風俗のキャスト同士イザコザ画像
Qプリ広告_目次下_600_400

風俗で知り合った中=割り切った関係が正解の訳

女の喧嘩

風俗バイトに限らず、対して仲良くもないのにプライベートの事やプライバシーを無視して人の心に土足で上がってくる人って周りにいませんか?

「知り合って間もないし、ここは学校でも、サークルでもないのにそこまで聞く?」

そんな経験をされた方は多いのではないでしょうか?

まして風俗業界では暗黙の了解で、同僚だろうが人のプライベートに踏み込むのはタブーとされています。

そもそも各自訳あって風俗で働いてるので、聞きたくなければ聞かないのがルールです。

この記事では、風俗バイトで知り合った同僚とプライベートで干渉する事で起こりうるデメリットを解説します。

近年ネットでのバッシング等で事件に発展するケース

最近、テレビやネットで多く見かけるのが、SNSなどを通じて匿名でのアンチやバッシングを理由に叩かれたターゲットが社会的復帰が出来ない状況まで追いやられしまう事が多発しています。

残念ながら、自身の名前や個人情報を下手に他人へ曝け出す事でネット上で猛烈に叩かれるのがリアルなネットの現状です。

著名で相手を叩ける事を良い事に、

  • 個人情報の特定
  • 職場の特定
  • 交際者の特定
  • 住所の特定
  • ネットストーカー 

など、一言で言えばキモい事を平然とやる日本人が多いと言う事です。

心が強いと自身で思っていても、それをへし折ろうと必死になる匿名のアンチが大量に湧いてでるイメージです。

最悪は被害者が自殺してしまうケース

現状、ネットが急成長した事でネット上のアンチやバッシングなどに対する、事実確認や事件性を法的に処理するまでには相当な時間と労力が必要となります。

コンサルタント
どれだけ対応が遅いかと言うとイメージとしては、ストーカー被害にあっている事を事前に警察へ相談しても、事件性を立証するまでに時間がかかり過ぎて被害者がストーカーによって殺害されてしまう最悪なニュースを見る事があると思います。

上記の件は現実での話ですが、それがましてネット上の事で加害者が匿名になると、加害者を特定するまでにさらに捜査は遅れます。

またその様な、ネットでのバッシングに関する警察への被害届は計り知れないでしょう。

風俗で働いてる事・働いてた事も他言無用

上記でも解説しましたが、ネット上でのアンチやバッシングなどによる被害が多発している世の中です。

まして風俗で働いてる以上、何かしらの事情があると思います。

聞かれたくない事、「逆に聞かなけれぼ良かった」と感じる事を耳にする機会が多いのも風俗業界では特に。

同じお店で働く風俗嬢同士が仲良くなる事はけして悪い事ではありませんが、あまり深い入りしない方がお互いの為でもあります。

風俗嬢同士で教えてはいけない・聞いてはいけない項目

以下の項目に該当する内容はいくら仲良しだからと言って、同僚の風俗嬢へ教えてはいけません。

  • 本名
    (個人名義が分かるLINEやSNS)
  • 住所
    (言うまでもないです)
  • 彼氏や旦那の情報
    (働いている事をバラすなどの脅迫される元)
  • 今まで働いてた店
    (個人情報を特定される可能性あり)
  • 収入・バック率
    (嫉妬や妬みに発展する可能性大)
  • 働いている理由
    (叩かれるネタにされる可能性大)

コンサルタント
これらの事を聞かれても答える必要はありませんし、万が一白状してしまうと、あなた自身が圧倒的に不利な状況になったり予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう危険性があります。

逆に気になったとしても聞けば間違いなく煙たがられるどころかウザがられますのでご注意を。

風俗バレ対策してますか?彼氏・旦那・親にバレない為に絶対するべき項目

風俗嬢同士で深い入りしない方がいい理由

上記でも解説ましたが、風俗で働く女性には人には言いづらい様々な事情があって当たり前です。

  • 家族の事
  • 離婚の事
  • 依存症や借金の事

など、働く理由は様々です。

風俗業界にどっぷり浸かっていたり、風俗慣れしてる、割り切ってる女性ならまだしも、隠密に風俗で働く女性、風俗で働いている事を隠したい女性も少なくありません。

誰だって触れて欲しくない事の一つや二つあって当たり前です。

悪気がなく聞いた事ても相手には不快でしかない事もあります。

コンサルタント
ただただ、話をしたい、コミュニケーションをとりたいだけだったかも知れませんが、風俗で働く以上は各自様々な事情がある事を理解した上で、プライベートに関する内容は控えましょう。

1人に話す事で起こり得るトラブル

力む女性

もしあなたが風俗で働いている事を隠したい、隠密にと考えてるとしましょう。

結果から申し上げると、風俗嬢の同僚1人に話せば店の全員に話が漏れます。

相手を信用したからと言って、どれだけ口止めをした所で無駄です。

仲の良いキャストやスタッフに漏れるくらいならまだしも、全く話した事がないキャストやスタッフにも噂話は広がります。

ここからは実際にプライベートに関する個人情報などを話してしまった事であなた自身に起こりうるリスクについて解説します。

「身バレに繋がる」

今働くお店の同僚のキャストがこの先もずっと仲がいい事はまず無いと思ってください。

今は仲良かったとしても、数ヶ月後には喧嘩になってお互い憎しみあう仲になる事が実際にあります。

その際、あなたが万が一

  • 本名(SNSを含む)
  • 住所

などを伝えてしまっていた場合、嫌がらせでネット上に個人情報を書き込みされる危険性があります。

「妬みによる嫌がらせ」

風俗業界では特に稼ぎ(指名本数・バック率)に関する話は女性同士の妬みに繋がる可能大です。

もちろん風俗業界に限らず世間一般でも、収入や生活レベルの差に関する妬み嫉みは日常茶飯事ですが。

例えば、あなたが風俗バイトで満足できる金額を稼げてたとしましょう。

あなたの感覚で日常の

  • 買い物
  • 外食
  • 持ち物
    (装飾品・車など)
  • 彼氏
  • スタッフとの友好関係

の話を他のキャストに話したり、InstagramなどのSNSで投稿したとします。

コンサルタント
話した相手がもしもあなたより日常の状況が悪く、とにかく余裕がない状態の場合、女性同士では特に自慢話でしかなく妬み嫉みに発展する可能性大です。

女性同士のトラブルはこう言ったお金・生活差などに関して特にシビアなので日頃注意する必要があります。

妬み嫉みによって、職場内に変な噂やSNSなどにアンチコメントが書き込みされたりする被害があります。

「盗難被害」

妬みや嫉みの発展系で盗難被害に遭う可能性があります。

例えば、店舗型の風俗店で働いてる場合、あなたの不在時に私物

  • 洋服
  • カバン
  • 財布
  • 装飾品・貴重品
  • 給料明細・通帳

などをロッカールーム、控室などで盗難被害にあう事が実際にあります。

お店側の管理不足と言う事で、保証してくれればラッキーですがその様な事態になると気持ち悪くて出勤する事すら嫌になってしまうでしょう。

また、給料明細などを見つける為にゴミ箱を漁られた女性も実際に存在します。

給料やお金に関する事は絶対に言わない事が重要

上記でも解説しましたが、風俗嬢同士の収入に関する話は無駄なトラブルに発展するのでしないに越したことはありません。

キャバクラなどのナイトワーク意外にも、一般職のOLでも同業者同士で給料の話はしたり聞いたり基本的にしません。

まして完全歩合性である風俗バイトで稼ぐライバル同士であれば尚更です。

また、金銭トラブルは一度発生してしえば復旧するのはほぼ無理だと思ってください。

せっかく調子良く稼げていたのに、退店したり他の店に移籍しなければならなくなるリスクがあります。

何より仲良しだからと言って収入を聞くのはマナー違反です。

もしもあなたが聞かれた場合でも

  • 「内緒」
  • 「言えません」

と回答することがお互いの為です。

それ以上聞いてくるとするなら、今一度関係性を改めるべきです。

まとめ「キャスト間の友情は不要?」

風俗バイトで働く以上、各自金銭的な諸事情があるのが前提として、キャスト間の友情が芽生えるか?と聞かれれば確かにあるかも知れませんが、あくまでライバルであることを忘れてはいけません。

確かに、日常的に顔を合わせる機会もあるかもしれませんし、仲の良い友達が職場にいてくれた方が楽しいし、気が楽になることもあると思います。

しかし、風俗バイトで稼ぐ初心を忘れないでください。

友達作りに働いている訳ではありません。

あくまで仕事、お金を稼ぎに行っているのです。

風俗業界はキャストの入れ替わりが激しい

風俗業界ではキャストの入れ替わりが激しいのが事実です。

中には、一生の親友(ズッ友・心友)が出来たと話す風俗嬢も存在しますが、それは極稀な話。

昨日まで友達だった相手が敵になる事も、急に退店してしまう事も決して珍しい事ではありません。

もはや日常茶飯事です。

同じお店に所属はしていますが、他人でありライバルだと言う事で割切り、深入りしない事をオススメします。

風俗で働いている事がバレる原因とは?風俗嬢なのか判断される基準

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事