大入りとは?

大入り(おおいり)とは、客がたくさん入ることです。

大入り満員(おおいりまんいん)とも呼びます。

大入りは風俗業界に限らず、あらゆる業界でもよく使われます。

多くの風俗店では、大入りと呼ぶ目標設定をしています。

例えば、「お店の一日の売り上げが100万円を超えたら大入りと呼ぶ」などです。

お店によって設定金額がバラバラですので、お店の売り上げに貢献してくれる女性は大切にされます。

また、これもお店によりますが、大入り達成すればその日出勤してたキャスト(女性)にボーナス(大入袋)が支給されるお店もあります。

女性だけでなく従業員にも支給する場合もあります。

働く皆で達成した目標です。

大入りの種類

大入りには大きく分けて2種類あります。

最低目標

風俗に通う男性の本音を聞くイメージ

店舗には最低下回ってはいけない売り上げラインがあります。

これは現実的な数字を設定しています。

努力目標

お金女性画像

努力目標はこれだけいけば嬉しいなという売り上げラインです。

努力すれば達成できる金額を設定しています。

つまり、理想的な数字ということです。

努力目標を超えた場合、キャスト(女の子)や従業員に対してボーナス(特別報酬)が支給される場合があります。

多くの風俗店では、こちらの努力目標を『大入り』と呼ぶ場合がほとんどです。

このボーナス(特別報酬)の金額は完全歩合制で、頑張った人に多く還元するような仕組みになっている場合もありますので、いつも手を抜かず頑張っているのと恩恵を受ける事ができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事