ビガーネット

風俗嬢の病気について【風邪編】

気温の変化が激しくなると喉や鼻が弱って崩しがちなのが体調です。いくら普段元気な人でも、風邪にだけは勝てません。

体が資本の風俗嬢がもしも風邪を引いた時、あなたならどうしますか?

「この人風邪かも?」と思うようなお客さんに当たった場合はどうしますか?

ここではそんな風邪と上手く付き合う方法を説明します。

また風邪を引いてもしっかり休ませてくれる優良風俗店をお探しの方はコチラ

風邪をひいてしまったら

風邪を引いて寝込んでいる女性

風邪は予期せずにいきなりやってくるものです…お仕事をしているときにキスなどをして経口感染したりすることも多々あります。

風邪を引いてしまったら、当たり前ですが出来る限り休むようにしましょう。

当日無断欠勤は流石にアウトですが、風邪を引いたので休むとお店に言えば無理をさせるようなことは無いでしょう。

風俗は自由出勤です。他のお仕事に比べると休みは取りやすくなっていますので、無理をする必要はありません。しっかりと休んで早めに治すようにしましょう。

しかし休んでしまうとその分給料が減ってしまうのも事実です。ちょっとの風邪なら無理してでもお仕事に行きたいというのが本音。なので、自己判断が重要となります。

一つの目安として「お客さんに迷惑が掛からないか」を考えると良いでしょう。

インフルエンザやノロウイルス等、感染の危険性がある病気の場合はまず出勤出来ません。しかし風邪も喉がちょっと痛いなど軽度であれば働く事も出来なくはありません。

しかし咳が出る、鼻水が出るなどプレイに支障が出る場合は考えた方がいいかもしれません。お客さんも本調子でない女性に頑張られるのは望んで無いでしょう。

お客さんも風邪の女性とプレイはしたくありません。移してしまうとお客さんにも迷惑が掛かってしまいます。風邪を移したせいで指名が取れない…なんてことにならない様にしてください。

いずれにしても、働いている店に相談した方が良いでしょう。お店側が行けると判断すれば働けば良いですし、危ないと判断した場合は切り替えてしっかりと休んでください。

 

お客さんが風邪?って時はどうしたらいいの?

くしゃみをしている男性

喉の調子が悪そうだったり、咳をしている風邪気味のお客さんに当たってしまう…そんな事もあるかもしれません。

正直迷惑なお客さんではありますが、大事なお客さんでもあります。しかし咳などから風邪を移されてその後出勤できなくなっても困るので、この様な場合はお店に相談するようにしてください。

風俗店では「感染症などに感染する恐れがある」場合は基本的にサービスを断る事が出来ます。明らかに風邪で移る可能性がある場合は断る事が出来ますので、自分を守る為にもお店の人の判断を仰ぐと良いでしょう。

しかし、軽度で喉の咳や鼻水などであれば断りづらいのも事実です。

また、お客さんの体調不良が風邪ではなく性病が原因のときもあります!自分の体に異変を感じた場合は速やかに性病検査をおすすめします。

どうしても稼がなければならない時はおすすめはしませんが、お客さんが風邪かどうか分からない場合の対策方法をこれから紹介したいと思います。

キスはしない、極力避ける

風邪気味のお客さんとのキスは出来るだけ避けましょう。「今度風邪が治ったらしようね」等、相手に寄り添った形で断る事が重要です。

プレイ中の体位などにも気配りが必要です。なるべくキスや顔が近づかないような体制に持ち込み、病気のリスクを回避しましょう。

フェラなどで時間を稼いだり、攻めに回り相手の自由を奪うなど、方法は様々です。風邪のリスクを回避するには顔を近づけない、近くならない様に工夫してみてください。

手洗い、うがい

風邪の基本的な予防方法ですが、手洗いや喉のうがいは重要です。

特に病気かも?というお客さんとプレイした際は、早急に手洗い、喉のうがいを行い菌を念入りに洗い流してください。

喉のうがいの際にはイソジンを使い、局部には殺菌ハンドソープを用いると尚良いでしょう。

帰宅後は温かくして風邪に有効な栄養のある物をしっかりと食べてゆっくり体を休めます。免疫力を高める事で風邪になりにくい体を作りましょう。

勿論、相手にもプレイの前にしっかりとうがいをしてもらう事を忘れないでください。

万が一風邪を引いてしまったら

考える女性

予防をしていたけど、風邪を引いてしまった。そんな時は無理をせずにお仕事をしっかり休んで治療を第一に考えてください。

会社員であれば有給を使ったりと、給料が下がらない様にする事も出来ますが、風俗嬢は体が資本で完全歩合制です。治療が遅れて休みが続けば続くほど給料は低くなってしまいます。

給料が減ってもいいという人であれば構いませんが、そうでない人がほとんどのはずです。風邪で休む=風邪を早く治療する為という事を忘れないで下さい。

休みの日と勘違いして夜更かしをしたり、外出をしたりしてしまっては治る物も治らなくなります。

とにかく睡眠を取り、体を休める事が最優先です。喉を痛めやすい乾燥した空気にも注意をして保湿、加湿も忘れずに行ってください。

保険証を持っていないからと市販の薬で治そうとせず、病院に行ってしっかり治療するのが確実です。結果的に病院で治療した方が安いなんてことも珍しくはありませんよ。

風邪療養中に稼ぐ方法

風邪で休みたいけど休んでしまうと収入が途絶えてしまいます。

そんな時の解決方法の1つとしてライブチャットなどの副業で稼いではどうでしょうか。

ライブチャットであれば自宅で好きな時に働く事ができるようになり、お客さんと直接やりとりをする必要がありませんので風邪を移したり、移されたりする心配も無用です。

VI-VOであれば簡単に登録も出来ますし、ノルマなどもなく24時間いつでも働きたい時に働く事が出来ます。

個人情報がバレる心配も無いので安心です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね