現役風俗嬢が「クソ客(痛客)の対処法」を伝授します【裏ワザ】

こんにちは!現役風俗嬢のねねです♡

毎度皆さんが苦しむお客さん。

そう「クソ客(痛客)」という存在。

痛客と判明した途端に耐久レースが幕を開けます。

今回はそんな「いるわ~!」というクソ客(痛客)客の特徴と対処法をご紹介します!

Qプリ広告

そんなの知らねえよ!「勝手に記念日おじさん」

バラを持った男性

まずは会話例から、

「いつも来てくれてありがとう〇〇さん!」

「俺も〇〇ちゃんに会えてうれしいよ!ねぇ見てこれ!(袋からシャンパンを取り出す)」

「ん?どうしたのこれ!(持ち込むのお酒嫌なんだけど…。)」

「…え?わかんないの?

「え?え、なんだろう?もしかして〇〇さん誕生日?(あ、なんか面倒くさい空気きたぞ)」

「…俺が〇〇ちゃんを指名して10回目の記念日。そっか。覚えてないんだな。」

「え!そうだったんだねゴメンね!じゃあ一緒に飲もう~!(めんどくせ~な~。覚えてないし、っていうかなんで10回目が記念なんだよお祝いする回数の設定とか知らねえよ!)」

プレイ中…

「俺さ、さっきも言ったけど、今日で10回目じゃん。」

「う、うん。そうだね!(嫌な予感)」

「10回目だしさ…そろそろ、いいかな。」

「うーん♡あ、おちんちん舐めてもいいー?(やめてやめてやめて!)」

そろそろさ、オマンコに挿れていいよね?

「おちんちん大きいね♡(言いやがった~聞こえない聞こえない!ひゃ~~!)」

ごめんね。記念するようなめでたいことは貴方と私の関係では発生しないよ。

意外に知られてないのが、風俗嬢は基本的に持ち込みのお酒や食べ物は嫌いなんですよね。

今の時代恐ろしいことに、持ち込んだ食べ物や飲み物に変な薬を盛られてレイプまがいなことをされたという風俗嬢もよく聞きます。

確かにアナタにとっては記念なのかもしれないけど、風俗嬢からすると若干の罰ゲームなんだよなぁ(白目)。

ていうか10回目だから挿れていいとかないから!

私らはポイントカード制度なんてありませんー!

こんなクソ客(痛客)への対処法

ズバリ、面倒ですがメモしていくしかありません。

そして、食べ物や飲み物に関しては、前もって言っておくこと。

この手の痛客は毎度会う毎に、今まで話した内容だったりを毎回話してきます。

なので「前にも話してた△△の話なんだけど~」という単語を何度も言ってくる人の場合は、今後もしかしたら「記念日おじさん」に成長を遂げる可能性があります。

いつ来店したのか、どんな話をしたのかを記録しておきましょう。

飲食の物に関しては、アナタしか長く指名していない場合は、お店のルールを勝手に変えてしまえばいいんです。

「最近こういう事件があったからね、うちのお店も厳しくなったみたい。確かにちょっと怖いよね。でもラブホにもシャンパンとか置いてるところあるらしいよね~!それだと安心だし!」

などの会話をして、デリバリーできるラブホを提案すると共に、持ち込みのものに対して嫌な気持ちになるということをふわっと伝えておきましょう。

本強は指名の回数が多くなると断り文句が無くなって来ますが、「いれちゃったら、私〇〇さんにもう会えなくなっちゃう…」と笑顔で言いましょう。気があることは確かなのでそれを逆手にとってマウントを勝ち取りに行くのが良いでしょう。

マンコに口はありません。「勝手にアテレコおじさん」

まずは会話例から、

素股中…
「あ~気持ちいいよ〇〇ちゃん!」

「うふふ♡ありがとうございます~。」

「次俺下になってしてもいい?」

「いいよ~!(自分が下だとおちんちん制御しにくいから嫌だなぁ~)」

「あぁ~いい!あぁ~!」

「あんっ私も気持ちいい♡」

ねえこのまま挿れていい?

「え!ダメだよぉ~。(何言い出すんだコイツ)

「だってほら、オマンコも“早くいれて~”って言ってるよ?ほらほら、こんなにヨダレも垂らして♡」

「えぇ~ダメだよ~怒られちゃうもん!」

「ほらオマンコも“お腹すいた~”って言ってるよぉ?我慢は体に悪いよぉ~?」

「……あははっ。おもしろーい(棒読み)」

なぁ、オマンコに口なんかついてないぞ?

喋ってんの聞こえたの?大丈夫?頭大丈夫?

多分これもAVの台詞からとかなんでしょうけど、勝手にアテレコするな気持ちが悪いな

こんなクソ客(痛客)への対応

ここで「マンコに口なんかないぞ幻聴聞こえてんなら病院行ってこいや」なーんて真顔で言うわけにもいきませんので、

笑顔で「悪いおちんちんどーこだ♡?」と言って体制を持ち直しましょう。

そう、「必殺奥義・アテレコ返し」です(笑)。

「あ、悪い子見つけた!」と言ってお客さんの気持ちいいポイントをフィニッシュに向けてもう攻めてしまってください。

恐らく「あ!いっちゃうよ!まだ勿体無いからいきたくない!」とか言う人もいるかもしれませんが「おちんちんが早くイきたいって言ってる~♡」でOK。

終わった後に大体「いやぁ~一本取られちゃったよ!」とか言って笑いが起きることもあります。

是非お試しください!

は?私にメリットが皆無なんだが?「暇ならおいでよおじさん」

まずは会話例から、

LINEにて…

「(不在着信)」

「(不在着信)」

「(不在着信)」

「(は?きも!なんだ突然!)どうしたの~!」」

「今日お店出てるの?●●(お店の最寄)あたりかな?」

「うん!今日も出てるよ~!来る?〇〇さん会いたいなぁっ。」

「何時に終わるの?」

「今日は2時だよ!来るなら待ってるよ~!」

暇なら飲みにおいでよ!おいしいご飯とかもあるし、そのあとエッチしよ!

「今忙しいから難しいな!っていうかエッチはダメ~笑!(ご飯とかいらないしなんで外で会わなきゃならんのだ)」

「大丈夫だよ!タクシー代も出すし、お店ではエッチできないけど外ならルールなんてないでしょ?

「ゴメン!今忙しいからまたね!(は?タクシー代だけで済まそうとしてんの?てめぇしかメリットないじゃねぇかよ。ていうかなんで私が誘いに乗ることが当たり前くらいの気持ちで来るの?自分の身を守るために、効率的に稼ぐために風俗やってんのにそんなのも分からないとかその時点でNGだわ)」

「いつにする~?」

「(未読無視しよ。とりあえず。)」

風俗嬢の中にも正直お客さんが若かったり、お金があったりする人だったり、見た目や中身や社会的地位に魅力がある人だったりすると、愛人になる人もいますけど…95%は無いと思っとけよって。

なんで店外がこんなに嫌なのかって、収入と拘束時間が割りに合わないからが主な原因だね!

確かにご飯代とかタクシー代を合わせると支払う側はお店に来ている時と同じくらいかかるのかもしれないけど、私たちは稼ぐためにこの仕事をしていることを忘れてはならない。

本当に外で会いたいなら、お店のスタッフも守ってもらえない状況だというリスクもあるので通常料金よりも高く出すくらいの覚悟をもって発言するんだな!

こんなクソ客(痛客)への対応

私は良くやっていたんですけど、デリヘルなどの場合「店外デートプラン」なんてものが存在していたりします。

ご飯→ホテルなのか、ホテル→ご飯なのかは人によります。

店外デートプランは、それぞれの場所に移動する際にお店に連絡を入れて普通にデートのように楽しみます。

もちろん、特殊なプランということで支払う料金が高くなります

料金をお客さんに伝えて上で「それでもいいよ」と言ってくれるような太客だけを選ぶようにしましょう。

プレイの時間も決まっているし、店外で会うよりよっぽど健全です。

もし、お店に無かったら提案してみるのもアリかもしれません。

お店の売上に貢献すれば、ボーナスをくれる良心的な店舗もあります。

まとめ

いかがでしたか?

痛い客は癖も強いし、空気が読めない人が多いので我々風俗嬢は手を焼きます。

しかし、クソ客・痛客を上手にかわせるようになったら大分ストレスが軽くなっていくでしょう。

上手く反撃して、少しでも働きやすい環境を整えていきましょうね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事