治療の基本は抗生物質ですが予防には効果がありません

性病・性感染症とは最近ではSTD(Sexually Transmitted Diseases)・STI(Sexually Transmitted Infections)とも呼ばれ、若者を中心に性病に関する教育・認知度が高まっています。

基本的にはウィルス性の感染症ですので、他人と接触する場所にいれば感染する可能性がゼロではありません。

しかし、実際のところ男女ともに感染経路のほとんどが性交渉(性行為)によるものです。

男女に関係なく、どちらかが性病のウィルスを保持したまま関係を持てば感染する可能性があります。

特に、風俗関係の仕事をしている女性は、不特定多数の男性と性的関係を持つことになりますので、性病に感染する確率は非常に高くなります。

性病に感染していることが分かれば休養・治療のために出勤できませんので(オナクラやデート系バイトを除く)、その期間は風俗嬢として働く事ができず、収入も無くなります。

自覚症状が出ずにそのまま風俗嬢として勤務した場合は、接客した男性客に性病が感染する可能性がとても高くなります。

指名してくれた馴染みの男性が性病に感染すると、次の指名が無くなるなどの恐れがありますので、こちらも収入に関わる可能性があります。

なので、自分自身の体のことだけでなく、長期的な収入のことを考えても性病感染の予防や対策とても重要なことなのです。

このページでは、具体的にどうすれば性病に感染する可能性を低くできるかを解説していきます。

ただ、あくまでも感染確率を減らすだけです。

性病感染の確率をゼロにすることは、人と接触する場所にいる以上ほぼ不可能です。

なので、特に女性の場合は自覚症状が出ないことがあるので性病に感染するような心当たりがある女性は婦人科・性病科に通ったり女性用性感染症検査キットなどを購入して検査することをおすすめします。

今、風俗店で働いてる女性は、自分の店で性病対策を行ってくれているか確認しましょう。

行ってない場合は、お店を変えるのも検討に入れた方が自分の身のためです。

デリヘル嬢がすべき性病予防方法と対策

デリヘルではプレイ開始前に絶対にお客さんと一緒にデリヘル嬢もシャワーを浴びる仕組みになっています。

これには様々な理由があって、

  • 性器・肛門周辺を含む男性の体を綺麗に洗い流し、雑菌などを減らす
  • 明るい場所で男性器や陰部周辺を確認できるので、性病に感染している兆候が無いか確認できる
  • その場で歯磨き、イソジンなどを使った消毒液を使ってもらえる

などの理由があります。

これをすべて念入りに行なえば絶対とは言えませんが、男性が保持しているウィルスが女性の体に感染する可能性を下げることができます。

さらに、徹底するためには接客する男性器にコンドームを装着してもらえば、オーラルセックスの際にウィルスが感染する可能性がかなり低くなります。

とはいえ、勤務するお店によってはオーラルセックスの際のゴム装着はNGとなっています。

どうしてもゴム装着を希望する女性は、ゴム装着OKのお店を選び働いていください。

デリヘル嬢は男性の自宅か、男性の待つラブホテルに派遣されるかのどちらかがほとんどですが、できればラブホテルに派遣された方が良いです。

というのも、寝具についてもできるだけ清潔の方が良いので、自宅だと汚い寝具の上でサービスをしないといけない可能性があります。

ソープ嬢がすべき性病予防方法と対策

まず、ソープランドNS(ノースキン)店というのがあります。

ノースキンということでプレイ時に男性はコンドームを装着しません。

NS店は、時給がとても高い高級店〜超高級店と呼ばれるグレードの高いソープランドが実施しているサービスで、高級店ならではのサービスということで男性から大人気です。

ですが、もちろんゴムを装着せずに性行為をするので性病に感染する可能性は飛躍的に高まります。

どうしても、多額の借金があったりするなどで返済のために時給がとても高い高級店で働かなければいけないなどの理由が無い限り高級店は避けた方がいいかもしれません(あくまでも性病感染を避けるなら、という観点での話です)。

借金がある方は、バンス制度(前借り制度)がありますので、額次第ではそちらを利用する方が良いでしょう。

デリヘルとかぶりますが、サービス開始前のシャワーやイソジンなどを使った消毒は必須です。

ソープランドの場合は性行為がありますので、体力的にかなり辛いです。

体力が低下すると性病などの外部からのウィルス感染を防ぐ抵抗力が弱くなってしまい、性病に感染しやすくなります。

体力の低下を防ぐためには、栄養補給適度な休養が大事です。

何日間も連続で働かない、体力的に厳しくなった出勤を取りやめるなどして自分の体の抵抗力の高い状態を維持してください。

数は少ないですが、自由出勤制のソープランドがあれば欠勤などのペナルティが無いのでそちらの方が体のことを考えると良いです。

接客男性が多いピンサロ嬢は性病予防が難しい

ピンサロ嬢のアルバイトは接客する男性数が多くで、事前にシャワーを浴びないので性病予防がなかなか難しいです。

おしぼりなどで性器を拭く時に念入りに拭いたり、出勤時間や日数を減らして体力低下による抵抗力低下を防ぐくらいしか方法がありません。

粘膜同士の接触を避ける、少なくする

セックス、素股性器同士の接触がありますので、粘膜を通じてウィルスが感染しやすくなります。

デリヘルでは、基本サービスとして素股がありますが、できれば素股が無いソフトなデリヘル店の方が性病感染に関しては確率が下がります。

アナルファック(AF)と呼ばれる肛門を使った性交も同様で、粘膜同士の接触があるので性病の感染確率が高いです。

素股もアナルファックどちらもコンドームを装着してできる限り感染確率を下げたいです。

できることなら、NGプレイにした方が病気の面では安全です。

SEX禁止画像

オナクラなどの手だけを使って男性器を刺激するアルバイトなら感染確率はほぼゼロになります。

性病感染前に抗生物質を飲むことはおすすめできません

薬の画像

性病にかかると抗生物質(ウィルスを殺す薬)を飲んで治すことから、それでは性病に罹る前に抗生物質を常に飲んでいれば感染しないのでは?と考える女性がいるようです。

しかし、

  • 抗生物質は薬品であり、副作用が必ず有る
  • 各性病のウィルスによって効く抗生物質は異なり、すべての性病に対応した抗生物質を摂取して毎日働くのは難しい
  • 日本では医者の処方箋が無いと抗生物質を購入できません、つまり感染後で無いと抗生物質は購入できません

などの理由からあまり現実的な性病の防ぎ方とは言えません。

特定の性病からの感染を防ぐなら、効く抗生物質を調べて個人輸入・輸入代行サイトなどから抗生物質を購入することができます。

ですが、個人輸入・輸入代行サイトは様々な業者があり、中には薬として効果のないものを虚偽の表示で販売している悪質な会社などもある可能性ががあり、あまりおすすめできせん。

性病は病気の一種ですので、正しい診察を受けて、正しい薬を投薬して治さないと病状が進行したりするおそれがあります。風俗関係のアルバイトをするのであれば、できれば定期的に婦人科や性病科で診察を受けましょう。

おすすめの性病検査キット

性病検査薬

時間が無い、健康保険に加入していない、病院に行くのが嫌だ、などに該当する女性は自宅で検査可能キットの購入がおすすめです。

「宅配ドクター」というサイトなら自宅で検査して、キットを郵送するだけでスマホやパソコンから検査結果を確認することができます。

検査キットは8,000円〜15,000円前後で安い値段ではありませんが、通院の手間を省略するためですので、もし病院に行けない方は体調の変化を感じたら是非購入してチェックしてください。

HIVを含む性病だけでなく、子宮頚がんやHPV専用の検査キットも販売しています。

検査キットを用意している風俗店は多数ありますので、そちらで働く事をオススメします。

・宅配ドクター

http://www.takuhai-doctor.jp/

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね