受付とは

受付とは、店舗型風俗店(ソープランドやピンサロなど)やホテヘルで、スタッフがお客様の対応をする場所(受付カウンター)のことです。

店舗型風俗店やホテヘルのことを来店受付型風俗とも呼びます。

店舗にて受付をしますので、男性客は「指名」「コース」の決定は全て受付で行います。

お客様とのお金のやりとりは受付で済ませますので、女の子(キャスト)が行う必要がありません。

また、受付では店舗側の男性スタッフが対応しますので、お酒に酔った酩酊状態(めいていじょうたい)の客や、ブラックリスト(出禁)の客などをはじくことが可能です。

なので、安心感や安全性はデリヘルなどの比べると高まります。

全ての店舗ではないですが、一部の店舗では受付にカメラが設置されており、控え室から男性客の顔を確認することができますので、身バレ防止になります。

受付のメリット

good

受付のメリットは、

  • お金の受け取りなどをしなくて良い
  • カメラで男性をチェックできる店舗がある
  • 危険な男性をはじける(酩酊状態など)
  • 車移動が無いので車酔いしない

などが挙げられます。

受付がある店舗で働く上での、キャストのメリットで一番恩恵が大きいのはやはり店舗運営スタッフがお客様を対面して受付が出来ることです。

無店舗型風俗店(デリヘル)などでは、電話にて受付をしますのでお客様がどういった人かが分かりません。

つまり、お客様の顔が分からないので、身バレの危険性もあります。

しかし、受付のある店舗型風俗店ではその危険性はほぼ無くなります。

※店舗によっては、たまに帽子などを被っていてカメラで顔が確認できない場合などあります

受付のデメリット

bad

受付のデメリットは、

  • 店舗に出勤する必要があるので身バレの恐れがある
  • 客入りが天候に左右される
  • 店舗によって綺麗・汚いが明確に分かれる

などが挙げられます。

店舗型風俗店は店によってキャスト専用の出入口が用意されており、身バレ対策を行なっているお店もありますが、身バレ対策を行なってないお店も多くあります。

受付を設ける店舗型風俗店での一番のデメリットは、売上が天候によってかなり左右されます。

雨の日、台風の日など天候が悪い時は、デリヘルなどの無店舗型にお客様が流れる傾向があります。

デリヘルの場合、雨が降っていても待機場所とラブホテルの送迎は車で行いますが、ホテヘルなどの場合は自分で移動する必要があります。

受付後の流れ

受付した後はどうするのか?を丁寧に解説します。

受付後の流れは、店舗型風俗店(ソープやファッションヘルスなど)と、ホテヘルとで大きく分けられます。

店舗型風俗店は様々あり、

などがあります。

店舗型風俗店(ソープランドや箱ヘルなど)の場合

店舗型風俗店ではプレイする場所と受付の場所が同じ建物内にありますので、受付を終えたお客様が部屋へと誘導されキャストである女の子が部屋の外で迎え入れます。

女の子は1日毎に自分の部屋が決められます。

店舗型の風俗店を出店するには、制約がかなり厳しく、学校の近くは出店できないなどがあります。

風俗街に多く出店されています。

ホテヘルの場合

ホテヘルの場合は、受付の場所とプレイする場所(ホテル・レンタルルームなど)が違う建物ですので、受付を終えたお客様とキャストの女の子は移動する必要があります。

お役様と一緒に移動することもありますし、別々の場合もあります。

これは店舗のコンセプトによりますので、働く前にお店に確認しましょう。

ホテヘルの場合は、受付近辺にキャストの待合室や事務所がありますので、そこで待機します。

ホテヘルの受付はホテルの近辺にある必要があるため、ラブホ街やレンタルルームが多くある歓楽街の近くにあります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

この記事がよかったら、記事をソーシャルで共有してね