アブローマルなSMコミュニティサロンである『サディスティック・サロン』の実態について詳しく解説します。

  • 苦痛・強制
  • 緊縛・拘束
  • 羞恥
  • 野外・露出
  • アナル・浣腸
  • 聖水・スカトロ
  • 飼育・ご奉仕

こういったプレイを好む男性女性登録必須のサービスです。

世間ではあまり認められない性癖で困っている男女は、他にないアブノーマル専門コミュニティサイト『サディスティックサロン』で解決できます。

サディスティック・サロンとは

サディスティックサロン
サディスティック・サロン(Sadistic Salon)とは、S男性M女性のためのアブノーマルコミュニティサービスのことです。

コンセプトは、

  • 凌辱的変態行為に濡れる真性M女との大人の火遊びを…

です。

人間はそれぞれ違った性癖を持っています。

その性癖も様々あり、世間ではあまり認められない性癖を持っている人も存在しています。

サディスティックサロンでは、そんな性癖を持った男女をマッチングするコミュニティサイトとして、人気を集めています。

S男性(サディスティック)M女性(マゾヒスト)のためのコミュニティサービスです。

S男性からしたら、あまりやりすぎちゃうと嫌われるんじゃないか。とか犯罪になってしまうんじゃないか。など肩身の狭い想いをしています。

M女性からしたら、もっと痛めつけてほしいのに。もっと虐めてほしいのに。なんて想っていてもなかなか言い出せずにいます。

そんな男女の悩みを解決するのが、サディスティックサロンです。

凌辱的変態行為(りょうじょくてきへんたいこうい)とは

ボンテージ

凌辱的変態行為とは、人をあなどって、はずかしめる行為や、女を力ずくで犯すことです。

こういった行為はお互いの了承の元やらないと必ずトラブルになります。

最悪の場合、犯罪行為になってしまいますので、誰にでも行うことはできません。

それが、たとえ彼女だとしても嫌がられたり、精神的・身体的ダメージを受ける場合があります。

なので、サディスティックな男性はこういったコミュニティに登録している女性に対して、凌辱的変態行為を行うのが安全・安心です。

サディスティックサロンに登録している女性は皆、凌辱的変態行為を求めています。

凌辱的変態行為といっても様々なプレイ内容がありますので、いくつか紹介します。

拘束(こうそく)・緊縛(きんばく)

拘束

拘束・緊縛プレイとは、手枷(てかせ)や麻縄(あさなわ)で女性の身体を拘束し、身動きが取れない状態で性的行為を行うことです。

女性は縛られ身動きが取れないため、男性の思うがままに犯されます。

縛り方や、拘束の仕方によって、股を強制的に開いた状態にし、マンコにバイブやローターなどのアダルトグッズを突っ込んだり、手マンしたりします。

女性は、拘束されると束縛されて愛されてると感じます。

縛られてる痛みも快感に感じるド変態達です。

露出(ろしゅつ)

露出女性

リモコンバイブ

露出プレイとは、恥ずかしい行為を公共の場で披露することです。

ただし注意が必要で、お互い同意の元で行っても公共の場で、性器を露出すると「公然わいせつ罪」で犯罪行為になってしまいます。

そこでお手軽なのが、遠隔操作できるリモコンバイブです。

リモコンバイブであれば、性器を露出する必要がなく、公共の場で恥ずかしい行為をすることができます。

もしくは、ブラウスなどの透ける服装でノーブラやミニスカでノーパンで街中を歩いたりです。

スパンキング

スパンキング

スパンキングとは、物や平手でお尻を叩く行為のことです。

欧米ではスパンキングが盛んです。

スパンキングはお尻叩きの総称となっていますが、実は叩く物の種類によって呼び方が違います。

  • ケイン(籐)で叩くことをケイニング
  • スリッパで叩くことをスリッパリング
  • パドルで叩くことをパドリング
  • 鞭(ムチ)で叩くことをウィッピング

と呼びます。

スパンキングの良い点は、叩いた瞬間に痛みで力が入りマンコの締まりが良くなり、女性は挿入感を強く感じることができ、男性は締まりの良さから快感を得られます。

  • スパンキングが好きな人はコチラ

首絞め

首絞め

首絞めプレイとは、首を絞めながらセックスや性的行為を行うことです。

首を絞めることによって、女性は息がし辛くなり、意識が朦朧(もうろう)とします。

それが、性的興奮に繋がり好む女性は多いです。

首絞めしている振りで興奮する女性もいますが、サディスティックサロンに登録している女性は本物の首絞めを好みます。

媚薬(びやく)


LCラブコスメ

媚薬とは、性欲を高める薬や恋愛感情を起こされるような薬(惚れ薬)のことです。

媚薬を使うと性欲が高まるためドMの変態女性は喜びます。

いつも以上に感じやすくなるのでセックスを楽しむことができます。

イラマチオ

イラマチオ

イラマチオとは、オーラルセックスの一種で、男性が女性の頭部を手で持って前後させ、腰を振ってフェラチオさせる行為のことです。

つまり、強制フェラです。

女性が逃げれないようにするために、壁際で行う場合もあります。

フィスト

フィストファック

フィストとは、日本語で拳という意味で、拳をマンコもしくはアナルに挿入することです。

普通の手マンだと指1〜3本くらいですが、フィストファックでは拳ごと入れます。

かなりの快感が得られますので、責めに効果的です。

蝋燭(ろうそく)責め

ろうそく責め

蝋燭(ろうそく)プレイとは、蝋(ろう)を垂らして責めるプレイのことです。

蝋(ろう)を垂らされることで、熱さを感じ身体に力が入ってマンコの締まりが良くなります。

最近は低温の蝋(ろう)もありますので、相手のドMレベルによって使い分けると良いです。

  • ろうそく責めが好きな人はコチラ

水責め

水責め

水責めとは、なんども顔を水につけ調教を行うことです。

首絞め同様、生死を左右する体験をすることによってドM女性は快感を感じます。

SMプレイをする際の注意点

ボンテージ

SMプレイはハードなプレイをすることがあるので、注意しなくてはいけないことがあります。

注意点さえ守っていれば、男女共に快楽を覚え楽しむことができます。

怪我に気を付ける

SMプレイは、ハードプレイをしますので、怪我をする可能性が高いです。

なので、怪我をしないように気を付けましょう。

衛生面に気を付ける

大人のおもちゃ(アダルトグッズ)などを使用したり、スカトロ・浣腸プレイなどを行うので、衛生面に気を付けるようにしましょう。

複数人でプレイする場合は性病などにも気を付けるようにしましょう。

相手の様子を見ながらやる

ドM女性とはいえ、レベルや限度があります。

身体的・精神的なダメージを与えない範囲で楽しむようにしましょう。

本当に嫌な時の合図(サイン)などを事前に決めておくと心配なく楽しむことができます。

SMルームのあるホテル

SMルーム

SMプレイでは、思う存分叫んだりする方が女性も楽しめますので、SMプレイを楽しめるホテルを利用するのが良いです。

苦痛に耐える声などを普通の家やホテルで出すと通報される可能性があります。

SMプレイを楽しむことができる部屋のことを『SMルーム』と呼びます。

一部のラブホテルには、SMルームがあります。

SMルームには、

  • X字架
  • 拘束グッズ
  • 天井吊具
  • 鞭(ムチ)
  • アイマスク
  • 猿ぐつわ
  • 首輪
  • 分娩台

などが用意されています。

ホテルによって用意されているアイテムに差があるので事前に確認しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

S男性とM女性を繋ぐマッチングサービス『サディスティックサロン』の紹介でした。

サディスティックサロンのようなマニアックなマッチングサービスは他にないので、S男性もしくはM女性は登録しておいて間違いないサイトの一つです。

一般的なマッチングアプリで出会う異性がS男性・M女性とは限りませんし、もしそうだと名乗っていても本物でない可能性もあります。

そういった時にトラブルになりやすいので、サディスティックサロンのようにコンセプトがはっきりとしたサイトを利用することで、そのトラブルを避けることができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事