女性イメージ画像
Qプリ広告_目次下_600_400

お触りありのお店で働くセクキャバ嬢は高時給バイト

成人女性画像

キスやおさわり有りの高収入キャバクラ。

セクキャバは地域によっては本番有りなどの特殊なお店も有るので求人内容を要確認。

また、全国の日給5万円保証の人気セクキャバ店の求人情ナイトワーク求人「Qプリ」で確認してください。

ナイトワーク求人「Qプリ」から応募すると、さらに

  • 入店祝金1万円
  • 面接交通費2,000円

などが面接や入店する都度サイト運営会社よりもらえます。

お触りパブ・セクシーパブとも呼ばれる半風俗的なセクシーキャバクラ

セクキャバ(セクシーキャバクラの略、セッキャバと略されることもあります)とは通常のキャバクラにセクシーという冠が付くだけあり、男性から女性に対する胸へのおさわりやキス有りのお店です。

キスはディープキスもあり、おさわりは服の上からでなく肌に直接は当たり前です。

なので、基本的におしゃべりやお酒をつくるだけのキャバクラのキャストの仕事と比べたら性風俗店としての要素が大きく、キャバクラという名前が付きますが実際はかなり違う場所です。

お店によっては、逆セクハラで男性の下半身への手でのおさわりやフェラチオなどをサービスとして行うこともあります。

セクキャバの類似業種一覧

セクキャバの類似職業として、

  • おっぱいパブ(おっパブ)
  • ハッスルパブ
  • ランジェリーキャバクラ
  • おさわりパブ
  • おさわりキャバクラ

が挙げられますが、このあたりのお店は実際に働いてみないと中身がわからないことが多いです。

コンサルタント
なので求人広告の内容だけでは判断が難しく、男性側(つまりお客さんが見る)からのホームページの確認や体験入店が必須の職業です。特に男性用のホームページのチェックは大事で、求人の内容と全く違う事がサービス内容として掲載されていることがあります。

お店側も、なるべく多くの女性に働いて欲しいと思っていますので、サービス内容を細かくまで説明しない事もあります。

いざ働いてみたら「思っていた業種と違った」なんて事の無いようにしてください。

check!全国の日給5万円保証の人気セクキャバ店の求人情ナイトワーク求人「Qプリ」で確認してください。

仕事中の服装・衣装に関して

ドレスを着た女性

セクキャバ嬢の勤務時の服装はセクシー系のドレスが多いです。

お店によって

  • ランジェリー
  • スーツ
  • 透けているキャミソール
  • コスプレ

などが制服となります。

どれも肌の露出度は高めです。

着たり脱いだりが楽な服装が人気があります。

風俗嬢の服装事情が気になる方は以下記事を参考にしてください。

仕事するスペースに関して

接客時は男性とフロアのソファに座って一対一になります。

周囲には同じく一対一になっている男女がたくさんいて、パーテーションなどがあっても不完全で、まわりの男女の様子を見ることもできます。

団体客用にボックス席がある場合もありますが、その際も客同士の会話はほとんど難しい状況になります。

そんな雰囲気の中で男性とおしゃべりしながら、胸をもまれるなどします。

ハッスルタイムとは?

男性に対してのサービスタイム(ハッスルタイムなどと呼ばれます)のようなものがあり、定期的なサービスタイムがやってくると男性の股の上に女性がまたがることもあります。

その際に着ているドレス・スーツの上半身だけを脱いだりもします。

男性の股の上に上半身裸の女性がまたがる様子はかなり視覚的に過激です。

コンサルタント
なので、「飲食店」であるキャバクラというよりは性風俗店の一種と考えるべきで(抜き系のサービスは原則無し)、キャバクラのような華やかな夜の仕事のイメージを持って仕事に臨むとショックを受けると思います。

サービス内容の割りに時給はそこまで期待出来ない?

セクキャバ はあくまでお触りありのサービズでデリヘルやソープの様な抜きのサービスは基本的にありません。

ただ、セクシー系のサービスを行うとはいえお触りまで、という中途半端さからか抜き有りの風俗店と比較するとお給料は少し低いです(ただしキャバクラ同様時給制です)。

抜き有りのバイトなら、

などが有名です。

セクキャバとピンサロの違い

バナナをフェラする女性

ピンサロ(ピンクサロン)では男性客に対して暗闇の中でフェラチオをするなどのサービスが行われます。

セクキャバでは基本的に受け身になるので自分から性的サービスを行いません。

手コキや口で射精に導くなどのサービスが無いことが最も大きな違いです。

もちろん本番(SEX)も禁止されています。

プレイ内容はあくまで受け身なので風俗バイト未経験女性にオススメ

セクキャバは体を触られる以外の事が無いので、風俗の中では比較的楽な仕事と言えます。

また、技術を求められる事もあまりありませんので、初心者もベテランも同等に働く事が出来ます。

キャバクラと比較すると、おしゃべりの時間が少ないので、男性との会話が苦手という人でもそれほど大変な思いをすることは少ないと思います。

キャバ嬢では必須の同伴・アフターは店舗によってはありません。

お店の運営方針によってNGだったりOKだったりとまちまちです。

もちろん、同伴・アフターがあるセクキャバ店の方がお金が稼ぎやすくなります。

ただし、特にアフターでは男性がセックスを求めてくることが多いので、危険な目に遭わないよう注意が必要です。

暗闇セクキャバ・逆セクキャバなどの趣向を凝らしたサービスが続々誕生

黒い女性

単なるセクキャバではなく、お店の特徴として暗闇でサービスを行う

  • 暗闇セクキャバ
  • 添い寝セクキャバ
  • コスプレセクキャバ

など、生き残るために各セクキャバ店が独自のサービスを開発しています。

やはり、過激なサービス内容のセクキャバ店の方が時給が高くなる傾向があります。

ただ、過激な内容に進みすぎるとイメクラなどとそれほどサービス内容が変わらなくなるので、サービス内容とそれに伴う時給を比較しながら慎重に働くお店を選ぶ事が重要です。

中には、イメクラの方が働きやすいなどサービスが過激すぎる店もあるので注意が必要です。

時給相場に関して

給料画像

セクキャバの時給相場は3,000円〜,10,000円ほどで、指名が多く入れば時給はどんどん上がります。

※働く店のグレード・女性の容姿によって変化します。

キャバクラと同じで人気が上がるとどんどん収入が上がる「スライド式」と呼ばれる仕組みです。

傾向としてそのお店で男性客がキャストである女性の体のどこまで触れるかでも基本時給の高さが変わります。

当然胸だけでなく下半身、性器まで触れると時給が高くなります。

しかし、中には禁止している店もありますので、どこまでのサービスが出来るか事前に確認してからにしてください。

時給意外にもらえるバック一覧

最低保障としての時給以外にも追加でバック(給料に追加されるお金)される

  • ドリンクバック
  • 本指名バック
  • 場内指名バック

があり、さらにマスコミ手当などがボーナスとして付くこともあります。

営業時間は深夜の1時くらいまでですので、18時から25時まで出勤して7時間で時給4,000円と計算すると時給分だけで日給3万円弱となります。

固定時給が出る分デリヘルなどの完全歩合性で働く女性の副業としてオススメ

基本的に完全歩合制デリヘルソープランドより時給制のセクキャバの方が下手したら稼げます。

店によっては全く客足が無いなんて事もありますので、お店の評判などは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

また、デリヘルやソープ嬢と比べたら性病にかかる可能性も性器の接触が少ない分減りますので、高収入目当てでデリヘル・ソープで働こうか迷っているのならまずはセクキャバで働いてみるというのもおすすめです。

しかし、不特定多数の男性とキスをする事となりますので、風邪など病気には十分に注意して下さい。

全国の稼げる人気セクキャバ店の求人情報の探し方

全国の優良店求人情報は以下求人情報サイトを確認してください。

check!Qプリでは全国

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 関西
  • 九州

などの地域別で高収入系の求人情報を検索できます。

まず働きたい地域を選び、「仕事を選ぶ」をタップします。

次に「業種で選ぶ」でセクキャバを含む様々な職種から求人情報を絞ることができます。

職種以外にもぽっちゃり・ノルマの有無・寮完備などの気になる待遇での検索もできるので自分が望む環境のお店があるかどうかピンポイントで検索できます。

check!ぴゅあじょがセクキャバ嬢の求人が多いです。

ただし、時給や待遇などの希望条件はしっかり入力してください。

そうしないとデリヘルなどのヘルス系からもスカウトメールがくることがあります。

写メも修正しない範囲で写りがいいものを登録すると高時給のスカウトをもらえる確率が高くなります。

セクキャバで働くメリットとデメリット

ここまでは、セクキャバの仕事内容や給料に関して解説してきました。

ここからはセクキャバで働く際のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット①:固定高時給

セクキャバで働く最大のメリットとして、まず大きいのは時給制のバイトだけど時給がとても高いことがあげられます。

デリヘルやソープなどの完全歩合性の風俗バイトでは、日によってお茶を引く可能性もあるため、確実に高時給を稼ぎたい女性にはオススメな職業です。

一定時間出勤すれば必ずお金が稼げますのでこれは大きな魅力です。

メリット②:売上ノルマ・出勤ノルマなどのノルマが無い

高時給バイトは他にも、同じキャバクラでも通常のキャバクラはたいていノルマがあります。

セクシーキャバクラは基本ノルマ(経営方針によりノルマがあるお店もあります)がありません。

なので、気軽に働くことができます。

さびれたお店でない限り、週末などはたくさんの男性が来店してくれます。

逆に休む暇がないくらいのお店を選ぶ方が良いでしょう。

メリット③:キャスト同士の派閥がなく人間関係のストレスが少ない

また、同じような理由でお客さんの取り合いというのが無いせいか、勤務する女性同士の仲がキャバクラと比較すると良いという話をよく聞きます。

派閥があまり無いのでストレスの少ない環境で働けることが多いようです。

キャスト間のトラブルで退店という事があまり無い為、慣れてしまえば長く働く事が出来るでしょう。

デメリット①:性病にかかるリスクがある

セクキャバで働くデメリットは、過激なサービスを行うセクキャバで働いた場合は性病に感染する可能性があることです。

性病に感染した場合は種類にもよりますが、治療に1ヶ月程度かかるので治療中は勤務できず、結果的に収入にも大きく影響します。

コンサルタント
性病に感染したままセクキャバで働くと接客した男性にも感染する可能性があり、そうなると店内に性病が蔓延する危険性があるのでしっかりと休養をとって完治させてください。

店にもよりますが、性病に掛かってしまった場合の休業手当などは基本的にありませんので注意して下さい。

セクキャバ嬢に向いているのはこんな女性

オッパブ画像

まず、ドレスが似合うようなスタイル・外見を持っている女性は指名を取りやすいです。

さらに、バストもCカップ・Dカップ以上あればさらに指名を取りやすいです。

セクキャバでは、男性は最低限女性のバストをおさわりできるから、女性のバスト目当てのお客さんが多いです。

だから、巨乳と呼ばれるような女性なら特に指名を取りやすいです(ですがAカップ・Bカップ女性でも当然働けます)

お店のコンセプトにもよりますが、巨乳専門店などを謳っている店では、ぽっちゃりした子の方が人気がある場合もあります。

キャバ嬢ほど積極的な営業が必要な職業ではありませんがお店を出てからも営業できる女性は指名を取りやすくなります。

店外デートや同伴・アフターなどを組み合わせれば相当な高収入を得ることができます。

ですが、そうなるとキャバ嬢のような頭の回転の早さやお客さんに合わせたトーク力も必要ですのでやはり社交的な女性が総合的に稼げるお仕事となります。

地域によってセクキャバの呼び方が変わる

地域ごとに呼び名が変わりますので、以下を参考にしてください。

大阪などでは

セクシーキャバクラでなくツーショットキャバクラと呼ばれています。

これには諸説ありますが、セクキャバというとセックスを連想させるから条例によって変更したと言われています。

サービス内容は勿論セクキャバと同じです。

北海道では

セクキャバのことをキャバクラと呼び、キャバクラのことをニュークラブと呼びます。

他にもセッキャバと呼ぶこともあります。

九州地方では

セクキャバのことをハッスル、ハッスルパブ、おっパブなどと呼びます。

このように地域によって呼び方が異なるので、出稼ぎを考えている女性は注意して求人に応募してください。

札幌すすきの

札幌のすすきのではセクキャバのことをハードキャバクラと呼びます。

ハード(過激な)なプレイが接客内容に含まれているためこのように呼ばれているのだと思います。

すすきのではハードキャバクラでセックスできるなど様々な噂がありますので、お店を選ぶ際には事前にネットの口コミなどで性病対策やセックス対策がどうなっているのか確認した方が安全です。

地域ごとのセクキャバ・おっぱぶ・いちゃきゃば嬢求人情報へのリンク

体験談・口コミ

  • セクシーキャバクラの口コミ・体験談はまだ投稿されていません。

新規体験談・口コミを投稿する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事