コロナウイルスのリスク風俗画像
Qプリ広告_目次下_600_400

コロナ禍での風俗嬢やキャバ嬢のコロナ感染リスクについて

コロナウイルス画像

世間では2020年1月頃〜現在にかけて、感染症(COVID(コビット)-19)コロナウイルスに関するニュースで持ち切りですね。

そんな中で感染源として特にスポットを浴びる「夜の街の接待を伴う店」で働く

  • 風俗嬢
  • キャバ嬢

が、仕事上でお客さんからコロナウイルスを移されてしまうリスクについて解説します。

check!全国のコロナ対策万全で日給5万保証の人気風俗店の求人情報はQプリから確認できます。

ナイトワーク求人「Qプリ」から応募すると、

  • 入店祝金1万円
  • 面接交通費2,000円

などが面接や入店する都度サイト運営会社よりもらえます。

風俗嬢がコロナに感染するリスクはある

コロナ感染経路画像

接客内容に、

  • キス
  • フェラ

などのサービスが基本な風俗バイトですが、結論から申し上げるとコロナウイルスに感染する可能性はあります。

理由としては、感染者の唾液の飛沫が体内に入る事でコロナウイルスに感染します。

上記の事から、感染者である男性客とキスを含む濃厚接触をした場合、コロナに感染するでしょう。

ただし、これに関しては風俗バイトで働く女性に限らず、

  • 一般職で働く方
    └OL
    └公務員
    └販売員
    └飲食店員
  • 水商売で働く方
    └キャバ嬢
    └バー店員
    └ホステス

など第三者と接触する(飛沫を浴びる)機会がある職で働く場合、同じ感染リスクが伴います。

三密が避けられない店舗型のお店はクラスターが発生

NO!3密画像

風俗店や夜のお店など接待を伴うお店には、

  • 店舗型
    └キャバクラ
    └ガールズバー
    └クラブ
    └箱ヘル
    └おっパブ
    └ピンサロ
    └ソープ
    └オナクラ
  • 無店舗型
    └デリヘル
    └出張エステ

など大きく分て2種類に分類されています。

ニュースでも連日取り上げられていますが、

  • 換気の悪い()閉空間
  • 多くの人の()集する場所
  • 近距離での()接した会話

など、3密を避けられない店舗型のお店で働く場合、コロナウイルスへの感染リスクは高く予防しつつもクラスターは避けられないのがリアルです。

不特定多数の接客が伴う店舗型は感染リスク大

上記でも解説しましたが、3密が避けられない店舗型の飲食店や風俗店で働く場合、コロナウイルスに感染するリスクは高くなります。

その理由は、不特定多数の人が狭い空間の密室に集まり、飲食やおしゃべりなどを通じて飛沫感染が防げない事があげられます。

いくら、入店前に検温やアルコール消毒をしたところで、無症状な感染者が入り混じる環境では感染リスクは高くなります。

デリヘル嬢以上にキャバ嬢の方が感染リスクが高い?

お客さんへの接客内容は濃厚接触が基本のデリヘル嬢。

お触りやキスなど原則として禁止されてる接客業であるキャバ嬢。

意外かもしれませんが、濃厚接触が基本である風俗バイトの方が現状感染リスクは低いとされています。

その理由は、接客環境に左右されています。

  • デリヘル嬢は一日平均3〜8人ほどの個人の男性客へ性的サービスを含めた接客を行ます。
  • キャバ嬢は一日平均8〜15人ほどの男性客と密室×近距離でおしゃべりを含めた接客を行ます。

さらにキャバクラなどの店舗型のお店の場合、1日に不特定多数の団体客などが出入りしています。

その不特定多数の人の中に1人でもコロナ感染者がいた場合、接客中はマスクの着用が難しい仕事柄上、クラスターが発生する可能性が高くなります。

check!全国のコロナ対策万全で日給5万保証の人気風俗店の求人情報はQプリから確認できます。

ナイトワーク求人「Qプリ」から応募すると、

  • 入店祝金1万円
  • 面接交通費2,000円

などが面接や入店する都度サイト運営会社よりもらえます。

濃厚接触者の基本定義

濃厚接触者の基本的な定義として、

「1メートル以内で15分以上の接触」

※1m以内で会話15分も同等

となります。

Q:新たな濃厚接触者の定義を教えて。
A:患者が発症する二日前から、一メートル程度の距離で、マスクをせずに十五分以上会話した場合などが該当します。
従来は患者の「発病した日」以降で距離は「二メートル程度」でしたが、該当範囲を変更し、新たに「十五分以上」という時間の基準も設けました。
Q:なぜ変わったの。
A:患者が症状の出る前に他人にうつしているケースが判明してきたためです。
世界保健機関(WHO)も、発症二日前から感染する可能性を指摘し、日本の国立感染症研究所も二十日に定義を変えました。
Q:濃厚接触者となる目安は。
A:一メートル以内でマスクをせずに十五分以上会話した相手が、二日以内に発症したら、濃厚接触者と判断されますが、マスクをしていれば該当しません。
マスク無しでも、一メートル超離れている場合は濃厚接触には当たりません。
Q:濃厚接触者と判断されたらどうなるの。
A:保健所から十四日間の健康観察と自宅待機を求められます。
普段から会話時はマスクをして相手と一メートル以上の間隔を空けることや、交流にはオンラインを活用することなどが大切です。

もしもコロナかもと不安に思われる方は以下の例を参考にしてください。

PCR検査適応例:①

女性①
「新宿のクラスターが発生したキャバクラに出勤してた。濃厚接触者かしもれない・・・」
  • 11月11日の来店していた男性の中から陽性者発生。女性①がお店に出勤したのは11月12日。
    適応外・様子見
  • 陽性者が発生した11月11日と同じ日にお店に出勤していた。お店は3密状態でとても狭い。
    要検査

PCR検査適応例:②

  • 同日出勤していた同僚のキャストの中で陽性者が出てしまった。お店や保健所からはまだ現状指示なし
    要検査

風俗嬢がコロナ感染予防をするには

上記でも解説しましたが、風俗店には

  • 店舗型
  • 無店舗型

の2つの業態に分類されます。

残念ながら、店舗型で複数の人間が出入りする様な箱型のお店

  • キャバクラ
  • おっパブ
  • ピンサロ
  • ホストクラブ
  • カラオケスナック
  • etc…

で働く場合はどうしてもクラスターが発生する確率は必然的に高くなります。

実際に全国各地のキャバクラ・クラブ・ホストクラブではクラスターが発生して休業要請が出されました

ただし、無店舗型のデリヘルで働く場合はそもそも論で、キスやフェラなどの濃厚接触が接客内容に含まれるものの、出勤1回で接触する人数は店舗型のお店と比べ、ごく僅かとなります。

また緊急事態宣言が発令され上記の店舗型の飲食店や風俗店は、国や自治体からの取締りも厳しくなりましたが、無店舗型のデリヘルなどには休業要請は出されていません。

ただ、デリヘルは濃厚接触が伴う仕事なので感染予防は徹底したいですよね。

ここからは、風俗嬢がすべき感染予防について解説していきます。

1「働くお店がコロナ対策は万全かチェック」

まず最初に風俗で働く女性ができるコロナ予防方法となりますが、コロナ対策を万全に実施しているお店かどうかと言う事が重要です。

店舗型の場合、

  • お店の入り口で消毒・検温を実施しているか
  • 定期的に待合室やプレイルームなどを消毒しているか
  • スタッフはマスク・消毒をしているか

などをチェックしてください。

高級風俗店やコロナ対策を入念に実施するお店では、お客さんの味覚か正常かプレイ前にチェックする場合もあります。

ここまで入念にコロナ対策できてるお店を極力選びましょう。

check!全国のコロナ対策万全で日給5万保証の人気風俗店の求人情報はQプリから確認できます。

ナイトワーク求人「Qプリ」から応募すると、

  • 入店祝金1万円
  • 面接交通費2,000円

などが面接や入店する都度サイト運営会社よりもらえます。

2「店舗型風俗→無店舗風俗店へ移籍する」

お店選びの次に重要なコロナ対策として、現在店舗型の風俗店で勤務している場合は無店舗型の風俗店へ移籍する事も重要になります。

上記でも解説していますが、不特定多数で3密を避けられない

  • おっパブ
  • ピンサロ

などの店舗型の風俗店で働いてる場合、極力大人数が密集しない業種へ移籍するのもコロナ対策として重要です。

3「仕事内容にキスが含まれない業種へ移籍する」

コロナの感染経路は主に唾液による飛沫感染とされています。

要するに性病の感染経路とは異なって、手コキ・フェラ・素股などでは感染しません。

つまり、キスが仕事内容に含まれない風俗バイトに移籍する事でコロナに感染するリスクを極限に下げる事が可能です。

キスがサービスに含まれない業種は、

  • メンズエステ
  • 性感エステ
  • オナクラ
  • 手コキ風俗
  • チャットレディ

などの業種が該当します。

また、高級デリヘルや高級ソープ店などでは料金設定が高い分、お客様・キャストへの配慮としてコロナ対策が万全であるのでその様なお店も比較的安全と言えるでしょう。

4「ホストクラブ・キャバクラ・カラオケは極力近寄らない」

風俗バイトは高時給かつ高収入のバイトです。

また、業務内容的にもストレスや時には病んだりしてしまう事があります。

そのストレス発散場所として、ホストクラブに通う風俗嬢は実際に多く見受けられます。

上記でも解説していますが、ホストクラブなどの不特定多数の人で密集して3密を避けられない店舗には極力近寄らない事が重要です。

この様なお店は密室で密着して飲食を伴うので、コロナ対策をしたところで飛沫感染を抑えられない以上は危険でしかないのが現状です。

せっかくコロナ対策してるのに、この様なお店へ一回でも遊びにいく場合、今までのコロナ対策は水の泡となります。

一般職・キャバ嬢などが風俗バイトへ流れてる?

記憶にも新しい2020年4月の事ですが、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困窮する女性を蔑視したととれる発言をしたことが、波紋を広げましたね。

岡村さん
「コロナが終息したら絶対面白いことあるんですよ。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから」

世間
「性的搾取を待ちわびている」「女性蔑視だ」

などと一時大炎上する騒ぎとなりました。

ただ実際にコロナショックを期に様々な理由で風俗バイトへ移行する女性は大勢いるのは事実です。

また、男性と女性が存在する限り風俗業態が潰れる事はなく、いかなる不況でも風俗店を利用する男性は一定数存在して、風俗バイトが稼げるのも事実です。

なので、生きていく以上ご飯を食べなければなりませんし、生活しなければなりません。

この様な不況だからこそ、風俗店も女性を応援しますし、何かと力になってくれます。

風俗バイトは、完全自由出勤なので、本業が稼げなくなった分、副業感覚で減った収入をカバーする事ができます。

check!全国のコロナ対策万全で日給5万保証の人気風俗店の求人情報はQプリから確認できます。

ナイトワーク求人「Qプリ」から応募すると、

  • 入店祝金1万円
  • 面接交通費2,000円

などが面接や入店する都度サイト運営会社よりもらえます。

まとめ

濃厚接触が伴う風俗バイトはコロナウイルス に感染するリスクは少なからずあります。

ただ、不特定多数の人が密集して換気ができない職場環境であるキャバクラ、ホストクラブは風俗バイトよりも感染リスクが高く危険なのが現状です。

※おっパブ・ピンサロを除く

油断をしてはいけませんがキスを含む以上、コロナに感染しているお客さんと濃厚接触した場合、コロナに感染します。

もしも絶対にコロナに感染したくないのであれば、メールレディやチャットレディをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事