キャバ嬢
所得税とか源泉徴収とか払ってる?

キャバ嬢
全然興味なかったけどお店がやってくれてるんじゃないの?

キャバ嬢
そもそも確定申告って夜やってる子に必要あるの?

コンサルタント
ちゃんと把握しておかないと払う必要のないお金を知らない間に支払わされていますよ!

風俗店の仕組みによって異なる雑費の内容!給料明細は絶対に確認が必要!

コンサルタント
雑費(ざっぴ)とはお店の運営にかかる費用のことで、夜の仕事をしている女性の給料からはだいたい雑費が引かれているはずです。

雑費には「雑」という言葉が使われるように、様々なものが雑費の中に含まれています。

風俗店によって働く女性の「源泉徴収」をしてくれるお店もありますが、源泉徴収など税金面に関しての対応は、正直お店側に対してあまり期待しない方がいいです。

あくまで「自分で処理するものだ」と考えて行動した方が何かと安全です。

コンサルタント
風俗で働く女性・キャバクラなどのナイトワークで働く女性は「個人事業主」なので、雑費は事業に対して必要な「経費」ということになります。

「毎月いくらの雑費がかかったのか」を必ず記録しておかないと確定申告の時に大変です。

check!ドレスなど衣装代として経費精算させてくれる人気店求人情報はコチラから確認してください。

雑費を集計して確定申告するれば所得税を節税できる

コンサルタント
確定申告の時に雑費を「必要経費」として申告すれば「所得が減る=納めるべき税金の額が減る」といった節税対策が可能です。

なので、給与明細は絶対に保存してください。

※いくら雑費で引かれたかは給与明細で確認できます。
※雑費は口頭だと「引かれ物(ひかれもの)」と表現されることが多いです。

  • 「デリヘル」
  • 「ソープランド」
  • 「キャバクラ」

など、風俗バイト〜夜の仕事によってそれぞれ「雑費」の内容は違います。

この記事では、それぞれのバイトで「どんな内容で雑費がどれくらい引かれるか」解説していきます。

デリヘル嬢の雑費の内容と引かれる金額

コンサルタント
デリヘルでは、お客さん一人接客する度に雑費として500円〜1,000円程引かれることが一般的です。

あとは、5%とかのパーセンテージで計算しているお店もあります。

雑費の内容としては

  • 「移動の車のガソリン代と運転手の人件費」
  • 「タオル代」
  • 「ローション代」
  • 「イソジン代」
  • 「マウスウォッシュ代」
  • 「コスプレの衣装代」
  • 「ベッドや衣装のクリーニング代」

などが含まれます。

check!脱がずに日給5万保証の人気エステ店求人情報はコチラから確認してください。

デリヘルは「ドライバーの人件費・燃料代」が主な雑費

デリヘルの場合は、お客さんのいる場所までスタッフと一緒に車に乗って移動しますので、どうしても「ドライバーの人件費」+「車の燃料代」がかかります。

特に「ドライバーの人件費」はそれなりに高い時給を支払っているので、遠くまで女性を派遣しているデリヘルは雑費を引かないと経営が苦しくなるようです。

コンサルタント
ただ、ドライバーが同行してくれる事で働く女性も気持ち的に安心感を得られますし、なにか男性客とトラブルに発展した場合でもドライバーを頼る事ができたりとメリットはあります。

ソープ嬢の雑費の内容と引かれる金額

コンサルタント
ソープ嬢の場合、お客さん一人あたりの客単価が高額なので指名一本あたりの雑費が1,000円〜5,000円以上とかなり幅があります。

また、「格安店→大衆店→高級店→超高級」と勤務先のお店のソープランドとしてのランク・クラスが上がれば上がるほど引かれる雑費も高くなります。

クラスが上がると雑費が高くなる理由は、

  • 「お客さん一人当たりの接客時間が長くなる」
  • 「プレイ用の部屋や男性の待合室や受付の調度品がグレードアップする」

などの要因で引かれる雑費も高くなります。

コンサルタント
ただその分高級店になればなる程、男性1人の客単価も高騰するので働く女性の給料も同時に跳ね上がります。

ソープで雑費として引かれる内容

  • 「タオル代」
  • 「個室レンタル代」
  • 「コンドーム代」
  • 「飲み物代」
  • 「ローション代」
  • 「イソジン代」
  • 「マウスウォッシュ代」
  • 「光熱費・お風呂の水道代」

などが含まれています。

※コンドーム代が含まれるのがソープ嬢の雑費の特徴です(NS店では使用しないのでゴム代は当然含まれません)。
※もしコンドームを自分で用意するお店で勤務した場合は、雑費にゴム代は含まれません。

コンサルタント
購入したコンドームの代金は経費として認められますので領収書を受け取り、確定申告用に保管しておいてください。

キャバ嬢の雑費の内容と引かれる金額

コンサルタント
キャバ嬢の場合は、デリヘルやソープみたいに「完全歩合制」のバイトではなく「時給制」もバイトなので、月間の給料の総額に対して5%〜10%くらいの割合を雑費として天引きされている事が多いです。

働くお店によって異なりますが、出勤する前に指定の美容室で「ヘヤセット」をしてから出勤が義務付けられてる場合があります。

その他にも「ドレス・ヒール=衣装費」「ヘヤメイク代・エステ代=美容費」など仕事をするために必要な経費が必要になってきます。

ただし、経費として申告できるか判断する基準は「プライベートの要素が強いのか」「事業で必要だったのか」が重要になってきます。

コンサルタント
なので、衣装費に関しては比較的経費として計上できますが、エステ代などの美容費は年間通じて20〜30%は計上しても問題なさそうです。

キャバクラで雑費として引かれる内容

雑費の内容には

  • 「店舗の家賃」
  • 「店舗の光熱費・水道代」
  • 「店舗、トイレの清掃代」
  • 「送迎代」
  • 「男性スタッフのサービス料」

などが含まれます。

キャバクラの場合は、立地や店舗の内装がかなり大事なので家賃や内装にかかる費用が主な雑費です。

キャバクラの営業時間は基本24時までとはいえ、24時に営業が終わったら片付けや着替えなどで終電を逃してしまうキャストも多いいので、車での送迎はどのキャバクラでも用意してくれます。

check!エステ代など美容費として経費精算させてくれる人気店求人情報はコチラから確認してください。

指名の本数によって引かれる雑費が変わるお店の場合

1日の指名の本数によって引かれる雑費の仕組みが異なるお店があります。

だいたいが、

  • 「指名一本なら雑費も0円」
  • 「2本以上なら1日に2,000円〜5,000円」

といった仕組みを採用しているケースがあります。

なぜこういった仕組みがあるのかと言うと、

コンサルタント
「完全歩合制の風俗店の場合」は指名が1日で1本ならそれほど大きな収入にはならないのに雑費が引かれてさらに収入が減ってしまう、ということを避けるために仕組みです。

【要注意】雑費の内容を把握しておかないとお店の脱税に利用されることも

コンサルタント
風俗バイトやナイトワークで働く大半の女性にとって、税金とは難しく、よく分からないものです。なので、お店側のスタッフが「この雑費で源泉徴収をしている」と言えば、それを信じてしまいがちです。

しかし、お店側では源泉徴収用の雑費として女性の給料からお金を天引きしても実際は「源泉徴収用ではなく脱税用のお金として扱っている」場合があります。

このような悪質なお店がたくさんあるとは思えませんが、女性側からは知識が無い分つっこみ辛いところです。

もし、源泉徴収をしているお店で働く機会があったら先輩の女性に確定申告をどのようにしているか質問してください。

そこでお店の源泉徴収に関しては曖昧な言葉が返ってきたら、今度はお店に「自分の確定申告はどうしたらいいか?」などと質問してください。

はぐらかすような回答をしてきたら怪しいと考えた方がいいと思います。

採用面接の雑費の中身や源泉徴収の有無について質問しておくとトラブルが回避できます。

雑費が引かれない雑費無しの高収入バイトの求人情報

風俗店やキャバクラなどナイトワークの中には、女性の給料から雑費を天引きしないお店があります。

「雑費無し」のお店は高収入求人情報サイトを使えば簡単に探せます。

Qプリもしくはぴゅあじょを使い、探しているお店の待遇などの条件を入力できる画面で、

  • 「雑費無し」
  • 「備品無し」

などの項目をチェックしてお店を検索すればすぐに見つかります。

コンサルタント
ただ、雑費は引かれないけどバック率が低いので結局は雑費有りのお店と同じというパターンもありますので、バック率はメールや面接をする時に確認してください。

結局のところ、お店も利益を出す為に雑費を徴収しているので、本当に雑費が無くて女性のバック率が高いお店は余程経営状態の良いお店に限られると思います。

この記事を読んだ人におすすめの職種

この記事を読んだ人におすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事