Qプリ

チャットレディをやる上で気をつけなければいけないポイント

チャットレディの認知度が徐々に上がってきていることもあり、チャットレディをやる女性の方は年々増えてきていると言われています。

しかし、その影響もあってかチャットレディを抱えるライブチャットを運営する会社も増えてきて、その中には悪徳業者のようなライブチャット運営をするところも少数派ではあるものの存在しているのが現実です。

またチャットレディとして働いたことがない未経験者の女性が、ライブチャットをやる上で気をつけなければいけない事や覚えておくべきことも多くなってきました。

ここではすでにチャットレディとして働いている女性から、これから働こうかと迷っている女性まで、チャットレディとして注意しておきたいトラブルの事からその解決方法まで一気に紹介していきたいと思います!

働いているチャットレディ事務所や代理店とのトラブル

不機嫌な女性

最近ではネットで口コミや評判がすぐに出回ってしまうのであまり数は多くありませんが、ライブチャットの運営やチャットルームの代理店などが悪徳業者は確実に存在しています。

給料日などに代理店などから給料が支払われなかったり、チャットレディをやめようと思ってもやめさせてもらえなかったり契約違反だと言われて罰金を請求してくるところもあったりします。

そのようなライブチャットの運営やチャットルームの代理店などをそもそも選ばないことはもちろんですが、間違えて登録してしまった時などの対処法や解決法をここから紹介していこうかと思います。

悪徳業者に引っかからないために安心して働けるライブチャットが知りたい方は【2018年版】チャットレディおすすめサイトランキング【厳選】

給料を振り込んでくれなかったり減額するようなことがあった場合の対処法

給料が振り込まれない理由にはいくつかの原因があります。

よくあるのケースは、給料の支払い方法を選び間違えたパターンと給料の最低支払金額に達していない場合です。

給料の支払い方法は最初の面接の時や、チャットレディとして働くときに結ぶ契約書に日払いか月払いを選べることが多いですが、そのときによく読まずに飛ばしてしまうと仕事が始まってから給料が払われないと誤解が生まれるので気をつけてください。

また、次によくあるパターンは最低支払金額をライブチャットの運営が決めていて、その金額に届かない場合です。

この最低支払い金額はライブチャットの運営によって違いは多少ありますが、ほとんどのライブチャットの運営は5000円以上からの支払いになっています。

そのため、最低支払金額に到達していなければ給料の振込が日払いの場合は翌日になり、月払いの場合は翌月になることがあります。

上の2つの理由以外で給料が支払われない場合は詐欺をするライブチャットなので、一度運営に確認をとった上で給料を支払う意志がない場合は警察に相談するか無料の法律相談ができるところで弁護士に相談をして被害を訴えましょう。

ライブチャット業界でも大手の安心と歴史があるFANZA(ライブチャット)であれば給料に関しての不安はありません。

ライブチャットの男性客とのトラブル

男女 口論

ライブチャットではパソコンを使って男性客と直接的な関係はありますが、接客業と大きな違いはありません。

接客業に付き物なのが苦手な男性客ですが、チャットレディとして仕事をする上でもひどい男性客がもちろん存在していて仕事をする中で対処法を知った上で慣れる他ありません。

ひどい男性客の特徴は大きく分けて3つのタイプがいます。

  • 暴言を吐く男性客
  • 会おうとしたり、連絡先を聞いてくる男性客
  • アダルト行為を過剰に要求する男性客

この3つのタイプの酷い男性客はチャットレディの仕事をする上で、必ず出会う男性客なのでここで対処法を紹介していきたいと思います。

酷い男性客に遭遇してもしっかりサポートしてくれるライブチャットの運営を自分で探したい方はコチラ

暴言を吐く男性客とのトラブルでの対処法

暴言を吐く男性客は数は少ないですがいることにはいます。

チャット中に言ったことが気にいらなかったのかいきなり不機嫌になって「キモい」やら「死ね」などの暴言を言ってくる人がいます。

また無理な要求をしてきて、それができないと伝えると脅迫じみたことを言ってきたり、嫌がらせの目的で自分の局部を見せてくる男性客も中にはいるので嫌だと思えばすぐにチャットルームの運営者に伝えれば、接続を切ってくれるので我慢をせずにしっかりと伝えましょう。

もし上で書いたようなことを言われた場合はNG客として指定することができるので、NG指定をして自分のチャットルームに入れなくするようにおすすめします。

会おうとしたり、連絡先を聞いてくる男性客とのトラブルでの対処法

暴言を吐く男性客はNGにして対処しやすいですが、一番厄介なのが良さそうな雰囲気がある男性客がいきなり連絡先を聞いてきたり「会いたい」と言ってきたときです。

特にそういう男性客が自分のことを気に入り、しょっちゅうログインしてくれる太客だった場合に相手の機嫌を損ねずに話題をそらせるかのコミュニケーション能力を持ち合わせていなければ常連の太客を作るのは難しいでしょう。

また、カメラに写り込んだものや会話の中で話したことから自分の住んでいる地域や仕事場を割り出されたときにもいわゆる粘着客になる可能性があるので注意が必要です。

もしうっかり自分の居場所や最寄り駅が突き止められた場合は運営にまず相談をして、対処してもらうようにしましょう。

アダルト行為を過剰に要求する男性客の対処法

ライブチャットにはノンアダルトの枠とアダルトの枠が分かれている場合が多く、それによって女の子ができることが変わって来ます。

アダルト枠では、女性の局部を見せなければ基本的に男性客の要望に応じて、チャットレディができる範囲であればどのようなことをしても問題ありません。

しかし、ノンアダルト枠ではアダルト行為やそれに準ずる行為をしてはいけないという大前提のルールがあります。あくまでもアダルト行為をせずに、チャットレディと会話を楽しむのがノンアダルト枠の場所であることを忘れないでください。

それにも関わらず、このルールを守らずにこれくらいいいだろうというノリでアダルト行為を要求してくる男性客がたまにいることを知って置くべきでしょう。

これは、男性側の立場からしてみれば料金が安く済むノンアダルト枠でアダルト行為を要求して楽しめれば良いという自分にとって都合の良いライブチャットの使い方をしている勘違いな男性客です。

また、さらに悪質な男性客にはアダルト行為の要求を断るといきなり不機嫌になりキレて怒るという人もいるのでこういう男性客には特に注意が必要だと言えるでしょう。

固定の男性客がつくと収入が上がるのである程度は許容しているというチャットレディもいるようですが、このような要求を容認していくと男性の要求はエスカレートしていきます。

このような男性客にあった場合、運営側もしっかりとした大手であればすぐに回線を切ってライブチャットへのアクセスを制限することがありますが、チャットレディであるあなた自身が嫌だと思ったときにすぐにNG指定をして運営に報告することも大事なことです。

ライブチャットやる上での税金のトラブル

米ドル札

チャットレディとしてしばらく働いたあとにトラブルが起きやすいのが、給料を受け取ったあとの税金の支払いです。

給料を貰う額にもよりますが、確定申告をしないということは脱税になり最悪の場合は捕まるケースもあります。

しかし脱税で逮捕まで行くことは無申告を何回も繰り返しながら税金の未納額が高額になるなど極めて悪質な場合でない限りあまりありませんが、たとえ少額だとしても積み重なることがあれば、ある日突然税務署から追徴課税をされて高額な税金の徴収を課されるリスクが出てきます。

税金のトラブルに対する対処法

チャットレディとして収入を得る中で税金に対する知識が必要になり、払う税金は自らの所得に応じて変わってきます。

ある一定の報酬を得るとそれに応じて税金を収めなくてはなりませんが、そこで重要になってくる確定申告について少しでも知っていると税金を収める手順が楽になるでしょう。

チャットレディとして以下の収入を超えてしまった場合に確定申告が必要になり、納税の義務が発生します。

  • チャットレディを本業としている場合は年間38万円以上の報酬(38万までは基礎控除額となるので必要ありません)
  • チャットレディを副業としている場合は年間20万円以上の報酬(20万までは基礎控除額となるので必要ありません)

比較的に余裕があるように見えますが、上に書いてある金額は年間を通しての金額になるので、チャットレディを本業としている場合は1ヶ月あたり3万円でチャットレディを副業としている場合は1万6千円が報酬として発生した場合に納税の義務が発生するので、ほとんどのチャットレディは確定申告をしなければならないのではないでしょうか。

また最近はネット上での副業が増えてきているので、それに伴い税務署からの納税に対しての取り締まりも厳しくなっています。

今後もどんどん厳しくなっていくため、追徴課税の心配をしてチャットレディの仕事をしていくよりかは、きっちりと確定申告をして仕事した方がリスクが少なくなるので筆者は良い思います。

まとめとおすすめの大手ライブチャット運営

上で説明した知識をチャットレディとして仕事を始める前に少しでも知って置くだけで、仕事を始めてからのストレスや悩みが大きく減らせることと思います。

またチャットレディとして働く上で最も大事なことはなんと言ってもライブチャットの運営元の条件や口コミ、評判を吟味した上で選ぶことが大切になってきます。

筆者はライブチャットの運営を選ぶポイントとして長年の実績と信頼がある大手のライブチャットで働くことで不要なトラブルを避け、安心して働く環境があるため強くおすすめします。

また、どのライブチャットで働けばいいか分からないという方は【2018年版】チャットレディおすすめサイトランキング【厳選】を読んでみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね