モコム

風俗嬢の寒さ対策とは?

風俗業界に休みはありません。しかし真冬の出勤や移動は寒さが身にしみます。

特に着たり脱いだりが忙しい風俗嬢、今日着る服のチョイスに毎日頭を悩ませている人も少なくないのではありませんか?

ここではそんな風俗嬢の悩める防寒について説明していきます。

ただでさえ風邪を引きやすい季節なので、しっかりと防寒対策をして寒さに負けずに頑張っていきましょう!

風俗嬢は基本的に薄着

女性 服選び

風俗嬢の着る洋服は基本的に薄着です。このような格好は全国共通でどの地域やお店にも言える事です。

決して好きでおしゃれの為に薄着の洋服を着ている訳では無く、効率を求めた結果薄着の格好になってしまったと言った方が正しいのかもしれません。

理由としては脱着が楽である事と、そちらの方がお客さんに見られたときにセクシーなスタイルに見えるからというのが挙げられます。

脱着に関しては一日に何度も行いますので、自然と脱着の簡単な洋服を選んでしまうという理由が考えられます。

脱いだり着たりが簡単な格好でなければその都度面倒な思いをする事となります。特に重ね着などは手間になる為、簡素な服を好むようになります。

季節的に薄着とまでは言わないかもしれませんが、脱着の簡単な服だとどうしても防寒が疎かになってしまいます。

「どうせ客先で脱ぐんだし」と寒い日でもいつもの服装と変わらない格好で出かけていませんか?

その服装では春秋は良くとも、秋の終わり頃に一気に寒くなるこの時期では体調を崩してしまうかもしれませんよ。

一旦体調を崩してしまうとなかなか治らずに、せっかくお客さんが多くお店にくる大事な繁忙期の12月などに出勤できなくなって大きな損失に繋がることになります。

また服装は風俗嬢にとって大事なポイントの1つです!詳しく知りた方は→服装次第で月収2倍!デリヘル嬢の服装事情を聞いてみた!

冬場の乾燥

乾燥した唇

また風俗の仕事をする上で、寒さと共に唇や粘膜の天敵といってのいいのが乾燥です。

乾燥肌になりやすい風俗嬢にとって暖房をつけた部屋に長時間いてお仕事をすると、唇や喉を痛めてしまいそれが原因で風邪などにもかかりやすくなる時期でもあります。

風邪を引くとお仕事を休まなければいけなくなり嫌なのもわかりますが、一番困るのが唇が乾燥して切れてそこから出血をしてしまうときです。

お仕事の途中でお客さんか自分の乾燥して出血した唇と唇がキスをしたときには、気持ち悪くなって嫌になる以上に性病に感染するリスクなどもあります。

お仕事のサービスの一環でキスをして唇の傷口から性病に血液感染したなどでは女の子からすれば絶対洒落になりません。

デリヘル、ホテヘルやソープなどのお仕事をする上で、この嫌な乾燥した空気に対する対処法はしっかりとあります。

部屋の暖房を入れないのは1つの方法ですが、それだと寒すぎて乾燥した空気以前の問題になってしまうのでこれでは接客をしているお客さんも嫌がるのでやめておきましょう。

実用的なやり方の1つは、ホテルで男性のお客さんと共に入るシャワーです。

プレイをする前に男性のお客さんと入るシャワーやお風呂のお湯を少し熱めにして人工的な加湿器を作ると、その湿気を肌が吸収するのでたとえ暖房が入った乾燥した部屋に戻ってもしばらくは潤いを保ったままお客さんとのプレイにも集中しやすくなるでしょう。シャワーから出た後に軽く水分補給をするとなお良しです。

NGな防寒対策

さて、ここで話を防寒対策に戻してお話していきたいと思います。

風俗嬢は脱ぐのが仕事です。

なので下着などもプロの女としてセクシーだったり、綺麗でかわいらしい服装がサービスとして求められます。逆に言うとあまりに普段の生活感があったり、店が貸し出したような着古されたようなものはNGとなります。

世間では防寒対策として行われている腹巻や肌着は勿論の事、ヒートテックなども風俗ではNGとされてしまいます。

インナーとしてヒートテックが着られたら安心!という意見を持つ人もいるかもしれませんが、それは諦めてください。

その他にも洋服の重ね着やモコモコの靴下や毛糸のパンツなどもダメです。あくまで「魅せる」のが仕事であり、サービスの一環ですから防寒性の高いものは基本身に付けることが出来ないと思って良いでしょう。

脱着回数の多い風俗嬢は、衣服の脱着に時間を掛けれません。特に時間が限られるプレイの中で、面倒くさい服の脱着にサービス時間を取られるとお店に来たお客さんの機嫌を損ねる事になりかねませんので注意が必要です。

インナーの下は下着が基本です。それ以上の衣服は基本付けられないと思って良いでしょう。

寒暖差が怖い業種とは?

風俗は裸になると共に、シャワーを浴びて濡れたり温まったりを繰り返すので特に寒暖差が堪える仕事です。

お客さんとイチャイチャしながらシャワーを浴びるのは良いですが、火照った体のまま冬の時期に野外でデリヘルの送迎を待ったり、長距離を移動したり…と想像しただけで寒気が立つような事を一日に何度も行わなければなりません。

店舗型風俗であればその様な事が無い様に店内の暖房を強めに設定したりとケアをしてくれますが、デリヘルなどの無店舗型の店の場合はそうは行きません。

特に辛いのがホテヘルや待ち合わせ型の風俗です。

待ち合わせ場所に自分で移動する事の多いこの仕事は待ち合わせ場所、ホテル、待機場所をお客さんに合わせて何度も行き来しなければなりません。その間は勿論野外ですし、雨風を凌ぐものもありません。

温まった体も長時間の野外移動により芯まで冷え切ってしまいます。この温暖差で体調を崩す人も少なくはありません。

寒い季節でも外に出ずに働ける店舗型の風俗で働きたいと思う方はコチラ

風俗嬢のおすすめ防寒着

コートを着る女性

基本薄着、着込む事が出来ない風俗嬢が出来る唯一の防寒がコートです。

唯一の防寒でもあるコートは、出来る限り暖かい物にしましょう。

デリヘルでの移動時などにはロング丈のダウンコートなどであれば中がある程度薄着でも大丈夫です。特に最近はただモコモコなだけでない、デザイン性の高いロングコートも多く発売されていますので、見た目も防寒も兼ねてくれるでしょう。

日本向けのダウンは、薄手の物が多いので、どうしても寒いのが苦手な人は極寒地用の本格ダウンコートなどを探してみると良いかもしれません。

ショート丈のコートは脚が露出する面積が多くなるので、出来ればロング丈がオススメです。

客先にハンガーやコートを掛ける場所が無い事もあるので、しわになったり汚れたりするのはある程度我慢しましょう。

出来れば準備したい防寒グッズ

お店によってはタイツがNGだったりと、防寒に関しては規則も多い風俗業界ですがここではあると嬉しい防寒グッズを紹介します。

マフラー、手袋

お店からの移動中のみの着用となりますが、手元と首筋を覆うだけで寒さはぐっと楽になります。特にマフラーは首筋を温める事で体温低下の防止に繋がります。

手袋はケータイの扱いなどで邪魔になる事が多いですが、ポケットに手を入れるより全然暖かさが違いますのでお勧めです。

マフラーと手袋を同じ色や同じ柄で合わせていれば、着回しも楽でしょう。

ホッカイロ

貼るホッカイロなどは使用できませんが、暖を取るという意味でホッカイロは必需品です。ただ、市販のホッカイロをそのままポケットに入れていては可愛げがありませんので、専用のカイロケースを使うなどしてみると良いでしょう。最近はUSBで充電できるホッカイロなどもあり、デザインが可愛い物も多いのでそれらを使うのも良いでしょう。

耳あて

手もと、足回りが冷えることはよく知られていますが以外に見落としがちなのは、耳などの頭部の周辺です。

マフラーで首筋を温めていても温かいですが、耳などはどうでしょうか?よく冬になると寒い外から室内に入った後に耳が痛くなるときがありますが、あまり気持ちのいいものではないはずです。

ここで耳あてを付けておくと寒い冬の外から室内に入っても耳が痛くならないのでストレスを感じずに仕事に集中しやすくなるでしょう。

寒い時期は働かないという方法

極端な話、温かい時期にまとめて稼いでしまい、寒い時期はお休み…なんて働き方も可能なのが風俗業界です。

風邪を引くリスクを抱えて無理をするくらいなら、休んでしまうのも手段でしょう。

しかしその間の収入が途絶えてしまうのが心配という人は、自宅で出来るライブチャットなどがおススメです。

FANZA(ファンザ)ライブチャットであればメールだけの登録も出来ますし、ノルマなどもなく24時間いつでも働きたい時に働く事が出来ます。

暖かな部屋で働く事が出来ますので副業としてもおススメです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね