アイマスクとは

アイマスクとは、目の部分を覆う(おおう)道具のことです。

別名、目隠し(めかくし)とも呼ばれています。

アイマスク

アイマスクを装着すると、光は遮断され、視界も遮断されます。

よって、人間の五感(視覚・嗅覚・触覚・聴覚・味覚)のうちの一つである「視覚」が失われます。

人間の判断は五感によって成り立っているので、視覚を失うと感覚のバランスが崩れます。

風俗においては、このバランスの崩れが興奮に繋がります。

通常の使い方(使用方法)

アイマスク使用例

通常の使い方は、明るい場所で睡眠を取りやすくするために、光を遮断して使用します。

使用場所の例として、室内・車内・公共交通機関(新幹線・飛行機・フェリーなど)などが挙げられます。

注意点として、視界も同時に遮断されますので、窃盗の可能性が高まります。

アイマスクを使用して仮眠する時は、十分注意するようにしましょう。

他の使い方としては、故意的に視界を奪う時です。

例えば、映画やドラマなどでよく見る拉致シーン、スイカ割りなどのゲーム、テレビゲームや音ゲーなどの難易度を上げるためとかで使用されます。

特殊な状況なので、こういった使い方はなかなかしないでしょう。

風俗での使い方(使用方法)

風俗では、オプションとして利用されたり、SMクラブで使用されたりします。

アイマスク(目隠し)を付けることによって、人間の五感のうちの一つの「視覚」を不能にします。

よって、その他の感覚(嗅覚・触覚・聴覚・味覚)の感度が上がります。

「見えない」という感覚が風俗において、かなりの興奮度を高めます。

アイマスクの良い点(メリット)は、SでもMでも使用可能な点です。

男性がSなら女性が装着し、男性がMなら男性に装着するのが、一番良い使い方でしょう。

風俗での使い方は様々あり、大きく分けて男性の利用と、女性の利用で分けられます。

それぞれの使用方法について解説していきます。

男性の利用

目隠し男性

男性が利用する場合は、男性がM女性がSの時でしょう。

アイマスクを装着する側が、基本的には受け身になります。

視覚を失っていますので、Dキス・全身リップ・フェラなどのプレイがかなり敏感になります。

男性はどこを舐められるか、触られるかが分かりません。

不意舐められたり、触られたりすると、相当興奮することでしょう。

視覚以外の感覚が高まっているので、言葉で責めたり、音で責めたり、聴覚で仕掛けるのも良いでしょう。

女性の利用

アイマスク女性利用

女性が利用する時は、女性がM男性がSの時でしょう。

女性が装着する場合は、男性が責め側なので、風俗嬢の方は少し注意する点があります。

視界が奪われますので、男性が何をしているかが分かりません。

注意する点は、

  • 盗撮
  • 挿入(本番行為)
  • お金などの窃盗

などが挙げられます。

アイマスクで視界が奪われている最中に、カメラをセッティングされたり、知らぬ間に本番行為を行われていたり、前払いしたお金や風俗嬢のお金を窃盗されたりすることがあります。

これら(デメリット)を注意すれば、女性も同様に感度が上がりますので楽しむことが出来るでしょう。

女性が気持ち良くなれば、男性の興奮度も高まりますのでお互いにメリットがあります。

男性が責め側の時は、アイマスク装着関係無しに女性は演技でも感じているフリをしましょう。

料金相場

千円札

風俗店におけるアイマスク(目隠し)料金は、無料〜1,000円です。

店によって、アイマスクを無料で付けてるお店も数多くあります。

もしくは、「何分以上のコースの場合は無料で付きます。」などのキャンペーンもあるでしょう。

オプションとして有料な場合でも、1,000円くらいです。

かなりリーズナブルな値段で使用できますので、是非一度は利用してみて下さい。

新しい感覚で風俗を楽しめることでしょう。

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね