イソジンとは

イソジンとは、うがい薬のことです。

風俗では、口内の殺菌・消毒、口臭予防のために使用します。

風俗で働く女性は必ずといっても良い程お世話になっている消毒液「イソジン」です。

つまり、イソジンは風俗嬢にとっての必需品です。

イソジンは、殺菌、消毒力に非常に優れている医薬品で、「ポピドンヨード」という成分が配合されています。

ポピドンヨード(Povidone-iodine)とは
ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。 WHO必須医薬品モデル・リストに掲載されている殺菌剤の一つである。

ポピドンヨード

イソジンが使われる場所は?

イソジンは世界的に有名な消毒液なので、風俗以外の場所でも幅広く使用されています。

殺菌・消毒を必要とする場所には必ずと言っても良いほど置かれています。

学校

髪を束ねる女子高生

学校には、数多くの学生・教員がいる場所ですので、感染症が流行りやすいです。

その予防のために、うがいをします。

また、体育や休み時間、部活動の時間などで怪我をしたりします。

その際には、殺菌・消毒が必要になります。

特に子供のうちは色んな物を平気で触りますので、知らぬ間にバイ菌が手に付着していたりします。

また、日本に限らず世界中の学校にイソジンが置かれています。

医療現場

ナース(看護師)

病院などの医療現場では、様々な病気の患者や、怪我人などがいますので、殺菌・消毒が必須であり、予防も重要です。

なので、医師や看護師などはマスクをしており、手袋もしています。

アルコールや、イソジンなどでの消毒は常日頃からしています。

風俗

風俗嬢イメージ画像

風俗では、男性客とキスなどをしますので感染症にかかりやすいです。

そのためプレイ前に、必ず殺菌・消毒のためにイソジンでうがいをします。

病気を移されてしまうと女性は働けなくなってしまうので、収入に支障が来します。

イソジンは第三類医薬品です

赤十字

第三類医薬品(だいさんるいいやくひん)とは、一般用医薬品のうち、安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品についての分類です。

第三類医薬品は、服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないレベルのものが区分されています。

安全なものですが、何かの病気や症状がある時に使うものではなく、あくまでも予防のために使用するのが一番良い使い方です。

イソジンで性感染症が完全に予防できるかと言うと、答えは「NO」です。

イソジンではなく他のうがい薬を使用しても答えは変わりません。

イソジンには殺菌作用がありますが、クラミジアや淋病のウイルスを完全に殺菌できるほどの効果はありません。

ただし、発病前の予防効果はゼロではありませんので、必ずプレイ前にはイソジンでうがいをするようにしましょう。

風邪やインフルエンザの予防にもなります。

また、口臭予防にもなりますので、風俗嬢は給料アップのためにも必要です。

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね