JKに対して、

  • JS(女子小学生)
  • JC(女子中学生)
  • JD(女子大生)

などがインターネットを中心とした略語として使用されます。

リフレクソロジー

足裏や背中などにある「つぼ」と呼ばれる体の部位を指や道具で刺激することで体の疲れや凝りをほぐす行為の総称です。

英国式・中国式・タイ古式など種類は沢山あります。

ですが、JKリフレではほとんどがマッサージ師の資格を持たない若い女性がマッサージするのでプロや行うような効果は期待できません。

なお、本来であれば日本では有資格者で無いとマッサージを行えません。

裏オプ

裏オプションの略で、通常オプションとは違いもっと過激な内容のオプションの事です。

良くある内容としては、

  • ハグ
  • 全裸
  • おさわり
  • 抜き
  • フェラ
  • 本番

などです。

ほとんど風俗店と変わりません。

金額や内容は女性とお客さんとの間で交渉されるので特に決まりはありません。

また、お金はお店を経由することなく自分の財布に入ります。

なので、稼ぎたい女性は当たり前の様に裏オプを用意しているそうです。

JKビジネス

テレビやマスコミなどで言われているJKビジネスとは、この記事に書かれているリフレやお散歩をはじめ、見学店や耳かき添い寝など「女子高生をの○○」を売りにしたビジネスの事です。

2017年に東京都では規制が強くなり、上記のようないわゆるJK店では届け出をしなければならなくなりました。

それと同時に女子高生が働く事も禁止されましたので、実際働いているのは18歳~20台前半の高校を卒業した女性と言うことになります。

疑似JKとも呼ばれます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事