ダメポーズ

こんにちは!現役風俗嬢のねねです♡

お客様の中にはジェルトルマンな方もおりますが、その逆のノットジェントルマンも沢山いますよね。

今回は、『デリヘル嬢が思わずドン引きしたクソ客の行動』についてまとめてみました。

Qプリ広告

入室編


え?!そのタイミングから?!

なんて男性陣は思うかもしれませんが、クソ客は大体ドアを開けた瞬間からすぐデリヘル嬢が嫌がる行動を取っているんです…。

1.入った瞬間AVが大音量

「失礼しまーす」とドアを開けた瞬間から、TVから聴こえてくるAVの声

なんていうか、冷めます

いや元々冷めているんですけどね。

流しているAVは、お客さんが自分自身の興奮材料として見ているのは分かってはおりますが、

そこで、お客さんの理想の喘ぎ声や見た目、プレイだったりが分かってしまうんですよね。

それは結果として接客のヒントにも繋がりはするんですが、プレッシャーにもなります。

「あ〜〜こんなことしなきゃいけないのかぁ」と憂鬱な気分にもなりますし、単純に興奮している相手をみると引いてしまいます。

例えるなら、そう。

出来上がった3次会の飲み会にシラフの状態で参加した気分。

出来ればドアを開ける時に普通の番組に切り替えてもらいたーい!

というのが、風俗嬢の本音・・・

2.バスローブ姿で出迎え

一見気にならなさそうですが、ここである事をデリヘル嬢達は察知します。

こいつ絶対

「俺はシャワーもう浴びたから大丈夫だよ」

って言う奴だ。

と。デリヘル嬢がお客さんとなぜお風呂に入るのか、本当の意味を分かっていないんですよね。

デリヘル嬢がお客さんとシャワーを浴びるのは、ペニスがどんな状態なのか(性病の可能性や、大きさ、立ちが良いか悪いか、清潔さなど)を事前に知ることが出来る場所。

例え本当にお客さんがシャワーを浴びていたとしても、アカなどが残っていたりする場合もあるので、地雷ペニスだったらどうしよう…と不安な気持ちになる嬢も。

時間がもったいない!なんて言う人もいますけど、

シャワー時間込みでのプレイ時間なんだから、それを考慮した時間で入りやがれ!

それがデリヘル嬢の本音です。

3.ドア開けた時の無言の間

ドアを開けた時にたまにあるパターン。

一番ウワァ…と思うのは、やはり無言の時間が長い人!

「こんばんは」とドアを開けると、5秒くらいジッと見られた後にため息をついて仕方がなく部屋に招かれた時はかなり苦痛

「そんなに嫌ならいっそチェンジしてよ!」とは我々からは言えない、というのが難しいポイント。

あの時間キツイから、もし本当に嫌ならチェンジしてくれて構わん!

いやそうしてくれ!

お話し編

ダンディなパパと仲良くしているイメージ
プレイ前後、大体のお客さんとデリ嬢は世間話などをして軽くコミュニケーションを取ると思います。

意外に知られていないドン引き行為をしている人も多いんですよねぇ。

1.一緒に買い出しに行く

たまにいらっしゃいますが、どうにかして若い女性と一緒に歩いている所を周りに見せたいのか、飲み物や食べ物の買い出しに付き合わせようとしてくる糞客。

お店に電話しても、お客さん1人で行かせていなくなられても困るため、同行するしか選択肢が無くて仕方がなく同行します。

しかし、苦痛です。

ボディータッチとかしてくるなら更に最悪。

どんなにお客さん自身が自分の見た目や内面に自信があっても、仕事は密室の中で完結させたいのがデリヘル嬢の心の声。

デート代よこせ。

チップよこせ。

それとこれとは違うストレスを感じるぞ…。

2.飲み物と食べ物を持ち込んでくる

「今日は◯◯ちゃんが好きって言ってたお酒とデザートを買ってきたよー!」

なんて意気揚々と満面の笑みで出してくるともう最悪

妄想などではなく、実際に飲み物に変な薬を入れていたり、唾液を混ぜていたり、食べ物には精液や陰毛を小さくして食べさせて興奮をする男性もいます。

います。(2回目)

だからこそ、凄く拒否反応が出てしまうんですよね。

本名も住所も共通の友人もいない人からもらった食べ物なんて気持ちが悪いです。

飲み物と食べ物ならラブホにも売ってるし、自宅ならデリバリーで食べ物を注文するとかにしてほしい。

3.サプライズでプレゼント

我々風俗嬢は、大体のお客さんに生活環境についてこんな風に伝えているでしょう。

「彼氏はいなくて、一人暮らしだよ。」と。

本当にそういう場合もありますが、中には既婚者だったり、実家だったり、彼氏がいたり、シングルマザーでお子さんがいたりといろんな環境の方がいます。

そんな時に一番困るのがサプライズプレゼント。

事前にもらえることがわかっているなら、「学生時代の友達が◯◯に旅行へ行ったらしくて今度お土産もらうんだー!」「誕生日を友達が祝ってくれるみたいなんだー!」と、プレゼントを受け取る理由を前もって周囲に伝えておけます。

しかし、急にお花をもらったり、ブランド品をもらったりして自宅に帰ってきたらどうでしょうか。

仕事の事がバレなくても、誰からもらったのか急な言い訳を考えなければいけません。

そしてなんと言っても怖いんです。

高額なものなら、それを出汁に何か脅してきたらどうしようと不安になりますし、ぬいぐるみなどの場合は中に盗聴器が入っていたらどうしようと恐怖に見舞われます。

何かプレゼントしたいと思っているなら渡す物の内容と日付けを事前に伝えてほしいですし、「気持ちだけで十分だよ!」という我々の言葉は「いらねぇよ」遠回しに伝えていることにも気が付いてほしいですよね…。

また、デリヘルの場合は仕事が前後に入っていることも良くあるため、花なんてもらっちゃったら明らかに違う人と会っていたことが相手にばれてしまいます。

サプライズなプレゼントはチップが一番嬉しい。これ大事。

プレイ中

セックス

一番ドン引くのはこのタイミング。

言い出したらキリがありませんが、よくある行動をご紹介。

1.「このまま出しちゃうよ!」という発言

男性はやはり支配欲がありますので、例えスキンを装着していてもこの発言をしたいという願望がある方が多いらしいですね。

サービス形態によっては本番行為を認められているお店もありますが、

冗談でも「このまま出すね!中に出すね!いくよ!」という発言はドン引くというより焦ります

「え?!もしかしてこの人いまノースキンなの?!」

「え?!まさか気が付かないうちに外された?!」

なんて思ってしまいますので、そう言われると自己防衛が働いて強制的にプレイを中断せざる負えなくなります。

ロマンにはかけますが、言いたいならプレイする前に「スキンはもちろん付けるけど、こういうこと言いたいから付き合って」くらい言っておいてもらいたい所です…。

本番するならソープランドへ行っておくれ…。

2.勝手にアナルへ指入れ

男性のアナルには前立腺があるから、責めてほしいと言われてもめっちゃ嫌だけど仕方がないなと思いますが、

女性がアナルで感じることはプロじゃないかぎり無い。

俺が開発してやる!

お尻が可愛くてつい!

そんな男性側の意見もありますが、アナルは同意が無い状態でやると高確率でNGですよね。

この時女の子側は最初「お尻はやめて?」と優しく言って忠告しますが男性は興奮してやめない。

やめたとしても少し時間が経ったらまあ指を入れてくるパターンもあります。

せっかく、仕込んだローションだってカッピカピになるよ。

気持ち良くなりたいならお願いだから言う事を聞けって感じです。

結論、アナルを楽しみたいなら、アナル専門店に行ってくれ~!

3.本番NG店での本強(本番強要)

凄く多い問題発言がこちら。

「ここが本番NGなのは知ってるよ?でもだからこそ本番したいんじゃないかぁ(ドヤァ)」

What’s happen?

大丈夫?この人日本語理解しているの?なんて思わずつっこみたくなってしまいますよね。

禁止されているからこそ、そのルールを破る行為を楽しみたいというクソ客です。

そんな発言頻繁にしていたら、行ける店も行けなくなって完璧出禁になることも承知なのでしょうか?

もちろん、お部屋を出たら即NGと報告です。

女の子の中には「怖くて本番をしてしまいました」という子も正直言うと存在します。

でもガンは元を絶たないといけません。

言われた時は笑顔でごめんねと言ってますが、

部屋を出た後の我々の顔は般若(はんにゃ)と化しています。

お客様は神様というけど、ルールを破るやつは糞でしかないのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したような内容は、絶対本人を目の前にしたら言えない事なのが辛い所ですが、いつか伝わると信じてお客さんを上手に正しい方向に我々風俗嬢が導いてあげるしかありません…。

当サイトキュリオスには、クソ客への対処法をまとめているページがあります。

なので、是非この記事に共感した人は読んでみてくださいね♡

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事