ロングコース男性画像
ポケットワーク広告_目次下_600_400

ロングコースで利用してくれる男性が求めている事

富裕層男性画像

風俗店の料金システムには、様々な時間設定が存在します。

料金設定は働くお店によって異なりますが、

  • 60分コース
    ※スタンダード
  • 75分コース
  • 90分コース
    ※利用率高め
  • 120分コース
  • 150分コース
  • 180分コース

などの時間設定が用意されています。

初回であれば基本的に60分コースを選択する男性が大半です。

しかしそんな中でも初回から120分〜180分コースを選択してくる男性客も存在します。

確かにロングコースでの利用で指名された女性は、その日の日当も2軒分確約できますし、相性が良いお客さんであれば気分的にも楽になります。

ただ、その男性客と初対面で尚且つ「無口で何を考えてるか不明な人だった場合どうしよう」と考える女性もいると思います。

この記事ではそんなロングコース〜超ロングコースを利用する男性客について解説していきます!

大衆店・激安店ではショートコースの利用が大半

風俗店は業種やお店のランクによって時間設定・料金設定が異なってきます。

基本的に、利用料が安いで売り出す大衆店や激安店ではショートタイムが主流で、利用する男性客の特徴は

  • 大学生
  • サラリーマン
  • ガテン系
  • 警備員

などの職に就く男性方の来客がメインとなります。

また大衆店や激安店では、30分コースと言った超ショートコースの設定もあります。

実際に60分コースの利用でもシャワーなどの時間を除き「プレイ時間だけで考えれば30分あれば十分だ」と言う意見が、大衆店や激安店では多く寄せられた事で超ショートコースが存在します。

大衆店や激安店は回転率が良い

上記でも紹介した通り、大衆店や激安店では一回の利用料金は安いものの、利用する男性は多いいので常に回転しています。

確実に日当を稼ぎたい女性や、容姿に自身がない女性には、大衆店や激安店はオススメです。

高級店は利用料が高い分プレイ時間も長くなる

風俗店は高級店になればなるほど、一回の利用料金も高額な分、プレイ時間も長く設定されています。

上記でも紹介しましたが大衆店などの場合、30分コース〜時間設定が用意されているのに比べて、高級店では110分コースが主流で利用する男性客の特徴は、

  • 会社役員
  • 開業医
  • 地主

など働く地域にもよりますが、富裕層の男性方が多くなります。

フリー客と指名客の違い

風俗店を利用する男性客には、

  • 女性を選ばず誰でも良いからサクッと抜きたいと言ったフリー客
  • 好みのタイプ女性を指名してカップル気分も味わたい指名客

の2パターン存在します。

フリー客の場合は基本的に短時間コースの利用がメインで、指名客はカップル気分も同時に味わいたい事もあるので、比較的ロングコースを利用する傾向があります。

指名客はガチ恋に発展する可能性が高い?

上記の通り指名客は指名してる風俗嬢に対して、恋心を抱く事があるとされています。

この場合風俗用語ではガチ恋と言われています。

キャストに恋をしてしまっている通称「ガチ恋」客の場合、コース設定の無い半日、時には終日貸し切りなんていう利用の仕方をする男性客も存在します。

フリーでロングコースを利用する男性客は何者?

そんあ中、突然遭遇する

  • ネット指名のロングコース
  • フリーのロングコース

を選択する変わった男性客が存在します。

何を求めて、どんな遊び方をしたいのか不安に思う事もあるかもしれません。

当然、初回利用のお客に対してお店側も警戒します。

初回フリーでロングコースは本番目的?

初回利用からロングコースを選択する男性客は一体なにが目的なのでしょうか?

それはズバリ、本番目的である事が大半です。

  • 若くて成功をしている
  • 容姿に自身がある
  • 他店舗への引き抜き目的

など、自信家である男性客が初回からロングコースを利用する事で自身の承認欲求を満たしているケースがあります。

もちろん、自信家である男性なので本番NGのお店だろうが、風俗嬢から「特別に本番OK」と言った甘い言葉を狙いガチとなります。

そう言った男性が嫌いじゃない女性も多く、実際に本番を許す風俗嬢も実際に多く存在します。

本番行為を容認する風俗嬢の実態!飽きられず指名に繋げるテクニック

一番ヤバイのはショートで本番強要をする痛客

うんこ

風俗店を利用する男性客の中には痛客と言ったクソ客が存在します。

痛客(ヤバイ奴)の特徴としては、

  • 本番強要
  • 性癖が特殊
  • 会話が成り立たない薬中

を指します。

ただし安心してください。

実際に痛客と遭遇した場合、待機してるお店のスタッフへ通報する事で、上手く対処してくれます。

本番強要してくる客はお財布事情も精神的にも乏しい人

痛客の中に存在する本番強要をする男性客の心境として挙げられるのが、

  • 「こんだけ高い金払ってるんだから本番させろ」
  • 「ロングで指名してるんだから挿入して当たり前」

など、理由は様々ですが人として男として乏しい事は確実です。

風俗で働く以上実際に本番強要をしてくる男性客は一定数存在しますので「ロングだからと言って特段多いわけではない」と思いつつ常に警戒しておきましょう。

本番強要する痛客は、ロングだろうがショートだろうが関係ありません。

プレイ料金の高い安いはお客さんのお財布事情によって様々です。

ロングコース3万円が「高い」と感じる男性もいれば「安い」と感じる男性もいます。

高いと感じる男性からすると「高い金払ってるんだから」と思うかもしれません。

しかし「安い、普通だと思う男性」は「本番でもしないと元が取れない」とは思わないのです。

ロングコースで具体的に何を求められるのか?

上記でも解説した様に、本番強要をしてくる痛客じゃない限りロングコースを利用する男性客は実際に何を求めているのでしょうか?

結論から言えば、特に何も求めていないが正解です。

ロングコースを利用するからといって「時間をフルに活用してプレイを楽しみたい」と言う絶倫客は稀なケースです。

基本的には、

  • プレイ前にルームサービスを利用して食事を楽しんだり
  • お酒を一緒に飲んで恋人プレイを楽しんだり

などシュチュエーション重視でゴール(抜き)が確実な疑似恋愛を求められる事が大半です。

ロング+指名で楽しむ男性は富裕層の可能性大

実際にロングコースを利用する男性客で特にお金や時間を気にしないタイプの男性客は、リピートになっても遊び方はさほど変わらない傾向があります。

ロングコースを利用している分、一回に支払う料金は高額になりますが、それでもあなたとの時間を楽しみたいと望んでいます。

毎回ロングで指名してくれるリピート客に対して、

  • 「本番を容認するべきなのか」
  • 「なにか特別なお礼をするべきなのか」

と考えてしまう女性も多いいですが、特に下手に気を遣う必要はありません。

遊び方がキレイなリピート客を獲得する為に重要な事

風俗遊びが大好きな富裕層の男性客を接客する機会があった場合、特に特別な接客は不要だと解説しました。

理由としては、お金持ちの場合フリーでロングコースという遊び方は特に珍しい事ではありません。

その男性客にとってそれが普通で、偶然会ったあなたに何かしらの思い入れがある訳でも、お店やサービスが気に入っているわけでも無いのです。

「時間を気にしてプレイするくらいなら、ロングで疑似恋愛を含めつつ楽しみたい」

富裕層の男性の考えることは一般人にはよくわかりませんが「何か特別を求めているわけではない」という事を念頭に置いておくと良いでしょう。

お客さんの見極めは慎重に

 

風俗を利用するお客さんは様々なタイプの男性が存在します。

  • 暇だからロングコースを利用する男性
  • ガチ恋で少しでもあなたと一緒に過ごしたい男性

何よりトラブルになりそうな人や、問題のある利用をする人はお店の人が厳しく対処をしてくれますので、そういう固定概念を持たずに接客するようにしてください。

もしもロングでしか遊ばない、お金持ちのお客さんだとしたら、思わぬ太客になるかもしれませんよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事