モコム

風俗嬢が注意しなければいけない「水虫」の脅威

風俗のお店で働くうえで感染症のリスクは付き物です。特に性病と呼ばれる病気には注意を払ってお仕事をしていくことになります。

ですが意外と知られていない、身近で恐ろしく嫌になる感染症に「水虫」があります。「たかが水虫」と思う人もいますが、水虫は実は足だけに感染するとは限らないのです。

場合によっては悪化し、仕事が続けられなくなるような病に発展する危険も秘めています。

まずは、水虫とは怖くて嫌な病気なんだという事を忘れないでください。

水虫の正体

絶叫する女性画像

広く知られている水虫ですが、その正体は「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれるカビの一種が原因です。

この菌は皮膚に入り込み、炎症、かゆみ、皮膚の硬化などを引き起こします。

男性や女性に関わらず日本人はこの菌に多く感染しており、その数は人口の約二割と言われています。年齢が上がるにつれ感染率も高くなります。

湿気の高い場所を好む菌ですので、革靴を履きっぱなしのサラリーマンのお客さんなどに多くみられる病気ですが、ブーツを履く女性にも同様に見受けられます。

水虫は足に良く感染する為、足の病気の様に思われがちではありますが、頭や体、股間、手、爪などにも感染する可能性があります。

もし水虫やその他の性病が心配な女性をしっかりサポートしてくれる優良風俗店はコチラ

水虫の感染経路

水虫の菌は湿気が多く、生暖かい高温多湿の環境を好みます。

水虫の感染経路ですが、共有の足ふきマットなどだけではありません。水虫の感染した皮膚は硬化し、剥がれやすくなっています。

その皮膚が身体を密着させている風俗嬢に着くと、そこから菌が入り込んで感染する可能性もあります。

硬化した皮膚の飛散は防ぎようが無いので厄介です。足ふきマット等の共有を避ける、患部の接触を避けるだけでは予防は出来ないという事を十分に理解しておきましょう。

水虫を放置するとどうなるの?

自覚症状がないからといって、水虫を放置するのはとても危険です。

症状が悪化し治りにくくなってしまうだけでなく、足から手や爪など他の部位へ感染する可能性も。

一旦爪に感染してしまうと白癬菌は爪の中でどんどん増殖していき、爪白癬という症状が重いものになります。

爪白癬は通常の水虫よりもさらに治りにくく、市販薬では治療が困難になるため、せっかく足部分の症状が治っても、自分の爪から再感染ということもあり得ます。

爪水虫

水虫になっている人の見分け方

水虫になっている人を見分ける方法は足の周りに注目することで判断できるようになります。

足指の間

足指の間の水虫

日常生活で発症する水虫の中で最も多いのがこのタイプ。薬指と小指の間に最もよくできやすいのが特徴のひとつです。

足指の間の皮膚が湿ってふやけたようになりジュクジュクする「湿潤型」の水虫。

皮が薄くむけ赤くなったり、ひどい場合は皮膚に亀裂が入ったりする「乾燥型」の水虫に分けられます。

足の裏・フチ・指の付け根

足指の間の水虫

指の付け根や足の裏、足のふちなどに、小さな水ぶくれができる水虫です。

必ずしもかゆみが出るわけではないので、小さな水泡があるなと思っていたら次第にかゆみがひどくなり、いつのまにか赤く腫れあがってしまうケースも。

水ぶくれが破れると液が出て次第にカサカサに乾き皮がむけます。初期では水ぶくれが目立たないこともあるので要注意。

かかと

かかとの水虫

目立った症状がありませんが、非常に注意が必要なタイプです。

足の裏全体やかかとの角質層が厚く皮膚が硬い部分にも水虫はできます。

見た目は白っぽい粉をふいたような状態になっていて、皮が通常よりも硬くなっている時にはこの水虫の可能性があるので注意してください。

水虫感染と危険なプレイ

特にソープなどの風俗のお店で行われるプレイの中には、水虫の感染の原因となる可能性のあるものも多く存在します。

特に注意が必要なプレイとその対策方法をまとめてみました。

  • マットプレイ

ソープ店で行われるマットプレイは女性がおっぱいで足をマッサージする事があります。水虫の可能性がある場合、その足と体が触れる事で感染する可能性がありますので注意してください。
しっかりと洗浄、消毒を行っても感染の可能性は防げませんので注意が必要です。さりげなく足マッサージを回避するようにしましょう。

  • 足舐め

足舐めは皮膚では無く粘膜に菌が付く可能性がありますので更に危険です。相手客が水虫の可能性がある場合は素直に聞き、避けるようにしましょう。
足によほどのこだわりが無い限り、足舐めが出来ないと言ってもトラブルに発展する事は無いでしょう。

  • 脚コキ

健康な女性キャストの足で男性器を触る分には問題ありません。しかし、プレイの中で女性器を足で触る嫌な男性のお客さんは少なくはありません。

粘膜は勿論の事、皮膚の弱い乳首なども菌が触れる事で感染のリスクがあります。

この様なプレイを行ってきた場合は、お店で禁止されてるなどとNGを出す様にしましょう。不潔な足で性器を触られたりすると水虫以外でも性病などの感染症のリスクがあります。

水虫を持ったお客さんが来た時の対処法

驚いている女性画像

水虫の対処法としては、シャワーの際にお店が用意している殺菌力の高い石鹸で良く洗うしかありません。しかし、殺菌効果がどれだけ高くても、完全に殺菌できる訳ではないので接触しないことが一番の予防法になります。

また、お店が殺菌力の高い石鹸を用意してくれない場合が稀にありますが、その時にはお店に頼らずに自分の身を自分で守る為にも殺菌力の高い石鹸を自分で用意するようにしましょう。

特に滑りやすいソープ店の風呂場ならまだしも、シャワールームで風俗嬢が相手客の足を洗うのは不可能に近い為、出来る限り触れないようにするしか他ありません。

患部に触れたら即感染する訳ではありませんので、万が一水虫?と思う相手客に当たった場合はプレイ後のシャワー、除菌は特に念入りに行ってください。

重度の水虫のお客さんの場合は、プレイを断るのも手でしょう。その場合はキャストが直接、相手客と交渉するのではなく、お店を介して話してもらうようにしてください。直接の交渉はトラブルの原因となる可能性があります。

水虫対策として準備しておきたいもの

クリアレックス画像

水虫の相手客がよくお店に訪れる、なんて嫌な経験を何度もしたくはありませんが、お店の常連客の人が水虫かもしれない、なんて人はいるかもしれません。

そんな人におすすめなのが殺菌力の高い石鹸です。クリアレックスやグリンス、ハイアミン液等、殺菌力の高い石鹸を用いる事で、リスクは軽減できます。

明らかに消毒されると相手も不快に思いますので、さりげなく殺菌力の高い石鹸を用意しておくことで、互いに気持ちよくプレイをする事が出来るでしょう。

また、感染リスクの高い場所に足が触れない様にさりげなくリードする事が出来れば上出来です。

さらに水虫は約24時間経たなければ皮膚に定着しないということを踏まえてお店から退勤して家に帰った後に、家のシャワーやお風呂場で念入りに洗うことをおすすめします。

風俗のお店で働く以上少なからず水虫になる可能性は少なからずあるので、自分の身体をなるべく綺麗な状態にしておくことが最も大切です。

感染症、水虫のリスク無く稼ぐ方法

風俗は直接お客さんと肌が触れ合う仕事です。

感染症や水虫のリスクからは避けては通れない道であり、個人の体質、体調やタイミングもありますが、その様な病気が原因で転職、退店する女性も少なくはありません。

その様なリスクを避け、尚且つ収入を得たいという人には自宅で稼げるライブチャットがおすすめです。

VI-VOであればメールだけの登録も出来ますし、ノルマなどもなく24時間いつでも働きたい時に働く事が出来ます。

副業として開いた時間に働く事も出来ますので、働いているお店と並行してチャットレディを行う風俗嬢も増えています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね