男性向けにライブチャットの楽しみ方を教えます

男性ならライブチャットのエロ動画を一度は見たことがあると思います。

しかし、登録するのはちょっと…なんて思う男性は多いです。

そんな男性はをしています。

男性が楽しむエロのジャンルとして人気カテゴリの一つになっている『ライブチャット』

そんなジャンルを楽しまないわけにはいきません笑

この記事では、そんなライブチャットの楽しみ方を徹底的に分かりやすく解説します。

さらには、エロくて可愛い女の子が集まるライブチャットサイトも教えちゃいます。

Qプリ広告

ライブチャットとは

ライブチャットイメージ画像

ライブチャット(Live Chat)とは、インターネットを通して、男性と女性の両方、もしくは一方からの映像を見ながらチャットを行うビデオチャット(テレビ電話)のことです。

ライブチャットは『出会い系サイト』と思っている人が多いです。

しかし、多くのライブチャットサイトは、

  • 異性と直接会う約束
  • ライン・電話番号などの個人所有の連絡先の交換

厳格に禁止しております。

発覚した場合はバンされます。

イメージとしては、

  • ニコニコ生放送
  • ツイキャス
  • YouTubeLive
  • SHOWROOM
  • 17Live
  • MixChannel
  • LINE LIVE
  • Live.me

などに近いです。

違いとしては、ライブチャットでは2ショットチャットがあったり、女性がアダルト行為を行ったりします。

上記で挙げたサイトではアダルト行為は禁止されています。

エロい女の子はどこに集まる?

汗をかいた胸画像

ライブチャットについては理解できました。

では、次に男性は何を思うでしょうか?

そう!

エロい女性はどのサイトに集まるのか?

という疑問です。

当サイトでは独自の調査方法で徹底的に調べました。

ジュエルライブ(JEWEL LIVE)

ジュエルライブ
今なら100円で1,500円分のポイントが貰えるキャンペーンを行っていますので、コスパ良く楽しむことができます。

ジュエルライブは業界一の高画質映像で楽しむことができます。

女性会員数も2万人もいる巨大ライブチャットサイトです。

ジュエルライブはとにかくエロい女の子が多いです。

可愛い子の割合も高いです。

モコム(Mocom)

モコム(Mocom)
モコム(Mocom)は非常に若い女性が集まっています。

特に10代20代女性が多いライブチャットサイトです。

若い子が好きな男性は楽しめること間違いなしなサイトの一つです。

モコムの良い点は女性の新規会員数が国内ライブチャットサイトだとダントツに多いです。

女性会員の集客に力を入れていますので、こんな子が!?っていう出会いがあります。

ファム(FAMU)

ファム(FAMU)
ファムは30代40代の熟女・人妻(主婦)が多く在籍しているライブチャットサイトです。

若い子はちょっと…という男性はファムで楽しむのが良いです。

非常にエロい人妻がたくさんいます。

旦那のいる女性ももちろんいますので、誰かの女性のオナニーを見れるサイトはファムで決まりです。

マダムライブ(Madam Live)

マダムライブ
マダムライブは、30代40代女性を主に集めて運営しているライブチャットサイトです。

なので、熟女・人妻(主婦)が好きな男性は楽しめます。

『マダムのブログ』という機能があり、写メ日記形式で普段の日常を見ることができます。

ブログで良い人を見つけてチャットでエッチなことをしちゃう…なんてことが出来ます。

ライブチャットを使うメリット

巨乳のヌード女性画像

ライブチャットを使うメリットがあるのか疑問に思う男性も多いかと思います。

もちろんありますので紹介します。

可愛い子が多い

ライブチャットを見ていると『なんでこんな子が!?』と思うことが多々あります。

普通に可愛いんです。

芸能人・モデル・女優・アイドルとしてやっていけそうな顔のレベルの子がたくさんいます。

女性としては、男性に直接会わない高収入バイトなので気軽に始めるのかもしれません。

可愛い子のエッチな姿を見たいならライブチャットです。

2ショットで会話しながらビデオ通話することも可能ですので、アダルトビデオ(AV)では楽しめない楽しさがあります。

通話が出来る

アダルトビデオ(AV)にもライブチャットのエロ動画はたくさんあります。

それでいいや!と思う人もいるかもしれませんが、ライブチャットの醍醐味はお目当ての可愛い女の子会話ができることです。

会話しながらするオナニーは最強に気持ち良いです。

自分のタイプの女の子にエッチなリクエストなどが出来ます。

アダルトビデオ(AV)には、確実に無いシステムです。

トラブルが無い

まずインターネットを通してビデオ通話やチャットを行うので、相対トラブルが絶対にありません。

なので、浮気がバレたり、不倫関係になったり、女性がストーカーになってしまったりなどの人間関係のトラブルというのが100%ありえません。

ライブチャットでお気に入りの子と話していてもアダルトビデオ(AV)を見ていたと言えば良いだけです。

自分の性癖で検索できる

ライブチャットサイトでは検索機能がかなり充実していますので、色んな性癖で検索することが可能です。

男性も人それぞれですので、性癖が色々あります。

その性癖を満たしてくれる女性は必ず存在しますので、その欲望を満たしてくれる女性を探しましょう。

ライブチャットを使うデメリット

虎画像

ライブチャットを使うデメリットは、ただ一つです。

セックス(エッチ)が出来ない

はい!ライブチャットサイトを使うデメリットは結局インターネットを通してでしかチャットしたり会話したりできないので、セックス(エッチ)が出来ません。

これが唯一のデメリットであり、最大のデメリットです。

SEX(セックス)をしたいのであれば、風俗店(ソープなど)を利用するか、出会い系サイトを駆使してヤれる女の子を探すしか無いです。

ライブチャットサイトの種類(ジャンル)

たわし洗い

ライブチャットサイトには大きく分けて2種類あります。

  • 国内ライブチャットサイト
  • 海外ライブチャットサイト

です。

利用目的に合わせて種類(ジャンル)を選ぶのが良いです。

国内ライブチャットサイト

国内のライブチャットサイトは規制(法律)が厳しく、無修正で陰部(マンコ)を出せません。

なんだよ見れないのかよと思った方もいるかもしれませんが、女性目線で見ると国内ライブチャットサイトの方が『安心・安全』なので確実に可愛い子が多いです。

どこまでのプレイをやってくれるかは女の子次第です。

プロフィールなどを確認(チェック)するようにしましょう。

海外ライブチャットサイト

海外法人で運営されてるライブチャットサイトは、日本の法律が適用外になるので、完全無修正のライブ映像が見れます。

女性の性器(マンコ)の無修正も見れます。

イメージとしては、アダルトサイトの『カリビアンコム』と同じです。

ただし、海外サイトのデメリットはもし個人情報の流失などあっても泣き寝入りできないことです。

もし何かあった時に対処できない可能性があるのを覚悟の上で登録するようにしましょう。

チャットの種類

覗く女性

ライブチャットを楽しむにはチャットの種類を理解しておく必要があります。

大きく分けて種類の方法で女の子とコミュニケーションを取ります。

  • パーティチャット
  • 2ショットチャット
  • のぞきモード

です。

パーティチャット

パーティチャットは、みんなでワイワイするチャット形式です。

どういうことかというと、配信者(女性)一人に対して、複数の男性が閲覧・会話するチャットです。

人気な女の子だと同時に閲覧している男性が非常に多く、チャットを入力(発言)しても拾ってくれない(スルー)可能性が高いです。

しかし、自分への返答が来た時の喜び優越感は堪らない(たまらない)です。

エロモードになった時は大体リードして発言している人が存在していますので、その人に任せて映像と音声を楽しむことができます。

もちろんそこに混ざって自分もエロリクエストを出しても良いです。

2ショットチャット

2ショットチャットは、女の子を独占するチャット形式です。

利用料金はパーティチャットと比べると1.5くらいします。

その代わり、お目当ての女の子を独占できます。

つまり、独り占めです。

二人きりで濃厚な会話をしたり、自分のことを覚えてもらったり、自分だけが見れる特別なポーズなんかもリクエストしたり…

楽しみ方は人ぞれぞれです。

基本的には2ショットチャットでも男性は文字で発言します。

が、カメラとマイクさえあれば自分の映像と音声を相手に届けることも可能ですので、相互オナニーなんてことも出来ちゃいます。

2ショットチャットの醍醐味です。

のぞきモード

のぞきモードは、チャットには加わらずに他の男性会員と女の子の会話を視聴する(覗く)というモードです。

素人の女の子を見てオナニーしたいという男性はのぞきモードが楽しめます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ライブチャットは奥が深く楽しめる部分が非常にたくさんあります。

ライブチャットの楽しみ方を覚えたらハマること間違いなしです。

若い子が好きなら、

がおすすめです。

熟女・人妻が好きなら、

がおすすめです。

楽しみ方や性癖は人それぞれですので、自分なりの楽しみ方を見つけるのが良いでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事