悩む女性

最近盛り上がりを見せているおっパブ(おっぱいパブ)やセクキャバ(セクシーキャバクラ)についてですが、今回は現役のおっパブ嬢や、セクキャバ嬢がどんな悩みを抱えているかまとめていきたいと思います。

現役で働いている人は「あーあるある!」と思って読んで貰えればと思いますし、これから働こうと思っている人は、リアルな声を聞いて心構えをしておくのも良いでしょう。

接客業な上に身体を張る仕事ですので、小さな事から大きな事まで基本的には悩みが絶えない業種ではあります。

その中でも特に目立ったものを中心にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

裸にならないエステの仕事で日給5万保証の人気店の求人情報はコチラから確認してください。

それぞれ悩みを見ていきましょう。

1乳首が痛い!

おっぱい

これはもう職業病とも言えますが、大多数のおっパブ嬢の悩みの一つがこれ「乳首が痛い!」です。

ピンサロではありませんので、下半身のお触りはNG、ヌキも勿論ありませんので性病の心配がない高収入バイトのおっパブで働く一つのメリットです。

仕事内容はキャバ嬢に似た接客業です。

ただキャバクラとの違いはおっぱいを触られ・舐められまくります。

それを売り(サービス)にしているので当たり前なんですけどね…。

乳首はそこまで強い皮膚で守られているわけではありませんので、集中的にコネコネ、なめなめ、グリグリ触られて刺激を受けているうちにあっというまに炎症や肌荒れを引き起こす可能性があります。

※乳首だけに関わらず、乳房も同じですね。

特にキスや舐められたものをそのまま放置しておくと、雑菌などで唾液が乾燥するときに更なる肌荒れを促してしまいます。

あまりにも痛い場合はクリームや軟膏などを塗るしかないのですが、普段からおっぱいのケアは十分に行っておく必要があるでしょう。

ひどくなってしまうと慢性的な肌荒れにも繋がります。

おっパブ嬢にとって胸は商売道具です。

出勤した日は「痛いから触らないで」とは言えない

お客さんはおっぱいを触りに来ているので、いくら痛いからといっておっパブに来たお客さんに「今日はおっぱいが痛いので触れません!無理です!」とは言えないのが現実です。

また、いちいちそんなことで休みをもらっていると

「高時給であるにも関わらず思うように稼げなかった。泣」

という本末転倒な結果にもなってしまいますので、難しい問題です。

乳首の防衛方法

おっぱいの防御方法として、一つコツを伝授すると

「今日おっぱい痛い。あんまり触られたくないな。。泣」

という日は、あえて積極的にお客さんに抱き着く事でお客さんの手からおっぱいを守る事が出来ます

お客さんになるべく胸を押し付け、イチャイチャ感をだしつつ回避するのです。

「おっぱい優しく触ってね…」と、やんわり言っても気分を悪くするお客さんはいますので、この方法であればお客さんも悪い気はしないでしょう。

イチャイチャ感をあえて出す事で、お客さんも満足しおっぱいも守れるのでメリット尽くしです。

更に指名にも繋がる可能性もあります。

当然それでも触ってくるお客さんは勿論いますので、普段から定期的、継続的なおっぱいケアをかかさないようにする事は大前提です。

check!手だけの日給5万円保証の人気高収入バイト求人情報はコチラ

2お客さんの暴走・強引なお触り

乱暴な男性

①で説明した内容についで多い悩みが「乱暴な客」になります。

前提としておっぱいを触らせているので、勝手に興奮して暴走するお客さんは多数います。

  • 強引にアソコを触ってきたり
  • 生でおちんちんを触らせようとして露出したり…

など変態でヤバいお客さんの暴走行為は多岐にわたります。

「だめですよ~」とやんわり制止しても、何度もトライしてくるチャレンジャーは沢山います。

そんなところでチャレンジせず、もっと有意義な事でチャレンジしてほしいものですが、お酒の効果も相まってどうもうまくコントロール出来ないのが男性のサガのようですので、しょうがないことなのかもしれません。

クソ客への対処法

解決方法としては、もう手に負えないと判断したら我慢せず早めにボーイさんに言えばOK。

即チェンジなどで対応してくれます。

お店にとって女の子は商売道具なので、こういった事にはすぐに対応してくれます。

このような無意味なチャレンジャーには潔く諦めてもらって、ピンサロやヘルスなどの風俗店に行ってもらいましょう。

3お客さんとの付き合い方について

恋愛感情を抱く二人

おっパブやセクキャバはキャバクラと同じように、ほぼ100%指名制(※場内指名、本指名など)を導入しています。

売り上げ制にしてもポイント制にしても、その中で稼ぐには本指名を取る事が一番の近道になります。

キャバ嬢の営業活動でもある「店外デート」がありますが、おっパブ嬢はおっぱいを既に触らせている事もあり、テンションの上がったお客さんの思考として店外デート=即エッチに繋がりやすい傾向があります。

枕をしてでも指名を取りたいのであれば問題ありませんが、指名の取り方、本指名の継続のさせ方について悩んでいるおっパブ嬢は多いです。

断り方として「彼氏としかエッチしたくない」とか「長い時間一緒にいるとなぜか好きになっちゃうんだよね~」とか適当な事を言っておけば、大体は回避できると思いますがこの辺はキャバクラも含め、夜の仕事ならではの悩みになりますね。

おっパブであればキャバクラ程本指名は重要になってはきませんので、割り切って一切営業しないというのも一つの手です。

周りに流されないよう、自分のペースとスタンスをしっかり持ってく置く事が大事ですね。

ストレスや悩みと上手に付き合いましょう

おっパブや、セクキャバに関わらずどんな仕事をするにしても、悩みやストレスはつきものです。

夜の仕事はある程度割り切って考える事で精神的ストレスは軽減されることも多いです。

いずれにしても、一生の仕事ではありませんので、「短期で稼げばいいや!」という思考で楽に考える事も時には必要です。

身体的な面での悩みに関しては、自分の身体のケアをしっかりとしてあげるよう常に意識しておきましょう。

ストレスや悩みと上手に付き合って、高収入バイトでがっつり稼いでください。

このページを読んだ女性におすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事