風俗業界でのセクハラ問題

一時期社会問題にもなったOLや働く女性に対するセクハラ。

時代の流れで近年は意識も高まり、セクハラ問題は少なくなってきました。

しかし風俗業界のセクハラは少なからずあり、未だに後を絶ちません。ここではそんな風俗業界での風俗嬢に対するセクハラについて説明していきます。

もしもセクハラで悩んでいる人はもちろんの事、風俗業界で働きたいと思っている人も一度は目を通してみてください。

風俗でのセクハラの確率

大人のカップル画像

風俗でのセクハラは実は一般企業より低いと言われています。

これは水商売全般に言える事ですがキャストとスタッフの恋愛を禁止している、と言うのが理由と言われています。

風俗店や水商売の店にとってキャストは商品であり、商売道具でもあります。

その商品に手を出すという事がNGなのは誰が見ても明確でしょう。

万が一キャストを相手に手を出した事により店との関係が悪化したり、退店などになってしまったら損害が出るのは店側です。その為お店側もその様なトラブルが起こらない様に徹底されています。

キャストの扱いに差が出てしまうと、職場に不満が出るのは当然です。厳しい店になると恋愛は勿論の事、私情を挟む様な関係自体が禁止されています。

男女間の恋愛に関して一般企業は基本的に規則を設けていません。しかしここまで明確なルール付けがされている以上、風俗で恋愛に発展するような事は基本ありません。

恋愛だけでもこれだけ厳しいのですからセクハラを行うような人は即NGとなります。

風俗はセクハラが横行しているというイメージがある人もいるかもしれませんが、働こうと思っている女性には安心して貰えればと思います。

キャストとスタッフの関係が健全な優良風俗店を探している女性はコチラ

セクハラが横行している店は優良店とは言えない

寝転がってタブレットを見る女性

しかし、そんな中セクハラが横行している店も存在します。

風俗は裸になりエッチな事をするのが仕事です。

しかしお客さんとの間には金銭が発生しておりそれは立派な仕事となります。

それを勘違いして、自分の立場を利用してセクハラを行う店長や風俗嬢にはセクハラをしても良いと勝手な妄想をするスタッフなどにはしっかりとNGを伝えるようにしましょう。

直接触られる、下ネタなどを言われるのは勿論の事、デートに誘われる、付き合おうと言われるのもセクハラとなります。

この様な評判はあっという間に女の子の間で広がってしまいます。お店側も、働いてくれる女性がいなくなることは大打撃です。

その様な事をしている店は遅かれ早かれ潰れてしまいます。万が一セクハラ、又はセクハラに該当するような思いをした場合は我慢をするのでは無く早めに退店などを検討した方が良いでしょう。

スタッフの教育がしっかりとできている優良風俗店に転職を考えている方はコチラ

講習でセクハラは普通じゃない

女性の陰部SOS画像

良くドラマや映画などで風俗店の店員が自ら講習を行う、なんてシーンをよく目にします。

しかし、実際の風俗店でその様な風俗嬢に対して直接セクハラ講習を行う店はほぼありません。

最近では女性の講習員が指導を行ったり、実技講習が無く、DVDで指導したりが普通となっています。

やむを得ず男性が指導する場合も、複数人が同時に講習を行うなどセクハラに該当しない様に配慮されるのが普通です。

しかし、そんな中でもセクハラ講習を行う店が存在するのもまた事実です。

講習の際にやたら体に触られたり抜きまでやらされる(普通はフィニッシュまで行いません)、本番を強要されるなどした場合は拒否してください。

優良店ではその様な講習はまずありません。たとえその場限りだったとしても、長くその店で働く事は難しいでしょう。

もちろん、その様な講習を行っているとあっという間にキャスト間で広がってしまいます。セクハラ講習の噂を耳にしてしまった場合は入店を考えた方が良いかもしれませんね。

もしもセクハラを受けた場合は…

危険画像

もしもあなたがお店のスタッフからセクハラを受けたとします。セクハラは立派な犯罪ですので我慢する必要はありません。

泣き寝入りは解決にならない上に、更なるセクハラの助長となってしまいますのですぐに行動に移すようにしてください。

一般企業であれば、労基に駆け込むなどする事も出来ますが、風俗で働いてる場合はその様な機関は存在しません。

相談する場合は必ずその該当者の上席の人にする様にしてください。スタッフなら店長、店長ならマネージャーやオーナーなど該当者を指導、処罰できる人にしましょう。

キャストはお店の商品です。キャストからの被害、相談であればよほどの事が無ければ対応してくれるでしょう。

また相談するときには録音や動画を撮ったりなど証拠になるものを持って相談すると対応してもらえる可能性一段と上がります。

セクハラは下手をすれば警察沙汰にもなることなので、動画などがあればほぼ確実にお店側は何かしらの対応をしてくれるでしょう。

しかし相談したけどはぐらかされたり我慢するように言われた、報復の様にセクハラが悪化した場合などは、すぐに店を移るなどした方が良いでしょう。

オーナーなど誰にも相談が出来ない立場の人からのセクハラだと、もみ消される事がほとんどです。我慢しても解決にはなりませんので早急に行動に移す方が良いです。

ここで注意したいのがキャストに相談する事です。セクハラとは言え男女間のトラブル、相談したキャストがその情報をどの様に受け取るかはわかりません。

面白おかしく噂にされたり、その事が更なるトラブルのきっかけになるなどの危険もあります。キャスト間での余計なトラブル回避する意味でも、例え仲が良くても可能な限りキャストにセクハラの相談は控えましょう。

優良店であれば安心して働ける

セクハラ被害に遭わないようにするには、しっかりと運営している優良店で働くのが一番です。

お店を探す際には、一定基準を満たしている求人サイトに掲載されたお店の中から探すようにしましょう。

キャッチなどを利用しているお店だと、セクハラが横行しているお店を紹介される危険性もあります。

安心して長く働くには、お店選びが何よりも重要となります。

ここまで読んでセクハラ被害に遭わずに仕事をしたいと思う女性はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね