Qプリ

障害者専用のデリヘルは性の介護

障害者の人も、通常の男性と同じように性欲はあります。

その性欲の解消方法として近年注目されているのが、障害者専用風俗を利用した方法です。

その中でも障害者専用のデリヘルは、既にビジネスとして確立されつつあります。

ここでは、そんな障害者専用デリヘルの実態とその仕事内容について説明していきます。

障害者と風俗

素股イメージ画像

 

障害者でも同じ人間ですので、性欲は溜まります。

しかし、その性欲を自身でうまく処理出来ない事が問題視されていました。

家族などがその処理を行う事は、本人にも家族にも大きな負担となります。

相談しにくい悩みである為、今まで表舞台に出る事はあまりありませんでした。

しかし、近年は書籍や映画の影響で、その存在も徐々に認知されつつあります。

障害者の方も、健常者と同じように風俗のサービスを受ける事が出来るようになりつつあります。

障害者専用デリヘルとそのニーズ

仮面の女性

いくら障害者の風俗が認知されてきているからと言っても、実際に利用するにはいくつもの問題点があります。

店舗型の風俗に障害者の人が行こうと思っても、健常者の人の付き添いが無くてはなかなか行くことが出来ません。

もちろん、他の人の視線も気になってしまいます。

そんな中、デリヘル業は場所を問わずサービスを行う事が出来るので、障害者の性について悩んでいる家族に大変重宝されています。

自宅などで、お金を介して女性に性処理をしてもらえる。

その手軽さから現在ではただの風俗サービスでは無く、一種の介護サービスとして認知されつつあります。

しかし、介護ビジネスとしては認められていませんので、介護報酬は受け取る事が出来ません。

倫理的な問題も付きまといますが、この先拡大の見込みのある、立派なサービスと言えるでしょう。

障害者専用デリヘルで働く前に知っておきたいこと

口コミ

障害者専用デリヘルは、通常のデリヘルよりも料金割高に設定されています。

特殊なサービスである為、働く際の難しさも増してしまうことを理解してください。

真剣に障害者への取り組みをしている店では、研修や講習をしっかりと行いますので、働く上での心配は軽減されます。

介護の資格などは特に必要ありません。

介護のプロが、どのように接したら良いのかをしっかりと指導してくれます。

介護関係の資格を持っていたら優遇される可能性もあります。

障害者専用デリヘルのメリット、デメリット

障害者用デリヘルで働くにあたってのメリットは存在します。

もちろん、デメリットも存在します。

障害者用デリヘルで働くにあたってのメリット・デメリットを紹介します。

メリット①:料金設定が高い

メリット

メリットとして挙げられるのは、健常者用の風俗に比べて料金が高く設定されている事です。

男性の利用料金が高いということは、必然的に女性へのバックも高くなります。

しかし、オプションなどの設定が無い、または少ないので、その様なサービスでのバックには期待が出来ません。

実際に障害者専用デリヘルで働く人の中には、元介護士や看護師などの経歴を持つ人も多くいます。

お世話をする事は多いけれど、普通の風俗より何倍も感謝をされるので、その気持ちが嬉しい、と口を揃えて言うそうです。

時には例外もありますが、基本的に乱暴に扱われることは少なく、また家族などが常に近くにいる為安心して働く事が出来るのもメリットでしょう。

メリット②:リピート率の高さ

メリット

障害者用のデリヘルは数少ないので、選択肢が限られてしまいます。

なので、通常のデリヘルと比べてリピート率が非常に高いです。

バック料金の高さ×リピート率の高さ

で、他にない超高収入が期待できます。

メリット③:社会に貢献できる

メリット

障害者の対応が可能な風俗嬢(デリヘル嬢)というのは、かなり少ないです。

少ないからこそ貴重な存在です。

店舗のスタッフやお客様やそのご家族からも感謝されます。

人からの感謝は生きる糧(かて)になります。

デメリット①:倫理問題(りんりもんだい)

デメリット

デメリットとして挙げるとすれば、倫理的な問題です。

障害者の性をビジネスとしている以上、仕方のない事ではありますがその様な批判を受ける事も少なくはありません。

また、障害者の方が常に風俗を利用するわけでは無い為、需要も少なく、市場が狭いのも現状です。

しかし、一度サービスを利用した方からのリピート率は、健常者デリヘルと比較にならないほど高いと言われています。

サービスの難易度も高く、決して楽な仕事ではありませんが、お客様に感謝をされるビジネスであるという事は間違いありません。

障害者専用デリヘルの今後について

朝焼け

前項でも説明した通り、現在は介護ビジネスとして認められてはいませんが、今後法整備が進めば介護ビジネスとして認められる可能性もあります。

介護ビジネスとして認知されれば、介護報酬を受ける事が出来、障害者デリヘルという業界自体が拡大される可能性も秘めています。

また、現時点では資格を必要としませんが、この先資格が必要になる可能性もあります。

通常の風俗に比べると、仕事としての認知度が上がる事はこの先間違いないでしょう。

障害者用の風俗求人の探し方

風俗嬢になるには、風俗の求人に応募する必要があります。

しかし、どの求人を見れば良いのか分からない、どの求人情報サイトを見れば良いか分からない。

という疑問に当たります。

なので、当サイトが独自で調査した風俗求人サイトをランキング形式で紹介します。

第5位 Motto!スカウトパラダイス

総合評価3.0

Motto!スカウトパラダイス

Motto!スカウトパラダイスは、2005年から13年間運営している女性専門高収入アルバイト情報サイトです。

Motto!スカウトパラダイスでは、希望のお仕事の検索がしやすいように、 ソープランド、ホテヘル、ファッションヘルス、SM系、デリヘル、ピンサロ(ピンクサロン)、 エステやプロダクションなど、業種一覧メニューも掲載しています。

スカウトメール機能もありますので、探しきれない方も安心して利用することができます。

強い地域は「中国・四国」「九州・沖縄」「北関東」「北陸甲信越」地方の掲載店舗数が比較的多めになっています。

日本の一番の繁華街である東京があんまり強くないため、ここでは5位とさせていただきます。

Motto!スカウトパラダイスの評価
求人数 4.0
サイトの見やすさ 3.0
口コミ評価 3.0

>>>Motto!スカウトパラダイスをもっと詳しく知りたい方はコチラ<<<

第4位 ミミロケ

総合評価3.5

2019年に新規参入してきた「ミミロケ」第4位!

今、非常に勢いのある風俗求人スカウトサイトです。

特徴はお店の情報量が多く匿名登録が可能で女性の喜ぶ機能が備わっており、気になったお店とサイト内でチャットが出来るお手軽さが人気の秘訣です。

新しいサイトだけあり様々なスカウトサイトの良い所だけを凝縮したようなサイトです。

店舗数も徐々に伸びており将来有望な風俗求人サイトです。

ミミロケの評価
求人数 4.0
サイトの見やすさ 3.0
口コミ評価 3.5

>>>ミミロケをもっと詳しく知りたい方はコチラ<<<

第3位 365日マネー女子宣言

総合評価4.0

365日マネー女子宣言
総合風俗求人サイト第3位365日マネー女子宣言です。

風俗関連の検索キワードで上位表示されるほど、知名度もあり、掲載店舗数も豊富です。

365日マネー女子宣言では、人気のスカウト機能がありますので、自分でお店を探すのが面倒だという女性にはピッタリの求人情報サイトです。

365日マネー女子宣言のサイト内で露出が高い店舗ほど広告予算を持っているので女性も働くと高収入が期待できます。

365日マネー女子宣言の評価
求人数 4.0
サイトの見やすさ 5.0
口コミ評価 3.0

>>>365マネーをもっと詳しく知りたい方はこちらコチラ<<<

第2位 ぴゅあじょ

総合評価4.5



女性向け転職、バイト情報サイト「ぴゅあじょ」第2位!
お仕事探しをより楽しく安心に、満足できるものにする高収入求人サイトです!

ぴゅあじょにはうれしい4つのポイントがあります!

  1. 匿名で登録するだけでお店からスカウトが来る!
  2. メールアドレス非公開で、全国のお店に応募できる!
  3. 今日からスグお仕事できる「今日働きたいアピール」
    今日働きたいアピール機能を使えば今から働けるお店からスカウトがきます。
  4. シフトが選べる!高収入がゲットできる!
    自分の都合で働けるから、とっても効率よく稼げます!
ぴゅあじょの評価
求人数 4.5
サイトの見やすさ 4.0
口コミ評価 5.0

>>>ぴゅあじょをもっと詳しく知りたい方はコチラ<<<

第1位 Qプリ

総合評価5.0


堂々の第1位の風俗求人サイトが「Qプリ」!

Qプリでは女性会員に交通費2,000円および入店祝い金1万円を支給する「Qプリ保証」という独自のシステムがあるので通常応募よりもお得です。

スカウト機能があり、簡単なプロフィールの登録でお店からスカウトが届きます。

店舗登録数も非常に多く、悪質店を徹底的に排除して、優良店ばかりが集められており、女性からの支持が高いです。

Qプリの評価
求人数 5.0
サイトの見やすさ 5.0
口コミ評価 5.0

>>>Qプリをもっと詳しく知りたい方はコチラ<<<

合わせて読みたい記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね