援デリでのアルバイトは非常に危険で犯罪に巻き込まれることも

援デリとは、女子高生や女子中学生が男性客に性的サービスを提供する違法デリバリーヘルスです。

違法風俗店なので求人などは、主にLINE掲示板アプリなどで募集しています。

また、女子高生でも安全に働ける高収入バイトの求人情報コチラを確認してください。

援デリは女子高生や女子中学生が犯罪に巻き込まれやすい危ないアルバイト

援デリとは「援助交際デリバリーヘルス」の略称です。

ここ数年で認知度が徐々に高まっています。

摘発された援デリ店のニュースなどでも多く報道され、鈴木大介さんが執筆したルポルタージュ「援デリの少女たち」は大人にとって衝撃的な内容になっていて大きな反響を呼びました。

登場する女性の多くは

  • 未成年
  • 恵まれない家庭の少女達

などです。

援デリ業者の男性集客方法

援デリ業者は男性客を獲得するために営業方法として、

  • 出会い系サイトの掲示板
  • 通話アプリのLINE・カカオトーク

などを利用します。

また、援デリ業者は女性を装うなどして男性客を誘い出します。

男性会員が誘いにのったら指定したホテル・部屋・場所に管理している女性を派遣します。

男性が到着したら女性と会わせて対価(1万円〜3万円程度)を前金で受け取ってから、性行為をさせます。

分かりやすく言えば、非正規で営業されていて

  • 未成年の女子高生(jk)
  • 女子中学生(jc)

でも派遣する本番有りのデリバリーヘルスです。

援デリは未成年女性でも派遣するブラックカンパニー

援デリでは、未成年の女性と分かった上で男性客と性行為を斡旋するので、管理売春となります。

当然、日本の法律に反した違法行為でしかありません。

日本の法律で合法的にセックスをする仕事は

  • ソープランド
  • ちょんの間

のみで、18歳以上の女性しかソープランド・ちょんの間では働けません(18歳以上でも高校生は働けません)。

それですら合法というよりは脱法に近くグレーゾーンと言われています。

だとすると援デリは完全なブラックです。

援助交際に替わる未成年のセックスに関わるトラブルとして援デリは社会的な問題になりつつあり、実際に援デリに関連した逮捕者や補導児童は増加傾向になっています。

大手メディアでも取り上げられている

援デリ

援デリで働くメリットは無く、極めて危険な裏バイト

通常デリバリーヘルス店を開店する時は無店舗型性風俗特殊営業といって警視庁に様々な書類を届け出て認可を受けます。

認可が無いと当然デリヘルの運営はできません。

援デリの場合、何かしらの理由で認可を受けずに運営されています。

また、裸にならない日給3万円保証の高収入バイトの求人情報はコチラを確認してください。

そもそも未成年の女性をデリヘル嬢として扱ってる時点で届け出を出しても認可されません。

よって未成年の女性(女子高生や女子中学生など)を斡旋していることを男性客が警察に通報したら援デリの運営者は一発で逮捕されます。

援デリ運営者が逮捕されるだけではありません。

援デリで働いていた女性も警察に補導され、もちろん保護者には連絡がいき最悪の場合、学校にも連絡がいきます。

給料の未払い・減額は当たり前

援デリを運営してる人は、そもそも後ろめたい事があるので正規のデリヘルではなく援デリを運営している人達です。

分かりやすく言えば、援デリを運営してる人にまともな人間はいないという事です。

ですので、

  • 「女性に給料をしっかり払わない可能性あり」

給料の未払いはなくても、理不尽な理由で

  • 「取り分を大幅に減らされる可能性あり」

などは日常茶飯事だと思ってください。

仕事中にトラブルが起きても助けてくれない

援デリ業者はそもそも違法行為をしてお金を稼いでいます。

なので、世間的に名前を出せない身元のわからない男性客の相手をさせられることもあります。

もし、仕事中にトラブルが起きても援デリの管理者は警察沙汰になる事を避けるのでトラブルに巻き込まれた女性を守ってくれません。

ただでさえ違法に営業している訳ですから、「警察沙汰になれば自分たち(運営者)が逮捕されるので逃げて当然」と言えば当然です。

また、逃げる理由はもう一つあって「トラブってる女性は放っておいて別の場所で別の女性達を働かせればいいから」です。

援デリ業者は世間の口コミや評判を一切気にしないアウトロー

通常健全に営業している風俗店であればインターネット上の口コミ・評価・体験談などを気にする事は大事です。

援デリはそもそも存在してはいけないものですので、インターネットでの風評などは一切気にしていません。

また、援デリ業者は「稼げる」「1日で3万円」など、甘い言葉で女性を勧誘するかもしれませんが、契約も何もないので言葉の信憑性はゼロに等しいです。

そのような環境で働くのは女性にとってあまりにも危険です。

通常の風俗店のような性病や顔バレのリスクのようなレベルではなく、犯罪にまきこまれたり、生死にかかわる状況に陥るリスクもあります。

そして、危険な環境で働くからいって報酬が特別高い訳ではありません。

昔は女子高生の援助交際は希少価値があり、とんでもない値段が付いていた時代もありました。

最近ではスマホや出会い系アプリなどが普及したことで、たくさんの女子高生が援助交際するようになった時点で大きく値崩れしました。

まったくメリットが無い仕事ですので、考えていたら即やめるべきですし、友人・知人が関わっているようなら止めるべきです。

中にはデリヘル勤務のつもりが実は援デリで働かされている女性もいるはずです。

そのような人がいたら当然違法行為の手助けをしていることを教え、他のお仕事に移るようアドバイスしてあげてください。

援デリ業者の女性勧誘方法

援デリをやろうとする業者は主にインターネットで女性を探しています。

実際の店舗、デリヘルのように風俗営業の届け出がないので雑誌やインターネットの高時給求人情報サイトに援デリは掲載されていません。

インターネット(特にスマホ・携帯サイトや掲示板)は知識経験の乏しい未成年の女性がたくさんいて、なおかつ勧誘が無料でできるので業者にとって女性をスカウトするには最高の場所となっています。

未成年以外の女子大生、フリーター、OLなどでも勧誘されます。

援デリ業者が勧誘に利用する場所をいくつか挙げると

  • 出会い系サイト
  • 出会い系アプリ
    (ぎゃるる、スマとも、ソクアイ、ラブコレ、ダレログ、skout(スコウト)、など)
  • SNS
    (facebook、mixi、モバゲー、グリー等)
  • LINE掲示板アプリ・カカオトーク掲示板
    (ヒマとーーく!、エロトーーク、かまちょなうなど)
  • 携帯プロフィールサイト
  • 動画生配信アプリ
    (ツイキャス・VINE・斎藤さん)

たくさんありますが、もっとも未成年へのコンタクトが取りやすいのはLINE掲示板です。

LINEは、スマートフォン利用者の大半がインストールしていると言われています。

援デリで働きたい女性の書き込み内容

出会い系サイトやLINE掲示板を確認すると確かに若い女性が多く、書き込み内容も

  • 「暇」
  • 「お金欲しい」
  • 「jk2と円したいひと」
  • 「援助交際してくれる人募集」
  • 「大人の男性募集」
  • 「割り切り希望」
  • 「さぽしてくれるひと」

など業者につけ込まれやすい書き込みが目につきます。

健全に運営されてる出会い系サイトは18歳未満の未成年は利用できませんが、LINEやLINE掲示板は何歳でも利用可能で女子高生でも利用できます

ただ使うだけでは害はありませんが、どんな人が接触してくるかわからないので、特にお金が絡んだ勧誘行為は危険なので断るべきです。

  • 「簡単に稼げるバイト」
  • 「楽して簡単に日給○万円」
  • 「18歳未満でも働ける・稼げる」
  • 「jcjk(女子中学生、女子高生の隠語)でもできる高時給バイト」

などの文句で声をかけてくるはずですが無視してください。

そもそも援デリ業者は違法な行為をしている「ヤクザ・半グレ」と呼ばれる反社会的な人達です。

売春・援助交際を斡旋している業者だけでなく、売春・援助交際した女性も罪に問われることがありますので甘い誘惑にはご注意を。

LINE掲示板画像

LINE掲示板画像

出会い系アプリ
badoo(バドゥー)画像

出会い系アプリbadoo(バドゥー)画像

有名出会い系サイトやアプリが援デリの巣窟という噂

サクラがいないと言われる超有名出会い系サイトで「援デリ業者が女性を勧誘するために多く利用している」という噂がネットを中心にあります。

書籍の「援デリの少女たち」でも実際に業者がこれらの有料出会い系サイトを利用しているシーンが出てきます。

超有名な大手出会い系サイトでもプロの業者だけでなく、個人で営業活動をしている風俗関係の仕事をしている女性もいるようです。

これらの「出会える系」と呼ばれるサイトは登録時に必ず18歳以上であることを確認できる身分証明書の提出が絶対に必要です。

かといって免許証の写真などを一枚一枚全項目照会しているわけでなく、年齢部分で未成年でないことを確認するのみです。

そもそも援デリの場合は、リーダーと呼ばれる現場管理者の元に数人の未成年女性がいてチーム制で仕事をすることが多く、リーダーが成人女性なら大手出会い系サイトでも登録・利用できます。

この様に、リーダーの成人女性が「打ち子」という立場でネット掲示板や出会い系などに投稿して男性を集めて、引っかかった男性に対して自分の下にいる未成年女性を斡旋するパターンだと出会い系サイトの年齢認証も効果が無くなります。

「割り切り」などの個人活動で稼ぐ場合、これらの有名出会い系サイトを利用して援デリをしても危険なことにはそれほど変わりはありませんので、オススメできません。

18歳以上になるのや、高校を卒業するのを待ちQプリなどの女性専用の高時給求人情報サイトなどで自分に合う仕事を選んだ方が遥かに安全で、長い目で見れば結果的に稼げるはずです。

最近の援デリの仕組みと手口

援デリを利用している男性の多くは騙されて来ている事が多いです。

どういうことなのか、援デリの仕組みを改めて説明します。

  1. 「打ち子」と呼ばれる人が出会い系サイトなどで男性にメールを送る(大体は見た目の良い女性の写真を使う)
    内容は「暇だから遊ぼう!」「今すぐエッチしませんか?」のように、援デリとは言わない
  2. 素人の女性からエッチな誘いが来たと思った男性会員がOKの返事をする
  3. 女性から「金銭的に困っているから最初のエッチだけお金が欲しい」など、援助交際の誘いをかける
  4. 待ち合わせ場所を指定され会いに行くと、メールしていた人物とは違う女性が待っているが流れでホテルへ

このように、男性からしたら出会い系サイトで素人の女性とコンタクトが取れたと思っている場合が多いのです。

そもそもメールしていた人とは違う女性が来るのですから、トラブルになるのは当然です。

逆に、既に援デリとわかっていて利用している男性もいます。

一般の風俗店とは違いルールやマナーがなく、それを目的にしている男性ですから乱暴されたり異常なプレイを強要されるなどの危険があると言えます。

LINE、カカオトーク掲示板の閉鎖によって援デリも下火に?

LINEやカカオトークのID交換掲示板があまりにも流行ったために警察がID交換掲示板アプリなどをおとり捜査で使って、

  • 未成年女性をサイバー補導
  • アプリ運営者に閉鎖を要求

などを実施しています。

そのせいか一時期と比べてLINE掲示板も書き込み数が減っているようです。

そうすると自然と援デリの業者も他の出会い系サイトなどに移動します。

結局はたくさんの男性や未成年の女性が利用するアプリはどこにでもあるので業者はその中を常に移動するだけとなります。

信頼できるサイトやアプリだからといって誘惑に乗ると大変な思いをすることになりますので気をつけてください。

最悪の場合監禁されて辞められない、逃げれない

援デリ業者も素人のような人からプロの人達まで様々な業者が入り組んでいます。

悪質な業者の元で援デリ嬢として働く事になった場合は辞めようと思っても辞めさせてもらえなかったり、逃げようとしても監禁されて逃げれないなどの可能性があります。

そもそも違法行為に身を染めている人達なので普通の風俗店のように何もなくすんなり辞めさせてもらえるとは考えない方がよく、隙をみて姿をくらませたり、連絡先などをすべて変えて消息を絶つくらいの気持ちでいた方が安全です。

本名や住所などがバレている場合は完全に逃げる事が難しいので、個人を特定しやすくなるような情報は業者に教えない方がいいと思います。

援デリ体験談・口コミ

  • 出会い系アプリだと風俗嬢や援デリ業者がいるからプロと素人女性との見分けが難しい。
  • JKJCっていったって昔と比べれば全然相場が違う。本当に桁が違う。だからお小遣い稼ぎくらいにしかならないので人生を棒に振るのはもったいないでしょ。昔程はJKJCに価値がないって事実が報道されれば事件とか減ると思うのに。
  • サイバー補導されるからやめといた方がいいよ。
  • 昔とは全然違うみたい。
  • アジア系の外国人に注意して。
  • 鴬谷・上野・五反田の女は援デリ率が高い。

新規体験談・口コミを投稿する

援助デリバリーヘルスこと援デリのお仕事です。非合法な仕事なので、援デリで働くなら通常のデリバリーヘルスで働く事をおすすめします。高時給アルバイトなどの甘い誘惑に惑わされてはいけません。未成年でも補導されますし、最近では警察によるサイバー補導もさかんに行なわ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事