風俗店のスタッフはヤクザ・暴力団・半グレばかり?知られざる真実とは
ポケットワーク広告_目次下_600_400

風俗店で働くスタッフはどんな人が多いいと思いますか?

チンピラ画像

「風俗」と聞くと一般社会で生きてる方からするとやはり「黒い」イメージが先行する事が大半なのが事実です。

  • 「実は半グレ系の怖い人が経営してるんじゃない?」
  • 「ヤクザ(暴力団)との繋がりがあるんじゃないか?」

とか。

しかし、今のご時世そんなことはまずありません。

コンサルタント
「風俗で働きたい」けど躊躇してしまう原因の一つが風俗業界のスタッフの事なのであれば「その心配は必要ない」と言い切ってしまって良いでしょう。

この記事では、そんな風俗店のスタッフの特徴など詳しく解説していきます。

映画や漫画のイメージに影響され過ぎ注意

風俗のスタッフと言えば、映画や漫画では裏社会の住人で

  • 暴力団(ヤクザ)の下っ端
  • 元ヤクザ
  • 前科持ち
  • 半グレ

など普通の感覚がある方なら絶対に関わりたくない人種の「ザ・怖い人」が働いてるかの様に書かれている場合がほとんどです。

働く風俗嬢は性奴隷の様に扱われるイメージも大間違い

訳あって風俗店で働く風俗嬢は、

  • 「一度踏み入れたら辞めさせてもらえず、無理なサービスなどを強要される」
  • 「休みもろくにもらえず稼ぎも少ない」

なんて描写は良く見ますが、実際にそんな事はまずありません。

このご時世、そんな店があったらあっという間に噂が広がってしまいますし即刻、

  • 検挙
  • 摘発

の対象となります。

コンサルタント
何よりそんな店の悪評が広まってしまったらお店もやっていけませんし、女性も集まってきません。これらは映画や漫画の読み過ぎ、影響され過ぎと思って良いでしょう。

風俗業界は暴力団排除条例のど真ん中

特に近年は法改正もされ、国の意向により暴力団排除条例が激化した事で風俗業界において裏社会との結びつきはまずなくなったと思ってよいでしょう。

また、業界全体も「よりクリーンに・働きやすい環境を」という風に動いています。

もしも万が一、昔の映画や漫画のような暴力団(ヤクザ)や反社との繋がりがある店が存在する場合、警察へ通報すればあっという間に閉店に追い込まれてしまうでしょう。

実際の風俗店で働くスタッフの特徴

ではここからは、現実世界で実際に風俗店で働くスタッフの特徴について説明していきます。

1「子持ちのパパ」

ビックダディ画像

風俗店で働く男性は、異常なくらい子持ちの男性が多いです。

それも子沢山なパパが多いように感じます。

少子化のご時世に逆行した、子沢山のお父さんが子供たちの為に一生懸命に働いていることが多いでしょう。

しかし風俗店は、労働時間も長い為、子持ちのお父さんスタッフはいつも疲れた顔をしているのが特徴です。

2「一般職からの転入組」

風俗店のスタッフには、ビックリするような高学歴だったり経歴の持ち主が働いていたりします。

  • 元ホテルマン
  • 元料理人
  • 元サラリーマン
  • 元商社マン
  • 元自営業

など、その職種は様々。

風俗業界では一般職を経験したことのある男性スタッフは、そうでない男性スタッフと比べて接客面で余裕があります。

特に敬語などやマナーはしっかりしていることが多く、そういう点では安心できます。

3「草食系・オネエ系」

風俗店のスタッフにはなぜかおとなしい、草食系の人が多いのが特徴です。

ヲタクやオネエ系などちょっと変わった男性スタッフもいます。

4「ヤンキー・元ヤン・半グレ・チンピラ」

  • 風俗で働きたい!
  • 高時給を稼ぎたい!

という男性に風俗業界では、学歴や経歴は関係ありません。

つまり、昔ヤンチャだった、現在進行形でヤンチャな男性スタッフも中にはいます。

しかし、それはどの仕事、バイトも同じです。

逆に言うと、風俗で働いているスタッフは、お客さんに顔が見られる接客業なので、あからさまにヤンチャという男性スタッフは少ないのかもしれません。

もちろん中には強面な男性スタッフもいます。

見た目だけだとモロ、というスタッフもいます。

しかし、彼らは怖がられたくないからか、女性には優しい男性が多い印象です。

人は見た目ではない、と言いますが、見た目で判断しないようにしましょう。

強面な男性スタッフは迷惑行為の抑制になる?

風俗で困るのは面倒な客です。

など、風俗で起こりうるトラブルを上げるとキリがありません。

しかし、サービス業である以上、これらの迷惑行為を働くお客さんだけを避けて通る事は不可能です。

そんな中、強面な男性スタッフがいるだけで余計なトラブルを回避することが出来るメリットがあります。

「何かトラブルを起こしたらあの怖そうな男性スタッフが飛んでくる」と認識させる事で、余程な限り馬鹿をする利用客を抑制する事ができます。

こうして犯罪の抑制にも役立っています。

実際に

  • 見た目がイカツイ
  • 怖そう

というだけで採用するお店もあるくらいです。

風俗店を利用する客層はこんな男性!接客・対処方法はコレだ!

風俗バイトで無理な客をNG設定したら危険?お店の対応内容を解説

いじられキャラのスタッフが大半

「風俗店のスタッフは怖いお兄さんで、キャストはその言いなり」みたいなイメージがありますが、実際は真逆と思って良いでしょう。

スタッフはシフト制ですので、スタッフ同士が顔を合わせる事はあまりありません。

それに比べキャストは毎日のように出勤しますので、横のつながりも強く、男性スタッフに対して強気な風俗嬢も少なくありません。

キャストがお店の商品ですので、スタッフは基本キャストの下、その関係は決して崩れることはないのです。

だからかはわかりませんが、キャストの女性にいじられている男性スタッフは大勢います。

「いじるよりいじられたい」という男性の方が風俗業界のスタッフは長続きするようです。

風俗店のスタッフ=イケイケではない

風俗のスタッフ=イケイケの肉食男子、みたいなイメージがありますが、実際は大きく異なるようです。

風俗で毎日働くと、女性の裸や性の話も慣れてしまい、性欲が薄くなる、なんて噂もあります。

女性好き、女好きという男性スタッフは滅多にいません。

それにキャストに手を出すのは厳禁、バレたら罰金という店も多いので、そのような心配は無用です。

土足で相手の心に上がり込むのは避けましょう!

コンサルタント
過去をあまり話さない、聞いて欲しくない男性スタッフもいますので、相手が警戒しているように感じたら深く追及しないようにしてください。

誰しも他人に聞かれたくない話の一つや二つはあるものです。

不用意に相手の心に土足で上がり込むような事は避けましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事