上がりとは

上がりとは、物事が一段落ついたことです。

風俗業界においては、物事とは仕事のことで、一日の仕事が全て終わり帰宅・退勤することです。

風俗業界以外でも、一般企業アルバイトなどで頻繁に使われる言葉です。

退勤時間のことを「上がり時間」と言うことも多々あります。

逆に、出勤時間のことを「入り時間」とも言われたりします。

仕事の終わり以外で使うこともある

スーツ姿の女性の後ろ姿

上がりという言葉は、他の意味でも使うことがあります。

それは風俗嬢を引退する時で、これも物事が一段落ついたこととなります。

使い方は、「風俗あがりたい」「風俗をあがる」などです。

風俗を始める理由は人それぞれで、風俗を上がる理由も人それぞれです。

もし、風俗を上がるつもりの女性は上がる1ヶ月前にはお店に言うようにしましょう。

一般的な使い方

風俗以外でも「上がり」という言葉には様々な意味があります。

それぞれについて簡単に解説していきます。

価格・価値などが上がること

物の価格・価値が上がるときにも使われます。

値上がりとも言います。

風俗店でも料金などが上がることがあるので、使う時はあるかもしれないです。

収益や売上のこと

飲食店や一般企業でよく使われる言葉です。

風俗店にも収益や売上がもちろんありますので、使う場面はあるでしょう。

例えば、5万円稼ぎたかったけれど3万円だった場合に、「今日の上がりは少なかったな」と使えます。

店舗経営側の人達もよく使う言葉です。

ボードゲームやカードゲームの終わりのこと

人生ゲームなどのボードゲームの終着点のことや、ババ抜きなどのカードゲームで手が揃って勝つことでも使われます。

麻雀では和了(ホーラ)と言います。

茶のこと

寿司屋などで上がりと言えばお茶のことです。

競馬の調教・レースの終盤のこと

競争(レース)および調教用のコースを利用した調教における終盤の走破タイムのこと。

競馬において最も重要なところ。

 

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね